PR

スポンサーリンク

【推しの子】121話ネタバレ最新!さりなと母親の過去とは!?辛い時に頼れるのはやっぱりアクア?!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • ルビーはさりなの昔話を思い出し、自分が愛されていた過去を知る。
  • ルビーは母親からの愛を求め、アイに代わっていたことに気づく。
  • ルビーの周りでは不幸な出来事が続き、彼女は自己嫌悪に陥る。

ルビーは映画『15年の嘘』に出演するため、演技の練習に力を入れていました。

でも、どうしても思うような演技になりません。

有馬は”自分自身を理解すること”が大切だと教えてくれました。

ルビーの中には転生する前の”さりな”がいます。

自分自身とは、さりなでもあるのです。

さりなの記憶を辿り、ルビーがやってきたのはかつての自分の家でした。

そこでルビーが見たものとは?!

 

スポンサーリンク

 

『推しの子』121話!のネタバレ

それでは『推しの子』121話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

再会?!

ルビーは天童寺さりなだった頃の記憶をしっかり持っています。

記憶通りの場所には天童寺家がちゃんとあって、実はこれまでも辛い時にこの家に来ていました。

チャイムを鳴らせば、母親(まりな)が出てくるでしょう。

本当はまりなに「お母さん、私だよ」と言いたい。

そう言ったら、まりなはどんな反応を示すでしょう?

もちろん、実際には転生なんて信じられる話ではないし、これまでチャイムを押すことはありませんでした。

でも…。

この日、ルビーが来たタイミングで家のドアが開き、たまたままりなが出てきたのです。

果たして、さりな(ルビー)とまりなはどんな再会を果たすのでしょうか…?

 

スポンサーリンク

昔語り

2人の再会の前に…カラスと共にあの不思議な子供が現れました。

子供は昔語りを始めました。

昔々あるところに…1人の少女がいました。

母親は娘に愛情を注いでいましたが、少女は4歳の時に重い病気になってしまいます。

10年生きられる可能性は1割にも満たないと言われ、母親の心は壊れてしまいました。

父親は母親と少女を離し、母親の心の回復に努めました。

その一家は地元の名家だったので、地元で1番立派な病院に娘を預けました。

現在は東京に住んでいますが、天童寺家の地元は宮崎、ということになるのでしょう。

両親は悲しみから逃れるように仕事に没頭し、現実から目を背けるようになりました。

そして、いつの間にか少女からも目を逸らすようになってしまったのです。

少女は健気に母親が来るのを待ちました。

でも、次第に容体は悪化していきます。

慢性的な吐き気、バランス感覚を失い、歩くこともままならず、記憶や認識にも影響が出ていました。

そんな少女にも大切なものがありました。

辛い日々を送る少女の光となったものは…?!

 

スポンサーリンク

2つの光

少女を支えたのは1人のアイドルでした。

少女は輝きを放つそのアイドルに焦がれるほど憧れます。

一方、少女の病気は末期に近づいていました。

ついに母親は全く姿を現さなくなりました。

苦しむ少女の姿を見るのが辛かったのでしょう。

それでも少女は母親が来るのを待ち続けました。

母親は自分を愛している。

その希望を持ち続けました。

そんな時、病室に来てくれたのは1人の医師でした。

医師は少女のように、見舞客のない患者の話し相手になっていました。

寂しさを抱えた少女にとって、この医師の存在がどれほどの救いになったかは計り知れません。

少女はこの医師を「せんせ」と呼び、慕いました。

憧れのアイドルと心から慕う医師。

少女は2つの光を手に入れました。

「まぁ彼女はその光をどちらも失うことになるんだけどね」

…不思議な子供は残酷な真実を口にしました。

 

スポンサーリンク

残酷な真実

昔語りはクライマックスに向かいます。

少女はその短い生涯を狭い病室で過ごしました。

苦しみに耐え、憧れのアイドルのライブをその目で見る夢も叶わず、母親が来るのをひたすら待ち続けました。

自分は母親に愛されていると信じて…。

けれど最期の日まで、母親は来ませんでした。

母親は東京の自宅で少女の訃報を静かに聞きました。

この時、母親は何を思ったでしょう。

娘から目を逸らし、逃げ続けた母親は少女にとって何だったのでしょう。

少女が亡くなってから、母親は新たに娘と息子を産みました。

母親は今は幸せに暮らしています。

「めでたしめでたし」

不思議な子供の昔語りはここでおしまい。

2人の再会の瞬間が迫ります…。

まりなに続いて、さりなの後に生まれた2人の子供が家から出てきました。

仲睦まじく笑い合う姿が、ルビー(さりな)の目の前に広がっています。

かつての少女は、この光景を見て何を思うのでしょうか…。

 

スポンサーリンク

不幸を呼ぶ少女

ルビーは家に戻ってきました。

涙が溢れてきます。

母親のあんな笑顔を見るのは初めてでした。

まりながルビー(さりな)に気づくこともなく…。

重い病気を患った自分は母親をあんな風に笑わせることができませんでした。

「お母さんに愛して欲しかった」

でも、母親は自分を愛していない。

本当はわかっていたけど、認められなかった真実…それを見せつけられてしまったのです。

「だから私はママで代替えしようとした」

自分の満たされない気持ちをアイに押し付けたことに、今頃激しい後悔が湧きあがります。

ルビーは感情が爆発し、叫びました。

「私ってなんなの?!私に関わった人はみんな不幸になる!」

大切に思っている人が次々目の前から消えて行く…。

まりなは娘が病気になったことで心を壊しました。

せんせとアイは殺されてしまいました。

自分に関わった人は不幸になる。

ルビーがそう感じてもおかしくないほど、ルビーの周りには辛いことが起きているのです…。

 

スポンサーリンク

真実を知ったその後は?!

ルビーは部屋で泣き崩れていました。

自分の周りで起きた悲しい出来事に打ちのめされていました。

「お母さんも、ママも、せんせも…」

「神様、なんで私なんかを生まれ変わらせたの?」

突っ伏して泣き続けるルビー。

部屋のドアは少し空いていて、その隙間からアクアが顔を覗かせていました。

ルビーの口から「せんせ」という懐かしい呼び名が聞こえます。

勘のいいアクアのことです。

アクアはルビーがさりなであることに気がつくのではないでしょうか?

ルビーは生まれた時から熱烈なアイのファンでした。

そんなところもあって、アクアはルビーがさりなに似ていると感じていました。

さりなでもルビーでも、アクアにとって大切な存在であることは変わりはありません。

アクアはルビーの涙をどう受け止めるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『推しの子』ネタバレ121-122話のまとめ

今回のお話は、ルビー(さりな)の昔話でした。

ルビーは役作りのため、自分を理解しようとかつての自宅、天童寺家に来ていました。

今の自分はさりなではなくルビーなので、チャイムを押すことは出来ませんが…。

その時、不思議な子供が現れてルビー(さりな)の昔話を始めました。

元々は愛されていた自分。

病気になったことで壊れてしまった母親。

最後の最後まで母親の愛が得られなかった過去…。

その母親は、少女の死後に2人の子供を産み、幸せに笑っていました。

それを目の当たりにしたルビーは逃げるように家に帰ってきました。

ルビーは母親(まりな)から得られなかった愛を、2人目の母親であるアイで代替えしようしていたことに気がつき、自己嫌悪に陥っていました。

自分が大切に思っている人が次々と不幸になる事実に打ちのめされていました。

まりなは心を壊し、せんせとアイは殺されてしまいました。

「私に関わった人はみんな不幸になる」

ルビーは苦しんでいました。

その姿をアクアが見ていました。

アクアはルビーの口から「せんせ」という懐かしい呼び名を聞いてしまいます。

ついにルビーの正体がさりなだということに気がつくのでしょうか?!

シスコンのアクアは、ルビーのためにどう立ち上がっていくのでしょうか?!

次週もますます目が離せませんね♪

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒推しの子123話!ゴローとさりなの再会!?かつての約束の行・・

⇒推しの子122話!ルビーがアイドルになった理由は!?ついに・・

⇒推しの子120話!ルビーは実力不足!?役作りの極意とは?!・・

⇒推しの子119話!さりなの母親はどんな人!?ルビーにとって・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA