スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編で無敵のマイキーが敗北?マイキーがタケミチに託した想いとは!?

スポンサーリンク

聖夜決戦編は異例の出来事が目白押し!

タケミチとヒナが別れたり、宿敵・稀咲とタケミチが手を組んだり…。

さらにあの無敵のマイキーが倒されるシーンがある?!

読者にも人気の高い聖夜決戦編の結末とは?!

マイキーがタケミチに託した想いとは?!

聖夜決戦とマイキーの想いについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編のあらすじ

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦編は、6回目のタイムリープが失敗に終わったことを未来で知ったタケミチが再び過去に戻る所から始まります。

マイキーを歪ませた原因が黒龍であることを一虎に教えられたタケミチ。

元黒龍メンバーの八戒は、黒龍11代目総長・柴大寿(八戒の実兄)を殺し、黒龍の総長となった男です。

タケミチは最悪の未来を変えるため、過去に戻って八戒の兄殺しを止め、黒龍を潰すことを決意するのです。

大寿がクリスチャンであることから決戦日時はクリスマス、場所は教会!

聖夜決戦編と呼ばれている所以です。

果たしてタケミチたちはミッションコンプリートできるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編は何巻?

東京リベンジャーズ/©和久井健

公式には聖夜決戦編が何話から何話までとは公表されていませんが、血のハロウィン後のタケミチのタイムリープ後を起点とすれば、8巻の第70話から13巻の第114話までがMAXではないかと推察されています。

メインとなる巻数としては10巻〜12巻となるでしょう。

10巻では、タケミチがタイムリープした先で八戒に出会います。

八戒が兄殺しを考えていることを知ったタケミチたちは稀咲たちと手を組み、それを阻止することに…。

11巻では、タケミチとヒナ、稀咲の繋がりやヒナとの別れ…。

それからいよいよ大寿を相手にした聖夜決戦が開戦されました。

12巻では、八戒の隠してきた真実が明かされ、満身創痍のタケミチたち。

そこにマイキーとドラケンが現れた、聖夜決戦はあっという間に終結します。

見どころ満点の聖夜決戦を見届けてください♪

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】現代でマイキーが巨悪化した理由とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

6回目の現代でのマイキーは東卍のトップにいるものの、姿を消していました。

マイキー不在の東卍を仕切っていたのは稀咲と元黒龍組です。

今の東卍は平気で女を殴り、クスリも売春も裏カジノも…何にでも手を出す最悪のチームになっていました。

マイキーはかつて「不良の時代を創る」と夢を語っていました。

今の東卍はマイキーや場地が望んだ東卍とはかけ離れています。

なぜこんなことになったのか?

その理由はマイキーが巨悪化したからです。

マイキーは稀咲にパーちんとペーやんを殺すように指示、さらに三ツ谷も行方不明…。

かつての仲間の粛清を始めたのです。

12年前…女を守り、仲間を大切にしていたマイキーを巨悪にしたもの。

それは「稀咲の暴力」と「黒龍の金」でした。

この2つをマイキーから引き剥がさなければ、マイキーが正気に戻ることはないでしょう。

タケミチが聖夜決戦編でタイムリープする理由の1つ、黒龍を潰すことはマイキーを救うためでもあるのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーと三ツ谷が交わした約束とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒が黒龍10代目総長・大寿の弟であることが判明した後、八戒は東卍を辞める決断をします。

八戒が所属していたのは弐番隊です。

弐番隊隊長の三ツ谷は八戒の希望を汲み、東卍の脱退を認めました。

でも三ツ谷はそれだけで終わりません。

大寿の元に出向き、八戒を黒龍に譲る代わりに姉の柚葉の解放を約束させたのです。

黒龍は金持ちに兵隊を貸してその見返りに大金を得ていました。

柚葉はその集金役でした。

八戒が東卍を辞める理由は柚葉を守りたいからだと思う三ツ谷はすぐに行動したわけですね。

柚葉にこれまでの経緯を説明した帰り道、三ツ谷はマイキーとバイクで流していました。

柚葉の様子は明らかに嬉しそうではありませんでした。

三ツ谷はその違和感を捨てきれません。

マイキーに意見を求めますが…マイキーはバイクを止めるように言いました。

「半分になっちまったな 創設メンバー」

東卍はマイキー、ドラケン、場地、パーちん、三ツ谷、一虎の6人で始めたチームです。

今やパーちんと一虎は捕まり、場地は死んでしまいました。

『一人一人がみんなのために命を張れるチーム』

場地が東卍結成時に決めたことです。

その想いはマイキーの心に残っています。

でも、命を張るべきその”仲間”がいなくなっていく日々に、マイキーは自分がどこを目指しているのかわからなくなっていました。

マイキーにとって、本当は黒龍なんてどうでもいいのです。

何かとぶつかる度に仲間を失ってきたマイキーにとって、新たな火種となりうる黒龍とのケンカは避けたいことなのかもしれません。

「…三ツ谷 オマエはいなくなんなよ?!」 

マイキーの少し寂しげな笑顔に、三ツ谷は応えました。

「…あぁ 約束する」

三ツ谷はマイキーのそばにいる約束をここでしたのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーを教会へと導いたものとは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦はタケミチたちの単独行動から始まり、三ツ谷がそこに参戦し、激闘を続けました。

しかし、大寿の強さはホンモノ。

すでに満身創痍のタケミチたちには勝ち目の薄い展開となっていました。

その時、聞こえてきたのはマイキーのバブの音です。

穏やかな笑顔で教会に入ってきたマイキーは「メリークリスマス」と声をかけました。

マイキーを教会に導いたものは、三ツ谷のインパルスの音と2人の大切な人でした。

「兄貴が気が付いたんだ お前のインパルスの音に…」

「そしたら場地がね こんなにコールがうめぇのは絶ッ対ェ三ツ谷だって」

マイキーは亡くなった2人の名前を出して続けました。

「2人がここに導いてくれた」

穏やかだったマイキーの顔は冷え切った顔に変わります。

マイキーには死んだはずの2人が見えていたのでしょうか?!

三ツ谷はマイキーの様子に不安を抱きましたが…?!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーVS柴大寿

東京リベンジャーズ/©和久井健

マイキーは大寿に向かって行きます。

マイキーの言動はおかしいまま。

「また”みんなで”走りてぇだけなのに」

「三ツ谷がいなくなったら兄貴も場地も悲しむだろ?!」

タケミチは未来でマイキーが巨悪になってしまったことを思い出しました。

(その状態で戦っちゃダメだ!)

しかし、タケミチが動く前にマイキーは大寿に殴られ、沈められてしまいました。

大寿が喜びを爆発させたと同時に聖夜が終わったことを知らせる鐘がなりました。

「聖夜(いのり)は終わった」

マイキーは立ち上がりました。

マイキーが大寿の一撃を喰らったのは自分への戒めのためでした。

マイキーは飛び、大寿は視界から消えました。

たったの一撃で化け物と恐れられた大寿は失神させられたのです。

これが”無敵のマイキー”の強さです!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編の結末

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦の日、八戒の兄殺しを止めるため、タケミチたちは教会に乗り込みます。

しかし、八戒は結局大寿を殺すことはできません。

代わりに柚葉が大寿をナイフで刺してしまいます。

このナイフは稀咲がタケミチを裏切って柚葉に渡したものです。

“八戒を守る”という思いに縛られた柚葉は稀咲の罠にまんまと乗せられてしまったのです。

柚葉の刺した傷はタケミチが声をかけたことでタイミングがずれ、致命傷には至りませんでした。

結果、怒り狂った大寿に柚葉は返り討ちにされてしまいます…。

追い詰められた八戒は”今まで柚葉を守ってきた”と言っていたのが嘘で、実は自分が柚葉に守られてきたという真実を告白します。

泣きながら助けを求める八戒をタケミチが放っておくはずありません。

(こんな兄がいるから 黒龍があるから 八戒は立ち直れないんだ)

「大寿…お前を倒して黒龍をもらう!!」

タケミチは決意を固めました。

奮起するタケミチですが、大寿は化け物のような強さです。

千冬も三ツ谷も限界を突破していきます。

その時でした。

マイキーが教会に入ってきたのです。

マイキーは大寿を一撃で沈めました。

クリスマスは場地のお守りを持って、真一郎の形見のバイクに乗ると決めていたマイキー。

マイキーはおかしくなったわけではありませんでした。

2人と一緒に走っている気になれる…。

マイキーの切ない気持ちが伝わりますね…。

「兄貴も場地もオマエらも みんなオレの心にいる」

「だからオレは強く入れる」

今のマイキーからは、未来で巨悪になるマイキーは想像できません。

ちなみに、外にいた黒龍の下っ端100人はドラケンが一人で圧倒していました。

聖夜決戦は東卍トップ2人の登場であっという間に終結したのでした。 

八戒は兄・大寿を殺さずにこの日を乗り切ることが出来ました。

東卍が勝利した事で黒龍を潰すこともできました。

「ミッションコンプリートだ」

これで未来はまた大きく変わるはずです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】マイキーがタケミチに託した想いとは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦が終わったその夜、ヒナと涙の仲直りをするタケミチを見て、ドラケンは「”あの人”みたいだな」とつぶやきました。

マイキーは頷き、タケミチを乗せてバイクで走りました。

マイキーは10歳年上の真一郎がいなくなってから、何が正しくて何が間違っているのか、右も左も上も下もわからなくなってしまう自分に気がついていました。

タケミチはマイキーが抱える闇を垣間見ます。

バイクを止めて、マイキーとタケミチは2人きりで話をしました。

「オマエは強い タケミっち」

「本当に大切な事は喧嘩に勝つ事じゃねぇ」

「自分に負けない事だ」

マイキーはタケミチが真一郎に似ていると最初から言い続けてきました。

女に弱くて喧嘩も弱いけど、誰にも屈しない。

それが自分に負けないという事です。

マイキーはそんなタケミチに想いを託しました。

「挫けそうな時 オレがオレでなくなりそうな時 オレを叱ってくれ 兄貴のように」

マイキーは優しい笑顔でタケミチに笑いかけました。

「もちろんです!!」

タケミチはその想いを受けとりました。

この約束は今後、大きな意味を持つことになるのです…。

 

スポンサーリンク

まとめ

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦編は6回目のタイムリープ後、最悪の未来を知ったタケミチが再び新たなミッションに挑む人気エピソードの1つです。

八戒の兄殺しを止め、黒龍を潰すため、タケミチは再びタイムリープします。

過去で出会った八戒は兄殺しをするような人間ではありませんでした。

ただ柴三兄弟は大きな家庭内の問題を抱えていたのです。

三ツ谷は八戒の兄貴分として、八戒のために奔走します。

マイキーは三ツ谷に黒龍なんてどうでもいいから”いなくなるな”と約束させました。

マイキーにとっては黒龍と揉めることで仲間を失う事の方が怖かったのです。

決戦の日はクリスマス!

聖夜決戦編と呼ばれる所以ですね。

三ツ谷はマイキーの心配した通り、黒龍と揉めることになってしまいます。

ボロボロになったタケミチ、千冬、三ツ谷…。

万事休すと思われましたが、三ツ谷のインパルスの音を聞いたマイキーが教会に出向いたことで戦況は大きく変わります。

マイキーは大寿を一撃で沈めました。

外にいた黒龍の下っ端はドラケンが一人で一掃w

東卍トップ2人の参戦で聖夜決戦は終結し、9代目に続き再び黒龍を潰しました。

誰も死ぬことなく、黒龍を潰すことに成功…これでミッションコンプリートです!

全てが終わった後、マイキーはタケミチにある想いを託しました。

兄・真一郎が死に、盟友・場地が死に、マイキーは何が正しくて何が間違っているのか、わからなくなることがあると告白します。 

「挫けそうな時 オレがオレでなくなりそうな時 オレを叱ってくれ 兄貴のように」

どこか真一郎に似ているタケミチに、マイキーは願いを託しました。

しかし、タケミチは未来に帰ります。

残されたマイキーは1人で自分自身と戦うことになります…。

その後も繰り返されるタイムリープの結果、マイキーの巨悪化を防ぐとこができるのでしょうか?!

マイキーが挫けそうな時、タケミチはマイキーを叱ることができるのでしょうか?!

タケミチにはマイキーの笑顔を取り戻してほしいですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA