スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺隊長死亡?それとも生存?岸辺に待ち受ける運命とは!?

スポンサーリンク

岸辺は自称「最強のデビルハンター」を名乗る「公安退魔特異4課」の隊長です。

姫野やアキの教育係で、デンジとパワーに修行をつけ「先生」とも呼ばれています。

そして、この岸辺はマキマの正体にも薄々気がついている人物でもあります。

最終決戦に向けて重要なキャラクターとなる岸辺が一体どうなったのか、詳しく見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺のプロフィール

チェンソーマン/©藤本タツキ

岸辺は「公安対魔特異1課」所属の酒浸りベテラン・デビルハンターで、後に「公安対魔特異4課」隊長になっています。

生年月日などは不明ですが、50代と思われ自らも現在に赴く他、公安では後進育成も担当しています。

岸辺の生徒には早川アキや姫野、デンジとパワーにも修行をつけており「先生」と呼ばれています

好きなものは「酒と女と悪魔を殺すこと」で、あのパワーにも「アル中」と呼ばれる生粋の酒飲みデビルハンターといえます。

 

スポンサーリンク
"
"

【チェンソーマン】岸辺の特徴

チェンソーマン/©藤本タツキ

デンジ達に「先生」と呼ばれるデビルハンター岸辺は金髪のツーブロックと両耳に黒いピアス、そして左頬に傷があるのが特徴です。

また、いつも無愛想というより無表情なのも特徴といえます。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の性格とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「公安対魔特異4課」隊長の岸辺が、好きなことは「酒と女と悪魔を殺す事」です。

この発言の通り、かなりの酒を飲んでいます。

この事から冷たそうな感じに見えますが、実は人情家で仲間思いな性格です。

この性格が原因で生徒が死ぬたびに酒の量が増えています。

ですが、デビルハンターとしての岸辺はかなり冷静な性格で、「悪魔が恐れるデビルハンターは頭のネジがぶっ飛んだ奴」と分析していました

実際、デンジとパワーの2人に質問し「100点」と言い、特にデンジには「デビルハンターに1番向いている」と評価しています。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の契約悪魔とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「最強のデビルハンター」岸辺が契約している悪魔は「爪の悪魔」「ナイフの悪魔」「針の悪魔」の3つです。

悪魔と契約するには何かを代償にしなければいけません。

岸辺が何を代償としているのか不明となっていますが、「何も残っていない」とも言われています

また、作中ではナイフを良く使っており、「ナイフの悪魔」の能力使用は度々確認されていました。

ですが、まだ残り二つの悪魔は明かされておらず、この先、明かされるのが期待されています。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺の強さとは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

自称「最強デビルハンター」を公言する岸辺は、修行をつける前ながらデンジやパワーを瞬殺しています

まさに圧倒的な強さを見せていますが、「獣が狩人の言葉を信じるな」や「ハイな時でもクールに脳みそ動かせ」など弟子にはアドバイスしています。

この事から岸辺は理詰めで戦う頭脳派な一面も持ち合わせている様子です。

実際、クァンシともある程度の互角の戦いをしていました

ですが、戦闘シーンが少なく、岸辺の真の実力は不明となっています。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺とデンジの関係性とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

隊長の岸辺と「チェンソーマン」デンジとは師弟関係にあります

そして、岸辺はデンジを「デビルハンター」としてかなり高く評価している人物でもあります。

「支配の悪魔」討伐やその後の事もデンジに一任している風で、少なくともある程度の信頼関係のできていると思われます。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺とマキマの関係性とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

岸辺は「公安対魔特異4課」のリーダー・マキマと課が違いながらも同じ公安のデビルハンターです。

ですが、マキマに対し預かったデンジとパワーに「情が移って彼らの死を見たくなくなった」とぼやく姿を見せています。

これはかなり意味深なもので、「お前がどんな非道を尽くそうと 俺の飼い犬を殺そうと 人間様の味方でいる内は見逃してやるよ」 との発言と併せて、マキマに不信感を持っていました

岸辺はおそらくマキマの事をかなり知っているようで、「お前は一体何なんだ」とも発言しています。

その後、マキマが「支配の悪魔」だと分かって以降はマキマ討伐の為にデンジと手を組む事になります。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺とクァンシの関係性とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「公安対魔特異4課」の隊長・岸辺が、若い頃に長らくバディを組んでいたのが中国からやってきた刺客クァンシです。

岸辺は若い頃はその強さと無鉄砲さから、「狂犬岸辺」と呼ばれていました。

その時に片思いしていたのがバディのクァンシでした。

出会った際には「守ってやるから俺の女になれよ」と口説き、バディを組んだ9年目には「好き」と真っ直ぐ愛を伝えています。

ですが、その都度「イヤ」と殴られて振られクァンシが女性が恋愛対象だと分かった事で、岸辺の想いは叶わぬ事になります。

その後も岸辺はクァンシを想っていた様子で、マキマにクァンシが殺された際には「何も見たくねえ」と無表情ながら察して余りある地獄のような思いを口にしています。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺は死亡した?

チェンソーマン/©藤本タツキ

「支配の悪魔」マキマにより、一時支配された「チェンソーマン」はマキマ討伐に現れた公安を皆殺しにしていきます。

ですが、岸辺は「チェンソーマン」とある約束を交わしていました

この約束が「チェンソーマン」に残っていたかは不明ですが、岸辺は生き残る事になります

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺が死亡を免れた理由

チェンソーマン/©藤本タツキ

生き残った岸辺ですが、チェンソーマンとある約束を交わしていたからです。

この約束とは「岸辺だけは殺さない」というものです。

この約束をチェンソーマンが覚えていたかは不明ですが、デンジの奥深くに残っていたと推測され生き残る事に成功しています

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】岸辺のその後とは?

チェンソーマン/©藤本タツキ

生き残った岸辺はデンジと共にマキマ討伐を果たします。

ですがマキマは契約により他の日本人に変換され復活する可能性がありました。

そこで、デンジが考えたのが「愛」を持ってマキマの肉を料理し食べる事でした。

このぶっ飛んだ発想を受け入れた岸辺はデンジに託す事で見事に復活の可能性をなくします。

そして、その後、生まれ変わった「支配の悪魔」ナユタを中国から盗むと、マキマのようにならないようにとデンジに託します

 

スポンサーリンク

まとめ

チェンソーマン/©藤本タツキ

「チェンソーマン」作中でも不思議な魅力を放つ岸辺は、自称「最強のデビルハンター」を公言する「公安対魔特異課」のデビルハンターです。

途中から「公安対魔特異4課」の隊長となりますが、元々デンジやパワーの師匠でした。

「支配の悪魔」マキマには不信感を抱いている1人で、正体は知らないながらも「お前は何者なんだ」と口にしていました。

その後、デンジと共にマキマ討伐に成功した岸辺。

新たな「支配の悪魔」ナユタをデンジに託しています。

「第二部」でもかなり重要なキャラクターとなりそうな岸辺隊長、どんな活躍が待っているのか楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA