スポンサーリンク

最新ネタバレ『チェンソーマン』107-108話!考察!戦争の悪魔vs正義の悪魔?!激しいバトルの行方は?!

スポンサーリンク

藤本タツキ「チェンソーマン」107話より引用

ついに始まってしまったヨル(戦争の悪魔)vsユウコ(正義の悪魔)の対決!

正義の悪魔と化したユウコは触手のように長い体の一部を使い、容赦なくヨルに攻撃を仕掛けます。

一方のヨルは手持ちの剣でその手を切り落としていきます。

しかし、激しい攻撃は遂にヨルに当たり、ヨルは近くの教室の中に体ごと吹き飛ばされてしまいます。

一般の生徒たちが知るところになった今回の攻防劇。

その勝敗はどちらにつくのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『チェンソーマン』107話!のネタバレ

それでは『チェンソーマン』107話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

緊急避難!

教室の中に投げ飛ばされてしまったヨル。

中にいた生徒たちはざわめきます。

ユウコは攻撃の手を緩めません。

異常事態に、先生は黒板のすぐ下にある緊急ボタンを押しました。

すぐさま校内アナウンスが流れ、生徒の避難が呼びかけられました。

悪魔が蔓延る世の中、学校も進化しているようです。

生徒の中には、訓練だと思っている生徒もいました。

実物を見るまでは案外そんなものなのかもしれませんね。

そして、ユウコはサービス精神旺盛w

半信半疑の生徒の前にわざわざ現れて「訓練じゃないよ」とつぶやきました。

突然目の前に現れた悪魔に、生徒たちはパニック!

叫び声を上げながら逃げ出しました。

 

スポンサーリンク

目的の人物

ユウコが探しているのは、アサを虐めた犯人です。

「こないだ靴箱に鶏肉を入れた人は?」

アサがコケピーを死なせたことを暗に責めるような悪質な虐めでした。

ユウコは正義の悪魔の力でみんなの心が読めます。

探していた人物はすぐ見つかりました。

ユウコが目星をつけていた通り、3人グループの女子たちです。

目的の人物を見つけたところで、ヨルが攻撃を仕掛けます。

「鉛筆の槍!」

戦争の悪魔の力、支配した物を武器にできる能力で鉛筆を槍にしたようですね。

しかし、ユウコはヨルの考えていることが全てわかっています。

当然、鉛筆の槍が飛んでくることもわかっていたので、当たることはありません。

鉛筆程度では正義の悪魔を倒すことはできないようです。

 

スポンサーリンク

正義の鉄槌

その上、ヨルは鉛筆から作り出した武器をユウコに与えてしまいました。

ユウコはその槍でアサを虐めていた1人を串刺しに…!

目の前で友達が殺され、女子生徒は「やめて」と言いながら逃げるしかありません。

でもユウコがやめるわけがありません。

アサを虐めた”悪者”を殺すために、正義の悪魔と契約したのですから…。

死亡した女子生徒を見て、周りの生徒たちは更にパニックに陥ります。

残りは2人。

ユウコは1人を壁に叩きつけ、殺害しました。

あともう1人…。

その1人は人混みに紛れ、すでに逃げていました。

ユウコがそのことに気がつき、追おうとしますが…。

人混みの中から、逃げずに立ち向かう人影が現れました。

 

スポンサーリンク

デビルハンター部

目深に被った学生帽が特徴的な彼の名前は”亜国セイギ”。

デビルハンター部に所属する生徒でした。

「デビルハンターが来るまで時間を稼がせてもらうぞ!」

ユウコは正義の悪魔です。

罪のない人を傷つけたくはありませんが、目的のためにはやむを得ません。

触手をセイギに向けましたが、セイギはそれを弾き、至近距離に飛び込み、肉弾戦に持ち込みます。

中距離からはヨルが文房具を武器にした飛び道具で援助しています。

さらにもう1人、デビルハンター部に所属する”フリオ”と呼ばれる学生も加勢しました。

フリオの武器はボーガンのような形をしており、ユウコの腕に矢を放ちました。

フリオを狙ってユウコは攻撃を仕掛けますが…。

その時にはもう1人、デビルハンター部の女子生徒も追いついていました。

正義と同じく帽子を目深に被った女子生徒は刀を使い、フリオを狙っていた触手を切り落としました。

触手以外にもユウコの頭に近い部分の一部を切り落とし、勢いは完全にデビルハンター部が押していました。

 

スポンサーリンク

悪者は成敗!

「おいおい…チェンソーマンが来るまで死ぬなよ?」

デビルハンター部の思わぬ強さを目の当たりにしたヨルは言いました。

ユウコは激しい攻撃を受けながら答えます。

「大丈夫…罪のない人を殺したくなかっただけだから」

デビルハンター部の3人はよってたかってユウコ1人を”虐めて”います。

だから今は…。

「あなたたちも悪者だよね?」

ユウコはそう言うと、触手を激しく使い、3人を一瞬で戦闘不能にしてしまいます。

セイギは頭、フリオと女子生徒は腹、特に女子生徒は攻撃の衝撃で学校の外まで飛ばされてしまいます。

ダメージは大きく、3人はもう立ち上がることができないでしょう…。

「こうなりたくなかったら大人しくしてて。ヨルちゃんの作戦は全部わかってるの」

ユウコはヨルに再度脅しをかけました。

ヨルが学校中に武器にできる私物を隠していることも、廊下の板を一部剥がしておくことで武器にできることも、トイレと工程に仕掛けている罠も…。

ユウコにはお見通しです。

 

スポンサーリンク

もう一つの作戦

ユウコの願いは”何もしないで”です。

ユウコの目的は、アサを虐めから救うこと。

そのためにあと1人、殺したい相手が残っているのです。

全てをユウコに見透かされていると知ったヨルは静かに言いました。

「作戦はもうひとつある」

もちろん、ユウコには今のヨルが何を考えているかもわかっています。

もうひとつの作戦は”アサに全部任せる”こと。

ユウコは「意味がない」と言いますが…ヨルはアサにバトンタッチ。

アサが外に出てきました。

アサの考えていることもユウコに見えています。

すると、ユウコは見るからに動揺し始めました。

「そんなこと絶対しちゃダメだよ!!」

アサがユウコに全てを曝け出してでも実行しようとしていることとは?!

今、ユウコの暴走を止められるのはアサだけです。

そして、この騒ぎにチェンソーマンは現れるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『チェンソーマン』ネタバレ107-108話のまとめ

今回はユウコを止めるために奮闘するお話でした。

宣言通り、学校に現れたユウコ。

ヨルはユウコを殺すべく、戦いが始まりました。

ユウコの力でヨルは教室内に放り込まれ、学校はパニックに!

避難が始まります。

ユウコの狙いは、アサを虐めていた人を成敗して、アサを救い出すことです。

それこそが正義であると信じています。

ヨルは武器化した文房具で攻撃を試みますが、ユウコはヨルの心を読んでいるため、攻撃そのものが当たりません。

鉛筆で作った槍も逆に奪われてしまいます。

ユウコは逃げ惑う生徒たちの心を読み取り、ついにアサの靴箱に鶏肉を入れた犯人3人を見つけ出します。

ユウコはヨルから奪った鉛筆の槍を1人に刺して殺害…。

それを目の前で見ていたもう1人も壁に叩きつけて殺害してしまいます。

藤本タツキ「チェンソーマン」107話より引用

犯人が残り1人になったその時、ユウコの前にデビルハンター部のセイギ、フリオ、女子生徒が現れました。

彼らは抜群のコンビネーションでユウコを足止めしますが、実はユウコは「罪のない人を殺したくなかっただけ」でした。

デビルハンター部はユウコ1人に対してよってたかって攻撃する”悪者”になってしまいました…。(ユウコから見ての、ユウコの独断ですが)

どうやらユウコの能力は正義の悪魔だけに”悪者”にしか使ってはいけない縛りのようなものがありそうです。

ユウコは一気にデビルハンター部の3人を戦闘不能にします。

ここでヨルはもう一つの作戦を決行します。

それは、アサに任せることでした。

ユウコの目の前に現れたアサ。

今、何を思うのでしょうか?

アサの考えていることを読み取ったユウコは、動揺を隠せません。

アサが考えている事とは?!

そして、その戦いの結末はどうなっていくのでしょうか?!

来週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらじゃ⇩

⇒『チェンソーマン』109話!ユウコの暴走?!チェンソーマンVS・・

⇒『チェンソーマン』108話!アサの実力は?!謎の新キャラ登場・・

⇒『チェンソーマン』106話!正義の向かう先は?!ユウコvsヨル・・

⇒『チェンソーマン』105話!衝撃の展開?!ユウコが契約した悪・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA