スポンサーリンク

【チェンソーマン】なぜ人気?アニメ化も決定したチェンソーマンの魅力について余すことなく大紹介!!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載が開始されると瞬く間に大人気となった「チェンソーマン」。

ぶっ飛んだキャラクターが多く登場し熱狂的なファンを獲得している事から「鬼滅の刃」「呪術廻戦」に続く作品ではとも言われています。

そんな中で発表されたのが、「アニメ化」の決定でした。

今回はこの「チェンソーマン」の魅力について詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】チェンソーマンとは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「チェンソーマン」は、作者・藤本タツキによる作品で、「週刊少年ジャンプ」誌上にて2019年1号から連載が開始されています

2021年2号で第1部「公安編」が終了し、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日から連載されています。

コミックス計12巻の累計部数は1800万部を突破している大人気作となっています。

また、2022年10月からも「アニメ」のテレビ東京系列での放送が決まっており、「チェンソーマン」は要注目の作品となっています。

 

スポンサーリンク
"
"

【チェンソーマン】主要キャラクター紹介

チェンソーマン/©藤本タツキ

デンジ(チェンソーマン)

「チェンソーマン」主人公で、金髪、ギザっ歯が特徴の16歳の少年です。

父親の借金を背負う天涯孤独の身から「チェンソーの悪魔」ポチタと出会い、デビルハンターとなります。

その後、殺されながらもポチタが心臓に宿った事で「チェンソーマン」になる能力を手にし、マキマからのスカウトで「公安」に所属するデビルハンターとなっています

夢は「普通の幸せ」で「チェンソーマン」として活躍しながら、少しずつその幸せを手に入れようとしていました。

 

ポチタ(チェンソーの悪魔)

デンジと契約を交わす事になる悪魔で、頭部から鼻先にかけてチェンソーの刃を持っている子犬です。

真っ直ぐで単純なデンジの事が大好きな愛らしい姿を見せていますが、悪魔でさえも恐れる地獄のヒーロー「チェンソーマン」です。

 

マキマ(公安対魔特異4課リーダー)

デンジをスカウトした人物で、上司になる女性です。

抜群のルックスと優しく人懐っこさで、デンジを虜にしていました。

デンジにとっては「普通の幸せ」を与えてくれた恩人で、初めて好きになった相手でしたが、その正体は「チェンソーマン」に憧れている「支配の悪魔」でした。

デンジをスカウトしたのも、「チェンソーの悪魔」との契約破棄させた後に自身が手に入れる為でした。

第1部「公安編」でのラスボスになります。

 

早川アキ(早川家家主)

「公安対魔特異4課」のデビルハンターで、デンジの先輩。

「狐の悪魔」「呪いの悪魔」「未来の悪魔」と契約しており、「銃の悪魔」討伐を目指しています

上司であるマキマの命令でデンジの監視と教育の為に一緒に暮らす事になっています。

この共同生活は後に「早川家」と呼ばれるようになり、本物の家族のような関係になっていきます。

 

パワー(血の魔人)

パワーは「公安対魔特異4課」デンジのバディで「早川家」の一員です。

「血の魔人」ながら見た目はキュートですが、好戦的で見栄っ張り、子供っぽく我儘でナルシスト、臆病者で逃げ癖のついた上に適当な事だらけの虚言癖持ちで自己中心的なキャラクターです。

更に強い者には弱く、弱い者には強いという典型的なクズです。

ですが、不思議な魅力を持っておりデンジやアキにとっても無くてはならない存在となっていきます

 

岸辺

岸辺は自称「最強のデビルハンター」でデンジやパワー、アキの師匠です。

マキマのヤバさに気がついている1人で、アル中のベテランハンターです。

 

姫野

早川アキのバディで先輩ですが、アキに片想いをしている女性です。

陽気で明るい酒乱キャラで、デンジの「初キス」の相手でもあります。

 

東山コベニ 

「公安退魔特異4課」の新人デビルハンター。

 

その他にも「天使の悪魔」エンジェルやレゼなど魅力的で個性あるキャラクターが多く登場します。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】チェンソーマンのあらすじ

チェンソーマン/©藤本タツキ

「悪魔」が日常にいる世界で父親の残した多額の借金の返済のため、デンジは悪魔のポチタとともにデビルハンターをして生計を立てていました。

それでも借金は一向に減らず、毎日食パン1枚の底辺生活を送っていました。

そんなデンジを更なる悪夢が襲います。

それは仕事を斡旋してくれていたヤクザが「ゾンビの悪魔」て契約し裏切った事です。

これでデンジは殺されてしまいますが、ここで新たな契約を交わし、デンジの「心臓」に宿ったのが相棒ポチタでした。

このポチタの契約で蘇る事の出来たデンジは「チェンソーマン」になる能力を手に入れました

そして、デンジがこの「チェンソーマン」になる事がキッカケになり、デビルハンターとなった事で運命が大きく動く事になります。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】チェンソーマンの見どころ

チェンソーマン/©藤本タツキ

大人気となっている「チェンソーマン」の見どころはやはり登場するキャラクターがぶっちぎりにぶっ飛んでいる事です。

その筆頭がデンジですが、傍若無人なパワー、優しいのに冷酷なマキマなどの動向も見逃せなくなっています。

また、ホラー要素のある「チェンソーマン」でデンジの見せる姿も見どころといえます。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】現在何話・何巻まで連載されている?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「悪魔」討伐のストーリーとなっている「チェンソーマン」ですが、第1部「公安編」は単行本第1巻1話から11巻97話「愛・ラブ・チェンソー」が「週刊少年ジャンプ」で連載されていました

その後、再開された第2部「学園編」が2022年7月より少年ジャンプ+で連載中です。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】アニメ化について

チェンソーマン/©藤本タツキ

大人気となった「チェンソーマン」はジャンプ連載中に、待望のアニメ化が決定し、放送されています。

2022年10月からスタートし、早くも話題になっています

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】なぜ人気?チェンソーマンの魅力とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

第2部「学園編」が始まり更なる話題を呼んでいる「チェンソーマン」。

人気の理由はやはり、過激で中毒性のある世界観ではないかと思われます

荒さの中にもデンジやパワー、アキなど魅力的なキャラクターの個性も際立っている事も理由で、この後も目が離せない作品だといえます。

 

スポンサーリンク

まとめ

チェンソーマン/©藤本タツキ

「悪魔」討伐をメインにしている「チェンソーマン」ですが、「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」に続く「週刊少年ジャンプ」での大ヒットを予感させる漫画作品となっています。

「第一部」が終了した後も、「第二部」の再開が待ちごかれた上「アニメ化」もされるなどファンにとっては嬉しい展開になっています

ホラー要素の強い「チェンソーマン」。

この先、どれだけの人気を獲得していくのか、作者・藤本タツキの描く世界に期待したいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA