【カッコウの許嫁】171話ネタバレ最新!テスト完了!凪とエリカのご褒美は?! 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【カッコウの許嫁】171話ネタバレ最新!テスト完了!凪とエリカのご褒美は?!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • テスト終了!凪は自信に満ち溢れている。
  • エリカが凪に連れて行ってほしい場所はラーメン屋。
  • 凪とエリカが美味しいラーメンを楽しむ2人の秘密。

3学期、テストを無事に終えた凪は教室でリラックスしていました。

今回のテストも凪としては手応え十分。

振り返れば大変な冬休みでした。

昼間は海野家に戻って幸の家庭教師。

夜は天海ハウスの家事をこなしつつ自分のテスト勉強…。

自分で自分を褒めてあげたい気分にもなりますよね!

さて、そこで凪が選んだご褒美とは?!

それでは第171話『これが幸せってやつか!』の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

 

『カッウの許嫁』171話!のネタバレ

それでは『カッコウの許嫁』171話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

テスト終了!

テストが終わり、気が緩んだ凪は机にもたれかかっていました。

チラッと視線を送った先には、友人たちと談笑するひろの姿…。

ひろは凪の視線に気がつくと微笑みました。

その表情は凪から見れば自信に満ち溢れています。

凪とひろは過去何度もテストの成績で争ってきました。

思い返せば、テストに勝ったことで、凪はひろに告白することができたのです。

今回も勝つのは自分…!

凪はそう言い聞かせました。

そんな時、背後からチョンチョンと凪に触れる手が…。

その正体はエリカでした。

 

スポンサーリンク

想定外?!

エリカは凪を見て二コーっと微笑みました。

その笑顔に凪は何故か恐怖を感じますw

「嫌な予感がする」

失礼な発言をする凪にエリカも不満気です。

エリカが凪に声をかけたのは、あるお願いがあるからでした。

そのお願いとは…。

ラーメン屋さんに連れて行ってほしい!

こっそり耳打ちされたのは予想外のお願いでした。

2人は学校が終わると、ラーメン屋を目指して歩き始めるのですが…。

エリカは庶民の凪ならラーメン屋にも行ったことがあると思っていました。

だから勝手を知っているであろう凪に連れて行って欲しいとお願いしたのです。

ところが、凪もラーメン屋に行ったことがないことが発覚しますw

 

スポンサーリンク

親への想い

凪の実家は海野亭を運営する定食屋さんです。

凪は、自分の店以外で食事をとることを父親がどう思うか気にしていたのです。

「何だか悪い気がして」

優しい息子ですね…涙。

エリカにはその辺の機微な感情は理解不能w

エリカがラーメン屋に行ったことがない理由は、令嬢だからにつきます。

天野家の両親はエリカに「天野家令嬢として常に恥じない行動をとりなさい」と言って聞かせていました。

常に恥じない行動…?

凪は疑問を覚えましたw

普段からエリカの恥ずかしい行動を見まくってきましたからね!

エリカに親の願いは届きませんでしたねw

とにかく、令嬢として育ったエリカは、これまでラーメン屋に行くという発想すら持ったことがありませんでした。

では、なぜ今頃ラーメン屋さんに行きたいと思ったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ネオラーメン

エリカがラーメン屋さんに行ってみたいと思ったきっかけは、母親の言葉でした。

年末に一緒に食事に出かけた時のこと。

高級料理を食べながら、母親は最近撮影しているラーメン特集の話をしました。

(エリカの母親はテレビ局に勤めています)

ランキング1位になったお店は話題沸騰!

店主はラーメン革命児と呼ばれる伝説の人。

その店のラーメンは…スープにはこだわりの食材を3日かけて煮込み、食べ応えのあるチャーシューと相性バッチリの煮卵が乗っています。

麺はスープに程よく絡み、箸が止まりません。

魚介のダシと豚骨のダシは黄金比!

その名も”ネオラーメン”!

凪もその話を聞くと…よだれが出てきます。

行ったことのない場所に行くことや未知なるラーメンへの期待、親への背徳感…。

結果、凪も大興奮!w

乗り気になった凪にエリカも便乗します。

今日は、これまで頑張ってきたテスト勉強から解放された日です。

ラーメンは、そのご褒美というわけです。

凪は一夜漬けのエリカとは違い、幸の家庭教師・天海ハウスの主婦業・自分のテスト勉強と三足のわらじで頑張ってきた自負があります。

ラーメンを食べることくらい許されるはず…!

心の中で父親に詫び、凪はいざラーメン屋を目指しました。

 

スポンサーリンク

思ってたのと違う?

銀座にある目当てのお店に到着しましたが、そこは凪が思い浮かべていたようなお店ではありませんでした。

外観は煌びやかで大きなビル。

噂のお店はその中に入っていたのです。

お店の前にはすでに長蛇の列が出来ていました。

さすが、テレビでも特集されるほどのお店です。

エリカは年末に母親にネオラーメンの話を聞いて以来、頭の中はラーメンでいっぱいでしたw

寝る前もテスト中も…。

その情熱は凪が「病気です」とツッコミを入れるほど。

何時間待つことになるかわかりませんが、ネオラーメンのため、2人は並ぶことにしました。

 

スポンサーリンク

2人だけの秘密

並んでいる間、インフルエンサーとしてプチ有名人のエリカは他の人にウワサされてしまいます。

エリカは凪の影に隠れて並び続けました。

凪としては、特に父親にバレたらまずいという思いがあるので、エリカにキッチリ口止めしました。

うっかりインスタなどにアップされたら拡散してしまうかもしれませんからね汗。

ラーメンを食べることは、凪とエリカ、2人だけの秘密にすると約束しました。

待っている間に、エリカはラーメンを食べるマナーについて確認してきました。

ラーメンはズルズルと音を立てていいのか?

フーフーと息をかけて冷ましていいのか?

こっそり聞いてきた質問がかわいすぎて、凪はちょっと赤面ですw

全部当たり前にOKだと答えると、エリカは嬉しそうに飛び跳ねました。

いよいよ2人の番は目の前に迫ります。

 

スポンサーリンク

無情な響き

「本日は閉店でーす」

無情な言葉が響きました。

なんと…凪とエリカの前の人まででスープが終了となり、閉店宣告!

茫然自失で外に出てきた2人…。

気持ちはすっかりネオラーメンだっただけに、立ち直れません。

エリカは奮起して銀座で1番美味しいものを食べて帰ろうとします。

イタリアンでもフレンチでもステーキでも和食でも、銀座には何でもあります。

でも…凪の口はラーメン以外受け付けないほどラーメンを求めていました。

すると…目の前に小さな小さなラーメン屋が飛び込んできました。

2人は吸い寄せられるように、そのお店に入りました。

 

スポンサーリンク

ラーメン最高!

店内はこじんまりとした昔ながらのラーメン屋さんでした。

カウンター席に座り、ラーメンを注文。

狭いだけあって、店主との距離も近い…。

自分たちが食べるラーメンが目の前で見事に作られていく様を見ることができました。

ラーメンのスープの輝き、麺を水切りする時の水の輝き、店主の汗の輝き…。

そして出来上がったラーメンは本当に美味しそうでした。

2人は夢中でラーメンを食べます。

その後、あまりの美味しさにおかわりして餃子とライスまで食べましたw

気持ちのいい汗をかき、店の外に出た凪とエリカ。

心地よい満足感が2人を包みます。

信号が変わり、走り出した凪にエリカは笑顔で「また来よっ」と声をかけました。

ラーメン最高!!

 

スポンサーリンク

妹の目は誤魔化せない?!

凪は感じていました。

多分、これが幸せというやつだ。

美味しいものを食べて一緒に笑えること。

このことは2人だけの秘密。

でも…。

エリカは約束通り、インスタには自分1人だけの写真をアップしていました。

幸はその写真を見て気づいてしまいます。

エリカの手前に映りこんだ手…。

幸にはこれが凪の手だとすぐにわかりました。

勉強ばかりしてる場合じゃない?!

幸はこの後どんな行動に出るのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『カッコウの許嫁』ネタバレ171-172話のまとめ

今回のお話は、凪とエリカのご褒美ラーメンのお話でした。

幸の家庭教師に天海ハウスの家事、自分のテスト勉強にと大忙しだった凪は、テストが終わってリラックスしていました。

すると、エリカが現れ、ラーメン屋さんに行きたいと声をかけます。

凪は自分の家が定食屋であることから、ラーメン屋さんに行ったことはありませんでした。

エリカも社長令嬢として生きてきたため、ラーメン屋さんに行くという発想すらありませんでした。

エリカがラーメンに興味を持ったのは、テレビ局で働く母親から美味しいラーメン屋さんの話を聞いたからです。

さっそくランキング1位のネオラーメンを食べようと銀座に向かいますが、そこにはすでに長蛇の列が!

しかも、凪たちの目の前でスープ切れによる閉店に…。

ラーメンを諦め切れない凪たちは目の前に飛び込んできた小さなラーメン屋さんに飛び込みました。

そこで食べたラーメンは本当に美味しくて、2人は大満足。

凪はこれが幸せってやつなんだと実感します。

エリカはその日のことをインスタにアップ。

父親に気を遣ってラーメン屋さんに行ったことは内緒にしたいという凪の思いを汲んで、映らないように配慮したのですが…。

手前に凪の手だけが映っていました。

幸はそれにすぐ気がつきます…。

2人が仲良くラーメンを食べているのを知った幸の心中は穏やかではありません。

受験勉強なんてしている場合じゃない?!

幸の次なる行動とは??

次週もますます目が離せませんね♪

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒カッコウの許嫁173話!仲直りの一杯?!エリカと幸はようや・・

⇒カッコウの許嫁172話!姉妹対決勃発?!凪を巡る動きはさら・・

⇒カッコウの許嫁170話!幸の家庭教師は難しい?!幸のやる気・・

⇒カッコウの許嫁169話!みんなで向かう初詣?!凪とひろは久・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA