スポンサーリンク

最新ネタバレ『ブルーロック』204-205話!考察!潔世一、新たな試合に向けて血が騒ぐ

スポンサーリンク

金城宗幸×ノ村優介「ブルーロック」204話より引用

前回のブルーロックは、バスタード・ミュンヘンの大逆転勝利となりました。

主人公・潔世一は、ミヒャエル・カイザーに勝利する為に険悪だった雪宮剣優を利用。

雪宮がチャンスを逃さずにゴールを決めた劇的な瞬間が見られて大興奮でした。

潔が考えていたアシストにより、結果を出す戦略が見事にヒットして熱かったです。

試合終了後、雪宮は、自分を信じ理解してくれた潔の所に駆け寄り謝罪。

潔も超越視界(メタ・ビジョン)や主人公感を駆使した戦術は完璧だったと告白。

しかし、マンシャイン・Cの御影玲王のブロックは予測不能だったと素直に打ち明けます。

そして、雪宮をカイザーに打ち勝つ為、道具として動かすしかなかったと詫びを入れます。

雪宮は、潔の話を聞いて行き、その思考と試合を支配する力があると戦慄しました。

彼は、潔を認めてお互いに切磋琢磨して世界一を目指そうと誓います。

潔と雪宮の関係が、少し良い方向に改善されて安心しました。

その最中、アレクシス・ネスやカイザーが会話に割り込んできます。

ネスは、潔の最後のプレーが悪手過ぎると酷評。

でも、カイザーは潔の思考が自分を上回ったと評価。

ただし、今回は指導者ストライカーであるノエル・ノアの力があったから出来た事だと指摘します。

次は、ノアの力無しでゴール数で勝負しようと強気の提案をぶつけて行きました。

敗北を認めても、タフな精神とチャレンジする気持ちがカイザー強すぎです。

潔は、全ての力を使い果たしてフィールドに倒れました。

寸前の所、カイザーが掴み食い止めたのがとても印象的でした。

カイザーは、力の配分がわからずに意識を失う潔が子供過ぎると辛口でした。

それでも、ストライカーとして重要なエゴイストが備わっていると渋々理解。

カイザーは、潔の見方を少し変えた気配が漂います。

勝利を掴んだ潔達は、世界中に大きなインパクトを与えました。

それがこれからどう影響していくのか、楽しみで期待が高まります。

それでは、今回もブルーロック204話について詳しく語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

『ブルーロック』204話!のネタバレ 

それでは『ブルーロック』204話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

潔世一、指導者ストライカールームで目覚める

潔世一は、目覚めました。

そこは、ドイツ棟の指導者ストライカールームでした。

隣には、珈琲を飲む準備をしていたノエル・ノアが居たのです。

ノアは、起きた潔に対してエネルギーが戻ったかガス欠少年と聞いてきました。

潔は、身体中の筋肉痛を感じながら戸惑っていました。

ノアは、潔に教えます。

倒れて10時間以上寝ていて、原因は疲労による眩暈だと告げます。

そして、潔に水と珈琲のどちらを飲むか質問。

潔は、水が欲しいと答えます。

ノアは、コップに水を注ぎ潔に渡します。

彼は、潔にカイザーに勝つ事が出来たかと話をしてきました。

潔は、カイザーとの競り合いを思い出して口を開きます。

一瞬だけ確実に勝利する事が出来たと伝えます。

ノアは、次はどうするのか更に追求していきます。

水を飲み干した潔は、ノアを見て言います。

今度は、ゴールでカイザーに勝つと宣言。

潔の眼が力強く輝いていたのです。

 

激闘を終えて倒れた潔が目覚めました。

起きた場所は、ノエル・ノアがいる指導者ストライカールームでした。

潔は、レアな場所へと運ばれてしまった事に驚きです。

彼は、超越視界(メタ・ビジョン)の酷使やスーパープレーで疲労。

全身に筋肉痛を感じた姿が辛そうでした。

10時間も寝ていたのが衝撃的過ぎます。

表情を変えない機械の様なノアですが、飲み物を準備してくれるのが意外でした。

ノアは、潔にカイザーに勝つ事が出来たのかと聞いてきました。

潔は、最後のプレーで勝つ事は出来たと回答。

そして、次はゴールの数でカイザーに勝利すると力強く答えました。

潔には、今度こそゴールを決めて欲しいと個人的に思ってしまいました。

 

スポンサーリンク

潔世一、ノエル・ノアに理論を熱く語る

ノエル・ノアは、潔世一の言葉を聞き納得。

彼は、潔にカイザーに勝利する為の方法をしっかり言語化できるのか聞いてきました。

潔は、今回のマンシャイン・C戦で新しい眼と脳の使い方を学んだ事を伝えます。

自分が会得した超越視界(メタ・ビジョン)について詳しく説明をして行きます。

フィールドを周辺視野で一気に情報を収集。

俯瞰や判断を瞬時に行い、ゲームの流れを読み組み立てる事を話しました。

更に、プレイヤー達が持つ主人公感にも気づいたと告白。

それを理解してプレーで潰せば、相手のパフォーマンスレベルを低下させられると告げます。

そして、主人公感を味方と共に連動させて行けば化学反応を起こしてFLOW状態に突入も可能。

潔は、一方的に話し込んでいた自分に気づきます。

彼は、纏まっていないまま話し続けた事をノアに謝罪。

しかし、ノアは、話を続けて行けと命令します。

潔は、自分の抱いている理論を再び話し始めました。

時間が経ち、潔は、全ての事を話し終えます。

次の試合でカイザーに勝てる様に、足りない能力をトレーニングしていく事を宣言。

次は、絶対にゴールが欲しいと笑顔を見せていました。

潔は、新たなる戦いに向けて動き出したくて堪らずにいたのです。

ノアは、それを静かに聞き何かを考えている様でした。

 

潔の語る理論が熱過ぎます。

マンシャイン・Cとの試合で、カイザーの動きを見て超越視界を編み出した事。

更に、自分や他の選手達が持つ主人公感の力にも気づいた内容を素直に語りました。

相手のプレーを読んで阻止したり、仲間と連携してFLOW状態になる事も可能だと回答。

潔は、サッカーの事になるととても純粋で清々しさを感じます。

ノアは、潔の話に興味深く喰い付いていました。

そんな姿勢を見せるノアの光景が、とてもレア過ぎて貴重です。

全てを語り終えた潔は、次カイザーに勝つ為に足りない部分を鍛えると言いました。

今度こそゴールを決めると力強く答えていました。

潔の表情が、とても活き活きしていて楽しそうです。

ノアが、潔の理論を聞きどう対応して行くのか見所があります。

 

スポンサーリンク

潔世一、ノエル・ノアと絵心甚八の関係に驚く

バスタード・ミュンヘンの指導者ストライカーであるノエル・ノアは、潔に口を開きます。

彼は、潔の話を聞きそうかと答えます。

そして、だからこそアイツが潔を選んだ事について納得したと話しました。

潔は、ノアが何を言っているのかわからずに固まります。

ノアは、静かに語り始めました。

潔と同じ思考やサッカー理論を、自分は10年以上前に聞いたと告白。

それは、元チームメイトで馬鹿呼ばわりしたのです。

ノアは、更に、その男が自分の人生にとって最初のライバルだったと教えます。

究極で最悪のサッカー狂いで、ブルーロックを創設したイカれ野郎だと言います。

ノアは、男の名前を絵心甚八だと潔に伝えたのです。

潔は、驚きます。

まさか、ブルーロック総監督の絵心が出てくるとは思いませんでした。

潔は、ノアに絵心とどのような関係なのかと質問。

ノアは、只の戦友だったと淡々と語ります。

今、自分が世界一のストライカーだが、絵心は世界一に取り憑かれた亡霊。

そんな内容を聞いた潔は、ノアと絵心が元ライバルだったと衝撃を受けていました。

潔は、全く言葉を発する事が出来ません。

ノアは、そんな潔を気にせずにPCを弄り始めました。

 

ノアの発言がインパクト強すぎです。

潔の思考や理論が、過去にある人物から聞いた内容と一緒だと告白。

それが自分のライバルであり、馬鹿呼ばわりして悪評をしていました。

そして、その男がブルーロックを創設した狂乱野郎だとも潔に伝えました。

それが、絵心甚八だったとは驚きを隠せなかったです。

まさか、絵心の名が出てくるとは思いませんでした。

新英雄大戦を開催し、各国の指導者ストライカー達と繋がりのある絵心。

絵心と世界一ストライカーであるノアとの繋がりが凄まじいです。

絵心も、きっとスーパープレーを連発するとんでもないエゴイストだった可能性大です。

彼らの過去がどんなだったのか、明かされる日が来るのを個人的に楽しみにしています。

ノアから話を聞いた潔の驚く光景が、とても面白かったです。

ノアは、潔に何かを見せようとしています。

一体どんな事を潔に教えるのか、とても気になって仕方ありません。

ノアと潔のやり取りを、更にしっかり見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

ノエル・ノア、潔世一に最新評価額ランキングを教える

ノエル・ノアは、驚きを隠せない潔世一に説明を開始。

ノアは、潔が眠っている間に、次の年棒入札オークションが更新されたと伝えます。

今回、ブルーロック内で選ばれたのは20名だと言い、ディスプレイにデータを表示。

20位に烏旅人。

入札価格は、1,200万円と映し出されました。

ノアは、フランスチームの試合が無かったし、これは暫定的な評価だと潔に教えます。

次々と、ブルーロックに所属している選手達の名前と価格がアップされて行きます。

13位に潔と共にプレーした黒名蘭世もランキング入りに成功。

彼は、2,400万円の大幅な更新がされていました。

次々と実力者達の順位が表示されていき、潔はその動向から目を逸らしません。

9位には、ラストプレーでゴールを決めた雪宮剣優が2,900万円。

8位は、千切豹馬が3,000万円と言う結果でした。

ノアは、ランキングが試合に出場し、ゴールを決めた人間が高評価だと言います。

でも、評価基準はそれだけではないと潔に詳しく話しました。

7位は、糸師凛。

そして、次に表示された6位は御影玲王だったのです。

潔は、玲王の上位入りと彼の入札金額が4,000万円だった事に衝撃を受けます。

ノアは、玲王が多くのチャンスを作り上げて試合の中盤を支配。

今回それが正当に評価されたのだと告げます。

ノアは、ブルーロックの思惑も絡んでいるが、このサッカー市場の目的がストライカーのみを発掘する場所ではないと話します。

潔は、黙ってそれを聞いていました。

自分の評価はどうなったのか、内心とても気にしていたのです。

ノアは、これからブルーロックのTOP5をこれから発表すると宣言。

5位の選手の姿と金額が、画面に大きく映ります。

それは、國神錬介で4,700万円となっていました。

國神が評価された点は、どんな形でもゴールを決めるフィジカルさと1対1の強い能力の高さが優れていた事。

前回は、2,400万円だったが倍増の成績を叩き出したと状況を明かします。

ノアは、そんな國神を上回り3倍の金額のオファーを勝ち取った選手がいると潔に言いました。

画面に出た選手は、何と潔世一。

ランキングが4位で、入札価格が5,000万円。

潔は、自分の評価を見て言葉を失います。

しかも、オファーしてきたクラブはバスタード・ミュンヘンでした。

しかも、同じチームのアレクシス・ネスと同額の評価だったと知ります。

ノアは、潔が4位という結果の理由を分析と講評。

ポジショニングやインターセプト等様々な面において、フィールドで最も恐れさせた危険な選手。

次世代のモドリッチを彷彿させて、ブルーロックの中心人物が潔だと名を轟かせた事。

海外メディアの総評が、潔を4位にしたのだと説明したのです。

潔は、とても嬉しくなりました。

そして、ノアにありがとうと礼を述べたのです。

 

ノアが潔に見せたのは、最新評価額のランキングでした。

潔と試合で無駄の無い連携を見せた黒名蘭世の増額が素晴らしかったです。

ゴールを決めた雪宮も9位のランキング入りに成功。

豹馬や凛等の実力者の名前がどんどんと映し出されます。

そして、6位に上がったのは御影玲王。

チャンスを多く築き、ゲームを支配した力が4,000万円と高評価。

ノアが、ストライカーを輩出するだけではないマーケットだと伝える所がとても印象的でした。

玲王の目覚ましい成長と進化が、高い結果に繋がったのが驚きでした。

そして、ノアは、TOP5の発表。

5位が強靭なフィジカルと火力を持つ國神という結果にも納得です。

試合で高い存在感を常に見せ続けています。

自分の評価が気になる潔を余所に、ノアは、4位の選手の名を告げます。

それは、潔でした。

5,000万円の入札価格と、バスタード・ミュンヘンのオファーがあったのは快挙。

ネスと同額の評価で、フィールドで最も危険で優秀な選手だったと示しました。

ブルーロックの中心に潔ありと、海外メディアにも認めさせた潔の能力が見事です。

個人的に、潔の株が上がり本当に良かったです。

これからの活躍で、更にランキングの上昇と金額アップが見たいと感じました。

さて、まだ上位3名が残っています。

どんな選手達の名が挙がるのか、とても注目しています。

面白い展開になってきました。

潔にどんな影響を与えるのか、注目して見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

潔世一、新生王様(キング)を倒す為に燃え上がる

ノエル・ノアは、引き続き上位3名の発表をして行きます。

3位は蜂楽廻、入札価格は6,600万円となっていました。

潔は、蜂楽が前回よりも金額が上がっていて驚きを隠せません。

ノアは、自分達の裏の試合でイタリアとスペインの戦いがあったと説明。

蜂楽は、そこで1ゴールをしっかり決めた事で高い評価をされたと告げます。

でも、そんな蜂楽以上のインパクトを与えたスーパーゴールを決めた選手が存在。

その2位が、世界を熱狂させた凪誠士郎だとディスプレイに映し出します。

凪は、入札価格が8,800万円。

しかも、マンシャイン・Cからのオファーを勝ち取っていたのです。

潔は、沈黙します。

凪が自分より上の順位と評価された事に、しばらく呆然としていました。

そんな潔の様子を見ていたノアは、一喜一憂するなと指摘。

これは、只の数字だと教えます。

そして、現在のランキング1位の選手について詳しい内容を話し始めました。

そのプレイヤーは、イタリアVSスペイン戦でハットトリックを決めた悪童。

馬狼照英だと潔に明かします。

画面に映った馬狼の後姿を潔は見ます。

そして、入札価格が1億円と表示。

潔は、目の前の光景が信じられずに絶句します。

ノアは、更に話を続けて行きます。

幸運な事に、次のバスタード・ミュンヘンの対戦相手は、馬狼の居るイタリア・ユーヴァースだと告白。

ノアは、潔に次の試合に向けて準備に入れと命令します。

潔は、聞きながら笑みを浮かべます。

彼は、内心で馬狼がついに来たかと喜んでいたのです。

潔は、ノアに馬狼の映像が欲しいと要求。

直ぐに分析を開始すると、闘志を燃やしていたのです。

潔の身体中の血が、熱く沸騰していました。

彼は、新しく強く生まれ変わった馬狼との対戦を楽しみにしていました。

そして、自分のゴールを決めて世界に実力をアピールする絶好の機会だと理解。

潔は、馬狼ととことん喰い合う様に戦おうと対戦の時を待ちます。

 

ノアは、ランキング上位3名を発表。

3位は、蜂楽でした。

ゴールを決めて更なる評価を高めて、入札価格も格段に倍増。

やはり、蜂楽もモンスタークラスの選手です。

そして、2位に躍り出たのは凪誠士郎でした。

潔よりも高い順位で、世界を熱狂させたスーパーゴールが高評価。

TOPランカー入りを果たした凪の進化も目覚ましいです。

そして、第1位は、何と1億円プレイヤーの誕生。

蜂楽の居るスペインチームにハットトリックを決めた、馬狼照英でした。

高い評価を勝ち取った王様の姿に言葉を失う潔の光景が、大きな衝撃と印象を与えてくれました。

ノアは、そんな潔に次の試合で馬狼の居るイタリアだと説明。

直ぐに準備に入れと催促します。

潔は、落ち込む所かとてもその時を待っていたかの様に楽しそうな表情でした。

馬狼の映像を見て分析を始めると、戦闘モードに突入。

今度こそ、潔に念願の熱いゴールを決めて欲しいです。

次回の話が、とても速く読みたくて仕方ありません。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブルーロック』ネタバレ204-205話のまとめ

今回のブルーロック204話は、とても見どころのある内容ばかりで最高でした。

主人公の潔世一は、エネルギーを使い果たして倒れようやく目覚めました。

起きた場所は、指導者ストライカーであるノエル・ノアがいる部屋。

潔は、ノアから飲み物を貰い、試合の状況や自分の得た能力や理論を説明して行きます。

彼が当初と違い、堂々と合理的でしっかりした発言をしている光景が成長したなと感じました。

話を聞き終わったノアは、潔の考えや理論が元ライバルと似ていると告白。

金城宗幸×ノ村優介「ブルーロック」204話より引用

その男が、ブルーロック総監督の絵心甚八だったと発言しました。

ぶっ飛んだ発言に驚き固まる潔の光景がインパクト強すぎました。

ノアと絵心の過去に何があったのか、個人的に気になります。

本編で一刻も早く明かされる日を楽しみに待ちたいです。

ノアは、潔が眠っている間に最新評価額のランキングが更新されたと指摘。

ブルーロックに所属している選手達の順位を、次々と発表して行きます。

潔と共に戦った黒名や雪宮もランクアップできて良かったです。

玲王が6位に浮上したのは、衝撃的です。

ゴールチャンスを何度も作り、ゲームを支配した力は、潔達の障害になりそうな予感がします。

5位は、國神の名も上がり、自分の評価がどうなったか気になる潔。

彼の順位は、何と4位でした。

同じチームのアレクシス・ネスと同額。

フィールドで最も危険な選手と高評価されました。

潔にとっては、とても大きな戦果だったのではないかと感じています。

しかし、潔よりも上位のライバル達が存在。

蜂楽は3位となり、潔との対戦でスーパーゴールを決めた凪が2位。

そして、王様・馬狼照英は、ハットトリックを達成し1位になりました。

入札価格が1億円というのが圧巻です。

馬狼がイタリアで、何を学び何処がパワーアップしたのか非常に興味深いです。

潔は、ノアから次の対戦相手が馬狼の居るイタリアであると説明。

彼は、自分の実力を証明する為にも馬狼との戦いを懇願。

やる気になり、早速分析を開始しました。

潔のポジティブさと、サッカーに賭ける情熱がとても痺れます。

本気モードの潔は、更なる進化を遂げて新生・馬狼を倒せるか期待したいです。

イタリア戦も、熱くハードな試合に進行して行きそうな感じしかありません。

潔の世界一を目指す奮闘が楽しみです。

それでは、また、次の話でお会いしましょう。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブルーロック』203話!潔世一、オーバーヒートで燃え尽き倒・・

⇒『ブルーロック』202話!雪宮剣優、渾身の剣撃墜弾(ソードス・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA