スポンサーリンク

【無職転生】イゾルテは幸せを求める強き美人!!ルーデウスの出現ではたして未来は変わるのか!?

スポンサーリンク

無職転生に登場するイゾルテは、強くて美人です。

幸せを願っていますが、中々上手くいかない不幸さがあります

でも、ルーデウスと出会ったイゾルテに少しずつ変化が現れて行きます

そんなイゾルテがどうなって行くのか非常に興味津々です。

彼女の事について、紹介していきたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

【無職転生】イゾルテのプロフィールは?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

イゾルテ・クルーエルは、水神流の剣士です。

水神レイダ・リィアの弟子で、その孫娘でもあります

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】イゾルテはモテモテの黒髪美人!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

イゾルテは、とても美人で人気が高いです。

しかも長身で、青みが少し掛かった美しい黒髪を持っています

凛とした顔立ちをしていて、その美貌は、多くの男性達から注目されているのです。

更にイゾルテは、自分磨きにも一生懸命です。

料理も得意で、身嗜みも整え、化粧も抜群。

肌や髪の手入れも入念に行う徹底ぶりは、素敵だと思います

 

スポンサーリンク

【無職転生】イゾルテはアスラ七騎士の一人!!アリエルの警護を担う実力者!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

イゾルテは、アスラ七騎士の1人です。

特にアスラ王国の刻音に就任したアリエルの警護を担当しています。

彼女は、左翼の三騎士の1人で、王の大盾という異名を持っています。

アリエルを命懸けで守る重要な役割を誇りに思っています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】イゾルテはエリスと剣の聖地で稽古した数少ない友人のひとり!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

イゾルテは、エリスと剣の聖地で修行したことがあります

一緒に鍛錬し、いつの間にか親しい関係になりました。

そして、終生の友人としてエリスと接して行くことになります

一体イゾルテは、エリスとどのような出会いをして関係を築いて行ったのか興味深いです。

その点について語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

イゾルテ、剣の聖地でエリスと出会う

イゾルテは、祖母で水神流最強剣士のレイダ・リィアと共に剣の聖地に向かいます。

それは、剣神ガル・ファリオンからの依頼に応じた為でした。

ガル・ファリオンは、弟子であるエリスを鍛える事が目的だったのです。

彼は、レイダ達にエリスが龍神オルステッドを倒そうとしている話を伝えます。

オルステッドは、剣神流の技だけでなく、水神流も扱う事が出来たからです。

レイダは、エリスの実力を確かめる為にある提案を持ち掛けます。

それは、孫娘のイゾルテと試合をさせるという内容だったのです。

レイダは、イゾルテが強くなり慢心していたことを見抜いていたからでした

競わせる事でイゾルテの成長にもなり、良い刺激になると計算していたのです。

イゾルテは、エリスとニナを紹介されます。

そして、試合をすることになってしまいました。

 

スポンサーリンク

イゾルテ、エリスと稽古をして交流を深めて行く

イゾルテは、エリスに勝利します

それは、エリスの攻めが猪突猛進で殺気を漲らせていたからです。

彼女の流派である水神流は、防御とカウンターを軸にした剣術だったのです。

気配や魔力の流れを感覚で読み、的確に対処していく合理的な剣技を繰り出します。

特に相手が放つ殺気に対しては、非常に敏感でした。

攻撃するのに対応しやすく、エリスが見極められてしまっていたのです。。

エリスには、勝つ要素がありません。

逆に殺気を消して冷静に戦うニナには、敗北をしてしまったのです。

イゾルテは、エリス達と試合をしていきます。

そして、終えた後に毎回反省会を開催しました。

イゾルテは、エリス達の欠点を丁寧に教えて行きます

逆に、イゾルテも負ける理由や自分の弱点を知ることになって行ったのです。

素直に意見を聞き、心境に変化が発生。

イゾルテに取ってエリスは、稽古だけでない貴重な存在となっていったのです。

 

スポンサーリンク

イゾルテ、エリスとの再会を喜ぶ

イゾルテは、エリスと互角以上の戦いが出来る様になりました。

祖母のレイダ・リィアもこれ以上教えることが無いと判断。

彼女は、レイダと共にエリスに別れを告げて剣の聖地を静かに去ります。

その後、エリスは、夫ルーデウスと共にアリエルをアスラ王国の国王にする為に協力する事になります

王都アルスに到着したルーデウス達は、偶然にも銀色の甲冑を着ている集団を発見します。

エリスは、ルーデウス達に見習いの騎士達だと教えます。

彼女は、剣の聖地でできた友達から聞いたことがあると自慢したのです。

すると1人の見習い騎士が走り寄ってきます。

そして、兜を取り顔を見せました。

それは、イゾルテでした。

イゾルテは、エリスと再会し、とても喜んでいたのです

彼女は、エリスが龍神オルステッドと戦えば生きて帰れないだろうと思っていたのです。

再会したイゾルテの姿は、とても明るく輝いています。

エリスととても良い雰囲気で接している所は、親しみを感じます。

イゾルテは、次期国王争いで場合によってはエリスと敵対する可能性も高かったです。

しかし、アリエルが無事国王となり、戦闘回避

イゾルテが友人を失わずに済んで良かったと思います。

その後、縁がありイゾルテは、生涯の友であるエリスに協力

その話は、また次の機会にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

【無職転生】イゾルテは剣の聖地を去った後はどうしていた!?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

イゾルテは、剣の聖地を去ってからアスラ王国に戻り、騎士の見習いとして仕事をして行きます。

その後、イゾルテの努力と才能が認められます。

正式な騎士となり、同時に水神流の水帝の称号も獲得したのです。

更にイゾルテは、アスラ王国の剣術指南役も務めることになります

水神流の道場を切り盛りしていき、忙しい日々を過ごしてました。

イゾルテ、タフ過ぎます。

仕事だけでなく、己を鍛える事にも一生懸命。

ストイックすぎる生活ぶりは、もう感心するしかありません。

イゾルテ、現代の世の中に居たら仕事がバリバリできるビジネスウーマンだったと考えてしまいます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】イゾルテの強さがすごい!!水帝から水神への道のりとは!?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

イゾルテは、過酷な修行と努力を重ねて強くなります

その後、水神流の称号も水帝から、最高位の水神になりました

イゾルテの水神に登り詰めた経緯が、とても気になります。

その点について触れてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

イゾルテが水神になったのは、ドーガとの結婚がきっかけだった?!

アスラ王国に戻ったイゾルテは、正式な騎士になったと同時に水帝の称号を獲得します。

その後、水神流の5つの奥義の内、3つ目を習得する事に成功しました。

その数か月後に水神襲名の儀式を行う予定でした。

彼女は、待てば余裕で水神の称号を受けられます。

しかし、イゾルテは、その間に同じアスラ七騎士と呼ばれるドーガと縁があり結婚。

その結婚と共に最高位である水神の称号を獲得

祖母と同じレイダ・リィアを名乗ることになったのです

イゾルテは、奥義も学んでいたので水神になるのは時間の問題だったでしょう。

でも、ドーラとの結婚がそれを速めた事も事実です。

そして、結婚という人生にとって最大のイベントで幸せを掴んだ事。

それと一緒に水神になったという嬉しさが2つもやって来たから、最高の時を迎えたのではないかと感じています。

イゾルテがドーガと結婚しなければ、意外と待たされたのかもしれません。

水神に慣れて本当に良かったと思いました。

 

スポンサーリンク

【無職転生】イゾルテのビヘイリル王国との決戦での活躍は!?

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

イゾルテは、ビヘイリル王国の決戦で闘神と化したバーディガーディを相手に戦っています

ルーデウスを助け、時間稼ぎをする大活躍を見せているのです。

その内容について述べて行こうと思います。

 

スポンサーリンク

イゾルテ、闘神バーディガーディと戦うルーデウスの助けに参戦!

ルーデウスは、仲間達と共にビヘイリル王国でヒトガミのお告げに従ったギースと戦います。

強敵達を倒し、ギースに近づいて行きます。

するとラプラスの闘神鎧を着たバーディガーディが参上しました。

戦闘力が上昇し、不死魔族の再生能力と絶対的な自己修復できる防御力を得ていたのです。

ルーデウスは、エリスやクリフ達と共にバーディガーディに戦いを挑みました

しかし、圧倒的な力で仲間達が倒れて行きます。

そして、ルーデウスにも死が迫ります。

すると、ルーデウスの救援にシルフィ達がやってきます。

その中にイゾルテが居たのです

イゾルテは、バーディガーディに立ち向かう為に前線のタンク役を買って出ます。

それは、ルーデウスが魔導鎧零式を装着するまでの時間稼ぎに挑んだのです。

 

スポンサーリンク

イゾルテ、水神流の剣技でバーディガーディと戦う

バーディガーディは、最前線に立ったイゾルテに容赦ない攻撃を開始して行きます。

喰らえば即死となる威力を持つ一撃が放たれました。

イゾルテは、バーディガーディの攻撃を全て受け流し、カウンターを叩き込みます

無駄ない動作と、緻密で流麗な技術がバーディガーディの体を斬りつけて行ったのです。

力押しで来た攻撃を、水神流の技術で対応して行ったのです。

彼女の攻撃は、バーディガーディにダメージを与えられていません。

しかし、ルーデウスが来る時間を十分に稼いでいます

威風堂々とした姿で、バーディガーディに負けずに立ち向かったイゾルテは凄い剣士です。

殺気や気配を読み取る水神流を操るイゾルテの活躍がとても輝いていました。

イゾルテの天才的な才能と、彼女がずっと磨き続けてきた努力。

ルーデウスを救う為に最大限に発揮できたと感じています。

生命の危険にさらされながらも体を張って戦うイゾルテは、勇ましくて凛々しいです

最高すぎます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】イゾルテ必死の婚活!!ドーガと巡り会うまで!!

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

イゾルテは、幸せを掴みたいあまりに婚活をしていますが連敗が続いていました。

そんな彼女にドーガという素敵な男性と出会い、ようやく結婚することになります

美人で人気の高いイゾルテが、どうしてそこまで苦戦していたのかが不思議です。

そして、ドーガと幸せになったのかとても気になります。

その部分について少し話をして行きます。

 

スポンサーリンク

イゾルテの婚活が上手くいかないのは、ある理想と水神流の掟があったから?!

イゾルテは、美人で人気が高く、男性からの誘いが多い女性です。

彼女の兄であるタントリス・クルーエルは、色々気に掛けています。

しかし、イゾルテは、婚活を幾度も失敗していたのです

その度に彼女は、落胆し続けています。

しかも、数年掛けて婚活をしても成功しなかったからです。

イゾルテは、美人で縁談が多かったのに、この時点で21人にも振られていました

イゾルテは、数多くの男性達にモテていました。

イケメン達に口説かれ、素敵な時を過ごして行きます。

でも、イゾルテが結婚の為にある条件を提示すると誰もが断ってしまう結果となってしまったのです。

まずは、イゾルテ自身が水神流の水帝の位に居て、相手に求めるのは剣士として同格の実力か最低でも王級の腕を持つ者と思っていたのです

だけど、そんな都合の良い実力を持つ男性は存在しなかったのです。

更に、イゾルテは、水神流最強の剣士としての最大の称号・水神を狙っていました。

女性剣士が水神になれば、レイダ・リィアを名乗る事。

そして、水神流の掟が相手に立ちはだかります。

それは、イゾルテと結婚したら苗字を捨てることになるという内容だったのです

特に貴族達は、裕福な身や名声があるのにそれを失う事を拒否したのです。

他の男性達も同様でした。

様々な縁談をタントリスも与えてきましたが、全て破局。

イゾルテは、面食いで断っていたのかと思いましたが違います。

彼女の求める高き理想と、水神流の掟が幸せになることを遮っていたのです。

 

スポンサーリンク

イゾルテの前に、ドーガ現る

その後、イゾルテは、縁談に挑むも失敗の連続。

遂には、26連敗という驚異的な記録を叩き出します。

兄のタントリスは、もう次の相手に決めろと命令します。

イゾルテは、兄に従い相手に会いに行こうと準備をしようとした時です。

屋敷の隣の水神流の道場から騒ぎ声を聞きます。

彼女は、そこに向かうと門下生達は、道場破りに来たある男と対峙していたのです。

イゾルテは、2メートル以上の屈強な体格をしていた男に見覚えがありました。

それは、イゾルテと共にアリエルを守るアスラ七騎士の1人で王の門番と呼ばれたドーガだったのです。

いつもはアリエルの部屋に入る時に、彼と軽く声掛けをして面識もある程度でした。

ドーガは、いつもは鎧を着ている姿が多かったです。

しかし、道場に現れたドーガは、騎士の礼服を着用していました。

そして、手には大きな花束が握られていたのです。

それは、深い青色の花々でした

 

スポンサーリンク

イゾルテ、ドーガにプロポーズされるも丁重にお断りする

イゾルテは、ドーガに緊急の招集があったのかと質問します。

するとドーガは、いきなりイゾルテに結婚してくれとプロポーズしたのです

突然の事に、イゾルテは動揺しました。

彼女は、門下生の眼もありドーガを屋敷に通します。

そして、色々と会話をしていきます。

イゾルテは、ドーガのロマンティックな雰囲気の告白は嫌いではなかったです。

しかし、純朴な彼の顔は好みではなく、戦う力は強いが決して王族ではない出自。

色々考えて、1つの答えを選択します。

イゾルテは、ドーガのプロポーズを断ったのです

自分は、アリエルの紹介で王族と結婚する事になっていて国王に仕える忠誠心があるのでご威光には逆らえないと告げたのです。

ドーガは、素直にそれに従い帰る事しか出来ません。

素直に去って行くドーガを見て、花束だけ貰えばよかったと少し反省。

結局、縁談の相手も断ってしまいました

ドーガ、渾身のプロポーズが直球過ぎて熱かったです。

イゾルテの揺れ動く気持ちもわからなくはないです。

彼女なりの配慮もあったと感じています。

 

スポンサーリンク

イゾルテ、アリエルに呼ばれて決断を迫られる!

次の日、突然、イゾルテはアリエルに呼び出されます。

アリエルは、縁談の候補者を断っているので叱られると察し、直ぐに向かいます。

急いで執務室に入るとアリエルと、先日振った筈のドーガが居たのです。

しかも、イゾルテに渡す予定だった萎れた花束を持っていたのです。

アリエルは、イゾルテにドーガが自分を守る騎士を辞めると教えたのです。

ドーガは、イゾルテに向かって言います。

イゾルテは、アリエルの騎士なので結婚できないと宣言したと素直に告白したのです。

彼女は、動揺し陛下の顔に泥を塗らない為だと弁明します。

更にドーガは、話を続けて行きました。

自分は、アリエルも大好きだし、このアスラ王国も愛しているけどイゾルテは特別な存在。

大好きだから、アリエルの騎士を辞めてイゾルテを守っていきたいと言います

そして、ドーガは再び花束をイゾルテに渡したのです

イゾルテは、目の前で起きた光景に黙るしかありません。

イゾルテが2回目のドーガのプロポーズで固まる所は、中々見どころがあります。

 

イゾルテ、ドーガとの結婚を決める!

アリエルは、イゾルテにドーガのプロポーズをどうするのかと質問して行きます。

ドーガが七騎士の座を捨ててまで、イゾルテと一緒になりたい思いは素敵だとも言います。

イゾルテは、アリエルの王族の紹介を断るわけにはいかないと弁明。

するとアリエルは、そんな連中は忘れろと発言します。

イゾルテは、ふと、水神流の初代水神の逸話を思い出しました

それは、全てを捨てて水神に嫁いだ姫の話の内容です。

ドーガの何も持たないけど、全てを捨てて一緒になりたいという思いが愛おしく思えてきたのです。

それに今まで自分と接してきた王族や男達とは、違うと理解しました。

この世界でこんな自分を大事に思い、愛してくれるのはドーガしかいないと気づいたのです

するとイゾルテは、ドーガの花束を素直に受け取ります。

そして、ドーガのプロポーズを受け入れたのです

その後、交際期間を設け、1年後に結婚

娘も出産し幸せな日々を歩んで行くことになりました。

イゾルテが幸せを掴めた事は、本当に良かったです。

今まで縁談も失敗続きの連敗は、ひょっとしたらドーガと一緒になる為の試練だったのかもしれないです。

イゾルテは、ドーガのプロポーズを、バーディガーディと戦った時よりもドキドキしていると述べています。

 

スポンサーリンク

まとめ

無職転生/©理不尽な孫の手・シロタカ

イゾルテは、水神流の剣士として強くて美人で最高です

エリスを剣の聖地で圧倒する実力は、最強の称号をいつか獲得すると無職転生の物語を読んで感じました。

バーディガーディの攻撃も返していく剣の腕は、素晴らしいです。

度胸と自分の技に絶対的な自信もあり魅力的なキャラクターとしか言えません。

それを実現し、水神の称号も得てもう無敵すぎます。

でも、そんな彼女も恋愛や結婚に関しては苦戦していたのが意外でした。

料理も出来て、自分を良く見せる努力家。

なのに婚活に失敗していたのは、水神流の掟だったのが驚きです。

でも、遠回りしてドーガと結婚できたのはめでたい事です

素直で純粋なパートナーを見つけられたことは、イゾルテに取ってプラスです。

夫婦共にアリエルに仕えて行く光景は、素敵です。

子供も生まれ、レイダ・リィアを名乗る事も実現した強き女性です。

イゾルテが、幸せな人生を歩んでくれることを願います。

彼女なら大丈夫だと信じたいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA