スポンサーリンク

【ブルーロック】乙夜影汰は本物の忍者だった?乙夜影汰の口癖や能力を徹底解説!!

スポンサーリンク

ブルーロックの作品に乙夜影汰が登場します。

彼は、忍者の様な素早い動きでフィールドを駆け回り翻弄。

その出生にも秘密のあるミステリアスな選手なのです。

その詳しい内容について語って行きたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

 【ブルーロック】乙夜影汰のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

乙夜影汰は、愛知県出身の高校3年生です。

年齢は、17歳。

誕生日は、12月3日生まれです。

彼の身長は、177cmあります。

特に好きな食べ物は、チュロスです。

嫌いな物は、お漬物。

趣味は、クラブ通いらしいです。

休日の過ごし方は、友達と遊ぶかデートを重視している様です。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】乙夜影汰の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

乙夜影汰の特徴は、アシンメトリーにメッシュの入った個性的な髪型をしています。

身長は、高いですが常に気だるそうな雰囲気でチャラさがあります。

クールであまり感情的な表情を見せる事がありません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】乙夜影汰の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

乙夜影汰は、、冷静な性格です。

しかし、女性に対しては凄まじいチェックをするチャラさを見せているのです。

そんな彼について、話をして行きます。

 

スポンサーリンク

乙夜影汰は、冷静な性格の持ち主だった?!

乙夜影汰は、常に感情を表に出しません。

彼は、忍者の末裔でその様な訓練を受けていた可能性も否定できないです。

個人的に考えてしまいますが、隠密に行動し、相手に悟られない様にする為に鍛えられたのでしょう。

ただ、気だるそうな雰囲気も見せているのでその点がそう感じさせるかもしれないです。

作中では、ずっとそうなのかと見てきましたが、実は違う面も見せています。

乙夜は、U‐20日本代表戦で活躍して行きます。

しかし、逆転されて状況を打開する為に、馬狼照英と交代。

その際に、とても悔しそうにしている光景が描かれています。

サッカーに対しては、熱い情熱を持つ素敵なプレイヤーなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

乙夜影汰は、女性好きでチャラい性格の持ち主でもあった?!

乙夜影汰は、冷静に見えますがどうやらそうでもなさそうです。

彼は、U‐20日本代表戦を終えた後、束の間の休暇を楽しんでいます。

主人公・潔世一は、カフェで寛ぐ鳥旅人達と出会います。

その中に乙夜も当然いました。

鳥や御影玲王等は、サッカーだけを視野に入れず将来の話を潔達に話して行きます。

しかし、乙夜だけは違いました。

彼は、渋谷の女性の生態調査を執拗にしていたのです。

実は、乙夜の趣味はクラブ通いです。

休みがあれば女性を口説くのに余念がありません。

サッカーで見せるギャップとの違いが、非常に面白いキャラクターです。

彼が見せるチャラさがとても笑えます。

乙夜の事は、ブルーロックの17巻を見ればよく理解できます。

因みに、千切豹馬は、彼の女性チェックが意識高すぎと評価をしています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】乙夜影汰の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

乙夜影汰の能力は、オフ・ザ・ボールの動きと高い俊敏性。

それを可能とする素早い走力を持っています。

その点について、これから語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

乙夜影汰は、忍者の様にオフ・ザ・ボールと俊敏性の高さを見せつけていた?!

乙夜影汰は、三次選考のトライアウトで能力が判明します。

彼は、鳥旅人と共にチームBに所属。

U‐20日本代表戦のスターティングメンバーに選出される為、勝利を得るために率いていく事になります。

チームAとの試合の最中、鳥は、乙夜にパスを出します。

彼は、忍者の末裔としてその身体能力を発揮します。

糸師凛の背後に素早く突き、すり抜ける様に抜き去り突破したのです。

この場面で見せた、凛に反応させないオフ・ザ・ボールの動きと素早い俊敏性が痺れます。

そこから、シュートを決めて得点を挙げているのです。

影として相手を翻弄。

気配を感じさせる間を与えません。

隙を付いて決める一撃必殺の力は、とても驚異的なのです。

乙夜にしかできない素晴らしい能力です。

 

スポンサーリンク

乙夜影汰は、凄まじい走力も備えていた?!

乙夜影汰は、俊敏性とオフ・ザ・ボールというサッカースタイルを持っています。

それを可能とする走る力も凄まじいのです。

まず、どんなにフィールドを駆け回っても疲れを見せません。

緩急自在で、瞬時にいかなる状況にも対応。

千切豹馬等の速度には及びませんが、力強く無駄なく走る事が可能。

それが、忍者の様な動きを再現できているのです。

隠密行動で、攻撃に転じる事がかっこいいです。

彼とチームを組む鳥旅人とは、非常に相性が良いです。

鳥の敵を惹き付けるハンドリング等の能力は、乙夜の力と上手くコンビネーションが発揮できます。

 

スポンサーリンク

乙夜影汰、新英雄大戦でティキタカの術を編み出し蜂楽廻と連動した?!

乙夜影汰は、ブルーロックのフェーズ2に参加。

彼は、新英雄大戦でスペインを選択しました。

蜂楽廻と共にFCバルチャのスターティングメンバーとして、ドイツ戦に挑みます

乙夜は、同じチームメイトのイグナシオ・ララからパスを受けようとします。

彼は、オフ・ザ・ボールを忍法と呼びます。

そして、ティキタカの術を駆使して、ボールを左足に当てて蜂楽廻にパスしました。

蜂楽の難しく読みずらいパスのリズムに対して、即座に反応。

蜂楽は、乙夜のその術をナイスセッションと絶賛したのです。

そして、蜂撃(ビーショット)に繋がりゴールを決めました。

乙夜だからこそ出来る能力なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】乙夜影汰の家系とは?

ブルーロック/@金城宗幸

乙夜影汰の家系は、忍者の末裔だとブルーロックの作品で明かされています。

それは、本人の口からでなくとある選手からの話で解ります。

その事について、少し話をして行きましょう。

 

スポンサーリンク

乙夜影汰は、忍者の末裔からの優れた選手であった?!

乙夜影汰は、三次選考のトライアウトでチームBに所属。

彼は、今までの選考での成績が4位でした。

3位の鳥旅人と共に率いる事になり、U-20日本代表のスターティングメンバーに選出される様に真剣に試合に挑みます。

鳥は、徹底的にマークをされる中、ゴールに向かう乙夜を発見。

彼に向かって、的確なパスを出したのです。

乙夜は、フィールドを走り回り、チームAの糸師凛の背後を取ります。

彼は、凛に反応させない動きを見せて抜き去りボールを奪います。

乙夜は、そのままゴールに向かって強烈なシュートを叩き込み得点を決めました。

凛と共に戦う氷織羊は、主人公・潔世一にある事を教えます。

それは、乙夜が鳥のキープ力を利用し、引き付けながらその場でゴールを奪うシャドウストライカーだと告げたのです。

彼は、忍者の異名を持ちそのサッカースタイルで戦う実力者だったのです。

更に氷織は、乙夜が本物の忍者の末裔だとも説明。

近くでそれを聞いた士道龍聖は、目を輝かせてヤバいと大興奮したのです。

乙夜の静かに忍び寄り無駄の無い動きは、圧巻です。

是非とも、忍を彷彿させる走りに注目してもらえれば乙夜の魅力が良く解かります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】乙夜影汰の口癖とは?

ブルーロック/@金城宗幸

乙夜影汰の口癖は、ちゅーすという発言が非常に多いです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】乙夜影汰と烏旅人の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

乙夜影汰と鳥旅人の関係性ですが、ライバルでありながらも連携が上手くできるコンビなのです。

そんな彼らの状況について、色々と語らせてもらいましょう。

 

スポンサーリンク

乙夜影汰と鳥旅人の関係は、互いを認め合う最強の仲だった?!

乙夜影汰は、ブルーロックの二次選考で鳥旅人と出会いました。

彼は、鳥と共にチームを結成。

その後、雪宮剣優等の選手を加えて、3番目にクリアできました。

乙夜は、鳥の高い能力を認めながらもライバルとして意識。

協力をしながら、2人は勝ち上がってきたのです。

三次選考のトライアウトの最中、乙夜は、鳥がハンドワークを駆使してパスしたボールを受け取ります。

得意の動きだしと俊敏さを見せて、ゴールを決めます。

彼らは、連携によりゴールを確実に決める破壊力を持っていました。

鳥は、彼の動きが遅いと駄目出しします。

乙夜は、それを五月蠅いと発言。

逆に、自分の動きにしっかり合わせろと表情を変えずに反論したのです。

チームAの氷織羊は、ずっと組んできて信頼関係があると指摘。

更に、攻撃の完成度は、ブルーロックチーム内でトップクラスレベルだと言ったのです。

潔世一は、乙夜達のコンビネーションが弱点も存在しなくて強いと驚愕。

高い実力を容赦なく見せつけたのです。

乙夜と鳥は、口がとても悪い描写があります。

それでも、互いに先の動きを読み、瞬時に反応する力がありました。

彼らの関係が、感情に引きずられないプロ意識がとても堅いと思います。

だからこそ、機動力と火力の高い動きと決め所を理解しているのでしょう。

乙夜達が見せる阿吽の呼吸は、最高だと感じます。

因みに、U‐20日本代表戦で鳥が攻撃をして行こうとします。

防御を崩す為に、最大の飛び道具として信頼できる乙夜にパスを出しています。

試合を数多く熟す程、彼らの絆は強固に築かれていくのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】三次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

乙夜影汰は、三次選考で4位のランキングになる程の能力を発揮。

その結果、U-20日本代表のスターティングメンバーに決まったのです。

そんな彼の活躍について注目して行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

乙夜影汰、チームAを翻弄し得点を挙げる大活躍だった?!

乙夜影汰は、二次選考を突破。

ブルーロックの総監督の絵心甚八は、今までの選考での評価を各選手達に付けて行きます。

その中で上位6名を中心にチーム結成。

彼は、4番目のランキングでした。

乙夜は、3位の鳥旅人と共にチームBを率いる事になります。

そして、三次選考のトライアウトでチームAと対戦。

彼は、鳥のハンドリング捌きによるボールキープを利用して行きます。

静かにフィールドを忍び足で駆け回り、パスを受けます。

糸師凛の背後に瞬時に付き、素早い速度で抜き去りました。

得意のオフ・ザ・ボールとクイックネスを披露。

右シュートを放ち、得点を決めたのです。

その後も、鳥との強固なコンビネーションで攻撃を展開して行きます。

同じチームの千切豹馬は、自分の存在をアピールする為、俊足でボールを奪います。

ゴール前に向かう乙夜に、素早いスピードでパスを出しました。

彼は、千切の速さがアガると言いヘディングシュートを決めたのです。

その後も、凛を執拗にマークし仕事をさせない様にして行きます。

しかし、チームAの反撃や潔世一が決勝点を決めて負けてしまったのです。

乙夜は、2得点挙げる活躍を見せています。

彼の速度と得点を決める力が優れていると証明した1戦でした。

その後、凛と士道龍聖が乱闘を開始。

因みに乙夜は、互いに殴り合えと煽っています。

 

スポンサーリンク

乙夜影汰、U-20日本代表戦のスターティングメンバーに選ばれた?!

乙夜影汰は、無事にトライアウトを終了。

その後、ブルーロックの総監督である絵心甚八は、セントラルルームに選手達を集結させます。

彼は、糸師凛を中心とした超攻撃特化型布陣で試合に挑むと宣言。

次々とスターティングメンバーを発表。

そして、攻撃陣としてU-20日本代表の守備を破るRWGとLWGのポジション担当者の名前を呼んだのです。

その中に、乙夜影汰が居ました。

彼が敵の裏を抜ける超絶なスピードと忍者の様な特性は、右翼を展開するにあたり相応しいと教えます。

こうして乙夜は、雪宮剣優と共に重要な役割を担当する事になったのです。

乙夜程の実力者をメンバーに加えない理由は、絵心にとって見当たらなかったのでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表戦での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

乙夜影汰は、RWGとしてU-20日本代表戦で活躍を見せています。

得点は挙げていませんが、その存在感はアピールする事に成功。

馬狼照英と交替するまで、攻撃の要としてアグレッシブな姿勢を見せているのです。

その状況について、述べて行こうと思います。

 

スポンサーリンク

乙夜影汰、U-20日本代表戦で果敢に攻撃を仕掛けて行った?!

ブルーロックチームは、運命を賭けたU-20日本代表戦に挑みます。

しかし、オリヴァ・愛空達の強固な守りを崩せません。

その最中、乙夜にボールが渡ります。

彼は、隠密突破で防御を崩そうと行動開始。

でも、彼の前に蛇来弥勒が立ちはだかったのです。

蛇来は、乙夜のオフ・ザ・ボールに即座に反応。

動きが匂うと言い、乙夜を抜かせません。

蛇来は、彼の抜こうとする領域を先回りして行きます。

更に、乙夜を下級忍者呼ばわりして馬鹿にしたのです。

この場では、仕方なく潔世一にパスを繋げて行きます。

その後、ブルーロックのメンバー達は、得点を得るために攻めに徹します。

混戦の続く中、蛇来はボールをクリアしようと疾走。

すると、乙夜がこぼれ球に反応し、抜き去ります。

彼は、強烈なシュートを放ちます。

それは、仁王和真の顔面ブロックで防がれてしまいました。

そのボールを、凪誠士郎が決めて同点に追いつきます。

乙夜は、ヒーローになり損ねたと呟いています。

それからも、試合は一進一退の攻防が展開されていきます。

鳥旅人は、ゾーンディフェンスを作るU-20の防御陣を打ち破る為に乙夜にパスを出します。

乙夜の前に、再び蛇来が現れます。

彼は、鳥と千切豹馬との連携を起こして行きます。

それは、糸師凛のシュートに結び付き、逆転に成功。

ブルーロックチームは、1点のリードで前半戦を終了できました。

乙夜はとてもクールですが、攻撃のシーンには迫力があります。

蛇来に邪魔されたりしていますが、それを上回る活躍は光っていると思います。

 

乙夜影汰、後半戦で馬狼照英と交代する事になってしまった?!

乙夜影汰は、後半戦でも勝利の為に自分の能力を発揮しようとします。

しかし、U-20日本代表側に行った士道龍聖が出場。

彼は、糸師冴のサポートで得点を決めます。

更なる覚醒を見せて、FLOW状態になり逆転をしました。

ムードが落ち込むブルーロックチームでしたが、総監督の絵心甚八が口を開きます。

敗北は確定だが、世界中にその存在をアピールできた自分達の勝利だと宣言。

でも、主人公・潔世一は、この試合に勝ちたいと強く訴えていきます。

絵心は、静かにそれに応える事にします。

切り札として、ベンチ入りしていた馬狼照英を投入する事を決意。

後半15分で、乙夜は、交代する指示がきました。

彼は、悔しそうな表情を見せています。

乙夜は、戻る際に、馬狼にあるアドバイスをします。

あまりにも強い殺気が漂っているので、DFにバレるから消した方がいいと発言したのです。

馬狼は、乙夜に対してこれは覇気だと告げました。

後半では、残念ながら乙夜の活躍が見られません。

交代劇が無ければ、もっと鋭い動きで攻撃の要になっていたでしょう。

これがきっかけで、ブルーロック側は息を吹き返して勝利する事になって行きます。

乙夜の出場は、決して無駄にはなって居なかったのです。

彼が居なければ、U-20日本代表チームに簡単に得点を決められて敗北確定のフラグが経っていたかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!乙夜影汰の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ブルーロックは、フェーズ2のプランに移行。

W杯で優勝する実力を付ける為、施設内で欧州5大リーグによる試合である新英雄大戦が開催されます。

総監督の絵心甚八は、集結した選手達に各国を選ぶ様に指示。

その最中、乙夜影汰は、スペインに行く事を決意します。

彼は、情熱の国としてのイメージがあると言う理由で選択しています。

乙夜は、指導者ストライカーのラヴィーニョが与えたトレーニングを熟して行きます。

第一試合は、潔世一が所属するドイツのチームと対戦する事が決定。

何と、乙夜は、蜂楽廻と共にFCバルチャのスターティングメンバーとしてフィールドに登場します。

彼は、試合の中で蜂楽と上手く連動していき得点に繋がる活躍を見せています。

チームを陰から支える発電機的な役割を果たす姿が描かれています。

乙夜の磨きが掛かった高い能力は、作品で確認して頂ければよく理解できるでしょう。

 

スポンサーリンク

  まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

乙夜影汰は、三次選考から登場するキャラクターです。

とても個性的で面白いと思います。

本当に忍者の末裔という所が、とてもポイント高いです。

その力を最大限に発揮し、フィールドで大活躍する姿は美しいです。

無駄の無い隠密行動と、一撃必殺のシュートは痺れます。

U‐20日本代表戦では、蛇来を退け攻撃のチャンスを何度も作っています。

ブルーロックチームにとって、彼は非常に欠かせない存在です。

その反面、プライベートではチャラさが光っています。

女性を口説くのに熱心で、サッカーとはまた違った一面があり面白いです。

フェーズ2では、新英雄大戦に参加。

情熱の国というイメージでスペインを選択しています。

ここで、いきなりスターティングメンバーとして出場しその能力の高さを披露しています。

乙夜の能力に更に磨きが掛かりました。

今後も、彼の大活躍に期待して注目して行こうと思います。

これからも、忍者の動きで、敵味方を翻弄させる姿を見てみたいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA