【かぐや様は告らせたい】1話目から高度な恋愛戦が炸裂!?記念すべき第1話の内容は?無料で読める?

スポンサーリンク

只今アニメ化、実写映画化とヤングジャンプ一押しの作品「かぐや様は告らせたい」、こちらの第一話から登場人物の紹介、そして最後に第一話を無料で読む方法を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】恋愛とは「好きになった方が負け」

人を好きになり、告白し、結ばれる

それは素晴らしいことだと誰もが言う

だが、それは間違いである!!

恋人達の間にも明確な力関係が存在する!

搾取する側とされる側、尽くす側、尽くされる側!

勝者と敗者!

もし貴殿が気高く生きようと云うのなら決して敗者になってはいけない!!

恋愛は戦!

好きになったほうが負けなのである!!

以上が原作カラーの冒頭です、もしかして作者の赤坂アカ先生は恋愛に何かトラウマでもあったのでしょうか?

中々の激しい文面ですが正にこの漫画テーマであります。

 

筋金入りのお嬢様である四宮かぐやと学年主席の成績を持つ白銀御行、この二人は両想いでありますが恋愛観が拗れていまして素直に好きと言えない。

というか主導権を取られたくない。

そんな二人がいかにして相手に自分を好きだと言わせるか、それがこの漫画のテーマです。

 

【かぐや様は告らせたい】生徒会副会長 四宮かぐや

総資産200兆円、鉄道、銀行、自動車。

ゆうに千を超える子会社を抱え4大財閥の一つに数えられる『四宮グループ』

その長女として生を受けた正真正銘の令嬢である。

 

また原作冒頭から頂きました、ヒロインは正に天才肌で生徒会副会でもあります。

ほとんどの生徒からは「かぐや様」と呼ばれる羨望を集める完ぺきなお嬢様、というのが今作のヒロインです

まぁメッキでは無いですがイメージはボロボロ壊れていくのですがこのお嬢様ビックリするほど強情で素直じゃないのです。

内心では白銀にベタ惚れなのですがプライドが高すぎるあまり自分から告白やお誘いするなどもっての他。

少し先の話でありますが台風の日に会長と一緒に帰りたい為に天気予報を把握させない為にスマホの充電池を1分の早業で交換、電池切れにしてみたりと拗らせているのにアグレッシブなお嬢様です。

また嫉妬心も強いために無意識にスキンシップを取る藤原書記を

「明日あなたが死ぬとしても私はもう助けてあげません」

「さようなら藤原さん、絶交よ」

「人の姿をした家畜…」

とおおよそラブコメでやっちゃいけない顔で内心つぶやきます。

そんな彼女が今作ヒロインです、いやちゃんと可愛いんですよ?

 

【かぐや様は告らせたい】生徒会会長 白銀御行

質実剛健、聡明英知

学園模試は不動の一位

全国でも頂点を競い天才達と互角以上に戦う猛者である

勉学一本で畏怖と敬意を集めその模範的な立ち振舞により生徒会長へと抜擢される

また原作一話か抜粋させて頂きました、こちらが今作の主人公にして生徒会長、そしてかぐやと両想いの相手役の白銀御行です。

こちらは名家の出身というわけでもなく庶民の出ですが勉学一筋で生徒会長まで上り詰めた努力の人であります、家には今まで消費し切ったシャーペンの芯の容器を瓶にためてたりと病的なまでのがり勉をしていますがそれを表に出すことはありません。

 

本当はかなり不器用なのですが周囲を幻滅させない為に苦手を克服していく努力もかかせません。(こちらの特訓回というのは原作でもかなり人気の回であります)

もちろんこちらも恋愛観が拗らせております。

こちらは財力があるというわけでは無いですが(無駄に)並外れた分析力をフルに使いかぐやの思考を分析し主導権を取ろうとします。

そんな彼がこの物語の主人公です。

 

【かぐや様は告らせたい】こじらせたまま半年経過

そして出方を伺ったまま二人は何もアクションせずに半年が立ちました。

そう二人は最初は「付き合ってやってもいい」という思考だった為二人とも相手待ちだったのです。

物語冒頭から無駄な半年間を過ごした二人が焦りから「相手に告白をさせる」に考えがシフトしたところで物語が始まります。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】ペアチケット攻防戦

そんな二人の元に生徒会書記の藤原千花が映画のチケットを持って来ます。

藤原書記も筋金入りのお嬢様(ただしド天然)なので家の事情により恋愛映画は見れないからと二人にチケット渡そうとします。

そんな藤原からのチケットを白銀は気軽に「せっかくだから四宮俺たちで…」と誘おうとしますがそこで藤原が一言

「この映画を男女で観に行くと二人は結ばれるジンクスがあるとか」

 

白銀「ーまるで告白のようではないか!」

さぁゴングがなりました、天才たちの恋愛頭脳戦開始です。

 

【かぐや様は告らせたい】藤原を誘導したかぐやの策略

さてこのチケットぶっちゃけ仕込みです。

こちらかぐやが映画に行きたいなど口が裂けても言えないので映画のチケットを第三者の後述する藤原書記の家のポストに懸賞を偽造して投函し映画に誘わせようとして仕込んだ代物。(会長のスケジュールは把握済み)

そしてかぐやは白銀がドケチであることを折り込み済みでこのチケットを用意しました、きっと自分が誘われるであろうことも見越して。

その時白銀の脳内にシミュレーションが走ります。

例 「お…俺とチケット屋に売りに行くか…?」

「あらまぁ会長ともあろう方が慌てふためいて…」

「お可愛いこと…」

許されない、白銀の行く道に逃げ道無し!

逆に攻勢に出る白銀

「お前は俺とこの映画を観に行きたいか?」

刹那かぐやの頭には「うまい返しだ」と浮かびます。

このまま断る選択肢も確かにある、しかしこれまでの労力が全て無駄になる

なによりまた白銀に誘われるなど考えられない。

結果彼女は媚ました、スキル「純真無垢(カマトト」

結果白銀には効果覿面、頭を激しく揺さぶられます。

もう、「告白は男の役目かな…」と諦めにも似た思考が過ります。

この攻防決着がつくかと思ったとき第三者からの手が入ります

 

【かぐや様は告らせたい】斜め上をいく藤原の思考

二人の間にトリックスター藤原が一言

『もし恋愛映画がお嫌いでしたら「とっとり鳥の介」のチケットもありますよー』

全然関係ないやつですねこれ。

大体藤原が絡むと話がどこかに飛ぶかどこかに転がります、天然さんはラブコメにはやはり強いですね。

この藤原も物語でかなりのアクセントになりますのでどうぞチェックしてみてください。

アニメ3話のEDで検索をかけるとどういう人物か分かりやすいので宜しければチェックすてみてください。

 

【かぐや様は告らせたい】糖分補給をかけた最終戦!

結果両者の頭はショート寸前に追い込まれます。

まったく関係無い選択肢が増えた為二人の頭にいくつもの選択が浮かび処理が追い付かなくなってしまったのです。(何言ってるんだろう)

そして二人が欲するのは栄養、すなわち糖分です。

同時にテーブルの上の最後の饅頭に手を伸ばし…

「あ、午後の授業始まっちゃいますね」(ひょいパク)

本日の勝敗結果「両者 引き分け」

といった形で最後に両者の本日の勝敗が出て話を閉めるのがこの漫画です。

 

【かぐや様は告らせたい】1話を無料で読む方法は?

今ですと最初の一話でしたら複数のサイトで読めるかと思いますが私は公式サイトである

となりのヤングジャンプ:https://tonarinoyj.jp/episode/13932016480028986551

がオススメです、他の話や単行本に掲載前のバックナンバーもありますのでぜひぜひ。

 

【かぐや様は告らせたい】アニメを見るならオススメは?

実写化もアニメ化もしました「かぐや様は告らせたい」

アニメの方はabemaTVで見られます

https://abema.tv/video/episode/26-66_s1_p1

興味がありましたら是非、原作の再現度が高いです。

1話なら無料で見れます。

 

まとめ

以上一話の内容ですが、この後も駆け引きのほかにもクセの強いキャラクターもどんどん出できます。

独特の恋愛の世界にハマること間違いなしです笑

興味がありましたら原作をチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です