【はじめの一歩】1430話ネタバレ最新!久美と2人で 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【はじめの一歩】1430話ネタバレ最新!久美と2人で

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 間柴は黒い死神の影が現れ、記憶がないほど暴れる自分に不安を覚える。
  • 間柴は悪い大人と手を切り、普通の仕事を探し採用が決まるが、暴力を振るった人達に一方的に殴られる。
  • 警察に連行され留置場に入れられた間柴の元に、久美を思って手を振る人物が現れる。

気晴らしに「海に行きたい」と言う久美。

久美が言う海とは釣りの事ではなく「海水浴」の事です。

そして、既に水着も用意していると言う久美は2人きりで連れていって欲しいとお願いしました。

久美の水着姿を想像する一歩は「間柴さんが世界王者になったらやるコト多いな」と興奮気味に話します。

一方、世界戦を控える間柴は職場の社長からは「俺たちの誇りだ」とエールを送られ、ジムの会長も以前とは別人で怨念がなくなり、胸を張って送り出せる「立派な挑戦者だ」と言われるように変化していました

変わったと言われる間柴は自宅に久美がいないのを心配します。

ですが、夜勤である事を思い出しほっとすると同時に思い出したのが、両親の死から始まった久美への想いと自身の過去です。

少年時代の間柴は黒い影が出てくると我を忘れ、キレると止まらなくなるような状態でした。

はじめて明かされる間柴の過去とは一体何なのか、早速1430話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『はじめの一歩』1430話!のネタバレ

それでは『はじめの一歩』1430話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

記憶にない

自分の中に潜む黒い死神のような影を拒む間柴でしたが、絡まれキレると当たり前のように現れてしまいます。

そして、絡んできた相手を返り討ちにするのですが、間柴本人は相手を叩きのめした記憶がないと戸惑い、久美と2人でやっていけるのか不安を覚えます。

 

スポンサーリンク

寄ってくる大人

久美と2人きりになった間柴の元には両親が死んだ事で入る保険金を目当てにした大人、行政のサービスを謳う大人達が寄ってきます。

この大人達は間柴に借金の返済を迫り、未成年2人では無理だと諭すと残った保険金を預ければいい所を紹介すると言います。

信用できる大人なのかを見極めようとする間柴。

ですが、まだ未熟な為に何を言ってるか理解すら出来なくなっていき、悔しい思いが募っていきます。

 

スポンサーリンク

悪い大人

ちくしょうと頭を抱える間柴に「お兄ちゃん」と声をかける久美。

間柴はその不安そうな久美に「心配するな」と笑顔で答えます。

その間柴の元には悪い大人も寄ってきていました。

「仕事の現場に居合わせるだけでいい」

大金を前払いで渡すと言う悪い大人に、間柴はもう付き合わないと言いながらも生活の為に受けてしまいます。

 

スポンサーリンク

手を切る

居合わせるだけでいいと言われた間柴でしたが、ついていけばいつも暴れざるを得ない現場でした。

悪い大人は喧嘩の強い間柴を頼りにしていました。

ですが、間柴は無邪気に笑う久美の事を思うと悪い大人達と手を切る事を選択します。

「金はありがたいが、汚れたモノは渡せない」

「妹を陽の当たる場所に送り出せなくなる」

と口にした間柴は悪い大人と手を切り、真っ当な仕事につこうとします。

 

スポンサーリンク

好きにしろ

求人用紙を握りしめた間柴は、コンビニでの採用が決まり「よし、よし」と前向きになっていました。

ですが、その前向きな間柴の前に現れたのは悪い大人と付き合っていた時代に間柴にやられた人達でした。

「手を切った」と言う間柴に「そんな言い訳通ると思うか?」と返す間柴にやられた人達。

間柴は座り込み「好きにしろ」と言い、一方的にやられる事を望みます。

 

スポンサーリンク

妹がいる

間柴は好きにしろと言い、真っ当に生きる為に我慢していました。

ですが、以前、間柴にやられた人達は「納得がいかない」と憤ると間柴に妹がいるのを思い出します。

「妹は探せばすぐに分かる」と言う言葉を聞いた間柴。

またしても黒い死神の影が現れてしまいます。

そして、無茶苦茶に暴れてしまった間柴は、そのまま警察に連行される事になります。

 

スポンサーリンク

一筋の光

警察に連行され留置場に入れられた間柴は久美の事を思っていました。

そんな間柴の元へ、光となる人物が現れます。

 

スポンサーリンク
"
"

『はじめの一歩』ネタバレ1430-1431話のまとめ

キレると黒い死神の影が現れ、記憶がないほど暴れる自分に不安を覚える間柴。

その不安は暴力だけでなく、両親が死んだ事により寄ってくる様々な大人達に対しても抱いていました。

そんな中で、間柴は大金を前払いしてくれる悪い大人の仕事に協力するようになりました。

ですが、久美の事を考え、汚れたモノは渡せないと悪い大人と手を切る選択をします。

そして、前向きに普通の仕事を探し採用が決まった間柴。

その間柴の前に現れたのは悪い大人と付き合っていた時に暴力を振るってしまった人達でした。

「好きにしろ」と一方的に殴られる事を選んだ間柴は、黒い死神の影も出さないように我慢します。

ですが、「妹がいる」という言葉を聞いた間柴は遂に我慢できず、黒い死神の影が現れると共にその場にいた全員をボコボコにしてしまいました。

その後、警察に連行され留置場に入れられた間柴は久美の事を思います。

そして、不安を迎えたまま出所を迎えた間柴の元に手を振る人物が現れます。

一体この人物は誰なのか、間柴と久美に一筋の光が差すのか、次週1431話で何が明かされるのか楽しみにしたいですね。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒はじめの一歩1432話!ベストパートナー・・

⇒はじめの一歩1431話!なってみせる・・

⇒はじめの一歩1429話!亡霊・・

⇒はじめの一歩1428話!間柴さん派・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA