スポンサーリンク

【無職転生】テレーズは本当に脇役??ルーデウスを影で支えるも結婚はできるのか??

スポンサーリンク

無職転生にテレーズというキャラクターが登場します。

彼女は、主人公ルーデウスと深い関わりを持つ事になっていきます。

そして、ルーデウスを支える脇役とは思えない役割も果たして行きます。

婚活に苦戦しているようで、彼女の行く末も興味深いです。

今回は、テレーズについて詳しく紹介していきます。

 

Contents

スポンサーリンク

【無職転生】テレーズのプロフィールは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

テレーズ・ラトレイアは、ラトレイア伯爵家の四女です。

ミリス神聖国神殿騎士団の盾グループの中隊長を担当。

後に出世して、聖墳墓の守り人(アナスタシア・キープ)の隊長に就任します。

彼女は、ゼニスの妹で、主人公ルーデウスの叔母にあたります。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】テレーズとエリスの出会いは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

テレーズとエリスは、暗殺者集団の襲撃の際に出会っています。

その際に神子を護衛していたテレーズを、エリスが助けています。

一体どんな状況で2人は、出会う事になったのか気になります。

その説明をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

テレーズ、暗殺者集団から神子を守る

テレーズは、神殿騎士団の盾グループの中隊長として過ごして行きます。

ある日、彼女はミリス神聖国の神子を護衛する事になります。

すると、教皇派の暗殺者集団が襲撃を開始。

テレーズは、必死に守りますが、部下を死なせてしまいます。

そして、暗殺者達の手によりほぼ全滅状態になってしまいました。

残されたのは、神子の護衛をするテレーズしかいません。

テレーズは、自分が死んでも神子を絶対守る気迫で戦います。

 

スポンサーリンク

テレーズ、エリスの圧倒的な力で命を救われる

テレーズと神子の所に、1人の女性が現れます。

それは、何とエリスでした。

エリスは、丁度、ルーデウスやルイジェルドと共にミリス神聖国に滞在します。

ゴブリンを倒すクエストに向かっていた最中に、テレーズの危機的状況を発見。

彼女は、テレーズと神子を囲む暗殺者集団の事は良く解りません。

しかし、神子が幼く、救わねばならないという気持ちが湧き上がります。

エリスは、暗殺者の集団に突撃。

ルイジェルドに鍛えられて強くなっており、一瞬で斬撃をします。

すると暗殺者集団は、その場で全滅しました。

テレーズと神子は、エリスの戦闘力の強さに驚く事しか出来なかったのです。

因みにエリスは、クエストでクリフと共に行動しています。

 

スポンサーリンク

テレーズ、エリスに感謝し別れを告げる

テレーズは、自分と神子を救ってくれたエリスに感謝します。

彼女は、エリスの名前を聞こうとしました。

しかし、エリスは、本当の名前を名乗る事があまり良くないと判断。

冒険者パーティ・デッドエンドのルイジェルドの名前を名乗ります。

テレーズは、それが嘘だと理解。

自分の名前が知られてしまう事が良くないのだろうと黙認します。

テレーズは、もし何かあれば神殿騎士団の自分の名前を出せば力になると約束。

そして、神子と共にその場を去って行きます。

テレーズと神子は、エリスにとても深い恩義を抱きました。

十数年の歳月を得て、エリスと再会する事になるとは奇跡としか言いようがありません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】テレーズが左遷??暗殺者集団の襲撃とは??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

テレーズは、神殿騎士団の盾グループから左遷されてしまいました。

その理由は、教皇派の暗殺者集団の襲撃で部下達を殺された責任を取らされたからです。

彼女は、神子を守る為に奮戦。

しかし、教皇側の暗殺者集団が強くて、生き残ったのは自分だけでした。

テレーズの部下達が失われた事は、とても問題視されます。

そんなテレーズにある処分が下ります。

それは、ウェストポートの税関管理者として左遷される事が決定。

テレーズは、素直にそれを受け入れてウェストポートに向かいました。

処遇に良い訳もせず従う光景は、潔さがあります。

テレーズの左遷は、やがて親類であるルーデウスとの出会いに繋がります。

 

スポンサーリンク

【無職転生】テレーズとルーデウスの出会い!!ウエストポートで何があった??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

テレーズとルーデウスは、ウエストポートで出会います。

彼女は、税関所長のバクシールと揉めたルーデウスを助けます。

どうして、テレーズがルーデウスを救う事になったのか興味深いです。

その全貌を語っていきましょう。

 

スポンサーリンク

テレーズ、ルーデウスと初対面する

主人公ルーデウスは、エリス、ルイジェルドと共にミリス大陸の港町ウエストポートに到着します。

ルーデウスは、渡航の申請を開始。

しかし、簡単に手続きは出来ずに待たされます。

更に、税関所長のバクシール・フォン・ヴィ―ザー侯爵の所に呼び出されたのです。

バクシールは、ルイジェルドの渡航を認められないと拒否します。

ルーデウスは、教導騎士団団長のガルガードがルイジェルドの渡航許可をした手紙があると反論。

バクシールは、魔族嫌いでガルガードの手紙が偽物だと一喝します。

ガルガードの教導騎士団の印は、良く偽造されて出回っていると言い認めません。

ルーデウスは、バクシールの許可が下りずに困惑します。

すると部屋をノックする音が聞こえます。

そこに青色の甲冑を纏った金髪の女性が登場。

それが、テレーズだったのです。

 

スポンサーリンク

テレーズ、バクシールを論破し渡航を認めさせる

ルーデウスは、やって来たテレーズを見て思わず母親ゼニスと錯覚します。

テレーズは、自分は独身で子供も居ないと断言。

彼女は、ルーデウスから行方不明の母親に似ていると言われ納得します。

バクシールは、左遷されたテレーズが着任前なのに来る必要はないと追い返そうとします。

しかし、テレーズは、前任担当者はいないし、自分以外の神殿騎士は居ないと反論。

更にスペルド族が現れた情報も聞いたので、税関の守護として確認に来るのは当然だと告げます。

バクシールは、テレーズの発言に圧倒されていきます。

テレーズは、ルーデウスの詳細を聞いて行きます。

そして、突然ルーデウスを抱きしめます。

更に、彼女は、自分と神子を助けてくれたエリスを発見。

テレーズは、バクシールにルーデウスの身柄は自分が責任を持って保証すると宣言。

書状も確認し本物だと言い、ルーデウスは自分の甥だと教えたのです。

こうして、バクシールは、ルイジェルドの渡航も許可する事になりました。

テレーズの駆け引きや交渉の上手さは、抜群です。

バクシールを怒らせると思いきや、謝罪しタイミングも計算。

神殿騎士団として数々の修羅場を潜ってきたので、肝が据わっていて流石です。

ルーデウス達が順調な船旅が出来る様に、必要な物を全て用意してくれます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】テレーズはルーデウスを「可愛い」という変わり者??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

テレーズは、ルーデウスを可愛いと発言しています。

その理由は、年下をとても好む残念な女性だったからです。

テレーズが、ルーデウスを可愛がる状況がとても気になって仕方ありません。

何故、彼女がこの様な状態になってしまったのか、少し話をして行こうと思います。

 

スポンサーリンク

テレーズ、ルーデウスを可愛いと抱きしめて離さない?!

テレーズは、バクシールと話を付けた後、夜にルーデウス達の泊まる宿屋に向かいます。

到着早々、彼女はルーデウスを抱き可愛いと連呼します。

実は、テレーズは、以前からゼニスと手紙でやり取りをしていました。

そこで、ルーデウスがとても可愛いと書かれていたことに興味を抱きます。

そして、実物のルーデウスが想像以上に可愛いと感激。

エリスは、その様子を見て不機嫌になり止めようとします。

しかし、テレーズは、エリスに許してくれと懇願しました。

ルーデウスとはいつ会えるのかわからないから堪能したいと告白します。

次に会った時は、ルーデウスが成長して可愛さは失われていると断言。

更に、体までボディタッチするまで加熱して行きました。

テレーズのスキンシップが強烈すぎます。

そして、痛いです。

 

スポンサーリンク

テレーズ、タイプの男性は成人前の男性だった?!

テレーズは、ルーデウスを食べてしまいたい程に可愛いと言葉に出します。

ルーデウスは、それを性的な意味で自分を好んでいるのかと理解しました。

テレーズは、ルーデウスが離れて行き温もりが薄れると嘆いたのです。

少しこの光景は、個人的にドン引きしてしまいました。

勇ましく男勝りでカッコいい彼女がまさかの年下好きだったとは驚きです。

しかも、成人前の男性がベストというのは何も言えません。

この彼女の趣向は、後々の婚活にも影響を及ぼして行く事になります。

 

スポンサーリンク

【無職転生】テレーズはなぜエリス&ルーデウスとミリス神聖国で再会した??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

テレーズは、エリスとルーデウスにミリス神聖国で再会を果たしました。

そのきっかけは、ルーデウスの母親であるゼニスが誘拐された件です。

ルーデウスは、母親ゼニスを救う為にミリスに訪れた際に再会。

エリスは、ゼニスの一件で解決した後にテレーズと出会っています。

テレーズは、その際に神子とも一緒に立ち会っています。

テレーズと神子は、過去に自分達の命を救ってくれたエリスに感謝の念を抱いていました。

テレーズは、神子がエリスに憧れを抱いていたのでその会話を黙って見ています。

やがて、エリスは、神子に棒を使わせた剣術の指導を開始。

テレーズは、神子にエリスが教えてくれた体を鍛える方法は出来ると優しく教えています。

特に長い会話は、していません。

テレーズは、感情を露わにしていないですがエリスと出会えて嬉しかったのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】テレーズは「聖墳墓守り人」(アナスタシア・キープ)の隊長になるもなぜルーデウスと激突した??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

テレーズは、聖墳墓の守り人の隊長になりました。

しかし、ルーデウスが神子の誘拐を実行しようとしていた為、戦います。

どうして、テレーズがルーデウスと激突してしまったのか気になって仕方ありません。

そんなテレーズについて、少し説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

テレーズ、神子を誘拐しようとしていたルーデウスに異端審問を掛ける?!

テレーズは、枢機卿からある情報を入手します。

それは、ルーデウスが神子を誘拐するという内容でした。

その頃、ルーデウスは、母親のゼニスをラトレイア家に誘拐されたと知り激怒。

彼は、ゼニスを救う為に様々な手段を駆使します。

そして、神子を誘拐して交渉をして行こうと教団本部に向かいます。

するとルーデウスは、結界魔術で囲まれます。

そこにテレーズと聖墳墓の守り人達がやって来ます。

テレーズは、いつもと友好的な表情ではありません。

彼女は、聖墳墓の守り人の隊長に出世していたのです。

厳しい表情と態度で、ルーデウスに向かって口を開きます。

神子を誘拐しようという情報が入ったので、異端審問を開始すると指示しました。

 

スポンサーリンク

テレーズ、ルーデウスに術奪いの刑を宣告する

テレーズは、ルーデウスに質問していきます。

ルーデウスは、彼女と他の聖墳墓の守り人である騎士達に正直に答えて行きます。

しかし、テレーズを含めて誰もが発言を嘘だと認定しました。

そして、ルーデウスをミリス神聖国に害をなす異教徒と判断したのです。

そして、テレーズは、術奪いの刑を宣告。

ルーデウスの両腕を切り落とし、魔術が仕えない様に、布で封印。

その上から土魔術で固めて行く容赦ない内容を明かします。

術奪いの刑は、考えただけでも恐ろしいです。

何を言っても有罪にされてしまうルーデウスも可哀想すぎます。

テレーズの本気で裁判していた光景は、背筋が寒くなってしまいました。

 

スポンサーリンク

テレーズ、ルーデウスに敗北し副隊長に降格処分が下る

ルーデウスは、テレーズ達の一方的な異端審問に納得できません。

母親であるゼニスも奪われ、術奪いの刑は耐えられないと反論。

遂にテレーズ達と戦う意志を見せたのです。

テレーズは、部下達に攻撃を命令します。

ルーデウスの魔術を防いだり、追い詰めて行きます。

しかし、ルーデウスは魔方陣から魔導鎧一式を召喚しました。

圧倒的な力を見せつけて、テレーズ達を倒します。

テレーズは、ルーデウスを倒せずに任務失敗。

その責任として左遷されることになります。

でも、神子は、テレーズに守られる事が好きだったのである行動に出ます。

テレーズの左遷をしないで欲しいと懇願してきます。

ゼニスの事件も解決したルーデウスは、神子に従い減刑嘆願書にサインしました。

その影響もあり、テレーズは、隊長から副隊長という降格処分で済んだのです。

テレーズは、神子の誘拐の件でルーデウスを敵視してしまいました。

でも、枢機卿の命令で彼女が動いていたことを知って許します。

その後は、以前の様に友好的な関係に戻っています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】テレーズはなぜ母クレアに背き家を放逐された??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

テレーズは、母親のクレアに騎士団に入る道を宣言した為、放逐されました。

しかし、その後、騎士団の活躍が評価され和解しています。

テレーズがラトレイア家から放逐されたのに、何故許されたのか興味が湧きます。

その点を紹介していきましょう。

 

テレーズ、クレアに神殿騎士団の入団したことを報告する

テレーズは、ラトレイア家の四女として誕生。

彼女は、厳格な母親クレアの手で育てられて行きます。

でも、成長したテレーズは自分の進路を決めて行きます。

それは、ミリス神聖国の神殿騎士団に入るという目標が出来たからです。

テレーズは、努力をして入団に成功しました。

その報告を聞いたクレアは、表情が一変します。

クレアは、テレーズに怒りを見せたのです。

 

テレーズ、クレアと大喧嘩して放逐される

クレアは、テレーズの神殿騎士団の入団に大激怒しました。

彼女は、カーライルとの間に5人の子供が出来ます。

ミリス神聖国において、何処に出しても恥ずかしくない紳士淑女に育てて行きます。

しかし、ルーデウスの母親であるゼニスは、冒険者となり家を出てしまいます。

一番期待していたゼニスが望まぬ道に進み衝撃を受けます。

更に三女サウラも権力争いで死亡。

その悲しみの最中、今度は、テレーズが自分の望まぬ道に進んだのです。

テレーズは、クレアに罵倒されます。

彼女は、神殿騎士団で仕事をやっていけないと否定。

そして、自分の言う事を聞いて従っていれば、結婚相手も探して幸せになることが出来たと発言しました。

すると、テレーズもそれに反応し起こります。

クレアに対して、権力争いに巻き込まれて姉であるサウラの様に死ぬことが幸福かと笑います。

すると2人の間で大喧嘩に発展したのです。

クレアは、テレーズに二度と家の敷居を跨ぐなと宣言。

テレーズは、こうしてクレアの手で放逐されたのです。

クレアの思いも理解できますが、テレーズの話に耳を傾ける余力が欲しかった気がします。

 

テレーズ、クレアと和解する

テレーズは、容赦なく放逐されました。

クレアは、いずれ失敗し自分に泣きついてくると考えていたのです。

しかし、10年後、テレーズに対する見方が変化します。

テレーズは、神子の護衛隊長に出世したのです。

異例の出来事と、テレーズの良い評判や活躍を嫌でも知って行くことになります。

クレアは、自分に厳しい人間でした。

その後もテレーズの出した結果を見て、自分が間違っていたと考えを改めたのです。

そして、テレーズと対面します。

テレーズは、クレアに許されて和解しました。

クレアは、謝罪の言葉でなく許してやるという居丈高な言葉をぶつけています。

テレーズの努力と優秀な才能と実力が、それを可能にしたのではないかと感じます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】テレーズお見合いの結果は??

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

テレーズのお見合いは、失敗に終わります。

結婚を望んでいた彼女が上手くいかなかったのが気になって仕方ありません。

その内容について触れていこうと思います。

 

テレーズ、クレアにお見合いを勧められる

デニスの誘拐事件が解決してから、実家に戻る様になります。

そこでクレアにいつ結婚するのかと質問されました。

実は、ミリス貴族は、親が結婚相手を見つけるという決まり事がありました。

テレーズは、以前、クレアと喧嘩した時に結婚相手を探す必要はないと断言。

それを思い出した彼女は、素直にクレアに謝罪します。

クレアは、テレーズを見て結婚相手を探す事を決意します。

そして、テレーズに相応しい好条件の相手を発見します。

そして、お見合いのセッティングが着々と準備されていきました。

 

テレーズ、ダスクライトとお見合いする

テレーズは、モーカイト家の五男であるダスクライトと見合いをすることになります。

ダスクライトは、27歳の神殿騎士でした。

年下好きのテレーズには、年齢に関してはクリアで後は顔が良ければ問題ないと張り切ります。

そして、お見合い当日を迎えました。

テレーズは、ダスクライトを見て愕然とします。

それは、自分と同じ聖墳墓の守り人のメンバーであるダスト・ボックスだと知ったからです。

聖墳墓の守り人たちは、神子を守る為に素性を隠していました。

完全に顔を隠した兜を被り、任務を遂行していたのです。

こうして、テレーズは、聖墳墓の守り人の特攻野郎と言われた男と見合いを開始して行きます。

 

テレーズ、ダスクライトの結婚を諦める

テレーズは、ダスクライトと会話します。

ダスクライトは、相手が自分の所属する副隊長だとようやく理解しました。

テレーズは、ダスクライトの顔を見て若干悪くないと判断。

結婚という言葉をちらつかせていきます。

が、ダスクライトは、冗談だと受け入れません。

更に自分は、ミリス教を信仰していき頑なに守る狂信的な考えを披露。

それを知ったテレーズは、結婚したい気持ちが急速に冷めて行ったのです。

そして、自分から願い下げだと言い去って行ったのです。

テレーズは、その後もクレアの勧めた見合いに挑戦しますが悉く失敗して行きます。

テレーズは、美人でスタイルも良い女性です。

やはり、親が結婚相手を見つけるという風習が良くなかったのかもしれません。

テレーズは、婚活に苦戦して未婚のままらしいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

テレーズは、無職転生の作品の中でそんなに登場はしないです。

でも、ルーデウスやゼニスに関わり重要な役割を担当していたと感じています。

ゼニスに似た容姿で個人的には好きです。

性格は奔放でサッパリした部分もあり姉妹で違いがありすぎです。

神子を守ることに使命感を感じているキャラクターですが、任務に失敗して降格したり、結構苦労人過ぎて可哀想です。

それでも前向きで、めげずに一生懸命任務を真面目にこなす姿勢は好きです。

ただ、男性の趣味が少し残念でなりません。

更に親が結婚相手を見つける常識で、翻弄されっぱなしです。

それが無ければ、違った生き方も出来た可能性があります。

でも、ルーデウス達を助けたり良い面も多く見られます。

男運の悪いテレーズですが、いつの日か幸せが来ればよいなと願っています。

もっとルーデウスと絡んで行く場面が見たかったです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA