スポンサーリンク

【スパイファミリー】ロイドがかっこいい!何をやってもそつなくこなすイケメンロイドにもはや弱点は無し!?

スポンサーリンク

『スパイファミリー』の主人公であるロイドは、WISEに所属する実力No.1のスパイです。

ロイドは見た目も中身も完璧なイケメン?!

何をやらせても超一流でモテモテ!

ロイドには弱点などなし?!

とにかくカッコいいロイドについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ロイドのプロフィール

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイド・フォージャーはスパイファミリーの父親役であり、このミッションの中心人物です。

本名、年齢は不明なるものの、外見の特徴や子供からは「おっさん」と呼ばれていることを考えると20代後半から30代前半と見られます。

事実としてわかっていることは西国の諜報機関”WISE”に所属する敏腕スパイだということだけです。

天涯孤独の身として登場しましたが、62話にて描かれた過去編において、両親が登場しています。(兄弟はおそらくいないでしょう)

オペレーション<梟>による任務のため、偽装家族として妻にヨル、娘にアーニャがいます。

表の顔はバーリント総合病院勤務の精神科医。

ロイドの正体を知っているのは現段階では超能力者であるアーニャとボンドのみ

いつの日か正体がバレた時、スパイファミリーはどうなっていくのでしょうか?

できれば共に歩む道を歩んでほしいですが…ロイドの選択は物語のラストを大きく左右することになりそうです。

 

スポンサーリンク
"
"

【スパイファミリー】ロイドの特徴

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドは187センチの高身長、髪色はブロンドで、瞳はブルー

度々作中の女性から「イケメン」と表現されています

見た目もさることながら、トーク術も完璧で、職場の女性同僚や近所の噂好きのマダム、小学1年生のベッキーまで、好意を寄せられる年齢層も幅広いです。

一部のファンからは今の顔も変装で作られた顔では?という推測もありましたが、過去編を通して自前の顔であることが判明しています

(顔も身長も能力も揃っているなんて、凄すぎです…!)

職業柄、女性と付き合うことも多いようで、そっち系の経験も豊富と思われます。

ロイドは<黄昏>としてこれまでにも数々の任務をこなしており、WISEの中でもNo.1のエージェントです。

何でもできるが故に任務を複数こなすこともあり、常にストレス過多の模様…。

基本的にはブラックコーヒー派ですが、最近では胃の調子を考えてミルクを入れています。

また、作中屈指のツッコミ役でもあります。

ツッコミを抑えるのは苦手な様で、同業者である東雲との対決ではツッコミを我慢できず、気づかれてしまうという失敗をおかしてしまったことも。

ロイドの周りにはツッコミどころ満載なヨルとアーニャが揃っているのでツッコミ力に磨きがかかっていくばかりなのですw

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ロイドの性格とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドは戦争孤児としての過去、スパイとして訓練を経て合理的で冷静、時に非情とも言える性格を手に入れています

しかし、ロイド本来の性格は優しく温かい真摯な性格をしていると言えます。

その証拠は、ロイドがスパイになった理由を見ても明らかでしょう。

「子供(自分)が泣かない世界」を作るため

自分ではない誰かのために命をかけているのですから、優しいに決まっていますよね!

戦争孤児としての過去はロイドに大きな影響を与えました。

その時に味わった孤独や絶望、無力感から自分を鍛え上げ、今の実力を手に入れたことから、努力家の一面もあるのでしょう。

また子供には非常に弱く、子供のためなら任務よりも子供の心のケアを優先する事もあります。

スパイとして超がつくほど優秀なロイドの唯一の弱点と言えるかも知れませんね。

任務のための仮初めの家族に選んだヨルとアーニャに対しては、任務完了後もなるべく善処することを決めていますが、時に罪悪感も抱いています。

ここにはロイドの紳士的な性格が表れていますね!

いずれ別れると決めているからか、妻役であるヨルとは特に適度な距離を保つことを心掛けていますが、どうも気持ちが乱されてしまうようで…。

これが何を示しているのか、この先の展開に期待したいところですね!

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ロイドの能力・強さとは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドは多彩な能力を持つ最強のスパイです。

まず変装が得意であること

ロイドは「百の顔」を使い分けることができるとされています。

これまでにも国防軍のライオネル、闇商人のローレンス、政治秘書のロバート、外務大臣のブランツと任務のために演じた人物は数知れず。

その他、イーデン校に忍び込むために掃除用務員や、食堂のウェイターなど、どんな人物にも高クオリティでなりすますことができます。

次に、身体能力が高いということ

超スパルタのシルヴィア(ハンドラー)に鍛えられた事もあって、ロイドの戦闘能力は並外れています。

その実力は今のところヨルに継ぐ強さと思われ、ほぼ1人で密輸組織を潰せるほどです。

使用武器は銃が多いですが”目立たない”が鉄則のスパイだからか、素手や近くにある日用品(椅子など)を利用する事も多いです。

テロリストとの対決では、ジャンプで屋根に飛び乗ったり飛び移ったりと身体能力の高さも考えたのですがうかがえます。

ロイドの凄いところはそれだけではありません。

基本的に何でもできてしまう器用さがロイドを最強のスパイ・黄昏にさせているのです。

例えば記憶力に優れ、ユーリが使った東国の情報機関が使う作り話のマニュアルも一字一句を完全に覚えていました。

結果、ユーリが秘密警察であることにもいち早く気づいています。

その時々の状況に応じて情報を入手・処理する能力にも長けているため、臨機応変な対応ができるのも強みの一つ。

さらに変装後の演技力まで高く、変装がバレたことはありません。

結果として、黄昏は東西に名の知れたスパイとなっていますが、その正体に気づいているのは超能力者であるアーニャとボンドのみです。

普通に暮らしながら、ここまで正体を隠し通せる抜かりのなさもロイドの優れた能力でしょう。

余談ですが、家事能力も完璧で料理はプロ並み。

洗濯、掃除も当然できますがフォージャー家では料理が壊滅的なヨルに譲っている模様…w

また、お酒を飲んでも酔わずに的確な行動ができる訓練も受けているため、よって失態をおかすことはありません。(ヨルとは正反対なのですw)

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ロイドの職業とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドの表の職業は「バーリント総合病院勤務の精神科医」です。

人当たりの良さ(人脈を築くため)とイケメンぶりもあって、同僚・患者からの信頼を見事に獲得しています。

部長のジェラルドにその人気を妬まれた事もありますが、持ち前の裏工作で恩を売ることに成功していますw

なお精神科医そのものとしての腕前もピカイチであり、ロイドの器用さには恐れ入りますね!

裏の職業はWISE所属のスパイエージェント<黄昏>です。

戦闘能力にも情報分析にも変装にも優れているため、黄昏としての活動では失敗はほとんどなく、WISEの中でも尊敬を集めています。

唯一、苦戦を強いられているのが最重要任務であるオペレーション<梟>となっています…。

後輩には<夜帷>ことフィオナがいて、彼女にも好意と尊敬を抱かれています。

黄昏としての活躍の裏側には情報屋・フランキーの存在が欠かせません。

フランキーはロイドの嫁候補をリスト化したり、アーニャの試験問題を入手したりと、縁の下の力持ちとして活躍しています。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】作中でもモテモテ?ロイドのかっこいい魅力とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドに恋している女性は作中に多く登場しています

第1話に登場したカレンはロイドが変装したロバートに結婚を意識するほど恋していました。

妻役に選ばれたヨルもロイドに恋している節が見られますし、フィオナもロイドとの結婚を狙っていますよね!

ベッキーは写真を見ただけで一目惚れしていますし、年の差なんてものともしません。

ロイドがモテモテなのは何も女性に限った話ではありません

イーデン校の教師・ヘンダーソンもロイドをエレガントボーイと呼び、一目置いています。

当然、バーリント病院の上司・同僚にもモテモテ!

そのモテっぷりにはフランキーも嫉妬するばかりです。

では、なぜこんなにもロイドはモテモテなのでしょうか?

高身長にイケメンという外見による部分ももちろんあるでしょうが、1番の秘訣は緻密な分析・計画の上に立案される作戦の賜物でしょう。

相手好みのトークを展開し、スマート且つ完璧にエスコートできるのは才能というしかありません。

ヨルが気分を損ねていると思えばデートプランを完璧に用意したり、飲みに誘ったりと気配りに抜かりはありません。

任務を円滑に遂行するため、ロイドは関わっている全ての女性に気を配っています。

ロイドがモテるのはそのスマートな気配りゆえなのでしょう

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ロイドのかっこいい名言集

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドにはカッコいい名言がたくさんあります。

強くて優しいロイドの名言を集めてみました!

 

1.「子どもが泣かない世界、それを作りたくてオレはスパイになったんだ」(1巻1話より)

ロイドがスパイになった理由を明かした時の一言

自分の全てを捨ててでも作りたかった世界は、子供が泣かない世界でした。

ロイドの優しさが詰まった名言ですよね!

 

2.「誰かのために過酷な仕事に耐え続けることは、誇るべきことです」(1巻2話より)

同僚に馬鹿にされたヨルのために発した一言です。

この言葉はヨルにとって大切な言葉になりました。後のクルーズ船の戦いの時にもヨルはこの言葉を思い出して戦い抜きました。

 

3.「病める時も悲しみの時もどんな困難が訪れようとも、共に助け合おう」(1巻2話より)

ロイドがヨルに送ったプロポーズの一言

2人はお互いの利益のために結婚を決めました。

きっかけはどうであれ、今の2人には確かな絆が芽生えています。

プロポーズの言葉通り、どんな困難が起きても助け合って生きていってほしいですね!

 

4.「演じてばかりでは疲れてしまうこともありますからね」(2巻14話より)

妻としての不甲斐なさに落ち込むヨルを励ますために言った一言です。

でもこれはヨルだけではなく常に何者かを演じ続けているロイド自身にも言い聞かせているのかもしれませんね…。

ロイドとヨルが素直な自分をさらけ出せる関係になっていくといいですね。

 

5.「テロを未然に防いだ時のような誇らしい気分だ」(3巻16話より)

アーニャが病院で溺れた男の子を助け、星をゲットした時の一言

アーニャが誉められたことを心から喜び、笑顔を見せたこのシーン。

アーニャの父としてのロイドが新鮮で微笑ましいのです。

 

6.「戦争はもううんざりだ」(4巻20話より)

犬を使ったテロの存在を知った時の一言

ロイドは戦争孤児。

あの悲しみを二度と味わいたくないという強い決意が見て取れるシーンでした。

 

7.「こんなくだらん小細工で東西平和をくれてやるつもりはない」(6巻32話より)

フィオナとのテニス大会での一言

ロイドがどんな困難が襲っても負けずに戦う理由は東西平和のため!

ブレないロイドの名言です。

 

8.「大切なのはそれでも歩み寄る努力です」(7巻38話より)

ドノバンとの対面での一言

オペレーション<梟>のターゲットであるドノバンに、東西平和のために大切なことを伝えたかったのでしょう。

ロイドが心から望む本当の平和が、1日も早く成し遂げられるといいですね。

 

9.「休まねば…!全力をもってこの休暇を成し遂げねば…!」(8巻45話)

クルーズ船での一言

せっかくの休暇なのに、情報収集をしてしまうロイド。

アーニャに「たのしんでない」と指摘されたロイドは、休んで楽しむことにまで本気で取り組みますw

どこまでも真面目なロイドらしさが出ている一言ですよね!

 

ロイドの言葉には、悲しい過去を乗り越えてきたからこそ出てくる深い言葉から、とにかく楽しい笑える一言まで、たくさんの名言があります

ここに紹介した言葉以外にも隠れた名言がきっとあるはずです。

ぜひ、お気に入りの一言を探してみてください!

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】アニメ・ロイド役の声優は誰?

https://www.81produce.co.jp

ロイドの声優は江口拓也さんが務めています

大人の魅力溢れるロイドのシックな声がハマり役ですよね!

江口拓也さんは身長188センチでロイドより高いんです(驚)。

声優以外にも木村良平さん、代永翼さんの3人で音楽ユニット「Trignal」を結成するなどマルチな活躍を見せています

声優になったきっかけはアニメや漫画、ゲームが好きだったからだそうです。

2007年の第1回81オーディションに合格し、81プロデュースの養成所に通って技術を磨きました。

その結果、2012年の第6回声優アワードにて新人男優賞を受賞するなど、その実力は確かなものとなっています

主な出演作品に『イナズマイレブンGO』の雨宮太陽、『GOSICK』の久城一弥、『機動戦士ガンダムAGE』のアセム・アスノ、『俺物語!!』の剛田猛男など、主役級の男子の声を演じることが多いです。

ロイドは2期放送でももちろん大活躍です。

オペレーション<梟>の進捗に伴い変化していくスパイファミリーの微妙な関係性にも注目ですよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドは本作の主人公として登場しました。

表の顔はバーリント病院の精神科医、裏の顔はWISE所属のスパイ<黄昏>です。

ロイドは戦争孤児という過去を持ち、その時の経験から「子供が泣かない世界」を作るため、スパイになりました。 

東西平和に強いこだわりがあり、スパイとしては任務を何より優先させる非情な一面もありますが、基本的には暖かく優しい性格の持ち主です。

仮初めの家族として妻にヨル、娘にアーニャがいます。

ヨルとは当然本当の恋仲ではありませんが、一緒にいると調子が狂うなど、特別な存在ではあるようです。

ロイドはスパイ<黄昏>としての実力も完璧!

変装を得意とし、武器も使用でき、体術もヨルに継ぐ強さを誇ります。

任務で失敗したことは描かれているエピソードの中では一度もありません。

(オペレーション<梟>が1番ヤバめですw)

また、その外見とスマートな対応で女性から大人気!

エレガントな振る舞いからヘンダーソンにも一目置かれています。

何をやらせてもそつなくこなせてしまうロイドは本当にカッコいいのです。

オペレーション<梟>が終わった時、スパイファミリーは本当の家族になれるのでしょうか?

ロイドが本物の家族を手に入れるところを見てみたいですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA