最新ネタバレ『はじめの一歩』1420-1421話!考察!日本の死神

PR

スポンサーリンク

【はじめの一歩】1420話ネタバレ最新!日本の死神

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • マーカス・ロザリオは強力な武力を持つ世界王者。
  • 久美は一歩との関係を進展させようとしているが、間柴の帰宅により状況が混乱。
  • 鷹村達は一歩に「何をしようとしていた」と問い詰める。

間柴が挑む世界戦の相手である世界王者マーカス・ロザリオは「プエルトリコの悪童」と呼ばれ、マネージャーに向けて本当に銃をぶっ放す本当の悪(ワル)でした。

マーカス・ロザリオは唐突に間柴の写真を殴り始めます。

更にマーカス・ロザリオはクシャクシャになった間柴の写真に「こいつを早く不幸にしたい」と止めるマネージャーが引くほどのヤバい言葉を言い放ちました。

一方、日本では間柴の妹である久美が「幸せになりたい」と考えていました。

キッカケは同僚であり青木の彼女であるトミ子に、もっと積極的になって彼と幸せになりなさいと言われたからでした。

久美は一歩との今までの事を思い出し、「努力」はしているが、その一方で「私は美味しくなさそうだ」と言う悲観的な感情もありました。

この久美に「諦めるな」とハッパをかけるトミ子の言葉と、兄の間柴が合宿に行っているのをチャンスととり、一歩を自宅に招待していたのです。

この後、到着した一歩に兄がいない事を告げると電気を消して花火を窓際で見ようと誘う久美。

これで一気に恋愛ムードになった瞬間、一歩がふと窓から見たのは立っている間柴の姿です。

このまま一気に2人は結ばれるのか、間柴の姿は幻影だったのか。

気になる1420話が一体どんな展開になるのか、早速見て行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『はじめの一歩』1420話!のネタバレ

それでは『はじめの一歩』1420話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

今日こそ

一歩が間柴の姿を確認したような感覚になっている中、久美は「誰の邪魔も入らない、今日こそ」と高まっていました。

ですが、一歩が何か躊躇しているのが分かり、久美はどうしたのか気になります。

「いや、」と言いつつも外から誰か見ていたと怯える一歩。

久美は次の花火が上がった時に確認しようと提案し、2人で確認する事にします。

 

スポンサーリンク

人数が増えている

外に誰もいないのを確認した一歩は「僕は何を怯えているんだ」と身を任せる意思を示している久美を前に「今日こそは」と覚悟を決めます。

そして、力を込めて「僕はずっと、久美さんの事が」と顔を近づけます。

ですが、次の花火が上がった時に一歩はまたも誰かいるのを確認してしまったのです。

またもや怯える一歩でしたが、久美は幻覚だと言い「私達はこのままで良いんですか」と問い詰めます。

 

スポンサーリンク

強迫観念

外に何か見えると怯える一歩に、それは強迫観念に支配されていると訴える久美。

「どうか、落ち着いて」と一歩に言うと「私も焦っていた」と分かった久美も一旦、電気をつけて落ち着こうと切り出します。

「夜はまだ長いですから」と言う久美に「そうですね」とやり取りする2人でしたが、ここで何かに気がつきます。

 

スポンサーリンク

死神帰宅

落ち着きを取り戻す為に部屋の電気をつけますが、一歩と久美は顔面蒼白になります。

理由は合宿に行ったはずの間柴が何と帰宅していたのです。

この状況に取り乱す一歩と久美に間柴は合宿は食中毒が出た為に中止になったから帰ってきたと説明します。

そして、「お前の顔見て吐きそうだよ」とちゃぶ台を叩きつけます。

外では幻覚ではなく、間柴の帰宅を目撃し一歩の身を案ずる鷹村達。

その間柴は一歩に顔を上げてくれと言うと「お前はココで何をしようとしていた」と睨みつけながら問います。

 

スポンサーリンク
"
"

『はじめの一歩』ネタバレ1420-1421話のまとめ

「プエルトリコの悪童」マーカス・ロザリオが狂気を見せる中、「日本の死神」間柴の部屋で一歩と久美が急接近していました。

花火の光を頼りに電気を消した部屋で、顔を近づけていく一歩と久美の2人。

ですが、ふと見た窓の外で見てしまったのは久美の兄・間柴の姿でした。

間柴は合宿に出かけていて帰ってこないと言う久美は、幻覚だと言い落ち着かせようとします。

一旦、落ち着きを見せた一歩ですが今度は人数が増えていると言い出しパニックになってしまいました。

この状況に私も焦りすぎたと言う久美。

電気をつけて深呼吸をしよう、まだ夜は長いからと提案しました。

そうですねと一歩が答えると部屋に明かりが戻ります。

ですが、そこで一歩と久美が見たのは既に帰宅し、ちゃぶ台の前に座っている間柴の姿でした。

そして、その間柴は食中毒で合宿が中止になった事と今の気分は「吐きそうだ」と説明しました。

悪ノリしにきた鷹村達もまさかの展開に驚く中、「何をしようとしていた」か答えろと一歩は睨みつけられます。

「プエルトリコの悪童」に負けない狂気を持つ「日本の死神」間柴了。

ヘビに睨まれたカエル状態の一歩は何と答えるのか。

次回、1421話の展開を楽しみにしたいですね。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒はじめの一歩1422話!地獄会・・

⇒はじめの一歩1421話!兄の自覚・・

⇒はじめの一歩1419話!不幸にしたい・・

⇒はじめの一歩1418話!マーカス・ロザリオ・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA