最新ネタバレ『ゴールデンカムイ』214-215話!考察! 鯉登平二の背にへばりつく鶴見!アシリパを逃がしてしまう!

スポンサーリンク

杉元が重傷を負いながらも、必死で第七師団から逃げていたアシリパと杉元。

2人の窮地を救ったのはヴァシリでした。

 

白石と合流し谷垣と別れ、仲良し3人組とヴァシリは北海道への連絡船へと無事乗り込みました。

 

しかし安心したのも束の間、連絡船に砲撃が!

追ってきた第七師団からの逃走劇は続きます。

 

 

スポンサーリンク

『ゴールデンカムイ』214話!のネタバレ

それでは『ゴールデンカムイ』214話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

駆逐艦がすぐそこまで!

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

連絡船は慌ただしくなります。

「発光信号用意ッ」

鯉登平二は『直チニ機関ヲ停止セヨ』との信号を送ったようです。

ちなみに鯉登父の背中には鶴見がへばりついていてすごく怖い…(笑)

 

「何事だ!?」と焦る船長の元に、銃を構えた杉元がやってきました。

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

「止めるな」

杉元は、彼らの目的がアシリパであり絶対に撃沈する気はないことを伝え、「このまま全力で進め!」と指示しました。

「いやいや…」

船長が言うには、連絡船との距離は5,000m離れているが向こうの駆逐艦の方がずっと早いためすぐに追いつかれるとのこと。

 

そこで杉元が目を付けたのは、流氷の向こう側。

「あの流氷の帯を突っ切って向こうの海へ行け!時間を稼ぐんだ!」

少しでも時間を稼ぐための策でしたが、「砕氷船じゃねえんだぞ!」と船長に怒られてしまいます。

しかもどこも幅100mはあり、連絡船が行けそうな場所はなさそうに見えます。

流氷はこの時期、北海道のオホーツク海沿岸まで来ているそうで、今見えている帯もきっと稚内まで続いているだろうと船長。

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

そこで杉元の次の策。

「速度を落として船首をあの流氷に向けろ!」

船は変針、東へ向きを変えます。

 

スポンサーリンク

氷を越える!しかし…

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

駆逐艦からもその様子が見えていました。

「行く手をはばめ」

鯉登父の命により、駆逐艦は連絡船の行く先に砲撃を撃ち込みます。

すると―流氷の帯が吹っ飛んで割れ目ができました!

そう、これこそが杉元の狙っていたこと。

「さすが杉元!脅し行為に造詣が深い」と白石(笑)

かくして通路ができましたので、連絡船は再び速度を上げ逃げていきます。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

「アシリパが弾除けになって艦砲射撃を舐めきっちょっ!追いちて進路を妨害し体で止むっほかなか!」

鯉登平二は怒っていますよ。

最近「モス」しか言ってなかったので、こんなに長く喋ってるの新鮮です!

つまり鯉登父は、連絡船を追い越し、駆逐艦そのもので彼らの行く先を阻もうと考えています。

しかし前方には流氷の帯が!

「奴らどうやって流氷の向こう側へ?」

どうやら流氷が動いて帯の割れ目が塞がったようで、駆逐艦はもたついているようです。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

そこへ背中から囁きが…。

「さきほどの艦砲射撃が逃げ道を作ったのでは?」

さすが鶴見、すぐに気づきました…が、何なんですかね今の鶴見のテンション(笑)

そして鯉登父の背中にピッタリと張り付いているこの構図も怖いですよね

 

駆逐艦は難なく流氷を打ち砕いていきます。

追いつかれるのも時間の問題!

 

スポンサーリンク

連絡船を捕らえたが…?

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

アシリパは白石を呼び寄せ、一緒に船内の白い布を集め出しました。

白石はお婆ちゃんの部屋からシーツを奪い取っています。

白い布を集めたアシリパたち、どうやら白旗を上げる上げるわけではなさそう。

しかしいくら撃沈させないとしても、こんな一般客が乗っているような船を砲撃するなんて…鶴見はともかく、鯉登平二もいざとなるとやはり軍人の冷徹さがあるのだなと感じますね。

あるいはも鶴見から「音之進が杉元に刺された」ということを聞かされたのかもしれません。

 

間もなく連絡船が停止し駆逐艦の方へ向かってきましたが果たして彼らは観念したのでしょうか、ようやく駆逐艦と連絡船は横付けされます。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

「出てこい杉元佐一!」

銃を構え怒鳴る菊田。

しかし船長が「さっき降りたぞ」と言うのです。

「逃げた?」と宇佐美。

鶴見もすかさず双眼鏡で確認しています。

短艇も全部あり、この海の上から逃げた形跡が見当たらないのですから、第七師団は疑いが晴れません。

「船内を探せ!」

どこかに隠していないのか船長にも確認しますが、「隠す義理なんてねえよ!」と言う船長は「あっちで停止した時あいつら勝手に降りてったんだ」と説明します。

そしてこんなことを言うのです。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

「流氷の上を歩いて逃げてったんだよ!」

確かにアシリパたちは白い布で体を覆い、流氷の上を歩いていました。

“流氷の上を歩いて渡る”というのは以前キロランケから聞いた話の中にありましたが、それがしっかりとアシリパの中に蓄えられていることが分かりますね。

 

 

スポンサーリンク

アシリパを逃す第七師団

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

船長の証言から周囲を見渡してみますが、それらしき人影は見当たりません。

「徒歩ならそんなに早く逃げられないはずなのに…」

恐らくアシリパたちの布と氷の白色がうまく同化し、第七師団はアシリパたちを見つけることができないのです。

菊田は船長の証言が嘘の可能性もあると見て、引き続き船内の捜索を指示しました。

 

「鶴見中尉どん」

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

鯉登父は、流氷の動きが早く囲まれたら動けなくなるため、「今すぐここを離れんなならん」と鶴見に伝えます。

「はい…」

力なく了承する鶴見に、宇佐美が「私が流氷に下りて追跡します」と言いますが、鶴見は止めました。

何故なら鶴見は連絡船の乗り場付近で、ヴァシリに狙撃された兵士の死体を確認しています。

彼が倒れていたのは連絡船が停泊していた位置から200mの距離。

その距離を狙撃出来る者がいるということは「この流氷原では良い的になるだろう」ということ。

第七師団とアシリパたちが対面した時その場にヴァシリはいなかったと思いますが、月島はちゃんとヴァシリのことまで報告していたことがここで判明しましたね。

 

第七師団は全員連絡船へ移り稚内へ向かうことになりました。

船内をくまなく調べつつ、稚内から南下してオホーツク海沿岸の集落を捜索、といった計画です。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

「ゆっくりと話したいことがあったんだがな…」

と呟いているのは鶴見。

脳汁を垂らしながらも、どこか悲しそうな表情です。

 

スポンサーリンク

久々のアハハウフフ

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

「船の煙が離れていく!ひとまず逃げ切った!」

アシリパたちはひとまず窮地を乗り越えました。

稚内までは連絡船で2時間ほどの距離まで来ていましたから、このまま歩いて辿り着くこともできそうなところです。

「なんかホッとしたらお腹すいたね」

白石が言うと、アシリパはすかさずトッカリ(アザラシ)を探し始めます。

アシリパの「探せ杉元」でシャッと双眼鏡を取り出す杉元はさすがですね、しっかりとしつけられています(笑)

アザラシを狙う2人をよそに「魚で良いんだけどな」と海を覗き込んだ白石は、そこに不思議なものが泳いでいることに気づきました。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

「なんかカワイイ!」

クリオネです!

「雑誌(愛読誌『少女世界』)で見たことがある!」とはしゃぐ杉元は、クリオネが『流氷の天使』、そしてハダカカメガイという貝殻のない貝の仲間だという知識を披露しました。

カワイイことは確かですが、今の彼らは腹が減っているのです。

「クリオネ食えないのかな?」

さっそくアイヌの調理法をアシリパに聞いてみますが、「ない!」ときっぱり。

アイヌにはクリオネを食べる風習がなく、アイヌ語の名前すらないそうです。

「食べない生き物は名前もつけてもらえないのね」と杉元。

「可愛いんだからつけてあげて~?」と白石。

白い布を被る彼ら(特にアシリパ)のビジュアルはとってもシュールですが、彼らはようやくいつものようにアハハウフフしながら、流氷に乗ってドンブラコと進んでいきます。

ヴァシリも一緒に笑っていてほっこり♪

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

そして杉元たちの臭いを嗅ぎつけたのか、フンフンと鼻を鳴らす白熊の姿が!

次回は白熊に遭遇!?

流氷の上での戦闘は危険な気がしますが、この漫画の流れだと食べることになるのでしょうか。

ちなみに

  • 白熊(ホッキョクグマ)

体長2.5~3m、体重400~600㎏。

  • ヒグマ

体長2~3m、体重200~500㎏。

ヒグマより大きいです!

 

スポンサーリンク

『ゴールデンカムイ』ネタバレ214-215話のまとめ

今回の見どころは完全に鶴見の表情ですね!

鯉登父の背に張り付く気持ち悪い鶴見。

そしてアシリパを逃してしまい悲しそうな鶴見。

 

いまいち精神状態のわからない鶴見ですが、「話したいことがあったんだがな…」と語るその目はもの悲しそうというか、少し優し気な表情にも見えます。

しかし脳汁も出ていますし、狂気を秘めている表情という可能性も否定できません。

 

この「話したいこと」というのが、良い話か悪い話か分からないところが絶妙ですが、鶴見は本当にアシリパと話をしたかったのでしょう。

だとすれば対面時にもっと表情作るべきだったのでは…とも思いますが、それが出来ないほど鶴見にはアシリパに対して色んな思いがあったのだと感じますね。

 

きっとウイルクたちについてなのでしょうが、単行本18巻にて描かれた過去編とはまた違うエピソードが鶴見とウイルクの間にありそうな気がしてなりません。

 

鶴見の本心が知りたいところですがなかなか語られないでしょうし、アシリパたちと第七師団は再び距離が空きました。

blank

野田サトル「ゴールデンカムイ」214話より引用

やはりヴァシリの存在が結果を左右しましたね。

しかし第七師団の方が稚内に先に着くということですから、アシリパたちがうまく北海道に渡れるか注目です。

 

ちなみに今回、駆逐艦には月島も鯉登も谷垣も姿は見られませんでした。

その辺りも次回描かれて欲しいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です