PR

スポンサーリンク

【ブルーロック】201話ネタバレ最新!じゃあな天才潔世一雪宮剣優の運命を決する一撃!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 潔世一、別格の実力でDF陣を抜き去る
  • 雪宮剣優、潔に憎悪の感情を抱く
  • 潔世一、最終局面でクリス・プリンスと対峙

前回のブルーロックは、200話目に相応しい熱く痺れる物語で大興奮でした。

主人公・潔世一は、指導者ストライカーであるノエル・ノアと共に最後の攻撃に移ります。

彼は、黒名蘭世も加えて、マンシャイン・CのDF陣を寄せ付けません。

リターンパスを鮮やかに繰り返す最中、再び同じチームのミヒャエル・カイザーが邪魔に入ります。

しかし、極限の集中力を発揮して阻止の回避に成功。

フィールド内で気づいた主人公感が、自分に足りないものだと理解しました。

それを引き金にしてFLOW状態になれば、新たなゴールの化学反応を作れると確信します。

その最中、雪宮剣優は複雑な思いを感じていました。

自己の高いプライドが、潔の最善の提案を受け入れる事が出来ませんでした。

自分に足りないものを次々と叶えて実現する潔に嫉妬していました。

やがて、潔に対する憎悪の感情を抱くようになってしまいました。

雪宮は、夢を諦めたくないから逆転ゴールを狙っていました。

それを実現できれば、潔世一の存在を完全否定できるチャンスだと睨みつけて行きます。

一方の潔も、今ここで戦えなければ世界一になる事は不可能。

何とかしてこの状況で絶対にゴールを決めたいと言う欲望が、彼の中で最大に高まって行きました。

その様子をモニターで観戦していた総監督・絵心甚八は、静かに呟きます。

試合を飲み込み、決着を紡げと結末をしっかり見届けようと準備していたのです。

絵心の思惑を叶えるのは、潔なのか雪宮か非常に興味深いです。

潔と雪宮は、奇跡の様なプレーを世界中に与える事が出来るか期待してしまいます。

試合の結末と、ゴールを決める選手が誰になるのか注目して行きましょう。

それでは、今回もブルーロック201話について詳しく語って行きたいと思います。

潔達のプレーが、勝利に繋がるのかしっかり見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

『ブルーロック』201話!のネタバレ 

それでは『ブルーロック』201話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

潔世一、別格(エクストラ)プレイヤーの証明

マンシャイン・CのDFであるデーモンは、フィールドの光景を見て焦っていました。

彼は、目の前の光景がとても信じられなかったのです。

ある1人の選手が起こすセンセーションが、とても熱く眩しく輝いていたからでした。

それは、バスタード・ミュンヘンの潔世一だったのです。

デーモンは、潔を見て思います。

ノエル・ノアと上手く連携してから、動きが覚醒したと気づいたのです。

デーモンは、潔の実力が別格過ぎると冷や汗が止まりません。

彼は、潔を止めようとします。

しかし、身体が固まり全く動けなかったのです。

潔は、DF陣を抜き、黒名蘭世にパスを出します。

そして、ゴールに向かって全力で走って行きます。

すると、潔と同じスピードで走り並ぶ者が姿を見せます。

それは、同じチームのFWであるミヒャエル・カイザーでした。

カイザーは、険しい表情で潔に向かって口を開きます。

彼は、黒名とのワンツーパスばかりで芸が無いと酷評。

更に、潔をクソピエロ呼ばわりしたのです。

 

マンシャイン・CのDFデーモンが怯える姿がとても印象的でした。

ノエル・ノアが攻撃に参加した事で、潔が劇的に変わった事を見逃しません。

しかし、口で止めると言いながらも動けなかったです。

ヤべぇと心の中で呟く所も少し笑えます。

潔が別格の強さと実力を見せたのが、フィールドに居る選手達には理解できました。

ゴールを決める為に、黒名とのワンツーで迫っていく潔。

そんな彼の前に、再びカイザーがやってきました。

カイザーに容赦なく、上からマウントで見下されます。

潔が阻止されずに、カイザーの裏を掻く姿を個人的に見てみたいです。

 

スポンサーリンク

潔世一、強者達の主人公感を見破り寄せ付けない

潔世一は、カイザーの挑発に全く動揺していません。

彼は、カイザーに読まれた素振りをわざとします。

黒名蘭世は、潔に向かって鋭いパスを出します。

潔は、カイザーから出遅れて演技を開始。

カイザーは、ボールを取ろうと動き出します。

すると、指導者ストライカーであるノエル・ノアがトラップして受け取ります。

カイザーは、ノアの登場に驚きを隠せません。

潔は、カイザーを利用してパスを受け取る入れ替わりを瞬時に行ったのです。

ノアは、表情も変えずにカイザーに向かって口を開きます。

ピエロは、お前自身だと容赦なく告げたのです。

潔は、ノアのプレーが完璧だと称賛します。

彼は、自分を潰そうとするカイザーの主人公感の裏を付いていたのです。

ノアは、潔にリターンパスを出します。

カイザーは、プライドを傷つけられて激怒。

潔は、ボールをキープしてゴールまで後30mに迫りました。

超越視界(メタ・ビジョン)をフル展開。

國神錬介の位置が邪魔で、守備陣を2人突破する必要がありました。

潔は、まだシュートが打てないと判断。

彼は、前に進むことを瞬時に選択します。

黒名は、潔に向かって叫び出します。

右後ろに尋常じゃない速度で迫る者が居ると警告します。

潔の後ろから、千切豹馬が俊足を活かし超接近。

豹馬は、怒りの表情に満ち溢れていました。

潔に向かって自分の速度の恐ろしさを忘れるなと怒鳴りました。

潔は、全然だと心の中で呟きます。

豹馬のスライディングタックルを軽々と回避。

潔は、豹馬の持つ主人公感を見抜いていました。

身体を上手く展開させて、フェイントを披露。

潔は、豹馬に向かってバイバイお嬢と言い放ちました。

豹馬は、悔しがり潔を見送る事しか出来ません。

そんな潔の前に、今度は凪誠士郎が立ち塞がります。

凪は、潔に追いついたと告げます。

潔は、凪を見て突っ込んでくるしか能がないと酷評します。

そして、凪が自分の思考の中での行動が想定済みだったのです。

彼は、わざとそのままシュートを撃つ態勢に突入。

それを実行する様に見せた潔は、凪にカットされる前に黒名に向かってパスを出します。

黒名は、ボールを受け取り満足していました。

潔のフェイクパスが良いと言い、ゴール右へと走って行きます。

潔は、凪を抜き去る際に背中を叩きます。

彼は、凪に「じゃあな天才」と言い走り去って行きました。

 

潔の分析したプレーが圧巻でした。

邪魔しにやって来たカイザーの裏を掻いた行動は、もうお見事でした。

出遅れたふりをして、ノアにパスを受け取らせる交換作業が鮮やか過ぎました。

ノアがカイザーに向かって、ピエロだと発言する所がスッキリしました。

カイザーは、プライドを傷つけられて激怒する姿が怖かったです。

ゴール前まで30mに迫った潔は、超越視界でフィールドの状況を把握。

まだ、シュートを決める段階ではないと理解して、高確率の成功を目指して接近を選択しました。

カットしに豹馬と凪が近づいて行きます。

でも、彼らの主人公感を見抜き分析した潔にとって敵ではありません。

あっさりと抜き去った潔の実力がレベルアップした事に鳥肌が立ちました。

潔の超覚醒がここまで進化した事に驚きました。

さあ、非常に面白い展開になってきました。

引き続き、注目して続きをしっかり見て行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

ラストチャンスに賭ける雪宮剣優

潔世一は、マンシャイン・CのDF陣を後1枚突破する事が先決だと考えます。

黒名蘭世のクロスに合わせて、シュートを決めれば勝利が視えると確信。

DFの裏を掻けば、得点が必然だと理解します。

後は、右か左かどちらに動けば良いか最後の選択を決めようとするだけです。

そんな潔の隣に、激走して並ぶ者がいました。

それは、バスタード・ミュンヘンの雪宮剣優でした。

彼は、ラストチャンスだと呟きます。

潔は、雪宮の姿をしっかりと見ます。

雪宮は、潔をこの場で潰す事しか考えていませんでした。

彼は、黒名蘭世から潔に渡るラストパスを虎視眈々と狙っていました。

それを横取りすれば勝機があるとわかっていたのです。

更に、自分の持つ速度が潔よりも上だと言う強い自信もありました。

潔の前にさえ入れば勝てると予測。

雪宮は、必死の形相で潔に手を向けて押し倒そうと準備します。

彼は、潔をずっと見続けてきた自分の持つ執念の勝利がやって来たと歓喜します。

しかし、潔は雪宮に向かってある言葉を吐きます。

待っていたドロ船と表情を変えずに、雪宮を躱します。

更に、お前が最後の欠片だと告げたのです。

雪宮は、突然の出来事に何も反応できません。

その場で固まり呆然としていたのです。

 

潔のゴールを決める瞬間が刻々と近づいてきた様な気がします。

しかし、ここで雪宮剣優が再び現れました。

彼は、潔を止めて結果を見せるラストチャンスをひたすら狙っていました。

出てくると思っていましたが、潔に抱く憎悪と執念が凄まじ過ぎました。

鬼気迫るプレッシャーがビリビリと伝わってきます。

雪宮は、自分のスピードが潔を上回ると勝機を見出します。

でも、潔は、雪宮を逆に待っていました。

彼を躱してドロ船呼ばわりする暴言は、個人的に固まってしまいました。

そして、試合を決める最後のピースが雪宮だったと容赦なく告げます。

潔がどんなプレーを見せるのか見物です。

雪宮は、ここから大逆転できるのか注目したいです。

非常に熱く激しく、面白い状況になってきました。

潔と雪宮の決着がどの様な形を迎えるのか、とても期待したいです。

 

スポンサーリンク

雪宮剣優に迫る誰にも気づかれない悲しい物語の終わり

雪宮剣優は、目の前の出来事を信じたくありませんでした。

潔世一が、自分のプレスを退けて逆方向へ走ったからです。

雪宮は、ようやく自分の置かれた状況が見えてきました。

潔が自分を先に走らせた理由は、マンシャイン・CのDFを反応させる為だったと理解。

自分を囮にさせて、フリーになったゴール前スペースに接近する狙いだと気づきました。

雪宮は、潔にハメられたとわかったのです。

彼は、潔がここまで自分のプレーや思考を想定していたと戦慄します。

自分の人生を賭けた執念も利用し、計算した潔の姿が目に入ります。

雪宮は、潔に向かって神や悪魔だと呟きます。

次第に、眼に涙が浮かんでいきました。

黒名蘭世は、潔がエグい強烈なシュートをゴールに叩き込むと確信。

彼は、潔の姿を見て興奮していました。

黒名は、改めて潔が世界を変えていくと感じ鋭いパスを出します。

一方、雪宮は、フィールドでの動きが完全に停止。

潔のプレーが自分の脳では測れないものだったと認めます。

そして、自分が貫こうとした主人公の物語が今終わりを告げたと肌で感じます。

雪宮の表情に、もう強気で自信に満ち溢れる部分は全くありません。

誰にも見つけられずに終わると知った彼の顔は、弱く困惑していました。

涙が流れ、絶望感しかなかったのです。

 

雪宮剣優のラストアタックは、無惨にも終了。

彼は、潔に囮として利用されてしまいました。

自分の人生を賭けたサッカーに対する執念も見抜いた潔を、神や悪魔呼ばわりしました。

強気なエゴを見せつけていた雪宮の失速。

個人的に残念で、悲しく見ていられませんでした。

黒名は、潔がサッカーの世界を変える革命家だと確信。

強烈なパスを繋げる事に成功します。

雪宮の描いた世界が、誰にも気づかれずに評価されない事が切なすぎます。

哀愁漂う彼にこれから何が残るのか検討もつきません。

さて、雪宮との争いに勝利した潔がここでシュートを決められるのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

潔世一、運命の最終局面(クライマックス)に突入する

潔世一は、黒名蘭世からのパスを受け取ろうとします。

すると、ボールに向かって物凄い速度で突進する選手がやって来ました。

それは、マンシャイン・Cのクリス・プリンスでした。

クリスは、潔に向かって激怒。

ゴールを決める事は駄目だと、冷酷な表情を見せます。

潔は、心の中でクリスに向かってほざくな世界2位と叫びます。

クリスの前に、指導者ストライカーであるノエル・ノアがブロックに入りました。

潔は、世界1位のピースであるノアがクリスを制すると予測。

ノアは、クリスに向かって自分と道連れだと告げます。

クリスは、ノアが邪魔だと回避しようと足掻きます。

それでもノアは、クリスこそが無様なナルシストだと睨みつけます。

ノアは、クリスの足元を潜り抜けるピンポイントパスを潔に出します。

潔は、自分がゴールを決める最終局面がやって来たと理解します。

今、勝負を決める運命のボールが潔世一というなのプレイヤーに渡ろうとする瞬間でした。

 

潔の前に世界2位のクリスが登場。

クリスは、潔のゴールを決めさせないと迫ります。

いつもと違い陽気でないクリスの威圧感と表情が怖すぎます。

しかし、潔は全く怯みません。

彼は、世界1位のノエル・ノアが止めてくれると確信していました。

ノアは、クリスを寄せ付けずに良いプレーを見せてくれました。

流石、世界一のストライカーです。

クリスとのやり取りも、表情変えずに行うのがクール過ぎます。

潔に、最強の選手からのベストパスが渡ろうとしていました。

彼は、ここが勝負を決める最後の場面だと感じていました。

後は、シュートを決めて試合を終える事が潔の使命です。

苦汁を味わい続けた潔が、ゴールを決める姿が現実的になってきました。

早く熱く痺れる光景を見たいです。

次回の話が早く読みたくて仕方ありません。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブルーロック』ネタバレ201-202話のまとめ

今回のブルーロック201話は、もう潔世一の物語でした。

潔は、ノアと黒名の連携で別格の強さを見せつけていたのが圧巻です。

迫りくるカイザーの裏を掻いたのには、驚きでした。

更に、阻止しようと姿を見せた豹馬や凪の持つ主人公感もしっかり把握。

苦戦していた彼らを抜き去る姿に鳥肌が立ちました。

そして、負けられない男・雪宮剣優が潔を倒そうと急接近。

潔にスピードで負けないと確信し、チャンスを奪い取ろうと勝負に出ます。

しかし、潔は、雪宮の執念と思考も分析済みでした。

囮に仕立てて、自分がゴールを決める空間に進む為にDF陣へわざと誘導。

潔の頭脳プレーに軍配が上がりました。

雪宮が急速に衰えていく姿が痛すぎました。

強気でエゴに満ち溢れていた彼が、涙を流して抱く絶望感が暗黒です。

潔のゴールを決めさせない最後の関門、クリス・プリンスもやってきました。

でも、ノアがブロックし、最高のパスを潔に繋げてくれました。

最大最強で最高のラストチャンスが、潔にやって来ました。

今まで味わった悔しさや屈辱を、シュートに乗せて劇的なゴールシーンを見せて欲しいです。

潔なら絶対にやり遂げてくれると、個人的に感じます。

最大の見せ場を、潔が決めて勝利に導く事を願うばかりです。

それでは、また、次の話でお会いしましょう。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒ブルーロック203話!潔世一オーバーヒートで倒れる⁉雪宮剣・・

⇒ブルーロック202話!雪宮剣優衝撃のソードスクリューで潔世・・

⇒ブルーロック200話!潔世一ノエルノアと共に雪宮剣優に挑む・・

⇒ブルーロック199話!ノエルノアと潔世一が奇跡のゴールを狙・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA