PR

スポンサーリンク

【カッコウの許嫁】153話ネタバレ最新!宗助に完敗?!ようやく戻ってきた日常は?!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 凪は宗助の内通者である理人を問い詰める。
  • 宗助とエリカは兄妹として育ち、会いたいと思っているが凪にとっては警戒が必要。
  • 宗助とエリカのデートは楽しかったが、凪は完敗し、宗助の真の目的は不明。

凪は宗助の内通者である理人を問い詰めていました。

宗助はエリカに会ってどうするつもりなのか?

理人は凪の問いかけにキョトンとした顔を浮かべました。

宗助とエリカは血の繋がりこそありませんが兄妹として育ちました。

ただ、会いたいと思うのは家族なら当たり前のことです。

でも凪にとってはやはり警戒を解ける状況ではありませんでした。

宗助の目的は天野家を潰すことであり、凪とエリカがいない時に幸に会いにきた理由や、捜索されることをわかっていながらエリカに接触しようとしてくる理由もわかりません。

楽観的な理人に凪はどう立ち向かうのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

 

『カッウの許嫁』153話!のネタバレ

それでは『カッコウの許嫁』153話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

理人の勝利

理人は今頃、宗助とエリカが感動の再会を果たしているだろうと想像していました。

でも凪はエリカに危険を避けるため、海野家から出ないように伝えています。

だから、宗助が海野亭を突き止めたところでエリカには会えないと考えていました。

ところが…幸からLINEが届きます。

『宗助さんが迎えにきてエリカちゃんが飛び出して行った』

出鼻を挫かれた凪は顔面蒼白になりました…。

さっそく凪の予想は外れ、理人に軍配が上がりました。

 

スポンサーリンク

今はまだ話せない?!

その頃、宗助とエリカはまだデートを楽しんでいました。

綺麗な夜景を見た後は、近くにある水族館に行きたいと話すエリカでしたが、宗助は帰ることを提案しました。

エリカはまだ未成年。

これ以上連れ回すことはできないと判断していたのです。

子供扱いされたことに少し寂しさを感じてしまうエリカなのでした。

エリカは車に戻って行く宗助の背中を寂しそうに見つめました。

自分の服の裾をギュッと握りしめ、エリカは勇気を出しました。

「パパと何かあった…?」

宗助の目的は天野家を潰すこと。

エリカにはそれがまだ信じられないのです。

宗助は何もないと答えました。

エリカが伏目がちに俯くと、宗助は優しく言いました。

「…と言いたいところだけど、まだ話せないんだ」

宗助は困ったような優しい笑顔を浮かべました。

やっぱり宗一郎と宗助の間には何かがあるのです。

もう少し時間が欲しいと言う宗助の言葉にエリカは笑顔で頷きました。

エリカに向き合い、本当のことを話してくれた宗助を信じたいのでしょう。

 

スポンサーリンク

宗助と凪

家に帰るために車に乗り込んだエリカは、宗助に凪と会ってみて欲しいと提案しました。

宗助と凪は正真正銘の兄弟ですからね!

エリカから見た宗助と凪は性格も正反対ですが、だからこそ仲良くなれる気がしていました。

宗助はハンドルにもたれかかり、顔を赤くしました。

「ちょっと…まだ恥ずかしい」

姉妹より、男同士である兄弟の方が照れが強いのかもしれませんねw

そんな可愛い宗助を見てエリカは満面の笑顔になりました。

このシーンだけ見れば、宗助は凪を避けているわけではないようですが…まだ宗助の本音は見えないため、油断は禁物です。

 

スポンサーリンク

言い争い

1週間ぶりに天海ハウスに帰ってきたエリカ。

幸はエリカの大量の荷物持ちですw

凪はげっそりした顔で出迎えました。

久々の天海ハウスにエリカは安心感を感じていました。

やっぱりエリカにとっては海野家よりここがマイハウスなのでしょう。

幸は受験勉強があるため、荷物を置いてすぐに海野家に帰って行きました。

「そんなんだから完敗するんだよ」

帰り際に辛辣な言葉を残して…。

まるでこの一言を言うためだけにやってきたかのような幸。

確かに事実ではありますが、凪はショックを受けましたw

2人きりになると、しばらく沈黙が続きます。

凪は重い口を開きました。

「もう帰ってこないと思ってた」

宗助にこのまま連れ去られる可能性も否定できませんからね…。

ただし、素直になれない凪はエリカがちゃんと戻ってきて安心しているくせに、勝手なこと(宗助と2人きりになる)はしないで欲しいと嫌味を言ってしまいます。

エリカも負けじと自分がインスタで見つけなければ未だに辿り着けていない可能性を指摘しました。

必死で宗助を探していた凪にとっては耳が痛い事実かもしれません。

でも凪は涼しい顔で宗助を見つけた時点で会う前に報告が欲しかったと文句をつけました。

不毛なやり取りを終わらせるため、エリカが選んだ話題はこの1週間、凪があいと暮らしていた事実でした。

 

スポンサーリンク

1人じゃない

ひろという彼女がいる手前、凪にとってあいとの同居はあまり言われたくない一言です。

エリカは追い打ちをかけるように、ひろが幻滅しているかもしれないと呟きます。

でも凪にも言い分はあります。

あいと暮らしていたのは、宗助探しの手伝いのためであり、そのことはひろも知っているし、応援してくれていました。

幸だって同じです。

早く凪とエリカが宗助にたどり着けるようにと応援してくれていました。

凪の言葉を聞いて、エリカはハッとしました。

エリカは海野家に閉じ込められ、自分1人が苦しい思いをしていると感じていました。

でも本当はみんなが応援してくれていたのです。

とにかく、こうして天海ハウスに無事に2人が揃ったことは一安心。

凪はエリカにホットココアを勧めました。

そして、話はいよいよ本題へ…。

 

スポンサーリンク

やっぱり完敗!

「宗助とはどうだったの?」

凪は気になって仕方なかったことをようやく口にしました。

理人は宗助とエリカは感動の再会を果たすと断言していましたが…?

エリカはココアを飲みながら正直に答えました。

あの時は衝動的に飛び出したため、緊張している場合でもなく、久しぶりに会った宗助に抱きついてしまいました。

凪はつまらなそうな表情で「どこ行ったの?」と追加の質問を加えました。

エリカは宗助と回ったドライブデートを振り返りました。

服を買ってもらい、イルミネーションと夜景を見て…宗助がカレーの写真を撮っていたことも思い出しました。

終始つまらなさそうな顔をしていた凪は、結局のところどうだったのかを改めて問いかけます。

エリカはそれはそれは可愛い弾ける笑顔で言いました。

「すっごく楽しかった!」

凪は汗をかきながら「よかったじゃん」と言うのがやっと。

悔しいですが幸が言う通り、宗助にも完敗したことになります。

嬉しそうなエリカと悔しそうな凪。

天海ハウスの外では幸が2人の会話を聞いていました。

「わかるよ…エリカお姉」

幸は凪に想いを寄せています。

だからこそ、エリカが宗助とのデートを楽しんだ後の幸せな気持ちが手に取るようにわかるのです。

家族の関係性が少しづつ変わって行く中、宗助、凪、エリカ、幸の関係性はどう変わっていくのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『カッコウの許嫁』ネタバレ153-154話のまとめ

今回のお話は、宗助と理人に凪が完敗するお話でした。

宗助とのデートを終えたエリカは久々に天海ハウスに帰宅します。

出迎えてくれたのはげっそりとした凪でした。

凪は理人に会いに行きましたが、その隙を宗助に出し抜かれ、エリカを連れ出されてしまいました。

この時点で理人&宗助コンビに完敗の凪…。

しかもエリカは生き生きとしています。

凪が宗助との再会について感想を聞くと、エリカは満面の笑みで楽しかった!と回答しました。

凪にとっては地味にダメージでしょうw

それでもエリカはちゃんと凪(天海ハウス)に戻ってきました。

そこは自信を持って欲しいですよね!

宗助はエリカに父親である宗一郎との確執を明確には話しませんでした。

では宗助が今、凪たちの前に現れたのは何故なのでしょうか?!

天野家を潰すためにエリカを利用しようとしているのではないでしょうか?!

まだまだわからないことが多いですが、パズルのピースをはめるように、少しづつ全容が見えてくることを期待しましょう!

次週もますます目が離せませんね♪

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒カッコウの許嫁155話!今度は凪とエリカがデート?!揺れる・・

⇒カッコウの許嫁154話!ひろの本当の気持ちとは?!エリカの・・

⇒カッコウの許嫁152話!宗助は凪と正反対?!エリカの心は揺・・

⇒カッコウの許嫁151話!内通者はやっぱり理人?!ひとりぼっ・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA