スポンサーリンク

【推しの子】伏線一覧!真犯人は誰?父親の生死は?【推しの子】の伏線について徹底考察!!

スポンサーリンク

推しのアイドル星野アイの双子に「転生」したゴローとさりな。

その中で起きたのが、アイの殺害事件でした

そして、アクアとルビーは芸能界に身を置きながら真犯人を探していきます

今回はその中で【推しの子】作中に張られた伏線を詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【推しの子】伏線①作品タイトルの括弧

推しの子/@赤坂アカ・横槍メンゴ

色々な箇所に廻らされている伏線ですが、【推しの子】というタイトルにも伏線が隠されています

これは【】(すみつき括弧)まで含めて正式タイトルですが、その【】が実は二重になっているということです

原作者・赤坂アカのインタビュー記事では、タイトルについて次のように発言しています。

「意図的に二重にしていて、作中の演出で使用するプランはあります」

という事は原作者・赤坂アカ公認の伏線という事になります。

まだ、明かされていませんが、このタイトルには二つの意味が込められています。

「好きなアイドルを推す」という意味と「推しているアイドルの子ども」に転生したアクアとルビーのことを指しているという事です。

実際、作中でも【】は使われておりどんな伏線なのか、様々な考察がされています。

 

スポンサーリンク
"
"

【推しの子】伏線②1巻各話冒頭インタビュー

推しの子/@赤坂アカ・横槍メンゴ

単行本第一巻の各話のインタビューも伏線ではないかと思われています。

要約するとアクア・ルビー・有馬かなが出演する「15年の嘘」という映画公開に伴うもので、未来においてこうしたインタビューを受けることが示唆されているものだと思われます

その中で、有馬かなや五反田監督など意味深なインタビューを受けており、言葉一つ一つに伏線があると予想されています

 

スポンサーリンク

【推しの子】伏線③星野アイが殺された理由

推しの子/@赤坂アカ・横槍メンゴ

ゴローとさりなが転生した双子の母親になったアイドル星野アイですが、何故殺されたのか不明となっています。

このアイの殺害こそ、最大の伏線となる可能性があり、【推しの子】最大の争点といえます

 

スポンサーリンク

【推しの子】伏線④雨宮ゴローが殺された理由

推しの子/@赤坂アカ・横槍メンゴ

もう一つの最大の伏線が「産婦人科医」であった雨宮ゴローの死亡です

ゴローはあくまでもアイの極秘出産に協力しているだけであり、殺される理由が見当たりません。

ですが、ゴローも父親が行方不明である事が判明しています

この事ももしかしたら関係していると思われ、ゴローには重要な秘密が隠されているのかも知れません。

 

スポンサーリンク

【推しの子】伏線⑤雨宮ゴローの遺体の行方

推しの子/@赤坂アカ・横槍メンゴ

何故殺されたのか理由の分からないゴローですが、長い期間、死体は発見されていません。

ですが、後にルビーと黒川あかねにより突き落とされた山道で白骨化した状態で発見されました

この時、アクア(ゴロー)はあかねに礼を言うような発言をしていました

この白骨化した現場も【推しの子】に於いては重要な伏線となっている様子です。

 

スポンサーリンク

【推しの子】伏線⑥アクアとルビーの父親の正体と生死

推しの子/@赤坂アカ・横槍メンゴ

復讐を誓うアクアでしたが、犯人を実の父親だと確信しました

そして、秘密裏に行っていた共演者や関係者のDNA鑑定から異母兄弟である姫川大輝を見つけました。

アクアは情報を得ようと姫川に近づきますが、ここである事実が分かります。

姫川の父親である上原清十郎は既に死亡していたのです

この事実が分かりアクアの復讐心は薄れていく事になります

 

スポンサーリンク

【推しの子】伏線⑦真犯人の正体

推しの子/@赤坂アカ・横槍メンゴ

上原清十郎が亡くなっていた事により、目的を失うアクアでしたが【推しの子】 72話でアイの墓参りに訪れる父親の姿が描かれていました

実際、アクアやルビーに似ているルックスで「アイと私の子供」という発言や、あかねがアクアと見間違える程のソックリさからまず間違いないのではと推測されています。

 

スポンサーリンク

【推しの子】伏線③アクアとルビーが転生した理由

推しの子/@赤坂アカ・横槍メンゴ

絶対アイドル星野アイの子に転生したアクアとルビー。

この2人はゴローとさりなで前世では「アイ推し」のドルオタでした

この事から2人は前世の記憶で「天才」と呼ばれる才能を見せていますが、まだ「何故」なのかはハッキリと分かっていません。

 

スポンサーリンク

まとめ

推しの子/@赤坂アカ・横槍メンゴ

アイを殺した犯人を見つけるサスペンス的な要素のある【推しの子】ですが、作中では様々な箇所に多くの伏線を敷き詰めています。

それはアイ殺害の理由であり、ゴローの殺害でもあります

また、タイトルの【推しの子】にも原作者の赤坂アカは「伏線」だと断言しており、とんでもなく考察される事になりました。

そんな中でアクアは復讐を胸に近い様々な手で犯人に迫ろうとしますが、まだたどり着けていません

ゴロー(アクア)もアイに似た環境で育っており、それがまた謎を深めています。

星野アイ、アクア、ルビー、有馬かな、黒川あかね、「苺プロ」とそれぞれが絡みあいながら進んでいる【推しの子】。

果たして犯人まで辿り着くのか、アクアと有馬かなの恋の行方とルビーの思惑は?

先の読めない展開も大人気の【推しの子】を楽しみたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA