スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーはなぜかっこいい?マイキーのかっこいい魅力を大紹介!!

スポンサーリンク

何人もの人気キャラを生み出してきた「東京リベンジャーズ」の中でも不動の人気キャラ・マイキー

東京卍會の総長で”無敵のマイキー”とも呼ばれています

マイキーはなぜこんなにカッコいいのでしょうか?!

マイキーの人気の秘密についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーのプロフィール

東京リベンジャーズ/©和久井健

マイキーこと佐野万次郎は佐野真と桜子の次男として産まれました

1990年8月20日生まれ。

兄弟には兄・真一郎、妹・エマがいます。

母はマイキーが幼い頃に病死し、父は家を出ているため、祖父の万作の家で共に暮らしています。

真一郎とは10歳の差があります。

腹違いの妹・エマは1歳年下です。

12年前の時間軸ではタケミチの1歳年上の15歳です。

甘いものが好きで、どら焼きやたい焼きを好んで食べています。

暴走族「東京卍會」の総長で「無敵のマイキー」の異名を持っています

夢は「不良の時代を作る」ことです。

圧倒的な強さとカリスマ性で東卍を導いていきますが、その有能さ故に稀咲に狙われてしまいます。

また”黒い衝動”を抱えていて、自分自身でも抑えられない不安を感じながら生きています。

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】マイキーのルックスがかっこいい

東京リベンジャーズ/©和久井健

12年前のマイキーは髪を金髪に染め、前髪を束ねるスタイルが基本

整った顔立ちで、やや猫目の鋭い目つきが印象的です。

身長は162センチと小柄ですが、それもマイキーらしさとなっています。

東卍総長としてのマイキーは近寄れないほどのオーラを放ち、強い男としてのカッコよさが前面に出ていますが、普段のマイキーはちょっと天然で可愛い一面も見せてくれます

オムライスに旗がないと拗ねてしまったり、お腹いっぱいになると寝てしまったり。

そんな時のマイキーは表情も柔らかく、別人かと思うほどのギャップがまたカッコいいのです

マイキーは東卍として動く時には特攻服を着ていることが多いのですが、他のメンバーとは違う特別仕様のロングバージョンが似合っていますよね

私服は動きやすいシンプルな格好が多いですが、8.3抗争で見せた甚兵衛姿も可愛いです。

また過去の時間軸では髪型は変わりませんが、タケミチが戻る現代では何度か雰囲気が変わっています。

特に似合っているのが聖夜決戦編後、フィリピンで再会した時です。

黒くした髪をセンターで分けています

死を覚悟しているからか、優しい表情も相まって普段とは違うマイキーが見れました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーの性格がかっこいい

東京リベンジャーズ/©和久井健

マイキーは仲間思いで優しい性格をしています。

そもそも東卍を作ったのも一虎を救うため。

パーちんが愛美愛主の長内をナイフで刺してしまった時も、ドラケンと大喧嘩してまでも少年院に行かずに済むように助けようとしていました。

確かにやり方に問題はあったかもしれません。

でも何より仲間を大切にするマイキーはやっぱりカッコいい!

また女の子に対する態度もカッコいいんです

マイキーはタケミチと遊びたくて急に学校に現れたことがありました(自由w)。

その時、ヒナは勘違いからマイキーにビンタしてしまうのです。

マイキーは「女に手ぇ出すわけないじゃん」と笑って許してくれました。

強い人はその強さを守るために使うもの

マイキーはそういう男です。

その一方無邪気で子供っぽい一面もあります。 

たい焼きに話しかけてみたり、温泉では潜って遊んだり。

朝は基本的に弱く、支度はドラケンとエマに頼りっぱなしです。

気丈で強い面が前面に出ることが多いマイキーですが、エマ曰く「今でも使い古したタオルケットを握りしめていないと寝れない弱い男の子」。

本当は繊細で弱い面もあるのです

それからマイキーは兄弟愛も溢れています。

真一郎の死を心から悲しみ、エマの誕生日は一緒に祝い、血の繋がらないイザナのことまで救おうとしていました。

極め付けは関東事変の後でしょうか。

タケミチのタイムリープを知り、最悪の未来を知ったマイキーは、東卍を解散しました。

“みんなを守る”

その約束通り、マイキーは自分だけを犠牲にしてみんなの未来を守り抜きました

仲間思いで自己犠牲も厭わない、そんなマイキーは頼れるカッコいい男ではありますが、弱さを見せられない不安定さも孕んでいるのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーが強くてかっこいい

東京リベンジャーズ/©和久井健

マイキーと言えば”無敵”!

作中屈指の実力を誇り、喧嘩に負けたことはありません。

マイキーにとって、喧嘩=祭り

楽しむ余裕すら見せてくれます。

マイキーの喧嘩シーンは一撃必殺で終わることも多く、その圧倒的な強さがカッコいいんです。

マイキーが1番得意なのは足を使った攻撃です。

一虎曰く「核弾頭みたいなケリ」。

恐ろしすぎます…w

マイキーの足に一撃で潰された相手は数知れず

東卍旗揚げ直後に絡んできた年上ヤンキー、愛美愛主の長内、芭流覇羅の一虎、黒龍の大寿と強敵であっても関係ありません。

あの半間ですらもキレたマイキーの前では一撃で気絶しています。

天竺のイザナは何とか一撃必殺は免れていますが、結局はマイキーに敵わず。

2年後、関東卍會の総長として再登場したマイキーはさらに強さに磨きがかかります。

この頃のマイキーは”黒い衝動”にかなり飲み込まれています

同じく黒い衝動を抱え、体格にも恵まれたサウスを相手にしても無敵っぷりは変わらず、サウスを死に至らしめてしまうのです…。

…強すぎるマイキーをドラケンは最期まで心配していましたね。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーがリーダーとしてかっこいい

東京リベンジャーズ/©和久井健

マイキーは東卍の総長です。

普段は無邪気で可愛い一面を見せてくれますが、東卍の総長としてのマイキーはクールでその場の空気を支配する力があります

マイキーの初登場はキヨマサ主催の喧嘩賭博でしたが、マイキーが登場した途端、周りの空気が変わったのが分かります。

愛美愛主との抗争を決めた時、タケミチが必死の思いで止めようとしますが、マイキーは揺らぎません。

「俺がヤるって決めた以上、東卍は愛美愛主とヤるんだよ」

正に有無を言わさぬリーダーの貫禄でした。

マイキーは時にはワガママも言います。

芭流覇羅との抗戦を決めたものの、東卍を抜けて芭流覇羅に入った場地とは戦いたくありません。

“友達とは戦えない”

仲間思いのマイキーらしい答えを東卍メンバーは快く受け入れました

マイキーが信頼されていないと許されない選択でしたよね!

関東事変では圧倒的不利な状況ですら「ハンデいる?」と言ってのけ、押されまくっていた戦況をひっくり返すほどの空気を作り出しました。

マイキーが言うなら、そんな気がしてくる。

東卍にとってマイキーの言葉は魔法のような力があるのです

さすが、稀咲も欲しがるカリスマ性の持ち主。

そして、勢い絶頂の中解散の時を迎えたときもマイキーはリーダーとして最後の勤めを果たしました

隊長1人ひとりに声をかけ、みんなが前を向いて歩んでいけるように…。

最後まで東卍総長としてのマイキーはカッコよかったですね!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーのかっこいい名言・名場面とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

マイキーには多くの名言・名場面があります。

中には実写化やアニメ化で有名になったセリフも

マイキーが残してきた名言・名場面を一挙ご紹介です。

  • ①2巻11話より

「パーの親友やられてんのに愛美愛主に日和ってる奴いる?!いねぇよなぁ?!」

アニメ化で一気に有名になった名言です。

マイキーがみんなを鼓舞し、愛美愛主に立ち向かうシーンです。

マイキーの仲間思いな性格やリーダーとしての強さが現れていますね

  • ②2巻15話より

「オレが後ろにいる限り誰も負けねぇんだよ」

こちらも対愛美愛主戦で飛び出た名言です。

マイキーの強さがあるからこそ説得力を持ったセリフですね

“マイキーがいるから何とかなる”

東卍メンバーはきっとそう思ったはずでしょう。

  • ③13巻109話より

「本当に大切なことは喧嘩に勝つことじゃねぇ。自分に負けないことだ」

聖夜決戦の後、タケミチに言った名言。

黒い衝動の存在に怯えていたであろうマイキーのSOSとも言えるセリフでした。

  • ④14巻119話より

「オレの人生は苦しみだけだった」

聖夜決戦後の現代、フィリピンでタケミチと再会し、死の間際でつぶやいた一言。

マイキーの苦しみがダイレクトに伝わってくる名場面でした。

弱音を吐かないマイキーがこぼした本当の気持ち

タケミチはマイキーを救うリベンジを誓いました。

  • ⑤20巻173話より

「兄貴(イザナ)オレはオマエを救いたいんだ」

関東事変でイザナに語りかけた一言。

エマを殺された直後というタイミングでここまで言ってあげられるなんて、マイキーの心の広さは海並み!?

兄弟愛にあふれ、優しいマイキーが見られる名場面です。

  • ⑥21巻188話より

「本日をもって東京卍會は解散する!!!」

タケミチからタイムリープの全てを聞いたマイキーは、天竺に勝利した直後の集会で解散を宣言。

勢い最高潮のタイミングでの解散でしたが、マイキーの演説が素晴らしすぎて…w

寂しさはあれど、みんな前向きに解散を受け入れ、東卍は永遠となりました

  • ⑦22巻190話より

「約束する!12年後また会う日まで東卍のみんなもヒナちゃんもオレが絶対守ってみせる!」

全てが終わり、未来に帰るタイミングになっても名残惜しいタケミチは残っていました。

マイキーはタケミチを安心させるため、約束をしてくれました。

この約束は果たされ、未来ではみんな幸せそうです。

マイキーを除いては…。

タケミチとの約束を自己犠牲も厭わず守り抜いたマイキーの強さと優しさが溢れている名言です。

  • ⑧23巻204話より

「助けてくれ…タケミっち」

12年後の未来で再会した時の名言です。

どんな時も弱い自分を見せなかったマイキーが初めて助けを求めた瞬間でした

タケミチとマイキーの願いが繋がり、マイキーをトリガーとしてタケミチは10年後の過去へ。

最後の戦いの幕が開けた瞬間でした。

 

スポンサーリンク

まとめ

東京リベンジャーズ/©和久井健

マイキーこと佐野万次郎は、佐野真と桜子の間に次男として生まれました。

マイキーが生まれて数年後には母が病死、父は家を出ており、真一郎と共に祖父の万作の家で暮らしています。

カリスマ性に溢れ162センチと小柄ながら、運動神経も抜群。

東卍の総長で”無敵のマイキー”との異名を持ちます。

集会の場にマイキーが立てば、それだけで空気は変わり、引き締まります。

マイキーの言葉には重みがあり、稀咲も認めるカリスマ性が光っています

マイキーが総長として認められているのはカリスマ性だけではありません。

無敵と謳われる程の喧嘩の強さ

その強さが最もわかるのは一撃必殺のケリで、ほとんどの相手は一撃で気絶に追い込まれています。

マイキーは仲間、兄妹思いで優しい性格をしています

東卍設立も仲間の1人・一虎を救うためでしたし、パーちんを少年院に入れないためにドラケンとも大喧嘩を繰り広げています。

マイキーは仲間にも優しいですが女の子にも優しい

特にタケミチの彼女であるヒナには誤解からビンタまでされていますが笑って許しています。

喧嘩は最強、性格も頼り甲斐のあるマイキー。

決して人前で弱いところを見せませんが、本当は繊細で染まりやすく、不安定な部分も…。

それはエマとタケミチしか知らない一面です。

関東事変後、マイキーはみんなを「オレが絶対守ってみせる!」と約束してくれました。

そして12年後、確かにそこにはマイキーが守ってくれた未来がありました。

マイキーを除いては…。

タケミチはエマにマイキーを託されています。

“辛い時こそ、キミは笑う”

思い出の中のマイキーは優しく笑っていました。

マイキーを闇の中から救うため、タケミチは最終決戦に挑んでいます。

マイキーも笑顔でいられる世界線を探して、タケミチの奮闘は続きます!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒千冬がかっこいい!千冬のかっこいい魅力や人気の理由を大紹介・・

⇒聖夜決戦編の三ツ谷隆もかっこいい!三ツ谷隆の過去や柴八戒と・・

⇒かっこいい半間修二!本当の黒幕?バイク・未来の姿・正体・目・・

⇒かっこいい髪型ランキングTOP10・・

⇒ペーやんの愛車のカスタムがかっこいい!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA