スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨル・フォージャーの性格はどんな性格?殺し屋の時と普段のギャップがたまらない!!

スポンサーリンク

オペレーション梟(ストリクス)のための妻役となったのがヨル・フォージャーです。

ロイドと互いのための偽装夫婦という形で結婚したのですが、しかしロイドがスパイ<黄昏>としての顔を持っているようにヨルにもまた隠された裏の顔がありました。

普段の顔と裏の顔、ヨルはどちらの顔も強く美しいので注目!

それでは『スパイファミリー』に登場するヨル・フォージャーについて性格や能力など徹底解説していきます!

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルのプロフィール

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨル・フォージャーは、ロイド・フォージャー(黄昏)が任務オペレーション梟<ストリクス>の妻役として結婚した27歳の女性で、旧姓ヨル・ブライア

恋愛ではなく互いの利害一致により仮初の夫婦となりました。

ロイドの工作により戸籍上は1年前に入籍したことになっています。

東国の南部?ニールバーグの東の方の出身で、肉親は弟のみ。

市役所の事務員ですが実は凄腕の殺し屋<いばら姫>であり、正体をフォージャー家でも弟のユーリにも隠しています

 

スポンサーリンク
"
"

【スパイファミリー】ヨルの特徴

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルは自身では無自覚ですが同性からも評価されるほど容姿端麗な上に、身長170㎝とスタイルも抜群

黒髪ストレートの美女で、基本的にはロングヘアをヘアバンドでまとめて耳の前から垂らす独特な髪型をしています

セットの仕方は3巻裏表紙に載っているのでコスプレの際に参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルの性格とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルはおっとりした性格で、誰に対しても(子供でも犬でも)敬語で話す物腰の柔らかい人物です。

ただし特殊な生い立ちからか世間の感覚からは少しズレており、遠回しな表現は通じず、嫌味・皮肉には気づかず、アーニャやロイドの雑な嘘も簡単に信じてしまうなどとても素直で天然

またひったくりを見たら放っておけないなど正義感が強く、特にアーニャの身に危険が及んだ際には恐ろしい形相で駆けつけてきます。

酒癖が悪く、少しの飲酒で人格が一変してしまうなど欠点もありますが、良き母・良き妻になれるよう日々悩み前進し続けている頑張り屋です。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルの目的とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルは行きつけの仕立て屋でロイドと出会い、妻役を探していた彼と利害一致により仮初の夫婦となり、フォージャー家の母となりました。

ヨルがロイドと結婚したのは、身を固めて弟を安心させたいという思いと、東国では「30歳手前の一人暮らしの女性はスパイなどと怪しまれる」という風潮があったからです。

ヨルの目的は後述の裏の顔を隠すために「普通」を演じることであり、ロイドとの出会いは願ったり叶ったりでした

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルの職業とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルの職業はバーリント市役所の事務員です。

しかしそれは表向きの姿で、本職(裏の顔)は黒いドレスに身を包んだ凄腕の殺し屋・コードネーム<いばら姫>

東国に昔から存在するとされている都市伝説的な暗殺組織「ガーデン」の一員です。

侵入経路や標的の情報などは全て「ガーデン」が調査しているので、<いばら姫>は戦闘専門として国賊を淡々と排除するのみ。

暗殺稼業については市役所の同僚はもちろん、ロイドやアーニャにも実弟ユーリにも教えていません

ただし市役所内に上司(マシュー・マクマホン部長)がおり、表裏両面でサポートされています。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルはなぜ殺し屋になった?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルは幼い頃に両親を亡くしており、以来「ガーデン」の殺し屋として暗殺稼業を行ってきました。

理由は年の離れた弟ユーリを養うためですが、どういった経緯で殺し屋になったのかはまだ明かされていません

両親が同じく「ガーデン」の殺し屋だった、両親は「ガーデン」に殺された、など両親の死に「ガーデン」が関係していたことが考えられますが、少なくともヨルは幼少期から殺人術を叩き込まれています

ヨル・フォージャーとなり「普通の家庭」に身を置いたこと、ユーリの成長も感じたことで、一時は「この仕事を続ける意味はあるのか」と疑問を持ち始めましたが、大切な人の暮らしを守るためだといことを思い出して戦い続ける覚悟を固めました。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルの能力・強さとは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

殺し屋として生計を立ててきたヨルの強さは1人で敵アジトを殲滅できるほどで、とにかく半端じゃありません

<いばら姫>時は基本的にスティレット(短剣の一種で刺突用の武器)を使い、苦痛を長引かせないよう一撃で的確に急所を突き仕留めていくスタイル。

身体能力が非常に高く、並の攻撃は余裕で回避できる上に、毒や電撃にも耐性があるなど防御力も抜群です。

大きな見どころとなったのが第52話の豪華客船甲板上大バトルで、ヨルは大勢の同業者相手に立ち回り、ほぼ無傷で殲滅してしまいました。

単純な戦闘力はロイド以上で、酔ってうっかりロイドを蹴り一撃で沈めてしまったことも。

他にも猛牛を素手で失神させてしまったり、カボチャを素手で砕いてしまったり、包丁で食材をまな板ごと切ってしまったり、日常生活でも規格外の強さを隠しきれません。

車に撥ねられても平気。

またテニスにおいては本気で打つとボールをラケットでみじん切りにしてしまい、力を抜いても相手のラケットを突き破ってしまい、バレーボールでは大気圏外までをボールを吹っ飛ばしてしまうなど、スポーツをやるとよりヤバさが際立ちます。

ちなみに握力は計測器が壊れるので測定できないそう。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルの家事能力とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルは家事能力も半端じゃありません!

ただしそれは悪い意味であり、ヨルは殺人術に長けている一方で家事は壊滅的

暗殺という職業柄で掃除は得意ですが、裁縫は破れたぬいぐるみがさらにボロボロになってしまうほど酷い仕上がりになります。

そして特にヤバいのが料理で、食べた者(ユーリ以外)がもれなく卒倒するほど殺人的なんです。

栄養さえ取れれば良いと思っていたことと食べる者がユーリしかいなかったことが原因となっているようですが、本人も何とかしたいと考えており、家族に内緒で料理修業を行っていたことも。(第24話)

その甲斐あって故郷の母の味「南部シチュー」だけは美味しく作れるようになりました

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルとロイドの関係性とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルとロイドは互いの利益のために結婚したパートナーであり、男女関係としては一線を引いた関係性にあります

ただし殺し屋とスパイで立場は違えど似た境遇にあるため、意図せずロイドがヨルにとっての唯一無二の理解者となっており、彼の「誰かのために過酷な仕事に耐え続けることは誇るべきこと」という言葉がヨルの大きな支えとなっています。

またヨルはフィオナに嫉妬のような感情を抱くなど、ロイドに対する感情は本物の愛へと少しずつ変化中

一方で女性関係もスパイ活動に利用してきたロイドといえどヨルはあまりにも毛色が異なる存在のようで、予測不能の反応にたびたび困惑させられています。

しかしヨルの素朴で真っすぐな言葉にロイドも支えられている様子

偽装といえど絆はどんどん深まりつつありますが、そのぶん互いの正体がバレたらどうなるのか目が離せません。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルとアーニャの関係性とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルとアーニャは偽装母娘であり、ヨルはアーニャのことを「アーニャさん」、アーニャはヨルのことを「はは」と呼んでいます

ただしヨルはアーニャのことをロイドと亡き先妻の子どもだと思っていますので、ヨル的には継母ですね。

ヨルはアーニャを本当の娘のように大切に想っており、母親らしくしてあげられないかと日々悩み奮闘しています

一方でアーニャもそうしたヨルのまっすぐな人柄になついており、バイオレンスな部分にドン引きしながらも「つよくてかっこいいははすき!」とヨルを慕っています。

アーニャが危険な目に遭っても必ずヨルがとんでもない形相で駆けつけますし、アーニャにとってヨルは心強く優しい、紛れもない「母親」となっています

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ヨルとユーリの関係性とは?

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルとユーリは7歳離れた姉弟であり、幼少期に両親を亡くして以来ヨルが稼ぎながら2人で暮らしてきました

そのためユーリは仕事や人生すべてがヨルのためと言って良いほど異常にヨルが大好きに育ち、嘔吐必至のヨル料理を食べてきたりハグで肋骨を折られたりしてきたため体も頑丈になりました。

一方でヨルにとってもユーリは最愛の弟であり、ヨルが一流の殺し屋となったのも、理不尽が多い世の中でユーリが無事に育つことを願ってのことでした。

今ではフォージャー家がユーリと同じくらい大切な存在になっていますが、唯一の肉親であるユーリがヨルにとって特別な存在であることは間違いありません

ただしヨルは殺し屋、ユーリは秘密警察という互いの正体を知らないため、バレたらどうなるのかこちら関係性も気になります。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】アニメ・ヨル役の声優は誰?

https://prtimes.jp

アニメでヨルを演じているのは早見沙織(はやみさおり)さん

1991年5月29日生まれ、東京都出身、アイムエンタープライズ所属の女性声優です。

早見沙織さんは透明感のある声質が特徴で演技力も高いことから、ファンの間ではアニメ化以前からすでに満場一致で「ヨルは早見沙織しかいない」と予想されていました。

代表作
  • 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』雪ノ下雪乃
  • 『山田くんと七人の魔女』白石うらら
  • 『ワンパンマン』地獄のフブキ
  • 『賭ケグルイ』蛇喰夢子
  • 『宇宙よりも遠い場所』白石結月
  • 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶ
  • 『うる星やつら(2022)』おユキ etc.

 

スポンサーリンク

まとめ

スパイファミリー/©遠藤達哉

ヨルは偽装ではあるもののロイドの妻かつアーニャの母であり、家事はポンコツながらも真っすぐな人柄でフォージャー家のために日々一生懸命です。

一方で実弟ユーリのために続けてきた「殺し屋」という裏の顔を持っており、正体がバレてしまうのかも含めてこちらの活躍も楽しめるようになっています。

そして殺し屋として培ってきた超絶的な強さが普段の生活にも現れてしまうところが面白いんですよね。

またアーニャとの可愛いコンビはいつ見ても癒されますし、ロイドへの感情が本当の愛に変わっていきそうな点も見逃せません

このようにヨルはたくさんの魅力と見どころに溢れているので、早見沙織さん演じるアニメでの活躍も含め今後もヨルの動きに注目していきましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA