スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編のキーマンは柴八戒?柴八戒はタケミチの敵か味方か!?

スポンサーリンク

聖夜決戦編は読者にも人気の高いエピソードの1つです。

その中でも中心人物となるのは八戒を含めた柴三兄弟です。

八戒は聖夜決戦において重要なキーマンです。

八戒を守るために動く柚葉、八戒を黒龍に入れて従えたい大寿。

そして、八戒がついた大きな嘘…

聖夜決戦編は最悪の未来を変えるための大切なミッションでもありますが、八戒の成長物語とも言えるかもしれませんね!

頼りない末っ子から大成長する八戒についてまとめてみました!

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編のあらすじ

東京リベンジャーズ/©和久井健

6回目のタイムリープが失敗に終わったことを未来で知ったタケミチ。

その原因はマイキーの巨悪化と黒龍のお金だと一虎に教えられます

未来の東卍幹部会で出会った元黒龍メンバーの八戒は、黒龍11代目総長・柴大寿を殺し、黒龍の総長となった男とされています。

タケミチは最悪の未来を変える為、八戒の兄殺しを止め、黒龍を潰すミッションに挑みます

兄・大寿がクリスチャンであることから決戦日時はクリスマスで場所は教会

それが聖夜決戦編と呼ばれている所以です。

果たしてタケミチたちはミッションコンプリートできるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編は何巻?

東京リベンジャーズ/©和久井健

公式には聖夜決戦編が何話から何話までとは公表されていませんが、血のハロウィン後のタケミチのタイムリープ後を起点とすれば、8巻の第70話から13巻の第114話までがMAXではないかと推察されています。

メインとなる巻数としては10巻〜12巻となるでしょう

10巻では、タケミチがタイムリープした先で八戒に出会います。

八戒が兄殺しを考えていることを知ったタケミチたちは稀咲たちと手を組み、それを阻止することに…。

11巻では、タケミチとヒナ、稀咲の繋がりやヒナとの別れ…。

それからいよいよ大寿を相手にした聖夜決戦が開戦されました。

12巻では、八戒の隠してきた真実が明かされ、満身創痍のタケミチたち。

そこにマイキーとドラケンが現れた、聖夜決戦はあっという間に終結します。

見どころ満点の聖夜決戦を見届けてください♪

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒のプロフィール

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒は柴三兄弟の末っ子です。

1991年生まれで、タケミチや千冬と同級生です。

兄に大寿、姉に柚葉がいます。

東卍では弐番隊副隊長を任されています

同じく弐番隊隊長の三ツ谷とは腐れ縁でありつつ、尊敬しており、携帯の待ち受けまでも三ツ谷ですw

聖夜決戦編で初登場し、主要人物として活躍します。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒の特徴

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒は細身で高身長、スタイル抜群です。

(未来ではモデルとして活躍しています!)

顔には刀傷のような傷跡があるものの、顔立ちは端正で、優しげな垂れ目が印象的です。

女性が大の苦手で、話しかけられるとフリーズするなどポンコツな一面もありますw

唯一女性でまともに話せるのは姉の柚葉だけです。

幼い頃に母を亡くしている八戒にとって、柚葉は姉であると同時に母のようでもあり、強い結びつきがあります。

末っ子だからか、どこか精神的に便りなく、自分でも”弱い”ことを認めています

不安定な情緒を抱えたまま臨んだ聖夜決戦で、八戒はどんな結末を迎えるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒の性格とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒の性格は優しく、繊細で不器用です。

基本的には温厚で、周りを笑顔にできる八戒ですが、時に繊細で不安定な情緒の時も。

八戒がとても繊細なのは、幼い頃に母を亡くしたことが影響しているかもしれません。

甘えるべき歳に甘えることができず、父親は不在

兄は容赦なく暴力を振るう…。

八戒の心が不安定になるのは当たり前とも言える環境でした。

聖夜決戦で三ツ谷が乾に奇襲を受けた時にはパニックになってしまうシーンもあります。

器用とは言えない八戒にとって、精神的な支えは姉の柚葉です。

八戒は柚葉に心を開き、最後は柚葉を守るために自分の力で立ち上がる強さを見せました

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒の強さとは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒は恵まれた体格の持ち主で、本来の強さには定評があります

姉である柚葉も八戒の強さを認めており、タケミチが壱番隊隊長なのに八戒は弐番隊副隊長に甘んじていることが納得できないようですw

しかし、八戒には心の弱さという弱点があります

大寿が現れると、体が震えたりこわばったりして本来の実力を発揮できないのです。

そこが姉の柚葉との決定的な差かもしれませんね。

“兄を殺す”と決めたはずなのに、八戒はやはり躊躇したのでしょう

大声を出して自分を鼓舞しないと行動に移せませんでした。

結果として、大寿に攻撃を知らせたようなものであり、八戒のナイフは大寿に届きませんでした。

対する柚葉は音もなく近寄り、大寿に一気にナイフを突き立てています。

まぁ、普通は兄を刺すなんてそうそうできるもんではないので…w

八戒はある意味人間味のある優しい弟なのでしょう。

聖夜決戦中盤までは不安定な弱さばかり目立った八戒ですが、タケミチの体を張った行動に目を覚まし、ついには恐怖の対象だった大寿を殴り返します

精神的な壁を一つ乗り越えた八戒は最後までブレることなく、戦い抜きました。

それはこれからも…。

大寿が暴力を振るい続ける限り…家族(柚葉)を守るために戦うことを宣言しました。

八戒は聖夜決戦を通して、本当の強さを手に入れたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒の兄妹とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒は3人兄弟です。

兄に大寿、姉に柚葉がいます。

大寿は1989年生まれ、柚葉は1990年生まれ、八戒は1989年生まれなので、3人年子!

大寿は体格に恵まれ、小さい頃から近所のガキ大将

中学に上がると黒龍の10代目総長となりました。

カリスマ的な強さと頭の良さを兼ね備えています。

柚葉は亡くなった母に代わり、八戒の面倒も積極的に見てくれました

兄のDVにも屈することなく、いつも勝ち気

黒龍では集金係を任されていました。

兄姉共にベクトルは違うものの家族愛が強く、八戒はこれまで愛を苦しいものだと思っていました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒と黒龍の関係性とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

大寿は家族(ファミリー)の絆を重視しています。

熱心なクリスチャンなのも影響しているのでしょう。

妹・弟は兄の言うことを聞くものだと思っています

大寿は兄である自分が黒龍の総長にも関わらず、八戒が東卍に所属しているのが気に食わないのです。

だから、タケミチが黒龍のシマに入り込んでしまったことをきっかけに八戒を黒龍に引き摺り込みました。

タケミチを助ける条件で黒龍入りを決めた八戒ですが、実は八戒には兄殺しという目的がありました…

…遅かれ早かれ、八戒は東卍を辞めていたということなのでしょう。

八戒にとって黒龍は目的達成のための隠れ蓑に過ぎなかったのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒とタケミチの関係性とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒とタケミチは同い年。

同じく東卍に所属する仲間として出会いました。

八戒はタケミチを友達として認め、家に連れて行こうとしたり最初から友好的

兄である大寿とのトラブルで東卍を辞めることになった時も、タケミチにだけ”大寿を殺す”決意を話しています

八戒は自分のことを弱いと言っていました。

東卍は強い高みを目指す勢いのあるチームです。

他のメンバーにはそんなこと言えなかったのかもしれませんね。

タケミチは聖夜決戦で八戒のためにボロボロになるまで戦ってくれました

八戒にとってタケミチは心を許せる仲間であり、家族を救ってくれたヒーローと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒と三ツ谷の関係性とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒にとって三ツ谷は本当の兄貴のような存在です。

1歳年上の三ツ谷との出会いは八戒が小学生の頃。

友達を殴っている八戒を止めたのが三ツ谷でした。

「暴力は守るために使え」

三ツ谷の教えは、力は相手を押さえつけるため、相手を従わせるために使うものだと思っていた八戒の常識を変えました。

“目の上のたんこぶ”と言いつつ、八戒は三ツ谷を心から尊敬していました

三ツ谷も八戒を信頼し、八戒の強さを認めていました。

(柚葉が言うように、実際は八戒に期待を押し付けていたことになるのですが…。)

種類は違えども家族の問題を抱えた両者は共に寄り添ってきました。

その関係は大人になっても変わりません

三ツ谷愛に溢れる八戒は、デザイナーの卵となった三ツ谷と仕事をするためにモデルにまでなっていますw

三ツ谷と八戒は本当の兄弟のように信頼し合う関係なのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒の決意とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒が東卍を辞めると決めたのは、タケミチを助けるためだけではありませんでした。

八戒には黒龍に入って兄の大寿を殺すという明確な決意があったのです。

ではなぜ八戒は大寿を殺すことを決意してしまうのでしょうか?

それは、柴家の抱える問題が関係しています。

柴家の母は若くして病死しています。

父は元々不在がちで、今は長男である大寿が実質家長のようなものです。

しかし、大寿には暴力で支配すると言う悪い癖がありました

八戒には大寿の暴力を止められません。

八戒は大寿を殺すしかないと追い詰められていったのです。

ちなみに東卍を辞めたのは、人殺しをする自分が所属しているせいで、東卍の顔に泥を塗りたくないという思いもありました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒の嘘とは?

東京リベンジャーズ/©和久井健

八戒は聖夜決戦編において、大きな嘘をついていました

この嘘は未来にも大きな影響を与えています。

八戒の嘘とは”自分が大寿の暴力から柚葉を守ってきた”ということです。

八戒はタケミチたちに、柚葉を守るために大寿から2人分殴られてきた、と話していました。

八戒が東卍を辞める理由を、三ツ谷は”柚葉を守るため”だと思っていました。

でも本当は…。

逆だったのです。

柚葉が八戒を守ってきたのです

もちろん大寿に2人分殴られてきたのも柚葉です。

最悪の未来では、大寿を殺したのは八戒とされていましたが、これも本当は柚葉がしたことです。

八戒の決意を稀咲から聞かされた柚葉が、追い詰められた八戒を助けるために行動に移した結果でした。

…八戒は柚葉がしてきたことをさも自分がしてきたことのように話していたということです。

三ツ谷は柴家の問題を知っていますが、八戒の嘘までは見抜けませんでした。

八戒のついた大きな嘘は聖夜決戦を引き起こすトリガーになったと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】柴八戒VS柴大寿

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦が始まっても、八戒は大寿が怖くて、立ち上がることができずにいました。

しかし、どんなにボロボロになっても倒れないタケミチの言葉でついに心を動かされます

「頑張ることは辛くないよ…一番辛いことは”孤独”なことだ」

「何でも話せよ…俺たちは友達だろ?」

八戒は抱えてきた大きな嘘を、ついにタケミチに話すのです。

タケミチはその嘘ごと八戒を受け止めてくれました

「そんな嘘でお前を見捨てない!!」

タケミチを筆頭に三ツ谷、千冬も八戒の前に立ちました。

ここまでされて立ち上がらない男はいないでしょう。

八戒もついに立ち上がり、大寿と対決

「家族を守るためにお前をぶっ飛ばす!」

八戒の意識も”殺す”から”ぶっ飛ばす”に変わりました

大寿を殴り、必死で食らいつく八戒ですが、実力差は埋められず…。

結果としては大寿を倒すことはできませんでした。

それでも八戒が大寿に立ち向かったことそのものが大きな一歩!

ケンカには負けましたが、精神的には大勝利と言っていいのかもしれません

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】聖夜決戦編の結末

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦編は、最悪の未来を変えるためタケミチが再び過去にタイムリープ!

八戒の兄殺しを止め、黒龍を潰し、稀咲を追い出すのがミッションでした。

しかし、苦難の連続がタケミチを待っています

八戒の嘘から始まり、稀咲の裏切り、稀咲が柚葉に渡したナイフ、八戒の隠された真実…。

全てが明らかになった時、タケミチにはやらなくてはいけないことがはっきりしていました。

(こんな兄がいて、黒龍があるから八戒は立ち直れないんだ)

「大寿…お前を倒して黒龍をもらうぞ!!」

タケミチは覚悟を決めました。

しかし、大寿は強敵です。

すでにタケミチ含め、全員が満身創痍の状態…

状況は厳しいままです。

そんな時に現れたのがマイキーでした。

「メリークリスマス」

マイキーは穏やかな顔を浮かべています。

マイキーは大寿とボロボロのタケミチたちを見て状況をすぐに理解しました。

大寿は大切な仲間である三ツ谷やタケミチを苦しめる敵です。

だからマイキーは一撃であの大寿を沈めたのです

なお、外にいた黒龍の下っ端100人はドラケンが一人で圧倒していました。

聖夜決戦は東卍トップ2人の登場であっという間に終結しました。

タケミチの奮闘もあり、八戒は兄・大寿を殺さずに勝利しました。

東卍が勝利した事で黒龍を潰すこともできました。

聖夜決戦の後、稀咲は裏切り行為が暴かれ、東卍を追放されました

「ミッションコンプリートだ」

これで未来はまた大きく変わるはずです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】アニメ・柴八戒役の声優は誰?

引用元:https://news.line.me/detail/oa-animeanime/c736694bd357

八戒を演じる声優は畠中祐(はたなか たすく)さんです。

『遊☆戯☆王ZEXAL』の九十九遊馬役で2011年にデビューしました。

その後も順調にキャリアを重ね、2016年には『甲鉄城のカバネリ』の生駒役で主演を務め、長期放送となっている『僕のヒーローアカデミア』の上鳴電気役を務めるなど、少年から若い青年、おじさんキャラまで演じる幅のある声優として大活躍中です

畠中佑さんは声優だけではなく、役者やミュージカルといった活動にも意欲があるそうです。

スタイルも顔もいい若い声優さんなので、近いうちに声優としてではなく役者としてもテレビなどで見られるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

まとめ

東京リベンジャーズ/©和久井健

聖夜決戦編はアニメ第二期で描かれることが発表されている人気エピソードです。

聖夜決戦編のキーマンである八戒は、東卍の弐番隊副隊長として登場しました。

しかし、タケミチを黒龍のシマに入れたことから東卍を辞めて黒龍に入ることに。

黒龍に入った八戒には強い決意がありました。

それは兄の大寿を殺すことです。

八戒が兄殺しを決意した理由は、大寿の暴力です。

そして、もう一つ重要な理由がありました。

それが八戒のついた嘘です。

八戒はタケミチや三ツ谷にも、大寿の暴力から柚葉を守ってきたのは自分だと嘘をつき続けていました。

ところが真実は真逆です。

八戒は柚葉にずっと守られてきたのです

嘘は大きくなり、八戒は弱い自分を誤魔化すため、大寿を殺すしかないほどに追い詰められていました。

そんな八戒を救うために、柚葉・三ツ谷・タケミチ・千冬が大集合!

自分の弱さを受け入れ、共に戦ってくれたタケミチに心動かされた八戒はついに恐怖の対象だった大寿と真正面からぶつかり合いました

結局ケンカでは勝てなかったものの、精神的には大勝利と言えるでしょう。

聖夜決戦は、マイキーとドラケンが参入したことであっという間に終結し、東卍が再び黒龍を潰しました。

ミッションコンプリートです!

八戒は聖夜決戦で精神的にも成長を遂げ、未来ではモデルとして大好きな三ツ谷と共に仕事をしている姿が見られます。

そんな未来が変わることのないように、タケミチには奮闘してもらうしかないですねw

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒聖夜決戦編の三ツ谷隆もかっこいい!三ツ谷隆の過去や柴八戒と・・

⇒長身から繰り出される最強パンチ!はっかい(八戒)とは?・・

⇒聖夜の兄弟抗争!「聖夜決戦」とは?柴兄弟に未来はあるのか?・・

⇒第8位 柴八戒(はっかい)・・

⇒柚葉(ゆずは)は八戒(はっかい)のことをどう思っている?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA