スポンサーリンク

【スパイファミリー】登場キャラクターの強さランキングTOP10!一番強いキャラクターは誰!?

スポンサーリンク

スパイファミリーの作中内で様々なバトルシーンがあり、驚愕すべき異様な強さを持つ強敵から、儚く倒されてしまうあっさりとした儚きザコ敵など多数。

強さに様々な差分がある本作の中で、今回は誰が強いのかと、そのランキングをまとめてみました

今後の展開ではどんな殺し屋が出るのかと、またどんなスパイや犯罪者が登場するのか、未知数であるスパイファミリーのキャラクター達を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】第10位 鎖鎌使いのバーナビー

スパイファミリー/©遠藤達哉

オルカ・グレッチャーを狙う殺し屋集団の一人であり、鎖鎌を使い、ヨルとの死闘を演じた巨漢の殺し屋が第10位となりました。

ひげ面の大男と、耳には鎖のピアスを付け、ポニーテールと髪を束ねた、意外にオシャレさんな部分もあり、白スーツ姿と異様なまでの雰囲気を漂わせる殺し屋

ヨルの前に立ちはだかり、彼女を殺そうとするも、気迫に押し負けてしまい、鎖の操作を利用され、自身の鎖に拘束されてしまい、秘孔を突かれ倒されてしまいます。

中距離攻撃を得意とし、鎖鎌のリーチなどを利用した暗器の使い手であり、ヨルを追い詰めた実力者

アーニャに観られていた事で、実力を発揮できない事や、また殺し屋としての迷いなどが生じていたとはいえ、ヨルを苦戦させた実力は脅威でした。

 

スポンサーリンク
"
"

【スパイファミリー】第9位 ユーリ・ブライア

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルの実弟で、毒物や怪我に対して強靭なまでの耐性を持つ身体を持ち、原作の中ではそれらしい戦闘シーンは描かれていませんが、未知数と言う事で第9位となります。

裏の顔は国家保安局少尉であり、表の顔は外務省所属のエリート外交官と、ロイドの負けじの二面性の顔を使い分ける実力者。

でもまだ若輩ゆえか、ロイドに国家保安局員である事を看破されてしまい、また様々な対決をロイドに挑み敗北してしまうなど、未だに勝ち星をあげていない彼。

しかし劇中における国家保安局員としての使命に忠実であり、厳しさや優しさなどを見せるなど、人間味のあるキャラクターとしても魅力のあるキャラクターです。

戦闘面ではまだ実力は発揮されていませんが、ヨルの手料理に対して脅威の耐性があり、また怪我をしてもすぐに治ると、強靭なまでの再生力を持ち、頭脳明晰な秀才肌

今後の活躍に注目したいキャラなので、第9位となります。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】第8位 シルヴィア・シャーウッド(ハンドラー)

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドこと黄昏の直属の上司であり、WISEの女性管理官ことハンドラー。

表向きの身分は在東西国大使館の外交官としての顔を持ち、黄昏の師匠的な存在

劇中においても黄昏が唯一に逆らえない相手であり、また部下や同僚にも恐れられているほどの女傑な一面もあり、劇中に置いての最強枠の女性として選びました

アーニャと同年代の娘が、かつていたと語るシーンがあり、戦争で亡くなってしまったのか、それともと、今後の展開に彼女の過去が明らかになる可能性が考えられます。

娘とのそんな過去があるせいか、戦争を激しく憎悪しているなどの想いがあり、テロを起こそうとした大学生に対してあからさまな怒りを見せるなど、激情家の一面もあります。

怒らせたら怖い人物と絵にかいた一面もあり、部下の軽率な発言などを嗜めるなど、味方的問わずに恐れられる人物でもあります。

しかし基本的には面倒見の良い人物であり、黄昏に激務を強いるなど、ブラックな一面もあるも、一応に部下思いなキャラとして選びました。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】第7位 ガーデン店長

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルの所属する殺し屋組織「ガーデン」の店長を務める褐色肌の男性。

白い髪を伸ばし、どこか穏やかな一面を持つも、殺し屋としての一流もとい達人の腕前を持つ人物。

劇中に置いて戦闘シーンは未だに描かれていませんが、ヨルの隙を突いて一撃を入れようとする腕前や、またその一撃をスレスレで避けるヨルなど、未知数の戦闘力を持っています

ガーデンにおいては絶対無二の存在でもあり、敬意と尊敬を持たれる人格者の一面もあり、ヨルの事を見守る親代わり的な人物の他、師匠としても慕われています

劇中においてはヨルの事を心配し、ロイドとの関係に引っ掛かりを感じ始めているなど、今後の大きなキーパーソンになりそうな存在なので、第7位となります。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】第6位 フィオナ・フロスト(夜帷)

スパイファミリー/©遠藤達哉

ロイドこと黄昏の同僚である、ヤンデレスパイ女子のフィオナこと夜帷。

同じ組織の面々からは黄昏の手柄を横取りしようとする、何を考えているか解からない女性だと思われているも、その内情は黄昏のお嫁さんになりたいとする純愛乙女。

黄昏の教えを忠実に守り、感情を出さない為に無表情を貫き、また優秀であろうとし、常に鍛錬を怠らない努力家でもあり、才色兼備な人物

しかしその想いは未だに通じず、仮初であろうとも黄昏のお嫁さんを演じるヨルに対してライバル心を抱くと、ヤンデレの雰囲気も見言い出し始めています。

戦闘に関してはヨルの放ったテニスボールを真正面から受け止め、ラケットが壊れてしまうと、仮にも、あのヨルの一撃を受け止めた人物でもありますので、第6位となります。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】第5位 マシュー・マクマホン

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルの勤める市役所の部長であり、またガーデンの一員でもあるヨルの裏と表の上司。

ヨルのサポートをし、高い戦闘能力と状況判断力を持ち、殺し屋としての一面や、護衛者としての能力を持ち合わせる百戦錬磨の人物

本人を語る上では、射撃能力があげられ、豪華客船での一戦では、ヨルの援護をする為に狙撃銃で援護するなど、彼女のバックアップに回った功労者

どこかどこにでもいる様な風体に雰囲気を持つも、殺し屋としての腕前は卓越された能力を持ち、裏と表の顔を使い分け、未熟と評するヨルを導く存在として第5位となります。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】第4位 日本刀使いの殺し屋

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルと対峙した殺し屋の一人であり、ヨルを日本刀の斬撃で追い詰めた、老齢なまでに鍛え上げた達人の域までに鍛え上げられた居合術などを使い剣士。

度重なる死闘と戦闘に置いて疲弊していたとはいえ、あのヨルを追い詰め、彼女が武器無しではキツイと判断した相手でもあります。

劇中においては凄まじいまでの殺意を持ち、ヨルに対して、幾度なくに斬り掛かり、斬りつけ、その斬撃を見まわした腕前を持ち、あのヨルと渡り合った実力者

その為に第4位となります。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】第3位 アーニャ&ボンド

スパイファミリー/©遠藤達哉

戦闘力が皆無なアーニャとボンドがまさかの第3位となりました。

その戦闘力は皆無と思われるも、読心術と未来視を持つ特殊能力を使えば、脅威なまでの力となるので、直接的な戦闘ではなく、補助的な戦闘面での部分で選出しました

劇中においてはロイドの死の危機を回避し、またヨルのピンチを救ったりと、緑の下の活躍が多い一人と一匹。

相手の心の読み、その裏をかくアーニャに、また未来を予知して結末を回避する能力を持つと、ロイドやヨルが持ちえない能力を持ち、二人の危機を救う小さき存在

そんなアーニャとボンドに第3位を与えたいと思います。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】第2位 ロイド・フォージャー(黄昏)

スパイファミリー/©遠藤達哉

西側最高のスパイであり、変装を得意とする心理戦や、また知能戦などにも優れ、直接的な戦闘においても最強の技量を持つ人物

多少は生真面目過ぎてしまい、どこか抜けている様な部分もあれば、人間味のある性格を持っているなど、アーニャやヨルとの家族関係で人なりの感情を取り戻しつつあります。

過去の自身に起きた悲劇により、自分の様な子どもを作らないとし、孤児の過去から這い上がり、スパイとして東西の平和に勤める、揺るぎなき信念を持つ彼。

劇中においては多くの戦闘シーンを見せ、一人で強盗団やテロリストを殲滅できる能力を持ち、酔っていたとはいえ、ヨルと互角に立ち会うなどの戦闘力をも披露しました

ヨルの蹴りを寸前で避けるなどの、身体力を考慮して第2位となります。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】第1位 ヨル・フォージャー(いばら姫)

スパイファミリー/©遠藤達哉

スパイファミリーの劇中の中で最強の存在となるのは、やはりいばら姫ことヨルとなりました。

劇中においてもヨルを越える能力の持ち主はおらず、物語が進む中で、当初よりも強くなっていく彼女

初登場時にはターゲットの警護人を一人で殲滅し、またお尻に拳銃による負傷しても、痛いだけで済んでしまうと、その強靭さは類を見ないまでの超人っぷり。

また致死量の河豚毒を飲んでも、感覚がマヒするだけと、寧ろ痛覚がマヒし、痛みが引いたと、痛み止め代わりになってしまう毒耐性なども脅威です。

戦闘においても超人並みの強さを誇っており、暗殺と言うよりも、ほぼ力業による真正面からの殲滅を得意とし、秘孔などの暗殺術も心得ています

しかも幼い頃には蜂に襲われても腫れを作るだけで済んでしまう身体を既に持ち、また殺し屋としての任務を熟していたと、幼き頃からにその片鱗は出ていたのです。

殺しの手練れを何十人も相手にし、まったくに重傷を負わず、翌日にはバカンスを楽しむと、戦闘力に防御力の優れ、しまいには走行中の車を蹴り飛ばす脚力までも披露しています

野生の動物を恐怖させてしまう威圧に、バレーでのトスで成層圏までボールを飛ばしてしまうなど、下手をすればスーパーサイヤ人並の力を発揮するかもしれないヨル。

今後どこまで強くなるのかと期待できます。

 

スポンサーリンク

まとめ

スパイファミリー/©遠藤達哉

スパイファミリーにおいて、誰が強いかと様々なキャラが登場する今作。

その中でも断トツを越えるヨルと、彼女の強さは劇中では最高であり、もしロイドと戦う事になれば、どうなってしまうのかと気になります。

しかし純粋な戦闘においては最高レベルの強さを誇るも、心理戦や頭脳戦などの知識での勝負は弱くあり、ロイドはそこを突いてくるかもしれません。

またスパイファミリーの劇中においても、未だに未知数な組織や存在が多数おり、今後の展開では、ヨルを越える様な強さを持つ敵が出て来る可能性も考えられます

しかし劇中においても、そんな危機を幾度なくに乗り越えてきたロイド達。

家族の絆こそが強いと、どんな危機も乗り越えてくれそうな気がしますね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA