【はじめの一歩】1428話ネタバレ最新!間柴さん派 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【はじめの一歩】1428話ネタバレ最新!間柴さん派

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 宮田は千堂の強力なパンチ力を確認し、千堂がリカルドに勝てないと断言する。
  • 一歩は千堂の気の強さから勝てる可能性があると主張する。
  • 一歩は間柴の相手がゴリゴリのファイターであり、距離が試合の鍵であると説明する。

千堂とリカルド戦に向けた助っ人として協力する宮田でしたが、一歩を前にして次の世界戦では千堂はリカルドに勝てないと断言しました。

理由を聞くと、宮田が「顔」を見れば一目瞭然で、あの殺人的なパンチ力を誇る千堂と「なにわ拳闘会」で五日間スパーリングをしても無傷でした。

その宮田の言葉を聞いても一歩は現在のランキングを見渡しても勝てるのは千堂だと反論し、可能性はあると断言します。

理由は「気が強い」からと答え、その気の強さから例え判定で勝てるとしても試合中に何処かで勝負に出る「勇敢なボクサー」だと言います。

突然現れた宮田でしたが、その後も千堂の練習相手として付き合うと言います。

それを聞いた一歩は、喜ぶとリカルドだけでなく無意識に宮田の弱点も含めてアドバイスし宮田の調子を狂わせました。

世代一の宮田が「負ける」と予想する千堂。

リカルド戦までどれだけ成長するのか、早速1428話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『はじめの一歩』1428話!のネタバレ

それでは『はじめの一歩』1428話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

どうこうなっていい

一歩は弟子2人とワンポ、そして、あの騒動以来会う久美と釣りを楽しんでいます。

ウキのリズムに合わせて上手く魚を釣る一歩。

結婚したらオカズに困りませんねという久美とほのぼのしたやり取りをしていました。

このやり取りの最中、久美の言葉に顔を赤らめる一歩は間柴の言葉を思い出し「どうこうなっていい許可を得たわけで」と心を揺らしていました。

 

スポンサーリンク

カクゴ

久美との事を考えている一歩に、久美は「覚悟をしておきたいんです」と口にします。

これを聞いた一歩は「自分も同じです。嬉しいです」と喜んで答えます。

ですが、久美が聞きたいのは間柴の対戦相手の事でした。

「強いんですよね?今度の相手」

と一歩に聞く久美は「プロの人の意見を聞いて覚悟しておきたい」と言います。

 

スポンサーリンク

ゴリゴリのファイター

久美に間柴の世界戦の意見を聞かれた一歩は、久美にハッキリと伝えた方がいいのかと言うと自身の意見を口にします。

一歩はまず大前提として世界王者に弱い人はおらず誰に挑んでも大変だと言います。

その上で間柴の相手であるマーカス・ロザリオは何でも出来るボクサーながら基本的にはくっついて戦いゴリゴリ圧力をかけてくると説明します。

間柴の相手がゴリゴリのファイターだと説明する一歩は、更に互いの相性は最悪だと言い勝敗の鍵は「距離」にあると断言します。

間柴の左ジャブがで続ければ主導権は握れ有利だと言う一歩。

それでもマーカス・ロザリオが実際どれくらいの踏み込み速度があるのかで変わってくるとし、それは実際に相手と相対して見ない事には動画を見るだけでは分からないと久美に説明します。

 

スポンサーリンク

きっと世界王者に

必死に説明する一歩ですが、顔を落とす久美を見てあまり楽観的に話さない方がいいと思ってと言い訳します。

「僕は間柴さん派で、勝てると思います」と口にします。

すると久美は「勝てるかどうかより無事に帰ってきて欲しい」と言います。

「無傷は難しいけど、きっと世界王者になって帰ってくる」と励ます一歩。

久美はコクンと頷くと「試合が終わってもまだ夏なので海に行きたいです」と言います。

 

スポンサーリンク
"
"

『はじめの一歩』ネタバレ1428-1429話のまとめ

世界戦を控える千堂のスパーリング相手である宮田が「リカルドには負ける」と断言しにきた後、一歩はもう1人世界戦を控えている間柴の妹・久美と岸壁で釣り糸を垂らしていました

魚釣りが上手い一歩を見て、ほのぼのしたやり取りを見せる二人でしたが久美は今度の兄の相手の事を一歩に聞きたがっており、「強いんですよね?今度の相手」と久美は口にします。

この久美の質問に一歩は「大前提として世界王者に弱い人はいない」と答えます。

更に間柴の相手である世界王者マーカス・ロザリオは圧力で距離を縮めるゴリゴリのファイターで間柴との相性は最悪だと言います。

そして、遠い距離なら間柴で近い距離ならマーカス・ロザリオが有利になると予想する一歩は「互いの距離」が鍵になると断言しました。

この話を聞いていた久美はどんよりした雰囲気を醸し出してしまいます。

それを見た一歩は「いやいや」と慌てると「僕は間柴さん派で勝てると思う」と励まします。

すると久美は「無事に帰ってきて欲しい」と願いを口にしました。

これを聞き「無傷は無理だけど、きっと世界王者になって帰ってくる」と久美に言う一歩。

久美は頷くと「試合が終わったら海にいきたい」と呟きます。

刻々と近づく一歩世代の千堂と間柴の世界戦。

一体どんな展開になって行くのか、次週1429話を楽しみにしたいですね。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒はじめの一歩1430話!久美と2人で・・

⇒はじめの一歩1429話!亡霊・・

⇒はじめの一歩1427話!外からの視点・・

⇒はじめの一歩1426話!超級覇王・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA