スポンサーリンク

【スパイファミリー】ダミアンと父・ドノバンとの関係性は?父親に認められようと奮闘するダミアンがかわいい!!

スポンサーリンク

アーニャから「じなん」と呼ばれているダミアン・デズモンド。

“ナカヨシ作戦”のターゲットでありアーニャの言動に振り回されるツンデレ男子ですが、実は誰よりも皇帝の学徒(インペリアルスカラー)を目指し人一倍努力している健気な男の子なんです。

そしてその努力の内側には、父ドノバンに対するダミアンの熱い想いがありました。

ダミアンとドノバンの親子関係はオペレーション梟(ストリクス)のプランBのカギでもあるのですが、それではダミアンとドノバンはどのような関係なのでしょうか

本記事ではダミアンとドノバン、デズモンド親子の関係性を見ていきます!

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】デズモンド家とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ダミアンはデズモンド家の次男。

デズモンド家は政治や軍事、経済などあらゆる分野にビジネスパートナーや子会社を持つデズモンドグループを運営している、東国において大きな影響力を持つ名家です。

作中で明らかになっている家族構成は父ドノバン、母メリンダ、長男デミトリアス、次男ダミアン(+犬マックス)。

ただし父母はダミアンの入学式にすら姿を見せておらず、デミトリアスとダミアンはイーデン校での寮生活なので、家族仲にはやや距離を感じます。

またダミアンはアーニャのクラスメイト、ドノバンは第37~38話にてロイドと接触、メリンダはヨルとママ友と、フォージャー家それぞれと交流がある点にも注目です。

 

スポンサーリンク
"
"

【スパイファミリー】ダミアンの父とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ダミアンの父ドノバン・デズモンドは、ロイド(黄昏)に課せられている任務オペレーション梟(ストリクス)の標的であり、この作品においてのラスボスと言える存在

ドノバンが西国情報局対東課(WISE)の標的となっている理由は、東国の野党第一党・国家統一党の総裁だからです。

国家統一党はかつて与党として国を動かしていた対西国強硬派。

戦後に与党の座をハト派に譲ったとはいえ、党首であるドノバンの有するデズモンドグループ周りで不審な金の動きも見えており、東西平和を脅かす存在として危険視されているのです。

しかしドノバンはとても用心深い性格で、今ではイーデン校の懇親会くらいでしかお目にかかれません。

そのためイーデン校の懇親会に潜入し、ドノバンと継続的に接触して動きを探っていくという任務がオペレーション梟(ストリクス)となっています

作中では第37~38話にてようやくその姿を見ることができましたが、ロイドをして「掴みどころのない男」と言わしめました。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ダミアンは父親のことをどう思っている?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ドノバンの息子ダミアンとアーニャが仲良くなることで直にデズモンド家を訪れようという作戦がオペレーション梟(ストリクス)のプランB「ナカヨシ作戦」。

この作戦はダミアンとドノバンの親子関係が良好なほど円滑に進みます。

それではどんな関係なのかと言うと、ダミアンにとってドノバンは尊敬しているお父さん

ダミアンはドノバンの後を追うように、政治家を将来の夢に据えています。

ただしダミアンは、自分は父親に関心を持たれていないのだろうという寂しさを感じています

もっと話したいという想いがある一方で、幻滅されるのが怖いという気持ちも抱えている複雑な距離感。

そのためダミアンは早く父親に認めてもらおうという一心で日々学業に励んでいます

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】父親はダミアンのことをどう思っている?

スパイファミリー/©遠藤達哉

一方で父親のドノバンはダミアンの入学式にも姿は見せず、ダミアンに対する感情や教育方針は不明です。

ドノバンは「血の繋がった子であろうが所詮は他人。人と人は永遠に分かり合えない」という考え方を持っており、ため息でダミアンを黙らせてしまうなどとても高圧的で支配的。

職業柄でしょうか、息子ですら思い通りに捻じ伏せようとする怖さを感じます。

しかし興味ないのかというとそうでもなく、ダミアンの希望に応えて会う時間を作ったりもしていますので、ちゃんとダミアンを息子として気にかけているようにも見えます

ダミアンとの関係性から見てもやはりドノバンは掴めない男ですね。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ダミアンが皇帝の学徒を目指しているのは父親の為?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ダミアンは誰よりも皇帝の学徒(インペリアルスカラー)を目指して励んでいます。

それは父ドノバンに振り向いてもらうため

父に関心を持たれていないと感じているダミアンは、兄デミトリアスと同じく皇帝の学徒(インペリアルスカラー)にならなければならないと考えているのです。

とにかく父に興味を持ってもらいたい、認めてもらいたい、喜んでもらいたい…そういった父に対する想いがダミアンの皇帝の学徒(インペリアルスカラー)への情熱と努力に繋がっています。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ダミアンと父親の対面シーンは何巻?

スパイファミリー/©遠藤達哉

中間試験の頑張りで星(ステラ)を獲得したダミアンは、6巻第37話~7巻38話で父ドノバンと対面し直接報告することができました

懇親会の後に少しだけでも会いたいというダミアンの要望に、ドノバンが応えてくれたのです。

ロイドの策によりロイドを挟んでの対面となりましたが、初めダミアンは父の冷たい反応に(やっぱり俺のことなんかどうでもいいのか)と感じ、そのうえ「血の繋がった子であろうが所詮は他人」と言われ肩を落としてしまいます。

しかしロイドの「大切なのはそれでも歩み寄る努力」というアシストに助けられ、最後には思い切って「中間試験で星(ステラ)取ったんだ!」と報告することが出来ました。

ドノバンはダミアンが想像していた反応とは違い無感情に「そうか、よくやった」と返しましたが、しかし去り際に「デズモンドの名に恥じぬよう引き続き励め」とも伝え、ダミアンは目を潤ませて喜んだのでした。

この言葉が励みになり、ダミアンはより頑張るようになりました

 

スポンサーリンク

まとめ

スパイファミリー/©遠藤達哉

ダミアンは父ドノバンを尊敬しており、ドノバンに興味を持ってもらうために皇帝の学徒(インペリアルスカラー)を目指しています。

一方でドノバンは時間を割いてまでダミアンと対面しているので、思っているよりはダミアンのことを気にかけているのかもしれません。

ダミアンとドノバンの関係性は、良いとは言えないけど決して悪くもなさそうというところですね。

アーニャがいればドノバンの謎に包まれた心を知ることが出来るかもしれませんので、やはりダミアンとのナカヨシ作戦を見守るしかありませんね。

同時に、皇帝の学徒(インペリアルスカラー)を目指す努力家ダミアンの奮闘を応援していましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA