スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺おじさんに女性ファン急増!若い頃はイケメン!おじさんになっても色気たっぷり!?

スポンサーリンク

岸辺はデンジとパワーに修行をつける師匠として登場したデビルハンターです。

「アル中」で無表情ながらも色気があると評判になり、あの非常識なデンジとパワーも「先生」と呼び慕っています。

今回はその魅力溢れる岸辺を詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺のプロフィール

チェンソーマン/©藤本タツキ

「チェンソーマン」に登場する岸辺は「公安対魔特異1課」所属のベテラン・デビルハンターです。

生年月日などは不明ながら50代と思われ、現役で現場に出向くほかに後進育成も担当しています

生徒には早川アキや姫野、デンジ、パワーも修行をつけてもらっており、「先生」とも呼ばれています

好きなものは「酒と女と悪魔を殺すこと」で「最強のデビルハンター」を自称する「アル中」です。

また、デンジとパワーに修行をつけた後は、「公安対魔特異4課」隊長にも就任しています

 

スポンサーリンク
"
"

【チェンソーマン】岸辺の特徴

チェンソーマン/©藤本タツキ

最強のデビルハンター岸辺は金髪のツーブロックと両耳の黒いピアスが特徴です。

現在はあまり表情を出さないのも特徴的で、無愛想ながらも慕われている人物でもあります。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の性格とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「公安対魔特異4課」隊長の岸辺は「酒と女と悪魔を殺す事」が好きだと発言しています。

この通りにかなりの酒を飲んでいますが、それは生徒や仲間が死ぬ度に酒の量が増えているからです。

この事から無愛想ながらも、実は人情家で仲間思いな性格です。

デビルハンターとしての岸辺はかなり冷静な性格で、理詰めの戦闘を好みます

また、「悪魔が恐れるデビルハンターは頭のネジがぶっ飛んだ奴」と言いデンジとパワーの2人に質問した際は「100点」と答えていました。

この2人に修行をつけたのは、情が湧く人間ではなかったからですが、「この年になると、おもちゃにも情が湧く」とマキマに発言しており、かなり人情家なのが分かります。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の契約悪魔とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

人情家の姿を見せる岸辺が契約している悪魔は「爪の悪魔」「ナイフの悪魔」「針の悪魔」です。

「チェンソーマン」作中では「ナイフの悪魔」の能力使用はしていますが、まだ残り二つは明かされていません

悪魔と契約するには何かを代償にしなければいけませんが、岸辺が何を代償としているのかも不明で、一部では何も残っていないとも言われている事から詳細が明かされるのが楽しみにされています。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の強さとは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「最強デビルハンター」を自称する岸辺は、修行をつける際に出会ったデンジとパワーを瞬殺している実力者です。

他にも「獣が狩人の言葉を信じるな」や「ハイな時でもクールに脳みそ動かせ」など弟子にはアドバイスしており、理詰めで戦う頭脳派な一面があり、かなりの強さを誇っているようです。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】おじさんになって強さが衰えた?

チェンソーマン/©藤本タツキ

かなりの実力を誇る自称「最強デビルハンター」岸辺ですが、年齢には勝てない様子で、現在は自身を「四流」と評価しています

これは民間デビルハンターの吉田ヒロフミと話していた時の発言です。

吉田ヒロフミにはそんな事はないと否定されていますが、クァンシには全く敵わずに窓から叩き降ろされたのを見ると実力は落ちているのかも知れません

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の若い頃の姿とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

実力が落ちていると言う岸辺ですが、若い頃の姿が「チェンソーマン」単行本のおまけで披露されています

そして、その容姿は一言でいうとかなりのイケメンでした。

ですが、当時のバディに惚れている様子で一途な気持ちを持っていました。

この時も岸辺の性格を表すような姿を見せており、魅力溢れる人物だといえます。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺とクァンシの関係性とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「公安対魔特異4課」の隊長の岸辺が、若い頃にバディを組み、惚れていたのが中国からやってきた刺客クァンシです。

若い頃の岸辺はその強さと無鉄砲さから、「狂犬岸辺」と呼ばれていました。

その岸辺が出会った時に「守ってやるから俺の女になれよ」と口説いています。

更にバディを組んだ9年目には「好き」と真っ直ぐ愛を伝えていますがその都度「イヤ」と殴られて振られていました。

その後、クァンシが女性が好きと気づいた時に岸辺の想いは叶わぬ事になりますが、この時も「知ってるよ」とだけ返していました。

クァンシはその後、公安デビルハンターを辞めていますが岸辺はその後もクァンシを想っている様子でした。

実際、デンジを狙うクァンシを警戒しながらもマキマに殺された時は「もう何も見たくない」と感情なさそうで重い一言を呟いていました。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の魅力とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

まだ、謎の多い岸辺の魅力は無愛想で怖い感じを出しながらも時折、見せる優しさです。

非常識極まりないデンジやパワーからも慕われている事や吉田ヒロフミとの関係も一層その魅力を高めています。

マキマに「味方でいる内は見逃す」という発言も、岸辺が持つ魅力を感じる一言だと言えます。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺は死亡した?

チェンソーマン/©藤本タツキ

デンジを狙う各国からの刺客との戦いやマキマとの戦いでも岸辺は生き残っていました

これはデンジと「岸辺だけは殺さない」と約束していたからです。

マキマに一時支配されながらもデンジの心深くに残っていたようで「チェンソーマン」になっても約束を果たした事になります。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】第2部でも岸辺は登場する?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「第一部」でマキマと対峙し、デンジの味方になった岸辺は「第二部」でも登場する可能性はかなり高いと思われます。

何故なら「チェンソーマン」では、かなり重要なキーパーソンと思われるからです。

「第二部」での登場は間違いなく、どんな感じで登場するのかが考察されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

チェンソーマン/©藤本タツキ

「チェンソーマン」作中で地味ながらもしっかりと存在感を示す岸辺は魅力一杯のベテランデビルハンターです。

何処か達観している姿で、デンジにとっては無くてはならない人物だと推測されます。

まだまだ、その魅力の底は見せていない岸辺。

「チェンソーマン」第二部でどんな活躍を見せてくれるのか、楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA