スポンサーリンク

最新ネタバレ『チェンソーマン』108-109話!考察!アサの実力は?!謎の新キャラ登場?!

スポンサーリンク

藤本タツキ「チェンソーマン」108話より引用

ユウコ(正義の悪魔)を止めるために、ヨルはついにアサと入れ替わりました。

アサはユウコが”人をたくさん殺した”事実を重く受け止めていました。

でもユウコは…「たくさんじゃない、3人か4人くらいだよ!」と言い返しました。

2人が考える命の重さに大きなズレが生じていました…。

果たしてアサはユウコを止めることができるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『チェンソーマン』108話!のネタバレ

それでは『チェンソーマン』108話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

すれ違う価値観

ユウコは銃の悪魔を引き合いに出し、自分の正当性を訴えました。

銃の悪魔は13年前、無差別に100万人以上を殺した伝説級の悪魔です。

対してユウコは自分が殺したのは”悪い奴”だけだと正当性を訴えました。

アサからすれば、どんな理由があったとしても人を殺していい理由にはならないでしょう。

ユウコは親友です。

親友にこれ以上の罪を負わせないため、アサはヨルに”武器を作る方法”を聞きました。

ユウコはアサが何をしようとしているかを読み取りました。

「そんなことしても意味ないよ」

でも、アサも引くわけにはいきません。

ヨルに聞いた武器を作る方法…。

“自分のものに触れて名前を呼ぶ”ことを実践しました。

アサが選んだのは制服でした。

制服を握りしめ、名前を呼びました。

「制服強強剣!」

ネーミングセンスはさておいてw

アサの制服は剣に生まれ変わりました。

剣先はスカートのプリーツのように波打ち、柄にはリボンがあしらわれています。

制服を武器にした為、アサは下着姿となってしまいますが、今はユウコを止めるのが先です。

 

スポンサーリンク

ユウコの正義

ユウコがしようとしていることは、アサをいじめから救うことです。

そのために、いじめていた相手を殺そうとしていました。

残りは逃げ出した一人のみ。

でもアサはもう誰1人殺してなんてほしくありません。

「いじめは自分で解決するから何もしないで」

アサはユウコに訴えました。

もしもの場合は斬ってでも止める、と意気込むアサですがユウコは余裕の表情を崩しません。

そこにはユウコ独自の”ゆるがない正義”がありました。

いじめっ子を粛清することで救われるのはアサだけではありません。

今回、ユウコがいじめっ子を殺したということが世間に知られれば、日本中のいじめっこたちが恐れ、いじめを減らすことができるかもしれません。

しかも、ユウコの壮大な思惑はそれだけではありませんでした。

 

スポンサーリンク

契約の対価

日本中のいじめが、ユウコの起こした事件でなくなれば…。

「私も正義の象徴に!チェンソーマンみたいになれるかも!」

アサはユウコの発言に驚きを隠せません。

なぜ、ここでチェンソーマンが出てくるのでしょうか?

アサには全く理解できませんでした。

でもヨルは何か知っている雰囲気…。

ヨルはユウコに正義の悪魔と契約したとき、力を対価に何を渡したか聞きました。

ユウコは「何も渡してない、ただ貰っただけ」と答えました。

力を貰う時”一緒に光り輝く正義の心”ももらったとユウコは言いました。

アサはそのことについて、もう何も聞き出すことはできません。

アサが黙っているとユウコは残る1人を殺すため、この場を去ろうとします。

アサの目的は、ユウコにこれ以上人殺しをさせないことです。

作った制服強強剣を使い、動けなくするために足だけ狙いますが…?!

 

スポンサーリンク

痛烈な一撃

アサの頼りない剣撃はユウコの触手であっという間に弾かれてしまいます。

唖然とするアサにヨルは一言「弱っ」とつぶやきました。

ユウコも呆れているようです。

次に何をするかわかっているユウコにとって、素人同然のアサの攻撃など効くわけがありません。

ところが…!

「もう私に…」

ユウコがそう言いかけた瞬間でした。

アサの目の前でユウコの体は細かくバラバラに崩れて落ちたのです。

まるで剣で切り刻まれたかのように…。

コンマ数秒遅れて、切り刻まれた肉片から血が飛び散ります。

その血はそばにいたアサを血まみれにしました。

ヨルも思わぬ展開に「強〜っ?!」と声が漏れました。

ヨルがアサと出会った時、先生を使って武器にしたことがありました。(←怖い)

その時は並の剣にしかなりませんでした。

アサが使ったのは制服ですが、この制服には特別な想いが込められていました。

母親が亡くなる前に買ってくれたものだったのです。

武器の威力は、武器にする”モノ”ではなく、想いの強さによるのかもしれませんね。

ヨルすら、武器化の仕組みをわかっていないようですが…w

 

スポンサーリンク

新キャラ登場!

アサは目の前に広がる凄惨な光景を見て、コケピーが死んだ時のことを思い出していました。

あの時のコケピーも、内臓が飛び出し、死んでいきました。

アサがこの光景を見て連想したのは当然”死”です。

ユウコは苦しそうにうめきました。

「ユウコ!死なないで!」

アサは必死で呼びかけました。

その時でした。

突然見知らぬ女子生徒が現れ、声をかけてきたのです。

「その子を助けられるけど、助けたい?」

アサは「うん」と答えました。

女子生徒はその答えを聞くと、ゆっくりと近づいてきました。

「いいよ、妹の頼みだから」

アサには訳がわかりません。

その女子生徒の目は特徴的で、まるでマキマを思い出させます。

(でもマキマはデンジが食べ、今はナユタに生まれ変わっているので、マキマの復活はないと思いますが…)

さて、新キャラの女子生徒は一体どうやってユウコを助けるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

暴走

その頃、学校の外には通報をうけたプロのデビルハンターたちが集まっていました。

逃げてきた生徒たちから悪魔の位置を確認している最中…!

学校を突き破り、巨大なユウコの顔が飛び出しました。

衝撃の連続に生徒たちは再びパニックに陥ります。

ユウコはどうなってしまうのでしょうか?!

新キャラの正体とは?!

そして、この騒ぎにチェンソーマンは現れるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『チェンソーマン』ネタバレ108-109話のまとめ

今回はユウコを止めるためにアサが立ち向かうお話でした。

すでにたくさんの人の命を奪っているユウコを止めるため、ヨルとようやくバトンタッチしたアサ。

しかし、ユウコの決意は揺るぎません。

自分がいじめっ子を粛清することで、日本中のいじめをなくすことができるかもしれない、と正当性を訴えます。

ユウコにはそれだけでなく、他の夢もありました。

「私も正義の象徴に!チェンソーマンみたいになれるかも!」

ここでヨルはユウコに悪魔との契約時に力を対価に何を渡したか聞きました。

しかし、ユウコは何も渡していないと言います。

でもきっとそれは間違いでしょう。

契約には必ず何かの対価が必要なのですから…。

あれだけの力…ユウコが認知していないだけで、おそらくかなりのモノを差し出していると思われます。

藤本タツキ「チェンソーマン」108話より引用

アサはヨルに武器の作り方を教わり、制服を使って”制服強強剣”を生成しました。

アサの下着姿もサービスw

アサはユウコを止めるために足だけを狙います。

しかし、心をよめるユウコはアサの攻撃もお見通し。

アサの剣はユウコに簡単に弾かれてしまいました。

もうこれでユウコを止める手段はないかと思われた時、ユウコの体はバラバラに切り刻まれていました。

これにはアサもヨルもびっくり!

血まみれになったアサはユウコに必死で声をかけました。

その時、見知らぬ女子生徒が登場。

その女子生徒はユウコを助けることができると言います。

親友を助けたい一心で、アサはその申し出に飛びつきました。

外ではプロのデビルハンターが集まっていました。

彼らの目の前で、巨大化したユウコ(正義の悪魔)が学校を壊しながら姿を表しました…。

アサは無事なのでしょうか?

新キャラとなった女子生徒の正体とは?!

来週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらじゃ⇩

⇒『チェンソーマン』110話!直接対決はやっぱりお預け?!深夜・・

⇒『チェンソーマン』109話!ユウコの暴走?!チェンソーマンVS・・

⇒『チェンソーマン』107話!戦争の悪魔vs正義の悪魔?!激しい・・

⇒『チェンソーマン』106話!正義の向かう先は?!ユウコVSヨル・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA