スポンサーリンク

最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』266-267話!考察!早坂愛の最終回後編!!みんなの未来を少しだけお届け?!

スポンサーリンク

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」266話より引用

ある日のこと。

少し雰囲気の変わった早坂は、たまたま側にあった車のミラーに映る自分を見てサイドテールに髪の毛を縛りました。

これは学生時代の懐かしい髪型です。

向かった先は居酒屋。

月日は流れ、早坂は大人になっていました。

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』266話!のネタバレ

それでは『かぐや様は告らせたい』266話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

5年後の世界

居酒屋に入ると、先に待っていたのは石上でした。

髪を切り、さっぱりしたちょっぴり大人の石上です。

早坂は世界を回る旅に出ていたようです。

今回はアメリカ大陸からパナマ、メキシコ、ネバダを通りながらアリゾナまで…。

石上は「すげー」と感想を漏らしました。

早坂は石上にも旅を勧めましたが、お金の問題で無理だと即答ですw

それに、今の石上は大学生。

卒業できるかどうかの瀬戸際で、旅を楽しんでいる余裕はありません。

(早坂の職業は明かされていませんが、お金と時間があるようですね。)

石上はおそらく大学4年生、卒業後は御行の会社に就職するようです。

ここはあれから5年の月日が流れた世界、ということになるでしょう。

 

スポンサーリンク

それぞれの5年後

早坂は石上から就職の話を聞き、自分もそろそろ地に足をつけて行くべきなのかもしれないと感じていました。

石上は優秀でコネもある早坂ならどこにだって就職できると太鼓判。

例えば四宮グループとか…。

早坂にとってそこだけは絶対に拒否ですがw

しばらく国外を旅していた早坂は、石上にみんなの近況を確認しました。

かぐやはCAをようやく卒業し、カメラマンとして食べていけるようになっていました。

眞妃は四条グループの証券会社に就職、大仏は大学院に進んでいました。

翼&渚夫婦は相変わらず仲良し。

在学中に妊娠した渚は息子の真喜(マキ)を出産。

赤ちゃんが居ながらもちゃんと大学も卒業しました。

でも石上と早坂が最も凄いと思ったのは息子に親友と同じ響きの名前をつけたことw

これには早坂もしっかりドン引きしました。

伊井野も大学生になり、毎日サークルの後輩を飲み潰しています。

想定以上に酒豪だったようですw

伊井野に飲まされるのが苦痛でサークルを辞めていく男が後を立たないのだとか…w

真面目な子ほど大学デビューの反動が大きい為、伊井野も弾けてしまったようですね…。

「僕も何度へべれけになった伊井野に呼び出された事か…」

そうは言いつつ、石上は伊井野と仲が良いようです。

石上が次に御行の近況について話そうとした時でした。

「俺は特に変わりないぞ」

遅ればせながら御行が登場しました。

 

スポンサーリンク

大人になるということ

御行は若くして社長となっていました。

石上を誘っているようですし、そこそこ成功しているようですね!

御行が来たところで、今度は藤原の近況についてです。

現在の藤原は親の参議院選挙の活動の為に各地を走り回る忙しい日々を送っていました。

今日は早坂が久しぶりに帰国したのに合わせて開かれた飲み会のようですが、まだメンバーは3人だけ。

実はこの飲み会にはかぐや、藤原、伊井野と言ったかつての生徒会メンバーにも声をかけていました。

でも時間通りに集まれたのは石上だけ。

御行も遅れて登場しました。

それはそれぞれが大人になり、忙しい毎日を過ごしている証拠でもあります。

寂しいけれど、それが普通なのかもしれません。

集まった3人は、ひっそりと乾杯しました。

 

スポンサーリンク

女子陣、参戦!

お酒が入り、昔話に花が咲きます。

あの頃とはもう違うけど、共有する思い出は変わりません。

早坂は微笑みました。

「なんか色々あったなぁ」

振り返れば、四宮の仕事を辞めたり、世界を旅したり…。

「あとは…まぁ色々ね」

早坂が見つめた視線の先には、コップを持つ御行の左手が映っています。

その薬指には指輪が光っていました。

その時、遅れていたかぐや、藤原、伊井野が参戦!

伊井野はすでにサークルで飲んできたようで、すっかりへべれけw

かぐやは相変わらずクールですが、早坂に久しぶりに会えて嬉しそうです。

でも1番驚いたのは藤原の変化ではないでしょうか?

いつもおバカで可愛いタイプでしたが、早坂に「ぎゅーさせて」と絡まれても「はいはい、好きなだけどうぞ」とクールな女性に!w

5年の月日が経ち、みんな大人になったのですね…。

 

スポンサーリンク

早坂愛の夢

「そういえば早坂の髪型なつかしいよな」

話は早坂の髪型に。

サイドテールにした髪型は学生時代を思い出させます。

早坂は「たまには童心に戻ってみたくなる」と答えました。

これには石上が激しく同意します。

昔は色々大変だったけど、楽しかった。

きっとそれは全ての大人が思うことでしょう。

でもかぐやは言いました。

「今も十分楽しいですけどね」

早坂にとって、この言葉をかぐやから聞けたことはとても嬉しいことだったのではないでしょうか?

御行の左手の薬指に光る指輪、親友が楽しいという”今”。

かぐやの生きる未来が幸せであることの証明です。

早坂もまた、そんなかぐやを見て幸せそうに微笑みました。

 

スポンサーリンク

早坂愛の物語

この瞬間が早坂が見たい夢なのです。

共に苦しい時代を過ごした2人。

お互いの幸せを心から願ってきました。

早坂はそんな夢を見て幸せそうに眠っていました。

これまで見てきたのは早坂にとって幸せな未来の夢でした。

早坂の物語はその日を夢見て幕を閉じました。

その未来は必ずやってくるでしょう。

その時に、どうか早坂がかぐやの側にいられますように!

 

スポンサーリンク
"
"

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ266-267話のまとめ

今回は、早坂愛の最終回のお話でした。

早坂はとある居酒屋を目指していました。

ふと、自分の髪型をかつて学生時代のサイドテールに直して登場します。

待っていたのは石上だけです。

ここはあれから5年後の世界。

早坂は長い間外国を巡る旅に出ていました。

石上からその間のみんなの近況を聞きました。

かぐやは夢だったカメラマンに。

眞妃は四条グループの証券会社に就職。

翼&渚夫婦は今でも仲良しで、息子も生まれていました。

伊井野はサークルクラッシャーとして弾けていますw

御行の話をしようとした時、本人が登場しました。

御行は若社長として活躍しているようです。

集まったメンバーはまだ早坂、石上、御行の3人だけ。

本当は女子陣にも声をかけているのですが、なかなかみんな忙しく、時間通りには集まれません。

でもそれも自然なこと。

大人になった証でもあります。

とはいえ、友情がなくなったわけではありません。

遅くなったものの、かぐや、藤原、伊井野も合流し、昔話に花が咲きました。

早坂にとっては転機となった秀知院時代。

生まれた時から関わり続けた四宮家を抜け出す事ができたのは御行のお陰でもありましたね。

でも、早坂が1番気にかけているのはやっぱり親友であるかぐやの幸せ。

御行の左手の薬指には指輪が光っていました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」266話より引用

また、みんなが学生時代を楽しかったと振り返る中、かぐやは「今も十分楽しいですけどね」と答えました。

御行との幸せな日々が想像できます。

早坂はその言葉を聞いて安心したに違いありません。

実はこれは早坂の夢…。

早坂の夢見る世界。

その日をその目で見た時に、早坂愛の物語は終わりを迎えるのでしょう。

どうか、早坂の夢が叶いますように!

次は誰の最終回が描かれるのでしょうか?

次週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『かぐや様は告らせたい』267話!石上&伊井野の最終回前編!!・・

⇒『かぐや様は告らせたい』265話!大仏こばちの最終回!!気にな・・

⇒『かぐや様は告らせたい』264話!眞妃と渚と翼の最終回後編!!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA