スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺がクァンシにゾッコン?岸辺とクァンシの関係性が明らかに!

スポンサーリンク

デンジとパワーの師匠で、「最強のデビルハンター」を自称しているのが岸辺です。

岸辺は長らくデビルハンターとして活躍していますが、不明な事が多く謎に包まれています。

ですが、その中で明かされている内の一つがクァンシとの関係です。

今回はその岸辺とクァンシについて詳しく見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺のプロフィール

チェンソーマン/©藤本タツキ

岸辺は「公安対魔特異1課」に在籍し、後に「公安対魔特異4課」隊長になる自称「最強のデビルハンター」です。

生年月日などは不明ですが、年齢は50代と思われるベテランです。

公安では自身も現場に出ていますが、後進育成も担当し、生徒には早川アキや姫野、デンジとパワーがいます

デンジとパワーからは「先生」と呼ばれ、慕われていました。

好きなものは「酒と女と悪魔を殺すこと」あのパワーにも「アル中」と呼ばれる生粋の酒飲みデビルハンターです。

 

スポンサーリンク
"
"

【チェンソーマン】岸辺の特徴

チェンソーマン/©藤本タツキ

最強のデビルハンターを自負する岸辺は金髪のツーブロックと両耳に黒いピアスが特徴です。

左頬に傷があり、いつも無表情ながら何故かデンジとパワーに慕われています。

また、いつも飲んでいる「アル中」なのも特徴といえます。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の性格とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「アル中」岸辺は、好きなこととして「酒と女と悪魔を殺す」と公言しています。

これを聞くと冷たそうな感じがします。

ですが、実は人情家で仲間思い、そして現況が読める冷静な性格です。

また、「悪魔が恐れるデビルハンターは頭のネジがぶっ飛んだ奴」と言い、まともな奴ほど早く死ぬと分析しています。

デンジとパワーには100点といっていますが、アキや姫野の事は心配しています。

岸辺の酒が増えたのは、生徒たちが死ぬ度に増えているのが原因です。

この事から無愛想で無表情ながら、かなり弟子想いなのが分かります

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の契約悪魔とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

人情家「最強のデビルハンター」岸辺が契約している悪魔は「爪の悪魔」「ナイフの悪魔」「針の悪魔」になります。

ナイフを使って戦闘している様子があり、何処からでもナイフを出せる「ナイフの悪魔」の能力を主に使っているようです。

また、悪魔と契約するには何かを代償にしなければいけません。

ですが何を代償としているのか不明となっている他、クァンシの愛人からは「何も残っていない」とも言われ、その詳細は不明となっています

その他、「第一部」では明かされていない為にどんな「悪魔」なのか明かされるのが待たれています。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の強さとは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

3つの「悪魔」と契約する岸辺は、「悪魔」の能力だけでなく基礎戦闘力もかなり強い様子があります。

素手での戦いは人類最強とも言われるクァンシにも善戦し、デンジとパワーに修行をつける際には一瞬で首の骨を折り、戦闘不能にしています

また、「アル中」ながら理詰めの戦術を好み、「獣が狩人の言葉を信じるな」

「ハイな時でもクールに脳みそ動かせ」など本能だけでなく、戦えと助言しています。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺とクァンシの過去とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「公安対魔特異4課」の隊長になった岸辺ですが、デビルハンターとして駆け出しの頃に長らくバディを組んでいたのが中国からデンジを狙いやってきた刺客のクァンシです。

理詰めを好む岸辺ですが、若い頃はその強さと無鉄砲さから、「狂犬岸辺」と呼ばれる時期がありました。

その時に組んでいたのがクァンシで、岸辺はバディになると直ぐに惚れています

実際、出会った時には直ぐ「守ってやるから俺の女になれよ」と口説いています。

また、バディを組んだ9年目には「好き」と真っ直ぐ愛を伝えています。

ですが、その都度「イヤ」と殴られて振られており、クァンシが女性が好きかもと言った際は「知ってるよ」と答えています。

如何に岸辺が惚れていたかが分かるエピソードといえます。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺とクァンシの過去は何巻?

チェンソーマン/©藤本タツキ

岸辺がクァンシに惚れていたのが、発覚したのが「チェンソーマン」単行本8巻のおまけページです。

このおまけで、謎だった岸辺の一部に触れる事ができます。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】クァンシが死亡?岸辺の反応とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

中国からの刺客クァンシに岸辺はバディ時代から惚れていました。

ですが、クァンシは岸辺の前で殺される事になります

それを実行したのが、「支配の悪魔」マキマでした。

マキマの契約悪魔は一旦のデビルハンターには知らせない事から、岸辺は目隠しをしクァンシが死ぬ瞬間は見ていません。

ですが、マキマに殺されたと分かった瞬間に岸辺は「何も見たくねえ」と発言しました

まさに一言ながら察してあまりある地獄のような想いだというのが分かります。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺にとってクァンシの存在とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

デンジを狙った事により、マキマの怒りを買い殺されたクァンシ。

ですが、このちょっと前に交戦した岸辺から「マキマ殺害」に協力して貰えるように依頼していました

結果、岸辺の依頼は断られていますが「マキマ討伐」には欠かせない人物と思っているのと以前の惚れていた気持ちも残っていたのではと推測されます。

 

スポンサーリンク

まとめ

チェンソーマン/©藤本タツキ

「最強デビルハンター」を自称する岸辺は、マキマの策略に少し気づいていました。

そして、そのマキマ討伐に協力を要請したのが中国からの刺客クァンシでした。

そのクァンシは以前、公安に勤務していたデビルハンターで、岸辺のバディです。

岸辺も唸るほどの強さを持っており、更にベタ惚れしている人物でもありました。

この事から岸辺は「マキマ討伐」の依頼を要請する事になります。

ですが、クァンシはその誘いを断ります。

そして、デンジを狙った事で怒りを買ったマキマに一瞬で首を切り落とされ死んでしまいました。

この瞬間、近くにいた岸辺は「もう何も見たくない」と絶望に近い言葉を吐き出しています。

クァンシに想いが届かないどころか、目の前で殺された岸辺の胸中を察して余りある名言となってしまいました

その後、「チェンソーマン」第一部では数少ない生き残りとなった岸辺。

「第二部」ではどんな活躍をするのか、まだ明かされていない過去と共に描かれるのを楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA