【ブルーロック】218話ネタバレ最新!驚愕の展開!?潔世一が超越視界で逆転勝利を狙う! 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【ブルーロック】218話ネタバレ最新!驚愕の展開!–潔世一が超越視界で逆転勝利を狙う!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 潔世一は、超越視界を使う能力者との対決に驚きと緊張を抱く。
  • バスタード・ミュンヘンの選手たちは、ユーヴァースの組織力に対抗するために個人技を駆使する。
  • 國神錬介の乱入により、試合は混沌とした展開を迎える。

前回のブルーロックは、激しいプレーの連続で大興奮でした。

ユーヴァースの馬狼照英は、隠密殺撃蹴弾(ステルス・キルショット)を決めてバスタード・ミュンヘンと同点にさせます。

主人公・潔世一は、馬狼のシュートを必死に分析を開始します。

馬狼がGKの意識の隙間を狙う、捕食者視界(プレデター・アイ)を持っていると理解。

自分の会得した超越視界(メタ・ビジョン)と違う使い方で、驚異的に感じ警戒していきました。

一方、アレクシス・ネスは、活躍が出来ずに焦りを見せ始めます。

そんなネスに、ミヒャエル・カイザーは接近しました。

カイザーは、ドン・ロレンツォを剥がして行けば勝利が確定すると淡々と指示。

潔は、黒名蘭世と雪宮剣優からユーヴァース対策について質問を受けます。

指導者ストライカーであるノエル・ノアの言葉を思い出して、試合を決めるのが個人決闘(デュエル)が鍵になると説明。

再び試合が再開され、ネスとカイザーの連携がユーヴァースの守備陣を翻弄して行きます。

しかし、DF陣の蟻生十兵衛は浮き上がったボールをハエ叩きしてそれを阻止。

ロレンツォは、ネスを牽制してボールを確保しようと動き出します。

でも、ロレンツォがボールに触れる前に潔がカットしました。

潔の超越視界が冴えわたっていて最高過ぎます。

彼は、組織力で無数の戦略パターンがあるユーヴァースが有利だと見抜きます。

それでも、個人技の展開が流れや動きを変えて隙を突き攻撃が出来ると判断しました。

潔は、反撃する為、超越視界をフル稼働。

ゴールを決めるアクションを開始しようとした矢先、タックルを喰らいボールを奪われたのです。

潔は、目の前で起こった出来事が信じられません。

何と、潔の攻撃を潰したのは二子一揮だったのです。

二子は、潔の脳と眼の使い方が流石だと感心。

自分も潔と同じ同類だと、宣戦布告してきたのです。

二子が自分と同じ超越視界を使用できるのかと、不安と戸惑いを見せていました。

潔に二子と言う存在が、大きな壁となって行きそうな予感がします。

強敵達を上手く退けて行くことが出来るのか、注目して行きましょう。

それでは、今回のブルーロック218話について語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『ブルーロック』218話!のネタバレ 

それでは『ブルーロック』218話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

二子一揮の覚醒

バスタード・ミュンヘンの潔世一は、目の前の出来事が信じられません。

超越視界(メタ・ビジョン)を発動しようとした際に、阻止されたからでした。

ユーヴァースの二子一揮のプレーが、自分の行動を読んでいたとしか思えなかったからです。

潔は、二子に超越視界を使えるのかと質問。

二子は、何の事だかわからずに潔を見て不思議がって立ち上がりました。

潔は、超越視界の事を軽く説明します。

眼の使い方や、周辺視野で全体を見ながら同時に脳を使用。

反射的に戦場の全員の動きを読むやり方等詳細を語りました。

二子は、潔の話を聞き大筋を納得します。

しかし、彼は潔の動きとボールを一緒に視界に入れ眼で追っていたと告白。

潔の居る地点がヤバそうだと感じ、チームの規律無視して突っ込んだだけだと教えたのです。

潔は、二子の答えに戸惑います。

同時に、無自覚で自分と同じ超越視界を使用してきたのかと内心不安になりました。

二子は、こんな感覚が初めてだと正直に打ち明けます。

そして、超越視界が非常に面白いと言ったのです。

潔は、二子が自分の動きを糧にして己の眼と脳を覚醒させてきた事に危機感を持ち始めていました。

 

潔は、二子も自分と同じ超越視界が使えるのかと驚く所がとても印象的でした。

説明を聞いた二子は、自分が潔の動きをずっと追っていたと教えます。

自分の眼に入った潔の居るポイントがとてもヤバいと判断。

ユーヴァースのルールを破ってのプレーだったというのが意外過ぎました。

二子は、超越視界の脳や眼の利用方法がとても面白いと興味を抱きます。

潔は、無自覚な二子の覚醒に危機感を感じていました。

二子が強敵達との戦いで、これから更に能力を開花させて行きそうな予感がしてなりません。

潔が乗り越え倒さなければならないライバルがまた1人増えた様です。

さて、話の続きに戻りましょう。

 

スポンサーリンク

潔世一の新たなる発見

話続けている潔世一と二子一揮の近くに、ユーヴァースのオリヴァ・愛空が接近。

愛空は、その場で二子のプレーをナイスだと褒めたのです。

ただ、ユーヴァースの守備パターンを無視した事は頂けないと辛口でした。

それでも、二子のアドリブによる活躍は、潔という驚異的なプレイヤーを阻止した快挙だと認めてくれたのです。

愛空は、二子に次のポジションにつけと指示。

二子は、それに従い戻ろうとした際に愛空に言います。

自分は、この試合でもっと貴重な選手(レアカード)に進化できそうだと発言。

愛空は、笑いながら超越視界(メタ・ビジョン)の事について呟いていました。

それを見送る潔のユニフォームを突然掴む者が現れました。

潔に向かって怒鳴り声を挙げ、迫ってきます。

同じバスタード・ミュンヘンの雷市陣吾でした。

雷市は、潔に向かってボールを奪われるなと激怒。

しっかりキープしていれば大きなチャンスだったと叱責が止まりません。

潔は、すまないと謝罪。

ついでに、雷市に自分が見せた超越視界の動きがわかったかと逆に質問します。

雷市は、潔の話す内容が理解できません。

彼は、潔がこぼれ球を取りに行った様に見えただけだと説明。

位置的にたまたま潔が居て幸運なだけだと、唾を吐いて悪態を付きました。

そのやり取りを心配し、黒名蘭世と雪宮剣優が止めに入りにやってきました。

潔は、蘭世と雪宮にも雷市と同じ質問をぶつけます。

蘭世は、潔がいつも試合で見せる凄いパスカットの様だったと告げます。

雪宮も蘭世の回答に同意。

彼は、自分に出来ないポジショニングだったと教えます。

潔は、3人の話を聞き納得します。

そして、考え心の中で呟きある結論に達します。

それは、自分の使用する超越視界が誰にも使える能力ではないという事実。

今、このフィールドでそれを使える者は数少ないと気づいたのです。

自分を含めてそれが出来るのは、同じチームのミヒャエル・カイザーと二子一揮。

ドン・ロレンツォも戦局を読めるので使えるのではないかと予測します。

潔は、敵味方の選手達を静かに見て分析をし始めていたのです。

 

潔と二子に近づいてきたのは、愛空でした。

彼は、二子がユーヴァースの規律を破ったプレーが頂けないと酷評。

しかし、潔を止めたアドリブあるプレーがナイスだと評価もしていました。

二子は、愛空にこの試合で自分が更なる進化を遂げられると告げます。

愛空は、超越視界について何か考えている様です。

DFとして定評のある彼は、意外に潔と近い能力を既に身に付けているかもしれません。

愛空の笑みを見て、個人的にそう感じてしまいました。

試合の中で、それを見せ驚異的になって行ったらとても恐ろしい予感がします。

雷市は、潔が大きなチャンスを不意にしたと大激怒。

潔は、雷市に自分の超越視界がフィールドでどう見えたのか質問。

雷市は、言葉の真意が理解できず悪態を付いて行きます。

雷市らしさが作り出す光景がとても面白かったです。

潔は、やってきた蘭世と雪宮にも同様の質問を開始。

蘭世達の回答を聞き、潔はある発見をしてしまいました。

それは、自分の使用する超越視界は誰も使えるわけでは無い能力。

カイザーや、二子、ロレンツォの一部の選手にしか扱えないだろうと判断していました。

潔の静かな考察は、まだまだ続きそうです。

彼が深く掘り下げて考えて行く所は、毎回興味深いです。

更なる気づきや発見から、潔がどうテンションを挙げていくのか注目です。

 

スポンサーリンク

潔世一、世界級(ワールド・クラス)の読み合いに興奮する

バスタード・ミュンヘンの潔世一は、改めて自分の持つ能力である超越視界(メタ・ビジョン)について考え続けていました。

この能力は、とても稀有な力だと認識。

ユーヴァースの馬狼照英が決めた隠密殺撃蹴弾(ステルス・キルショット)は、自分と違った眼の使い方だったというポイントに気づきます。

超越視界とは別の進化方法をしていると理解できました。

超越視界は、全体の情報を把握してから効果を最大限に発揮。

どの試合やフィールドでも利用できる先読み特化型の能力だと分析しました。

馬狼の捕獲者視界(プレデター・アイ)は、GKとの1対1の駆け引き専門。

ゴールに直結するシュート特化型のゴール前限定能力だと見抜いたのです。

ストライカー同士でもそれぞれの目標によって、試合を支配する情報と解釈がバラバラだと納得ました。

潔は、眼と脳の使い方がヤバくて面白いと歓喜していたのです。

それを見ていた雷市は、潔に向かってボーっとするなと怒鳴ります。

雪宮も次のプレーがスタートすると注意を促しました。

潔は、我に返り現状に集中しようとします。

それでも、潔は思考を繰り返して行きました。

バスタード・ミュンヘンとユーヴァースの両チームは、それぞれ異なる哲学を持つ組織。

1つの生命体としてチームが連動するユーヴァースに対して、バスタード・ミュンヘンが自分とカイザーの攻撃基準で挑む変則矛盾連動で対抗。

この状況は、フィールドにいる全選手がわかっていると周囲を確認していました。

各々が何が出来て、何をしたいのか凄まじいレベルでの探り合いがぶつかり合っている事。

これが、世界級(ワールド・クラス)の読み合いなんだと込み上げるテンションが抑えられません。

潔は、次の1プレーとゴールが試合の勝敗を決定づけるターニングポイントだと備えます。

それぞれの選手達の意識や覚悟等が入り交ざり合った拮抗し、その流れを読んだ人間が重要。

それを破壊して制した時、試合の勝者となる変革者(ゲームチェンジャー)に確定。

自分がその存在になると潔の闘志が燃え上がっていました。

 

潔の見せるシンキングタイムが面白いです。

自分の超越視界について深く考え込んで行きます。

全体情報を把握し、先読みに特化してプレーして行くスタイルの能力。

馬狼の捕獲者視界は、超越視界と違った1対1に集中したゴール前限定。

ストライカーの目標や力量によって、各能力が変化して行く発見をしていました。

それを面白いと感じる潔の描かれる姿が、少し狂気めいていて怖かったです。

更に、チームの哲学の違いも試合に影響して行くと理解。

ユーヴァースの生命体連動に対して、バスタード・ミュンヘンが2つの攻撃でみせる変則矛盾連動。

これを察知した選手達の読み合いが世界級だと歓喜もしていました。

そして、次のプレーが試合の命運を決める重要な局面だと肌で感じます。

それを読み変革者になるという決意の潔がとても痺れます。

これからの試合がどう進んで行くのか見逃せません。

 

スポンサーリンク

ミヒャエル・カイザーの苛立ちと揺るぎない自信

一方、バスタード・ミュンヘンのミヒャエル・カイザーはとても苛立っていました。

ユーヴァースのドン・ロレンツォが自分を邪魔してウザすぎると、内心穏やかではありません。

彼は、ロレンツォを睨みつけます。

ロレンツォが以前対戦した時よりレベルアップしていると気づきました。

彼のマークやプレーが、自分の自由を予定よりも実行する事が出来ないと静かな怒りを見せていたのです。

現状は潔世一がプレーしやすいが、こんな状態はゴミ環境だと酷評。

潔を打ち負かしゴールを決める為に、どうすれば良いかと考察を繰り返します。

すると、アレクシス・ネスがカイザーに近寄って行きました。

ネスは、カイザーにどうするかと質問。

ロレンツォがウザいと連呼して、焦りを見せていました。

このままでは、潔に2点目も決められてしまうと動揺。

カイザーは、そんなネスに喋るなと一喝。

クソはお前だと冷たく言い放ちます。

その発言を聞いたネスは青褪め、その場で言葉を発することが出来ません。

カイザーは、その場でジャンプをして体をアップさせていきます。

ネスに向かって、足りない脳ミソで感情の操作を失うなと指摘。

今まで行った特訓通り動けと指示を始めます。

カイザーは、ネスに創造性を全く求めていないと話を続けて行きます。

ただ、自分を信じろと力強く発言。

自分に不可能は無いと宣言したのです。

その言葉を聞いたネスの眼に輝きが戻りました。

ネスは、カイザーに向かってはいと返事をします。

そして、スローイングされたボールに向かって全力でダッシュをしました。

ボールを確保する事に成功したネスは、ユーヴァースのゴール前を目指します。

潔は、それを見てここからが勝負だと確信。

ネスとカイザーのプレーが、次のゴールを決めると超越視界(メタ・ビジョン)を発動します。

フィールドの全選手は、ネスとカイザーの動きに注意と警戒をして行きました。

 

今まで良い出番も無く、ここまで苛立っているカイザーを見れたのが意外でした。

ロレンツォに執拗なマークをされて、自分の持ち味が活かせずに苦戦。

それでも、自由度が制限された状況下でもゴールを諦めていません。

明らかに得点しやすい環境にいる潔を問題にしない点は、新英雄11傑の1人として流石です。

ネスが焦り、カイザーに寄り添って行く所がポンコツすぎていつもと違うギャップでした。

カイザーは、ネスに感情で流されるなと叱責。

動揺もせずに漲る自信溢れるメンタルが凄まじいです。

ネスに特訓通りの動きを指示し、不可能は無いという台詞が熱すぎます。

潔は、カイザーとネスの連携がこれからの転換期だと判断。

超越視界を発動し、チャンスを虎視眈々と伺います。

全選手が注目する中、カイザー達のプレーはどんなものを見せてくれるのか期待大です。

 

スポンサーリンク

國神錬介が生み出したフィールドの超混沌(カオス)

バスタード・ミュンヘンのアレクシス・ネスは、ミヒャエル・カイザーに繋げる為ゴールを目指しました。

しかし、そんなネスに突然の邪魔が入ります。

1人の選手が、ネスの身体を抑えて強引にボールを奪い去りました。

ネスは、目の前で起きた出来事に反応できません。

彼は、驚き唖然としていました。

それを行ったのは、同じチームの國神錬介だったのです。

國神は、荒い息を吐き怒りの形相をしていました。

そして、穴馬(ダークホース)として自分の存在を忘れるなと叫んだのです。

その行動に、潔世一も驚きを隠せません。

彼は、國神がフィールドの均衡を破ったプレーに焦りを見せていました。

バスタード・ミュンヘンがゴールを決める初手が、カイザーとネスが成し遂げると思っていたからです。

それを一気に狂わせた國神のアクションが、危険で大きな騒動を引き起こすと判断。

そんな潔の想いも知らずに、國神はイレギュラーな動きでゴール前に向かって突進を開始します。

國神は、バスタード・ミュンヘンとユーヴァースの試合で大きな超混沌(カオス)を発生させてしまいました。

フィールドの読み合いが更なる激化して行く状態に突入。

國神は、ひたすらシュートを決める為にユーヴァース陣営に侵入をしていきました。

全選手は、國神に視線を向けて接近して行きます。

ボールを奪い取り、自分自身が大きなチャンスを掴む為に進んで行きます。

國神錬介のフィールドで見せた波紋は、一気に広がりを見せていく事は誰にも分らなかったのです。

 

やはり、ネスとカイザーの連携を阻止する者が登場。

國神がまさかの邪魔をしてくるとは、全く予想できない展開でとても驚きです。

國神が怒りの表情を見せていましたが、必死で熱すぎると伝わってきました。

穴馬として自分の存在を忘れるなと発言。

ゴールを決める事に対して、相変わらずのストイックさとダークな雰囲気が隠せません。

流石の潔も、イレギュラーな國神の乱入に動揺。

國神がフィールドの状況を破壊する強引なプレー展開を危険視します。

バスタード・ミュンヘンが得点を決める初手が、大幅に狂い始めてきました。

ユーヴァース陣営も國神のソロプレーに戸惑いを見せている様です。

國神が発生させた超混沌は、バスタード・ミュンヘンに良い方向を進ませることが出来るのか大注目です。

また、それが大失敗してユーヴァースに逆転を許す機会を与える事になるのかも気になってしまいます。

これからの両チームの動きとプレーが、どんな風に導かれていくのか見逃せません。

次回の話がどうなるのか、とても大きな期待をして待って楽しみにしたいです。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブルーロック』ネタバレ218-219話のまとめ

今回のブルーロック218話も激しいドラマの連続でした。

主人公・潔世一は、自分を止めた二子一揮の能力に疑問を抱きます。

それが、自分と同じ能力である超越視界なのかと率直な質問を開始。

二子は、潔の動きやボールが視界に入ってルールを破りアドリブで止めたと打ち明けます。

無自覚の彼独自の超越視界に目覚めているのかもしれません。

試合内で覚醒して身に付けたら、潔の脅威となる事は必須でしょう。

超越視界の言葉を聞いて笑っている愛空も、個人的に気になります。

元ストライカーとして大活躍していた彼が、超越視界の能力を持っている可能性も否定できません。

いづれにせよ、二子と愛空が潔に大きな壁となって行きそうな予感がします。

その中で、潔は自分の能力について様々な考察。

超越視界の能力は、他人には使用できない一部の者にしか出来ないレアなものだと理解しました。

馬狼は、ゴールに特化したものだと分析して新たな眼と脳の使い方を楽しみます。

更に、フィールド内にいる選手達はそれぞれのチーム哲学に従いチャンスを狙っていると見抜きます。

この読み合いが世界級だと歓喜する潔。

混戦を制して変革者となる覚悟が、熱くて痺れ最高過ぎます。

カイザーは、ロレンツォに阻止されて自由度が無く苛立ちを珍しく見せていました。

それでも、冷静さを失わず状況を把握。

得点を獲る揺るぎない強すぎる自信が堪りません。

ネスを叱責して指示し、攻撃を開始して行きました。

潔は、カイザーとネスの連携が試合を決めるターニングポイントだと注視。

しかし、ここで突然の乱入者が出現しました。

國神がネスからボールを強奪して、ゴールを決める為に突進。

予想できない展開が起こるのが、このブルーロックの醍醐味です。

大混乱を発生させた國神のプレーは、バスタード・ミュンヘンとユーヴァースにどんな影響を与えるのか気になって仕方ありません。

更に、激しく大きなプレーやドラマが生まれそうな予感がします。

それでは、また、次の話でお会いしましょう。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒ブルーロック220話!ミヒャエルカイザーの皇帝衝撃波地弾型・・

⇒ブルーロック219話!潔世一と二子一揮の超越視界対決國神錬・・

⇒ブルーロック217話!潔世一VS二子一揮超越視界対決の行方・・

⇒ブルーロック216話!馬狼照英が金歯の秘密を知り隠密殺撃蹴・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA