スポンサーリンク

【スパイファミリー】情報屋フランキーの過去が明かされる?ロイドとの出会いは敵対関係!?

スポンサーリンク

スパイファミリーに置いて、ロイドこと黄昏の相棒兼悪友のポジションにおり、フォージャー家のおじさんになりつつある、フランキー。

時には諜報員の相棒として活躍し、時には何でもできる、ござれの便利屋として扱われてしまう、万能の情報屋。

ロイドとは任務以外での家族の交流などがあり、またロイドに無理矢理と付き合わされてしまうなど、色々な状況に巻き込まれ、なんだかんだと言って協力する相棒。

ロイドも、そんなフランキーに恩義を感じ、時には彼の恋に協力してやるなど、また失恋した際は慰めるなど、ロイドの親友でもあります。

戦時中に敵兵同士として出会い、黄昏のルーツとなっている彼との関係を今回は考察していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】フランキーの現在の職業とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

彼は東国ことオスタニアにて活動する裏社会の人間であり、情報屋兼発明家など、意外に多趣味な人物でもあり、表の稼業は煙草屋を営んでいる普通の一般人として過ごしています

彼の特徴は赤縁の分厚い四角のフレームが目立つメガネ。

アーニャからはモジャモジャと言われてしまう、特徴的か独善的なアフロヘアー。

左耳にはオシャレを意識しているピアス。

東国の裏世界の事は俺に任せろと自信満々なまでの情報屋として、ロイドに協力しており、ロイド自身もフランキーの情報収集力を信頼しているなど、ロイドの相棒になっています

劇中においてもロイドはフランキーから任務の情報を仕入れており、ロイドから最も信頼されている良き協力者兼相棒な彼は、普段をフランキー・フランクリン」と名乗っています。

バーリント市内で小さなタバコ屋を営みながらに、情報収集等でロイドの裏の顔である黄昏のサポートを行っている人物

でもこのフランキーの名前も偽名であり、彼もまたロイドと同じ、本名と過去を明かしていない謎多き人物なのです。

 

スポンサーリンク
"
"

【スパイファミリー】フランキーとロイドの現在の関係性とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

劇中に置いてロイドとのファーストコンタクトとなったのは、第10巻で描かれており、東と西の戦時中において、互い戦地で遭遇してしまった事が切っ掛けです。

最初は敵兵同士として出逢い、ロイドは当初は敵として彼を殺そうとしていましたが、フランキーの持つ、憎めない人間性や、また戦争の矛盾などを語った事が始まりでした。

ロイドにとっては憎むべき東側の人間であり、自分の人生を奪った東側に人間と、最初は敵対的な目で見ていましたが、フランキーの言葉に感化される部分もありました。

戦争を何故にするのかと、また何故に戦争が起きてしまったのかと、ロイドなりに考える事にいたり、また憎しみに囚われていた彼に心を救った、ある種の恩人とも言えます

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】フランキーの過去とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

現在に至っても、フランキーの細かな過去は明かされてはおらず、彼に少年時代の姿を見れば、相当に恵まれていない人生を送っていた事が伺えます

丸坊主にシャツ姿と、良い家庭環境に恵まれていない彼。

孤児である可能性も伺え、彼が戦争に向かう事になってしまったのも、彼の家庭環境が原因だったとも言えます。

しかし劇中においては発明などの趣味があり、また幾つかの学術的な知識を持っているなど、彼は非常に頭のいい人物だった事も伺えます。

勉強家であるも、家が貧しい為に進学が出来ず、兵隊になるしかなかったフランキー。

現に情報屋として活動している際の彼は、それなりの人脈を持ち、東側の社会においてはそれなりの信頼を持たれる人物としての才能もあると伺えます。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】フランキーとロイドの過去の関係性とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドとフランキーの関係をあげるのならば、戦争中でのファーストコンタクトを考慮すれば、ロイドがスパイとして本格的に活躍した時に再会した事があげられると思います。

戦時中に置いての偶然な出逢いから、ある任務で東国に潜入し、その際の現地協力者として選ばれたのがフランキー。

そして偶然の再会となれば、ある意味では腐れ縁とも言えます。

現在の任務の中で最も信頼できる相方としてフランキーを頼っている部分を見れ、ロイドにとっては、彼は相当に信頼できる人物なのでしょう。

ただ戦時中に知り合った中ではなく、ロイドが黄昏として勇名を張す事になる切っ掛けなども、フランキーの活躍が大きいのではないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】フランキーはなぜ情報屋になった?

スパイファミリー/©遠藤達哉

フランキーが何故に情報屋になったのか? その過去に関しては未だに明らかにされておらず、彼が情報屋になった経緯は謎に包まれています。

ただ解る事は、フランキーは表の世界に生きていく事が出来なくなったからだと、何か犯罪を犯す事が原因だったと考えられます。

その一つであげられるのは、フランキーは戦時中において脱走した事があげられます

戦時中に置いての脱走劇。

これは下手をすれば銃殺モノでもあり、現に彼は銃撃を受けていたなど、相当に危ない状況だったとも言えます。

戦争が終わったとしても、まともに表の社会で生きていく事は不可能であり、裏社会で生きていく事となり情報屋になった経緯が考えられます

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】フランキーの過去は何巻で描かれている?

スパイファミリー/©遠藤達哉

現在作中の中ではフランキーの過去は、第10巻の中で描かれており、ロイドと戦時中に出くわした事があげられます

ただ何故に彼が逃げていたのか?

その事に関しては謎となっています

戦争が嫌で逃げたにしても、彼を銃撃するまでに追いかけて来た兵士と、彼は何か重要な人物だったのでしょうか?

またフランキーの過去は、現在の物語の中でも明らかになっていない部分があり、意外にミステリアスな人物でもあります。

女性とまともに付き合ったことがないと、恋愛経験がまったくになくと、彼の過去はあまり恵まれたものではないようです。

ただロイドとの会話の中で、ある大学の研究を話題にしていたところなどをみれば、彼は相当に頭の良い人物である事が伺えます。

また戦争においても自論などもあり、無学に人間とは言えない知識人としての一面もあるようです。

今後の展開の中で、彼がどんな過去を持ち、それが物語の中にどうかかわってくるのかが注目です。

 

スポンサーリンク

まとめ

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドの相棒として活躍し、また悪友としての付き合いもあるフランキー。

彼の過去がどんなものなのかと、未だに明らかにされていない部分などがあり、実に謎の多い人物でもあります。

ただロイドにとっては、フランキーの存在は、彼がスパイとして活躍している中では、必要不可欠なキャラでもあり、また本作での人間味のあるギャグパートなキャラでもあります。

重い過去が目立つロイドにアーニャにヨルのフォージャー一家。

その中でボンドと共に冴えない人生を演じながらに、笑いを誘う、どこか哀愁のあるキャラでもあり、また笑えてしまうコメディタッチな彼。

憎めない愛嬌を持ち、またロイドの無茶な要求をされ、困惑しながらもなんとか応えようとすると、友達想いな一面もある実に良いキャラとなっています。

今後の物語の中で、フランキーとロイドがどの様にして任務に関わり、黄昏の伝説を作ったのかと、そんな二人の活躍も見どころとなります

またフランキーの過去で明らかにされていく、東国の内政状況など、フランキーもどんな陣背を歩み、またどんな過去を持っているのかと、明らかになればと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA