PR

スポンサーリンク

【魔都精兵のスレイブ】五木カイコの能力は希少?五番組の副組長を務める五木カイコについて徹底解説!!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • 回復能力を持つ五番組の副組長、五木カイコの存在
  • 蝦夷組長の補助役として重要な役割を果たす
  • 戦闘力や戦闘スタイルは不明だが、信頼される人材

今回紹介するのは、魔防隊五番組組長の蝦夷夜雲が率いる魔防隊五番組の副組長である、五木カイコです。

ウェーブが掛かった黒髪が特徴の大人の雰囲気のある女性であり、仕事意識が強くあり、責任感を持って、魔防隊の任務に当たると、個性派揃いの面々の中で生真面目な彼女。

魔防隊で最もレアな能力である回復能力を使う事の出来る、回復役隊員として活躍する彼女の事を今回は取り上げて行きたいと思います。

これと言った活躍などもなく、また優希との関わりも少ないと、モブよりも上の活躍をする程度の人物かもしれませんが、彼女の背景にある活躍を推測していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

【魔都精兵のスレイブ】五木カイコのプロフィール

五木カイコは五番組の副組長で、組長の蝦夷夜雲の下で五番組の後方支援の指揮を執る、仕事が出来る意識の高い女性として紹介されています。

仕事に対する意識が強いと評されている部分もあり、この事を考えれば、副官としての能力は優秀な人材とも言えます。

彼女は主に戦闘参加ではなく、貴重な回復能力を使う事の出来る希有な存在としての役割を果たす事に焦点を置いています

これは醜鬼を相手に戦闘で傷ついた魔防隊の隊員の回復や、また重傷を負った市民の治療などを行う役割を担う、補助要員としての活躍を担っています。

回復役としては非常に優秀な存在であり、蝦夷組長の補助的な役割を果たしている存在とも言える彼女。

適材適所と人員の扱いや、また自身の動くべき立場を理解し、的確に現場での行動を指揮できる人材と考えられます。

また問題児でもあるセクハラの常習犯の蝦夷組長の下で働いているのを見れば、相当に彼女に苦労していると思われるも、常に笑顔でいる事が出来る雰囲気も妖しいものです。

辛い印象を見せずに、仕事の時は常に凜としている五木カイコ。

ある意味では恐ろしい人物かもしれません。

そんな彼女の身体的な部分の特徴を挙げていきましょう。

身長は160㎝と高身長な体格を有しており、スリーサイズは明らかになってはいませんが、常に健康的な体型を維持しており、鍛錬を怠らない資質の持ち主とも言えます。

誕生日は5月27日となっており、血液型はA型で、体重などは不明です。

好きな食べ物なども明かされてはおらず、必要なことは喋らないと、自身のプライベートな部分も謎と、明らかになっていない部分も多いです。

そして魔防隊の組員ならば最も重要になるであろう戦闘力に関しては、これと言った作中での活躍はなく、未知数の戦闘力ともなっています。

あくまでも回復をメインとした活躍をするので、戦闘は参加しない役割なのかもしれませんが、魔防隊の組員ならば、それなりの戦闘力を有している可能性もあります

ただ戦闘スタイルが、武器を使うモノなのか、それとも銃火器を使用するモノなのか、それとも体術なのかと明らかになってはいません。

戦闘はある程度に行えると思えますが、はたしてどれだけの強さなのかと、今後の活躍が期待されている人物です。

 

スポンサーリンク
"
"

【魔都精兵のスレイブ】五木カイコの特徴

彼女の特徴を挙げれば、曲者揃いの魔防隊の面々の中でも、最も扱いが難しい組長クラスの人間との調整を上手く行う事の出来る存在である事です。

言うなれば調整役とも言える存在であり、人格的にも問題のある蝦夷の事を上手く扱っているなど、優秀な人材とも言える活躍をしていると思われます。

作中ではそれ程に出番もなく、ほとんどはちょい役的な立ち位置での活躍となっており、本編でメインとして絡むような活躍は今のところは見受けられてはいません。

特徴をあえて挙げれば、それは彼女が回復役である事です。

彼女の主な能力は、桃で得る事の出来る能力の中でも希な才能である回復能力を持っている事であり、作中における活躍は、主に回復役。

確かに地味ですが重要な立ち位置でもあります。

瞬時に怪我を治し、また重傷者の治癒を行えると、魔都災害にも瞬時に対応できる能力を持ち、人命救助などの局面でも活躍する事の出来る能力。

魔防隊において重要な役割を担う存在とも言えます。

しかしその能力のせいか戦闘時における大きな活躍は見受けられず、作中では主に回復役に徹しているなど、彼女はあくまでも現場で表には出ません。

あくまでも裏方に徹している人材の様です。

これは蝦夷の持つ特殊な能力ゆえに采配された人員とも取れます。

戦闘においては蝦夷の持つ風を操作する能力は、広範囲に行うことが出来る能力でもあり、多数の醜鬼を相手に戦う事が出来き、戦闘時には補助を徹底する事が可能となります

主に五番組の作中での活躍は、これと言って大きなモノはありませんが、これは魔都災害における重要なまでの活躍をしていると判断出来ます。

攻撃などの面は蝦夷に頼り、五木の役張は組員の補助と、また被害に遭った市民の保護を優先し、行動していく事だとあげられます。

隊長である彼女の能力を信頼し、自分はあくまでも、その補助に回るという役割を担う彼女。

優秀な戦略家でも有り、また適材適所に人員を配置できる副官としての才能を持つ人材とも言えます。

ただ、そんな蝦夷の事を上手く扱っている事などを考えれば、彼女は五番組においても、最も信頼のある人材ともなります。

もし他の組に副長ならば、蝦夷の事を上手く扱える人材は少ない筈。

下手をすればセクハラに泣かされてしまう可能性も考えられるほどに、蝦夷の問題行動は危険視されてもいます。

そんな蝦夷の下で副組長の仕事を熟しながらに、彼女の暴走を上手く調整しているなどを考えれば、ある意味で恐ろしい人物かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【魔都精兵のスレイブ】五木カイコの性格とは?

作中における五木カイコの主な役割は、蝦夷の補助となっており、性格を言えば、穏やかな人間と、優しく話しかけて場を和ましながらに取り仕切ってくれる性格とも言えます。

これはやはり副組長としての役割をはたしているのか、キツい言動などはなく、相手を立てるように会話を進め、また他の組長に対しての礼節なども重んじる性格もしています。

言うなれば、大人の女性としての役割を行える人間とも言えるのが、五木カイコの性格であり、彼女は蝦夷の副組長として五番組を運営している実力者でもあります。

他の組とは軋轢を生まないように調整し、また変な差別意識や対抗心などを持ち込まないようにと、上手く対応できる処世術なども心得ており、まさに大人の女性です。

まあ蝦夷組長が、ハーレムを作りたがっていると、色々と問題のある言動や、女性にセクハラをする事など、問題児の組長ですからね。

そんな組長を上手くコントロールの出来る存在として活躍している、五木の性格をあえて言えば、私情を挟まない性格なのかもしれません。

仕事意識が強いと評されているなどの面を考えれば、実務などを熟す事を生真面目に行い、また任務における内容を常に把握しているなど、蝦夷の世話女房とも言えます。

ただ、こういった女性は怒らせてしまえば、後が怖くなるので、あまりやんちゃな事はしない方がいいかもしれません。

また蝦夷組長の事はある程度容認しているなど、セクハラ行為に関しても、度が過ぎなければと、ある程度の容認をしている面もありそうです。

ただ度が過ぎれば、何をするのかと、考えたら怖い一面がありそうです。

まあ他の組長は遠慮無しに蝦夷に対して、徹底して応対しているので問題はないと思いますが、度が過ぎれば、何をするのかと怖い一面もありそうな人物です。

 

スポンサーリンク

【魔都精兵のスレイブ】五木カイコの能力とは?

前述でも記したとおりに彼女の持っている能力は、回復能力となっています。

これは桃の能力の中では、とても希な能力でもあり、どんな傷も回復する事が可能となっている能力とも取れます。

しかし死んでしまったり、また身体の部位の欠損などに対応できているのかは現在でも不明で、どこまで回復を可能としているのかはいまだに未知だとも言えます。

そんな五木の能力名称は「織女星の繭(ミラクルケア)」と呼ばれており、言葉通りに繭を貼り、重傷者を繭に包んで回復させるなどの能力となっています。

五木カイコと名前の通りに、カイコこと蚕を連想させる回復能力となっており、作中では、これで幾人の組員や市民を救助しているシーンがあります。

ただ回復する範囲がどこまでなのかと、未だに未知数な部分もあり、彼女の能力でどこまで治療する事が出来るのかと、不明な部分もあります。

傷を癒やすことは可能であるも、四肢の欠損などの傷は修復出来るのかと、治せる範囲の効果は不明となっており、また治すことは出来ても、体力の回復までは不可能と見えます。

あくまでも外傷までの傷の修復をメインにした能力であり、病などの治療にも対応できているのか、その点も不明となっています。

しかし魔都災害においては、最も重要な活躍をするなど、回復できる能力は、多くの人命を救うことが出来き、また組員の傷の修復など、彼女の重要性は高いモノとも言えます

魔防隊においては無くてならない存在でもあり、自身の能力と在り方をしっかりと把握しているなど、重要な人材とも言えます。

 

スポンサーリンク

【魔都精兵のスレイブ】五木カイコの強さとは?

さて次に考察していきたいのは、五木カイコの強さにあります。彼女は作中では、主に醜鬼を相手しているシーンはなく、戦闘に参加していないと思われます。

でも少なくとも魔防隊のメンバーであるならば、最低限の戦闘力は有していると思われるので、醜鬼を相手に戦闘をすることも可能と思われます。

ただどんな武器を使用し、戦っているのかは不明で、彼女の強さは未だに明らかになってはいません

ただ回復役となっているので、これと言った戦力になる事はないと思いますが、今後の活躍では戦闘に参加するシーンがあるかもしれません。

もし彼女が戦闘に参加する事になればと、考察するならば、彼女の主な戦闘方法は、回復能力を使った攻撃かもしれません。

回復能力で戦うと簡単に想像は出来ませんが、傷を治す能力を活用して、相手にダメージを与える事が出来る可能性もあります。

言うなれば、回復する能力で相手の細胞を活性化させ、暴走させてしまうと、回復を逆手に取った攻撃力を発揮し、相手を倒す事も可能ではと考えます。

そして優希をスレイブ化すれば、優希は回復能力に特化したスレイブになれるかもしれません

まあ、その時のご褒美がどんな形になるのかは解りませんが、カイコさんのご褒美は、エッチなモノとなりそうな気がします。

 

スポンサーリンク

【魔都精兵のスレイブ】五木カイコの初登場は何話?

今作の中で五木カイコさんの初登場となったのは、魔都精兵のスレイブの第7巻の第52話です。

この回では合同練習をする為に五番組と邂逅し、その時に、五木カイコと、部下の所山サキと登場しました。

この時の雰囲気から言えば、とても大人な女性であり、今までに見た、他の組員に比べれば、とても優しそうに見える女性と、比較的にまともな雰囲気のある登場でした。

ただ蝦夷の存在感が、あまりにもアレだったためか、また山本恋の存在感などで、色々と持っていかれてしまったせいで、彼女の印象は非常に薄いものとなってしまいました

その後の作中では、あまりに表に出た活躍などはなく、あくまでも補助的な役割を果たす要因として活躍するなど、裏方に回ってもいます。

ただ存在感のある雰囲気なので、今後の展開では目立つかもしれないと、そんな予感がします。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は五番組の副組長である五木カイコについての詳細と情報をまとめていきました。

作中の中では、メインのキャラではなく、登場回数は非常に少なく、優希や京香との関わりも少ないキャラかもしれません。

しかし魔防隊の中でも、最もレアな回復能力を使い、組員の為に自身の能力を使い、活躍すると、重要なまでの立ち位置にいるキャラでもあります。

今後の展開によっては、まさかメインになるかもしれないと、大きな活躍も期待できます。

ただ五番組の副組長を務めている事を考えれば、相当に苦労をしているだろうと思います。

なにせ隊長が歩くセクハラ美女と、実に扱いづらい隊長を上手くコントロールしているなど、ある意味では五番組の本当の支配者かもしれません。

怒らせたら怖い雰囲気もあるなど、今後の活躍によっては、まさかメインになるかもしれないと、期待したいキャラでもあります。

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA