【魔都精兵のスレイブ】魔都に出没する黄泉醜鬼とは?黄泉醜鬼を倒すことができるのは魔防隊だけ!?

PR

スポンサーリンク

【魔都精兵のスレイブ】魔都に出没する黄泉醜鬼とは?黄泉醜鬼を倒すことができるのは魔防隊だけ!?

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 魔都に出没する黄泉醜鬼:凶暴な怪物で戦闘力が圧倒的
  • 魔防隊が唯一倒せる:桃の力を持つ女性のみが対抗できる
  • 醜鬼の存在と能力は未解明:回復力や生命力に人智を超えた力を持つ

魔都・・・それは現代社会の理とは違う異世界であり、世界の男女のパワーバランスを逆転させてしまうと、和倉優希の運命を大きく変えてしまった世界でもあります。

魔都の資源とも言われている桃と呼ばれる果実。

それを食べれば女性にだけ特異能力を与え、戦闘力や特殊能力など人智を及ぶ異能の力を得る事が出来き、能力を得る事が出来ない男性は、その地位を落とす事となります。

女性中心の社会となり、男性は社会的地位を失う事になった、そんな時代の中で優希もまたその時勢に流されるままに将来の行く末を漠然と過ごしていました。

そんな中で突如出現した魔都によって引き起こされる災害に巻き込まれ、黄泉醜鬼(よもつ・しゅうき)こと醜鬼に襲われてしまう優希。

そんな窮地の中で現われた魔防隊七番組組長である羽前京香と出逢う事になります。

桃を食べた事で能力を得ていた京香は、自身の意思で奴隷とした相手の力を引き出し、使役する能力を使い、京香は優希を自身の奴隷とし、彼と共に戦う事となります。

こうして始まっていく魔都精兵のスレイブの物語。

6年前の災害に巻き込まれた姉に、また魔防隊の中に渦巻く政治的な思惑や、様々な出来事に見舞われていく優希。

その中でも未だにその力の全容が明らかになっていない、醜鬼の存在と考察を今回はまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【魔都精兵のスレイブ】魔都とは?

まず魔都についての考察をまとめていきたいと思います。

明らかになっている詳細をまとめれば、数十年前に日本各地に突如として出現した謎の門であるクナドによって繋がれた異界もとい異世界とも言われています。

科学的に解明できないクナドの門を通って広がっている魔都は、草木が生えてはいない岩山だけしかない不毛の荒野となっており、そこには生命の存在は確認されてはいません。

常に空は雷雲に覆われており、陽が射す事は無い、地球とは思えない場所。

東京都ほどの広さがあると推測されてはいるも、その広さの計測は未だに不明となっています。

クナドこと通称は門と呼ばれているそれは、日本と魔都を繋ぐ出入り口ともなっており、門は常にその位置にて位置は固定さ、現代は日本政府によって管理されています

またクナドは何の前触れもなくに、突如としてブラックホールの様に、空間に突発的に発生するタイプも存在します。

それらは大抵は数時間後に消えてしまうも、偶発的な魔都災害の原因になっていると、新たなる社会問題を発生させています。

現在門は日本国内でしか発生してはいませんが、何故に門が出現するのかと、その謎は明らかにされてはいません。

しかし門が発生する事により醜鬼と呼ばれる人間を襲う怪物が発生し、これは深刻なまでの社会不安を増長させています。

また魔都には、食べれば女性にだけ異能の力を与える桃が存在し、これは食べた者に異能の力を与える代物となります

しかし異能の力は女性にしか発現せず、この桃によって人類の男女の力関係は崩壊してしまいます。

それ故に女尊男卑の世界へと代わり、女性中心の社会となり、政治から軍事など全ては女性が担う様になります。

そんな万能の桃と思われるも、全ては恩恵を与える万能の果実ではありません。

この桃の過剰摂取は危険であり、食べられる桃は一人につき一個となっています。

故に桃を食べて得られる能力は一つであり、その際に発現する能力も、基本的に身体能力を強化する代物となっています。

この桃から与えられる能力については、本人が生まれ持っている気質に素養で決定するのではとの仮説があり、自身が望む能力を強化するのではとの仮説があります

現在では桃は日本政府の管理下に置かれており、審査がなければ食す事も出来ないとされており、厳重に管理されている代物となっています。

しかしこの桃を狙って訪れるテロリストや犯罪者などもおり、新しい動乱の引き金ともなっていると、新しい社会問題を引き起こしています。

そんな謎に満ちている中心には常に黄泉の存在があるのです・・・

 

スポンサーリンク
"
"

【魔都精兵のスレイブ】黄泉醜鬼とは?

作中に登場する敵役でもある醜鬼の正式名称であり黄泉醜鬼(よもつ・しゅうき)と呼ばれる、魔都全域に生息している凶暴な怪物とも言われています。

戦闘力においては一匹の存在によって、数十人の犠牲者を出してしまうと、日本において最も脅威となる存在でもあり、未だにその能力の全てが解明されてもいません。

判明している事は、圧倒的な戦闘力を保持し、また常人では計り知れない回復力を持ち、生命力に溢れていると、それは人智を超えた存在ともなっています。

これは通常兵器で討伐する事は不可能となっており、桃で得た力によってしか討伐できない解決策しかなく、魔防隊によって常に対策が練られているのが現状です。

醜鬼の存在で明らかになっているのは、魔都にて桃を食べる事により、稀にではあるも桃の力が暴走し、その結果に身体が醜鬼に変貌する事が明らかになっています

優希の姉もまた人型醜鬼になってしまったのは、それが原因ではとされており、またこの暴走は、魔都の瘴気によるものと定説が成されています。

魔都以外での接種を行えば暴走は起きないとされてはいるも、未だに桃の全容は明らかにされ得てはおらず、また醜鬼に関しても謎が多いままとなっています。

複数の醜鬼が一体化し、巨大な姿になるなど、醜鬼には謎が多くあり、また人の知恵を持つ醜鬼である人型の存在や、組織的に動く醜鬼なども確認されてもいます

 

スポンサーリンク

【魔都精兵のスレイブ】魔都災害とは?

魔都災害とは突発的に発生してしまった門の出現によって発生してしまう災害となります。

一般人が魔都に迷い込んでしまい醜鬼に襲われてしまい、人を襲うなどの破壊活動などを行うなど魔都関連の災害の代名詞ともなっています。

現在のところでは、魔都災害の元となる門は、日本でしか発生しないとされ、魔都災害も日本でしか発生しない災害として、新しい社会問題になってもいます。

その代表的な事件は、月山大井沢事件(がっさんおおいさわじけん)と呼ばれている、山形県月山で発生した魔都災害があげられます

これは羽前京香の故郷を壊滅させてしまった災害でもあり、突如として発生した大規模な門の出現によって大量の醜鬼が発生し、住民800人が犠牲となります。

醜鬼の災害によっては大規模なものとなり、魔防隊によって収束をするも、京香はこの事件によって故郷を失い、家族を奪われてしまいます。

現在のところでは常に偶発的に発生する災害となっており、社会不安を引き起こす要因ともなっているなど、日本社会を不安に落とす新しい問題ともなっています

 

スポンサーリンク

【魔都精兵のスレイブ】黄泉醜鬼を倒す方法とは?

さて現在のところでは醜鬼を倒す方法は、桃を食べた人間の引き出された能力によって討伐するしか方法はなく、現在のところではそれしか対応できない様になっています

また能力で強化した武器などでも醜鬼を討伐する事は可能であり、現在のところでは魔防隊による桃を食べた能力者による討伐が唯一の手段ともなり、それ以外の術はありません。

醜鬼には現代兵器は全くに効果は無く、傷一つを付けられないとの圧倒的なまでの能力差もあり、桃を食べた女性もしくは、能力によって強化された優希みたいな存在でしか対応できないのが現状です

 

スポンサーリンク

【魔都精兵のスレイブ】人型醜鬼とは?

作中において敵側となる存在のである人型醜鬼(ひとがたしゅうき)は、知性を持った人間型をした醜鬼であり、優希の姉を始めとする面々がそれに値します

魔都において桃を食べた結果に桃の力が暴走し、その結果に肉体が進化変容してしまい、醜鬼に変化してしまった元人間の女性となります。

この状態になった対象は人間とは違う身体能力や回復力に攻撃力を向上し、また倫理性も薄れてしまうのか、凶暴性を増すなど攻撃的な一面が現われるようになります。

現在のところではこの状態の人間を元に戻す方法は存在しておらず、醜鬼化になってしまった人間は、陰陽寮にて人体実験をされているなど、非人道的な扱いを受けています

優希の姉である和倉青羽や、銭函ココに湯野波音なども陰陽寮に対して憎悪を抱いているなど、その怨嗟は深いものとなっています。

醜鬼になったとしても、半分人間であり、半分醜鬼という存在でもあり、話せば解ると、理性的な一面もあるので、今後の展開においては仲間になる可能性もあるかもしれません

 

スポンサーリンク

【魔都精兵のスレイブ】八雷神は黄泉醜鬼?

八雷神は現在の中でも多くの謎がある醜鬼の存在となっており、作中においては醜鬼を束ねる謎の八体の存在として君臨しています

八雷神は醜鬼よりも優れた神と称しており、また人類を滅ぼす事を目的としているなど、魔防隊の敵として立ちはだかっており、作中においても苦戦を強いられる事となります。

ただ他の醜鬼とは違い、本来女性しか成れない筈の醜鬼の中に男性タイプの存在が確認されているなど、従来の醜鬼とは違う存在なのかもしないと警戒されてもいます

また八雷神は家族的な意思を持って構成されているなど、姉や妹に母などと呼び合う雰囲気などもある事から、血を分けた存在で構成された組織なのかもしれません。

今後の展開において最も魔都の謎に近い存在とも言えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

現在のところでは魔都や醜鬼に八雷神など、多くの敵側勢力が明らかとなり、また最近の展開では神奉者となのる、人類を裏切り八雷神の配下となった元人間も登場しています。

八雷神によって改造された人間達。

それは身体を醜鬼に変化可能となり、桃の能力と特性によってさらなる力を得るも、代償としては、その生涯を八雷神に捧げなくてはいけないと、鉄の掟も存在します。

桃を巡る物語となる今作では、様々な醜鬼が存在し、今後の展開も予想出来ない内容となっているなど、複雑化していく内容に注目をおきたいと思います。

今後の予想出来る展開としては、かつて魔防隊に所属していた人間が、醜鬼となって登場するのではと、優希と京香の前に立ちはだかる展開も予想されます

二人の前にどんな敵が登場するのかと、気になるところです。

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA