スポンサーリンク

最新ネタバレ『チェンソーマン』109-110話!考察!ユウコの暴走?!チェンソーマンVS戦争の悪魔?!

スポンサーリンク

藤本タツキ「チェンソーマン」109話より引用

前回、アサの頼みで謎の女子生徒がユウコを助けようとしていました。

その結果かどうかはまだ不明ですが、ユウコは再び意識を取り戻し、真実に気づいてしまいます。

“学校があるからイジメがなくならないんだ”

巨大化したユウコは校舎を壊し始めます。

これでイジメは無くなるはず?!

ユウコの暴走を止められるのは誰なのでしょうか?!

それでは第109話『簡単なイジメのなくしかた』の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『チェンソーマン』109話!のネタバレ

それでは『チェンソーマン』109話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ユウコの暴走

ユウコを助けてくれたであろう謎の女子生徒の姿は既にありません。

正体も名前も不明なままです。

再び意識をとりもどしたユウコは学校を破壊することこそが正義だと信じ、破壊を繰り返しました。

それを阻止しようと攻撃を加えた生徒たちを次々と殺害します…。

もはや、正義などどこにあるというのでしょうか。

ユウコは完全に壊れているようです。

自分の邪魔をする人間=悪、悪は殺してもいい、という構図が出来上がっているようですね…。

破壊を繰り返していたユウコですが、ふと目をやった先でアサを発見します。

アサは傷だらけで倒れていました。

誰がアサをこんな目に合わせたのか、とパニックになるユウコ。

どう見てもユウコの暴走に巻き込まれたのだと思いますが、記憶も混濁しているようですね…。

その時、その様子を見ている女子生徒に気が付きます。

ユウコはアサをこんな目に合わせたのは彼女だと思い込みます。

必死で否定する女子生徒を無視して、自分の触手で縛り上げました。

「死んじゃえ…」

ユウコの無情な攻撃が彼女に向けられそうになった時…、ついにあの男が現れました!

 

スポンサーリンク

正義の悪魔VSチェンソーマン

「その子を離せ!」

デンジが登場したのです。

ユウコは「部外者は消えて!」と警告しますが、当然そんなことで引くデンジではありません。

むしろ、デンジは少し嬉しそうに言いました。

「ホントは人前で正体バラしたくないんだけど」

今は”緊急事態”だから仕方ありません。

…というか、そういうことにして早く変身したいようです。

デンジは胸についたチェンソーのトリガーに手をかけました。

ユウコは邪魔ばかりするデンジに苛立ちを隠せません。

自分の邪魔をする人間は悪!

ユウコが怒りの攻撃を仕掛けた瞬間でした。

デンジもチェンソーマンに変身し、ユウコの体を刻んだのです。

痛みに悶えるユウコは、女子生徒を思わず離しました。

女子生徒は「チェンソーマン?!」と叫びました。

少なくとも、この女子生徒には正体がバレてしまったデンジ。

(その後、この女子生徒がチェンソーマンの正体についてどう展開させていくのかも気になるところですが、今は戦いに集中です)

デンジは攻撃を緩めません。

ユウコは思わぬチェンソーマンの登場にパニックになってしまいます。

焦ったユウコの触手攻撃を避けることは、戦いに慣れているデンジにとってそれほど難しいことではありません。

触手攻撃を全てかいくぐり、デンジはユウコにダメージを与え続けました。

もちろんユウコも必死で攻撃をしかけますが…デンジにはほとんどダメージを与えることができません。

 

スポンサーリンク

チェンソーマンの戦い

劣勢を強いられたユウコは、デンジの心の中を読むことにしました。

ところが…!

デンジの頭を支配していたのは、戦略のことなんかではありませんでした。

デンジが考えているのは、どうやったら自分の正体が自然にバレるか…。

それだけなのです。

つまり、この無茶苦茶な戦いに戦略などありませんw

デンジは目の前のユウコをただ切り刻んでいるだけなのです。

この無作為な攻撃がデンジの強みなのかもしれませんね!

動きに知的な作戦が入れば先の攻撃もある程度は予想もできますが、デンジは自分自身でさえ、次の一撃を考えていないのです。

(それだけチェンソーマンそのものが強い、ということになるのでしょうか。)

 

スポンサーリンク

戦争の悪魔VSチェンソーマン?!

気絶していたアサが目を覚ますと、そこに広がる光景は絶望というしかない惨状でした。

ユウコはボロボロに切り刻まれ、原型を残していません。

悪魔と契約した人間(ユウコ)もこの状態では死んでいるのかもしれません…。

アサにとって、その光景はどれほど辛いものだったでしょう。

しかも、アサはすぐに体をヨルに奪われてしまいました。

目の前にいるのは、ヨルの宿敵であるチェンソーマンです。

ヨルは憎しみの目を向けました。

ヨルの不穏な感情はデンジにも届きました。

2人はいよいよ対面!

ちなみに、アサとヨルはある契約を結んでいます。

“チェンソーマンに勝てたら体を返す”

この戦いの結果次第では、アサは自由を取り戻せるかもしれないのです。

お互いに無傷ではない状態ですが、運命の対決が始まってしまうのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『チェンソーマン』ネタバレ109-110話のまとめ

今回は、ユウコの暴走とチェンソーマンとの戦いのお話でした。

イジメがなくならないのは、学校があるから。

学校をなくすことこそが正義だと結論づけたユウコは、学校を破壊し始めます。

かなり歪んだ正義と言わざるを得ませんが、ユウコは本気です。

学校破壊を止めに入った男子生徒は次々とユウコの手で殺されてしまいました。

ユウコは傷だらけで倒れているアサを見つけて心配そうに駆け寄りました。

その時、もう1人女子生徒がこちらを覗いていることに気が付きます。

なぜかユウコの思考回路ではこの女子生徒がアサをこんな状態にした犯人になってしまいますw

ヨルの暴走がアサを傷つけたと見る方がよっぽど現実的なのですがw

ユウコの攻撃がこの女子生徒に向かった瞬間、デンジが現れました。

デンジは胸についたトリガーを引き、チェンソーマンに変身!

ユウコに攻撃を仕掛け、女子生徒を救い出します。

この女子生徒はおそらくデンジがチェンソーマンだと知ったと思われます。

この戦いの後、デンジが長らく望んできた“自分の正体がバレる”ということが本当に起きるかもしれませんね!

ユウコがデンジの心を読んでも、デンジの頭の中はどうやったら自分の正体が自然にバレるか、それだけです。

チェンソーマン人気にあやかり、デンジがモテモテになる日は来るのでしょうかw

ユウコを助けた(と思われる)謎の女子生徒とナユタ(マキマの生まれ変わり)の関係も気になるところですが…。

デンジがユウコ(正義の悪魔)をバラバラに刻み、勝利を確信した頃、アサはようやく意識を取り戻します。

目の前には親友の変わり果てた姿…。

しかも、アサはヨルにすぐに体を奪われてしまいます。

藤本タツキ「チェンソーマン」109話より引用

ヨルにとって、宿敵のチェンソーマンが目の前にいたからです。

2人はここで運命の対決を果たすのでしょうか?!

来週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらじゃ⇩

⇒『チェンソーマン』111話!ユウコとの永遠の別れ?!ユウコを・・

⇒『チェンソーマン』110話!直接対決はやっぱりお預け?!深夜・・

⇒『チェンソーマン』108話!アサの実力は?!謎の新キャラ登場・・

⇒『チェンソーマン』107話!戦争の悪魔vs正義の悪魔?!激しい・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA