スポンサーリンク

【無職転生】エリスが「カッコイイ」大人の女性で登場!

スポンサーリンク

無職転生に登場する重要なキャラクターの1人にエリスがいます。

幼少の頃から、我儘放題で出会った主人公ルーデウスは色々と悩まされます。

しかし、ある事がきっかけでエリスに変化が発生。

彼女は、カッコイイ大人の女性としてルーデウスの危機に駆けつけたのです。

今回は、そんな大人の魅力があるエリスの詳しい紹介をしていきましょう。

 

Contents

スポンサーリンク

【無職転生】エリスの固い決意!なぜ別れることに?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

エリスは、ルーデウスと別れて剣の聖地に向かっています。

それは、当時幼かった彼を守れなかった悔しさと今の自分の強さは彼の足枷になると判断したからです。

どうして、エリスは、ルーデウスと別れたのか興味深いです。

その点について述べて行こうと思います。

 

スポンサーリンク

エリス、ルーデウスの寝顔を見て泣く

エリスは、フィットア領転移事件でルーデウスと共に魔大陸に飛ばされます。

彼女は、ルーデウスと共に故郷に戻る旅をして行きます。

その中で、次第に恋愛感情を抱きます。

エリスは、15歳の誕生日に故郷に帰還。

しかし、両親や祖父を失った事を知り、悲しみに打ちひしがれます。

その夜に、ルーデウスの部屋に行きます。

エリスは、大胆にも家族が欲しいと迫ってきます。

ルーデウスも同じ気持ちを抱いていて、2人は一夜を共にします。

ふと、目覚めたエリスは、ルーデウスの寝顔を見ます。

すると、彼女の両目から涙が溢れ止まりません。

エリスは、あることに気づいてしまったのです。

 

スポンサーリンク

エリス、ルーデウスの下を去り、剣の聖地へ向かう!

エリスは、自分より年下のルーデウスの強さに依存していたと悲しくなります。

龍神オルステッドに彼を殺させそうになった時、何もできなかったと嘆きます。

このままだと自分は、ルーデウスのお荷物になってしまうと絶望。

今までの様にルーデウスと一緒に歩んで行くには、力が足りないと感じたのです。

エリスは、長い自慢の赤髪をバッサリその場で切ります。

そして、ルーデウスに旅に出るという書き置きを残して部屋を出て行きます。

ギレーヌと共に強くなる為に剣の聖地に内緒で向かったのです。

エリスは、ルーデウスの下を静かに去りました。

しかし、彼女にはある決意があったのです。

剣の聖地で強くなり、また再開できたら今度こそ夫婦になると考えていたのです。

エリスの即断即決も潔いです。

自分の弱さを感じての辛い選択だったのかもしれません。

それでも、エリスがルーデウスに相応しい女性になろうと努力する姿は素敵です。

とても応援したくなります。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】エリスが「剣王」になったのはいつ?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

エリスが剣王になったのは、彼女が20歳になった時です。

剣神ガル・ファリオンの娘であるニナ・ファリオンとその座を掛けて対決。

見事に勝利して、剣王となることが出来たのです。

少し剣王になった経緯を説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

エリス、ニナと剣王の称号を掛けて試合をすることになる

エリスは、剣の聖地で強くなる為にハードな修行をして行きます。

剣神流や他の流派の技術も学び、更に自分自身に磨きを掛けて行きます。

そして、彼女が20歳になった時です。

ある日、師匠であるガル・ファリオンに呼び出されます。

そこには、彼の娘ニナ・ファリオンとジノ・ブリッツが居ました。

唐突に、ガル・ファリオンは、エリス達に剣聖と剣王と、剣帝の違いは何かと質問。

エリスとニナは、その答えを自分なりに出して行きます。

エリスは、覚悟だと宣言。

ガル・ファリオンに否定されながらも、そうだと言い続けます。

自分は、強くはなりたいが剣王の称号には拘らないと断言します。

ガル・ファリオンは、2人の回答が良いと認めました。

そして、エリスとニナに試合をする様に命令します。

更に、勝利した方を剣王にすると宣言したのです。

こうして、エリスは、ニナと剣王の称号を得る為に戦う事になってしまいました。

 

スポンサーリンク

エリス、ニナに勝利し剣王となる

エリスは、ニナと向かい合い試合を開始。

ニナは、エリスに剣神流奥義・光の太刀を振り下ろします。

しかし、次の瞬間、ニナは、道場の壁に叩きつけられました。

エリスは、横薙ぎの光の太刀を放っていたのです。

エリスは、北神流の鍛錬で学んだ技術を使用したのです。

威力よりも速度に闘気を配分し、ニナよりも早く攻撃できたのです。

ガル・ファリオンは、エリスの勝利を認めて剣王の称号を授けます。

そして同時に、教える事も無いので免許皆伝を与えると宣言しました。

更に、剣王の証として7本の魔剣の1つを渡しました。

エリスが剣神流しか習っていなければ、ニナに勝利する事は出来なかったかもしれません。

彼女がルーデウスの力になれる様に、努力した姿勢。

水神流や北神流の剣技を貪欲に吸収して行った結果が、剣王獲得に結び付いたのだと個人的には感じています。

因みにエリスは、剣王となりましたが、直ぐに狂剣王と呼ばれています。

凶暴過ぎる性格だからそう名付けられたのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】名前から凄い、エリスの「鳳雅龍剣」って、どんな剣?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

エリスの所有する鳳雅龍剣は、剣神ガル・ファリオンから譲られた7本の魔剣の1つです。

鳳雅龍剣の刀身には、魔力が練り込まれていて、敵の纏う闘気を無効化する事が可能。

エリスは、どうしてガル・ファリオンからこの剣を渡されたのか気になります。

その内容について話をしてみましょう。

 

スポンサーリンク

エリス、剣王となり剣神ガル・ファリオンに呼び出される

エリスは、ルーデウスの力となる為に剣の聖地で修行に明け暮れます。

苛烈な厳しい稽古の末、彼女は、20歳になり剣王の称号を獲得しました。

ある日、剣神ガル・ファリオンは、エリスを呼び出します。

エリスは、ガル・ファリオンの部屋に入って行きます。

そこには、3本の剣が並べて置いてあったのです。

ガル・ファリオンは、剣の聖地にやって来たエリスを気に入っていました。

それは、彼女が龍神オルステッドを倒すと宣言した過去があったのです。

ガル・ファリオンは、実力が付き、それを実行に移す時期だと判断。

エリスに戦う為の好きな剣を選ばせたのです。

 

スポンサーリンク

エリス、鳳雅龍剣を選ぶ

エリスは、剣を手に取り確認して行きます。

オルステッドに通用する自分に適した武器を、慎重に見定めて行きました。

そして、彼女は、1つの剣を選択します。

それは、最もシンプルな形の剣。

薄刃で少し反りのある、清涼な感じが漂う片刃の剣だったのです。

ガル・ファリオンは、エリスの目の付け所を褒めます。

彼は、稀代の名工である龍皇が作成した剣だと語り始めました。

刀身に緻密に魔力が練り込まれていて、相手の闘気の防御も無視できる能力があると教えます。

更に自分には合わなかったが、エリスなら剣神流の技を最大限に活かせると断言。

こうして、エリスは、鳳雅龍剣を使う事に決めたのです。

 

スポンサーリンク

エリスの鳳雅龍剣、オルステッドの手を切断する

エリスは、オルステッドと戦います。

彼女は、剣の聖地でオルステッドと戦う為、ニナ・ファリオンと何度も模擬戦を繰り返してました。

剣神ガル・ファリオンのアドバイスを思い出します。

オルステッドは、光の太刀を放ってくる攻撃をすると予測。

左右どちらから放たれるかわからないが、どちらか判断し、最高速度に達していない手首を刎ね落とせと言われていたのです。

ルーデウスとの戦闘でダメージを受けていたオルステッドは、エリスに容赦なく攻撃を仕掛けて行きます。

光の太刀が迫ってきました。

しかし、エリスは、剣神流奥義光返しを発動。

鳳雅龍剣の魔力が、オルステッドの龍聖闘気を破り、手を切断する事に成功したのです。

エリスの技の鍛錬も光っていますが、やはり鳳雅龍剣の威力がそれを可能にしたのかもしれません。

鳳雅龍剣、恐るべしです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】愛するルーデウスとの再会

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

エリスは、愛するルーデウスと再会を果たします。

丁度、ルーデウスが龍神オルステッドと戦っている最中でした。

彼女がルーデウスの危機に登場する光景は、カッコ良くて最高過ぎます。

その流れについて話をしましょう。

 

スポンサーリンク

エリス、剣の聖地に愛するルーデウスの手紙が届く?!

エリスは、剣王の座を獲得しました。

彼女は、剣の聖地を去り、ギレーヌと共にルーデウスの所に戻る準備を始めます。

魔法都市シャリーアに向かう前に、ニナと故郷に戻るイゾルテと話をして行きます。

すると郵便配達の男が突然やって来ます。

男は、エリスにルーデウスからの手紙を渡します。

エリスは、それを直ぐに受け取り読もうとします。

しかし、習っていない文字があったのでそれをイゾルテに読ませます。

イゾルテは、それを読んでいくと次第に険しい表情を見せて行きます。

彼女は、エリスに手紙に書かれているルーデウスが酷い男だと酷評。

哀れな眼差しを向けて、シャリーア行きを中止する事を勧めます。

そして、自分と一緒にアスラ王国に行けば幸せになれると説得を始めます。

でも、エリスは、内容を教えろと迫ります。

イゾルテは、仕方なく手紙を読み上げて行ったのです。

高圧的な態度のエリスが、ルーデウスの手紙が来たと知り興奮する姿が笑えます。

ルーデウス一途で可愛らしい面も見られて面白いです。

 

スポンサーリンク

エリス、ルーデウスがオルステッドと戦うと知り旅立つ!

エリスは、イゾルテの読み上げる手紙の内容を全て知ります。

ルーデウスは、エリスが自分の所を去った切なさや悲しさを正直に打ち明けていました。

どん底に落ち込み、自分を支えてくれる妻が2人居る事も事実だと書かれてます。

それでも、エリスが昔と変わらない気持ちでいるなら3人目の妻として受け入れると手紙が終わっていたのです。

イゾルテは、封筒の中にもう1枚便箋があることに気づきます。

彼女は、ルーデウスが龍神オルステッドと戦うと読み上げます。

手紙が到着した時は、死んでいる可能性があるとエリスに告げます。

するとエリスは笑い、ギレーヌと共に馬に乗って旅立ちました。

エリスらしい決断がサッパリしていて素敵です。

ルーデウスの力になれると喜んでいたのかもしれません。

因みにエリスは、ルーデウスと再会するまで様々なトラブルに巻き込まれて遠回りしてしまいます。

時間が掛かるのは、エリスらしさが漂っています。

その内容は、無職転生の小説でご確認すれば良く理解できます。

 

スポンサーリンク

エリス、ようやくルーデウスと再会する!

エリスは、時間を掛けて魔法都市シャリーアへ到着。

ルーデウスの屋敷に辿り着き、シルフィやロキシーと対面します。

そこで、エリスは、ルーデウスがオルステッドと戦う為に出掛けたと聞かされます。

彼女は、シルフィ達にルーデウスを殺す気かと糾弾しました。

その勢いは、シルフィを泣かせる程の剣幕です。

エリスは、気を取り直してシルフィ達と共にルーデウスの後を追います。

そして、捜索の末にルーデウスとオルステッドを発見。

エリスは、戦いの最中に乱入してきます。

彼女は、ルーデウスを見て、待たせたと告げます。

颯爽としているエリスがカッコ良くて素敵です。

子供時代と違い、大人の色気や魅力、強さが滲み出ています。

エリス、ルーデウスと再会できて良かったです。

とても幸せそうに見えます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】大人のエリスとオルステッドの戦い、エリスが覚悟したことは?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

エリスは、オルステッドとの戦いで自ら死んでもルーデウスを逃がすという覚悟を決めています。

エリスの悲しくも必死の覚悟に心打たれます。

その彼女の覚悟について、説明していきます。

 

エリス、命に代えてもオルステッドを止める覚悟を決めた?!

エリスは、オルステッドの戦いを有利に展開してきます。

剣神ガル・ファリオンのアドバイスを取り入れて、強さを発揮して行きます。

しかし、オルステッドは、エリスの攻撃を受けても瞬時に回復。

彼は、更に本気でエリスを倒そうとする様子を見せます。

エリスの視界に、治療を終えたルーデウスの姿が目に入ります。

ルーデウスは、シルフィとロキシーに支えられて満身創痍の状態でした。

エリスは、オルステッドにまだまだこれからだと宣言。

深く呼吸を三度繰り返します。

強く剣を握り返し、奥歯を噛み締めて、腹に力を入れて叫びます。

シルフィ達にルーデウスを逃がせと言ったのです。

自分が命に代えてもオルステッドを防ぐという、決死の覚悟でした。

愛する者を命懸けで守るエリスの覚悟は、熱いです。

この光景は、少し涙が出そうになりました。

エリスは、オルステッドに勝てないと理解しています。

それでも、自分の大切な者を守りたいという彼女なりの思いが素敵です。

その覚悟が、オルステッドの心に変化をもたらしたのかもしれません。

その後、戦闘は回避されます。

エリスが命を落とさなくて良かったと安心しました。

 

スポンサーリンク

【無職転生】オルステッドが認めるエリスの強さ

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

オルステッドは、エリスと戦い彼女の強さを認めています。

彼は、エリスが本当に強くなったのだと感心していました。

彼女の肉体的、剣の技術も向上していますが、特に精神的な強さが光っています。

そんなエリスの強さについて紹介していきましょう。

 

エリス、オルステッドの挑発に乗らない

エリスは、鳳雅龍剣を上段に構えてオルステッドと対峙します。

オルステッドは、わざと隙を彼女に見せつけて行きます。

そして、静かに会話を始めました。

攻撃してこないのかと聞いてきたり、師匠のガル・ファリオンを馬鹿にする発言を容赦なくぶつけていきます。

しかし、エリスは、それに動じません。

ガル・ファリオンから戦いに関するアドバイスを聞いていました。

絶対に先に攻撃をしない事や、挑発には絶対誘われるなという内容です。

エリスは、自分はルーデウスの回復を待っていると宣言。

尊敬するガル・ファリオンに対しての暴言も我慢します。

普段のエリスでしたら、逆上して大暴れの光景が目に浮かびます。

それを怒りもせず、冷静に対処していきます。

その姿を見たオルスデッドは、彼女の強さを認めたのです。

エリスの精神的な成長と強さは、痺れます。

 

エリス、オルステッドに予想以上の強さだと発言させる

エリスは、オルステッドの手を切断する事に成功。

それでも油断しない様に気を張り巡らせて行きます。

彼女は、ガル・ファリオンの最後の助言を思い出します。

それは、オルステッドが何故か本気を出せないという事。

剣術や魔術も万能なのに、闘気と体術で戦いを済ませていたのです。

ただ、初めて見る技は、観察する癖があるのでそこが弱点。

それが勝機に繋がる可能性があると指摘していました。

エリスは、左手に鳳雅龍剣を持ち、右手に無銘の剣を構えます。

剣神流にはない二刀流を見せつけて行きます。

すると、オルステッドの動きが停止しました。

そして、北神流の北帝オーベールから習った技を実行します。

剣を投擲し、最速の光の太刀を打ち込みます。

しかし、オルステッドの真剣白刃取りで防がれてしまいました。

オルステッドは、彼女の戦法や技を見て感想を言います。

自分の思った以上の強さだと納得したのです。

エリスは、本当に凄すぎます。

異世界で強い存在のオルステッドに認められたことは、驚きです。

ルーデウスを守るという信念が、それを可能にしたのかもしれません。

愛の力は、偉大です。

 

スポンサーリンク

【無職転生】エリスとルーデウスの決闘

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

エリスは、ルーデウスと決闘をすることになります。

その勝敗は、エリスの勝利で終了し、第3夫人となる結果に落ち着きました。

ルーデウスと決闘となった時、少し驚いてしまいました。

その決闘について、話をしてみましょう。

 

エリス、ルーデウスと決闘を申し込む?!

エリスは、オルステッドとの戦いを終えてルーデウスの屋敷で生活し始めます。

しかし、エリスは、ルーデウスと中々会話するきっかけが掴めません。

ようやく、彼女にルーデウスと会話するチャンスがやって来ました。

エリスとルーデウスは、過去の事を謝罪しながら話をしていきます。

エリスは、妻となったシルフィとロキシーを愛しているのかと質問しました。

ルーデウスは、愛していると告げます。

エリスは、もう自分の事は嫌いなのかと更に追求して行きます。

ルーデウスは、嫌いじゃないがどう接したらいいのかわからないと本心を打ち明けました。

するとエリスは、顔を真っ赤にして告白。

自分は、ルーデウスが今も好きで愛されたいと堂々と発言しました。

そして、ルーデウスに向かってある宣言をします。

外に出て自分と決闘しようと言います。

ルーデウスが勝利したら、自分は潔く身を引くことを約束。

でも、自分が勝ったら、シルフィ達と同じように愛して欲しいと叫んだのです。

 

エリス、ルーデウスとの決闘に勝利して妻となる

エリスは、ルーデウスと決闘する事になりました。

ルーデウスは、エリスが自分の力となる為に今まで修行していたことに感謝。

情けなくて駄目な部分も多いが彼女が望むなら全力で愛する気持ちがあったのです。

わざと勝負に負けるべきか考えていた時に、立会人のギレーヌが声を掛けます。

ギレーヌは、ルーデウスにエリスは昔と変わっていないから受け入れてやれとアドバイスします。

ギレーヌの掛け声で決闘が始まります。

エリスは、鋭い眼光でルーデウスを睨みつけて行きます。

しかし、ルーデウスは全く動きません。

エリスは、何故戦わないのかと質問。

ルーデウスは、エリスが出て行くなら自分の負けで良いと認めます。

そして、自分はエリスが好きだと告白します。

するとエリスは、剣の柄でルーデウスの頭を軽く叩いたのです。

彼女は、自分は、シルフィやロキシーの様に料理や頭も良くないと発言。

ルーデウスは、エリスは魅力的だし問題ないと回答します。

エリスは、ルーデウスを抱きしめました。

ルーデウスは、結婚してくれとプロポーズします。

エリスは、仕方ないから結婚すると返事をしました。

こうして、エリスは、ルーデウスの3人目の妻となったのです。

不器用だけど正直な気持ちを告白するエリスが可愛いです。

エリス、様々な出来事がありました。

でも、ルーデウスの妻として無事に着地出来て良かったです。

 

スポンサーリンク

まとめ

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

個人的にエリスというキャラクターは、大好きです。

ただ、子供時代の彼女は、我儘で凶暴というイメージがあり当初は隙にはなれませんでした。

でも、様々な悩みや葛藤の中で、ルーデウスを愛するようになってから見方が変わりました。

ルーデウスと相思相愛になったと思いきや、まさかの別れは衝撃的です。

しかし、彼の力となる為に旅立つ姿はカッコ良いと思いました。

それから、剣神流の修行を積み、剣王の称号も獲得。

鳳雅龍剣も貰い、精神的、肉体的に成長を遂げた彼女をいつの間にか応援していました。

ルーデウスを守る為にオルステッドと戦う光景は、とても痺れます。

敵わないと解かりながらも、挑発に乗らずに見極めて戦っていくエリスに胸が熱くなりました。

命を賭けてオルステッドを止めようとする覚悟は、強烈すぎます。

オルステッドに強くなったと発言させる所は、涙が出てしまいました。

その後、ルーデウスの決闘にも勝利し、ようやく幸せを掴めました。

エリスは、ルーデウスが居なければきっとカッコ良くて大人の魅力あふれる女性にはなれなかったのかもしれません。

ルーデウスを思う愛の力が、エリスを変えたのだと思っています。

エリスの魅力を知りたければ、無職転生の物語を読んで行けば良く解かります。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA