スポンサーリンク

最新ネタバレ『はじめの一歩』1426-1427話!考察!超級覇王

スポンサーリンク

世界戦前恒例の旅に出た鷹村とのスパーリングで、まさかのダウンを奪われた千堂。

危険だと判断され周囲に制止されますが、鷹村のいやらしい挑発に乗ってしまい、千堂は新兵器を繰り出します。

その新兵器とはスマッシュと右を囮にし、パンチを顔前で止めるようにブラインドし、スマッシュを打ち込むというコンビネーションでした。

そして、このスマッシュは見事に鷹村の顔面を捉えると「同じ階級ならぶっ飛んでいた」と言わせるほどの威力を見せます。

ですが、その分まだ、急に筋肉を止める事による負荷からくるタイムラグがあり、まだまだだとも指摘されます。

一方、宮田が呼ばれたのは、千堂の新兵器の精度を上げるためでした。

千堂は大暴れし去っていった鷹村に毒づきながらも、「前に進もう」という宮田に「おう」と答えます。

何と千堂は対リカルドに備える新兵器を宮田とのタッグで完成させようとします。

そして、鷹村は次は何処に行こうとしているのか。

早速1426話がどんな展開になるのか、見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『はじめの一歩』1426話!のネタバレ

それでは『はじめの一歩』1426話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

土下座謝罪

宮田と千堂がタッグを組み新兵器を完成しようとしている中、「鴨川ジム」鴨川会長と八木の2人は鷹村が大暴れした「なにわ拳闘会」に謝罪に訪れていました

そして、土下座までして謝罪した後、「鴨川ジム」に帰還します。

青木や板垣がそれに気づき「おかえりなさい」と気づきますが、鴨川会長は「鷹村はどこじゃ」とものすごくキレていました。

「恥をかかせおって」とかなり殺気立つ鴨川会長に、鷹村は今どこにいるのかが話題になりますが、どちらにせよほとぼりが冷めるまで待った方がいいという結論になります。

 

スポンサーリンク

3日後

鴨川会長が怒りを見せてから3日経っても未だに怒りは収まらない中、「鴨川ジム」では鷹村の為に呼んだスパーリングパートナーが本人不在で練習しているという異常事態になっていました。

その時「俺の拳はダイナマイト〜」の歌が聞こえてくると鷹村が帰ってきました。

すかさず杖を振り下ろす鴨川会長。

鷹村は咄嗟に避けると「何しやがる」と言います。

「貴様、どれだけ迷惑をかけてきた」と怒る鴨川会長に、「逆に感謝されてる」と返す鷹村。

「調整はできておるのか」と鴨川会長が聞き返すと、鷹村はすぐにスパーリングパートナーをリング上でKOします。

「これでどうだ」という鷹村のあまりの強さに鴨川会長は「ぐぬぬ」と反論できなくなります。

 

スポンサーリンク

世界戦

スパーリングパートナーを圧倒する鷹村は、調整も順調に世界戦当日を迎えます。

初陣をきったのは板垣でしたが、結果は判定勝ち、青木は後半失速の「泥ー」。

そしてセミファイナルのフライ級挑戦者決定戦もドローと盛り上がりに欠けます。

ですが、その空気を一変させたのはやはりWBO世界スーパーミドル級王者の鷹村でした。

鷹村は今まで奪ったベルトを掲げ入場すると、ウケ狙いのリング衣装のブーイングも何のその、挑戦者を3RKOで仕留めます。

怒りの鴨川会長もグウの音が出ないくらいの圧勝劇を見せる鷹村に、観戦していた木村は「どんな気分なんだろうねぇ」と口にします。

観客席にいる藤井達も「力でねじ伏せた」と感心し、次に行われる二か月後の間柴、三ヶ月後の千堂の世界戦に期待を寄せます。

 

スポンサーリンク

味わう

一方、世界戦を控えた間柴、千堂の2人は自宅で観戦していました。

間柴は、世界王者になった気分を俺も「味わう」と決意し、千堂も「味わわせてもらう」と必勝を誓います。

数ヶ月後に対峙する強敵を前に心を燃やす、間柴と千堂。

そんな中、一歩と話す宮田は「千堂は勝てないだろう」と指摘します。

 

スポンサーリンク
"
"

『はじめの一歩』ネタバレ1426-1427話のまとめ

「なにわ拳闘会」で鷹村が大暴れした為に、土下座謝罪をして帰ってきた鴨川会長。

かなり殺気立つ様子で、苛立ちを隠しませんでした。

ほとぼりが冷めるまでと言っていた板垣ですが、3日経っても冷める事はありません。

そんな鴨川会長の怒りが収まらない中、帰ってきたのが鷹村でした。

杖を振り下ろし怒り狂う鴨川会長ですが、鷹村の試合前の調整はバッチリでした。

何と鷹村は海外より召集したスパーリングパートナーを瞬殺したのです。

この鷹村に「ぐぬぬ」と怒りを抑えるしかない鴨川会長、後日行われた世界戦でも鷹村は圧勝し、グウの音も出なくなります。

一方、この鷹村の姿を見て決意を固めていたのが世界戦を控えた間柴と千堂の2人です。

そんな中、いつもの河原で一歩と話している宮田はある言葉を口にします。

それは「おそらく千堂は勝てない」という衝撃的な発言でした。

千堂の新兵器にも携わる宮田は、何を知ったのか。

次回1427話で宮田は千堂が勝てない理由をどう語るのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『はじめの一歩』1428話!間柴さん派・・

⇒『はじめの一歩』1427話!外からの視点・・

⇒『はじめの一歩』1425話!未完成・・

⇒『はじめの一歩』1424話!宮田登場・・

 

スポンサーリンク
 

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA