スポンサーリンク

最新ネタバレ『ブルーロック』189-190話!考察!凪・御影コンビ、最強の連携で攻める

スポンサーリンク

金城宗幸×ノ村優介「ブルーロック」189話より引用

前回のブルーロックは、様々な出来事が発生しました。

攻撃を仕掛けるアギに対して、國神錬介が1対1の戦いを挑みます。

互いに譲らない駆け引きは、激しかったです。

アギが國神を優秀な筋肉お化けだと評価したところが面白かったです。

一方、主人公・潔世一は、千切豹馬の乱入をチャンスだと見切ります。

超越視界(メタ・ビジョン)の使用し、ボールをカットしてゴールを狙おうとします。

しかし、またしてもカイザーと鉢合わせになり失敗してしまいました。

カイザーが潔の進化を見て、苛立ちが多くなった気がします。

やはり、潔の存在が驚異的だと感じる様になってしまったのかもしれません。

その隙を突き、御影玲王は複写変化(カメレオン)を発動。

己の実力を証明する事と、親友である凪誠士郎にパスを繋げる為に奮闘します。

アギが注意しても、自分なら凪を活かせると断言。

御影の自信に満ち溢れる発言が痺れました。

そして、御影と凪は、FLOW状態に突入してしまいました。

バスタード・ミュンヘンのDFを寄せ付けず、ゴールを決めるだけです。

2人のスーパープレーは、次第にフィールドを支配し始めます。

彼らがどんな結果を出すのか興味深いです。

そのアクションが、潔達にどう影響を及ぼすかも気になります。

それでは、今回も189話を詳しく語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

『ブルーロック』189話!のネタバレ 

それでは『ブルーロック』189話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

潔世一、凪と御影達に危機感を覚える

潔世一は、御影玲王と凪誠士郎の姿を見て驚愕します。

彼らが以前の様に共闘を開始した事に危機感を感じたのです。

潔は、2人が輝いている様に見えました。

仲が悪かった筈なのに、キレキレの動きをフィールドで発揮していました。

潔は、自分達のチームであるバスタード・ミュンヘンを脅かす存在になるだろうと肌で理解。

ここで、確実に御影達を潰すしかないと決断します。

潔は、超越視界(メタ・ビジョン)を発動。

御影と凪を捕まえる最高点を予見し始めたのです。

 

御影と凪の動きが鋭くとても素早すぎます。

彼らの動きを見た潔は、不安になります。

そんな潔の予測は、正しいと思いました。

彼は、凪達を食い止める為には超越視界しかないと選択。

凪達の到達地点の情報をリアルタイムで分析開始。

潔の能力と凪達の連携、どちらが勝利するのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

御影玲王、凪の為に奮い立つ

御影玲王は、ボールをキープしながら凪誠士郎と共にゴールを目指します。

そこに黒名蘭世がカットしにやって来ます。

御影は、フットワークをその場で披露。

黒名は、御影の動きに警戒します。

すると御影は、瞬時に黒名を抜き去ります。

黒名は、御影のテクニックが鬼の様に上手いと評価する事しか出来ません。

御影は、複写変化(カメレオン)の能力を使用。

正確無比なパスを凪誠士郎に出して行きます。

そして、御影と凪は、ワンツーパスを繰り返してじわじわと攻め込んで行きました。

バスタード・ミュンヘンの選手達は、凪達の動きがキレキレでレベルが高くなったと恐怖感を感じます。

ミヒャエル・カイザーは、考えるのは後にして動けと指示。

凪と御影を止める為に、全員が向かって行ったのです。

御影は、走りながらある事を考え続けていました。

世の中の全ての出来事が面倒臭くて無気力な生活を続けていた凪誠士郎。

彼が今、W杯優勝という夢に向かって熱いプレーをしている姿に驚いていたのです。

自分と凪の関係は、ブルーロック内で1度終了。

別々になり、御影は様々な感情を抱きました。

悔しさや恨み、孤独を感じたが全ては無駄でなかったと悟ったのです。

それは、自分が凪と夢を叶える為に協力する事が使命だと理解。

凪が御影に対してずっと一緒だと言った事を何度も思い出します。

御影は、その言葉を聞くだけで何度も立ち上がり奮起できると喜んでいたのです。

自分は、凪となら何度も夢を見られると覚悟を決めました。

 

御影は、複写変化を連発。

バスタード・ミュンヘンのDF陣に触れさせません。

凪は、御影の動きを見てヤバいと感じました。

あまりの上達ぶりに内心ビックリしていたのです。

御影のターンが熱いです。

黒名をキレキレのフットワークでぶち抜く所は最高過ぎます。

複写変化やテクニックも格段にレベルアップしています。

それは、バスタード・ミュンヘンの選手達に危機感を与えました。

更に、カイザーに指示を出させる程でした。

御影は、凪との別れで様々な感情を抱きました。

それは、全て凪と共に戦う為の試練だったと納得。

吹っ切れた御影の表情が素敵です。

凪が内心、御影の上達に焦っている所が面白かったです。

 

スポンサーリンク

凪誠士郎、創造的なプレーを大爆発させる

凪誠士郎は、御影玲王からパスを貰います。

凪は、御影が自分のボールが欲しいポイントをしっかり理解していると満足。

イメージ通りの場所にパスを叩きこんでくれると喜んでいました。

凪は、御影とワンツーパスを繰り返し誰も寄せ付けません。

凪は、御影のパスが気持ち良いと感じていました。

彼のトラップやパスが命が吹き込まれた様に躍動感溢れ出します。

凪と御影は、阿吽の呼吸で攻めて行きます。

御影は、もっと行くぞと顔で訴えます。

凪は、全部良いと承認。

遂に、彼らは、バスタード・ミュンヘンのゴールを守る最後のDF陣に近づきました。

御影は、ここが勝負所だと判断。

彼は、跳弾突破球(バウンディング・スルー)を見せます。

ボールがフィールドの地面に思いっきり叩きつけられます。

撥ねたボールが凪誠士郎に勢いよく向かって行きました。

凪は、御影のパスがそう来たかと理解。

彼は、ボールを肩で受けてトラップします。

身体に沿わせて、空中で受け取る為に右踵を使用。

間髪入れずにヒールリフトで、DFを抜き去りました。

御影は、そんな凪を見て呟きます。

自分の宝物だと満足していたのです。

 

凪、凄く楽しそうに見えました。

御影とのパスも上手く成立し、アグレッシブな姿勢が痺れます。

凪と御影の無双っぷりが凄すぎます。

ゴールを決めるポイントだと御影が判断。

そこで見せた跳弾突破球という高度でカッコイイ技を披露してくれました。

そのボールは、勿論凪誠士郎の所に到達。

凪が肩でトラップし、ヒールリフトで抜き去る所は圧巻でした。

彼の創造性が凄まじいです。

凪と御影の夢が実現できるのか期待大です。

 

スポンサーリンク

御影玲王の判断と選択

凪誠士郎は、御影玲王と共にフィールドで一番熱い場所を作ろうとしていました。

ゴールを決めようと彼は、ボールを取ろうとします。

すると彼の前に2人の選手が近づきました。

それは、ミヒャエル・カイザーと潔世一でした。

カイザーは、一緒に到着した潔に向かって舌打ちします。

凪のボールは自分のものだから退けと言い放ちます。

しかし、潔も退きません。

ここが自分の超越地点(メタ・ポイント)だと拒否したのです。

凪と御影は、驚いていました。

自分達のプレーや行動が読まれていたと恐怖感を感じます。

すると凪は、突然、ボールを踏みつけてその場に止まります。

凪は、ヒールで御影にボールを返します。

御影は、それを察知します。

ゴールを決めるラストパスを自分に出せと指示していると理解。

御影は、ゴール前の状況を判断します。

前に居るのは、潔とカイザーでパスのベストな場所を模索。

カイザーの裏を掻くのか、成功率の高い方法を瞬時で分析して行きます。

でも、御影はある事に気づきました。

それは、凪の背中が自分を呼んでいると見抜いたのです。

 

御影は、1つの選択をします。

凪と御影の動きをカイザー・潔は、決して見逃しません。

またも超越視界の能力でぶつかりあう2人は、良い争いとなります。

カイザーと潔の意地とプライドが激しくぶつかり合ってます。

このバチバチが個人的には、とても大好きです。

凪や御影は、見抜かれた事に驚愕。

しかし、凪は堪えて御影にパスを出します。

御影は、ゴールに繋がるラストパスを放てという思いを察知。

カイザーの裏を掻くか、どの方法で行くか瞬時に判断しようとします。

御影は、凪の呼び声や本能で決断。

彼の選択が成功するのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

潔世一と凪誠士郎のマッチアップ開始

御影玲王は、複写変化を使いました。

その正確で素早いパスは、ゴールに走り込む凪誠士郎に向かっていたのです。

御影は、凪の夢がそっちだろうと言い放ちました。

凪は、御影に対してYES BOSSと受け答えします。

ボールは、勢いよく凪の到達地点に落ちて行きます。

凪誠士郎は、そこに走り込んでいました。

しかし、潔世一も瞬時に反応。

凪と潔の1対1の対決が始まろうとしていたのです。

 

御影は、凪の思考を瞬時に悟ります。

勿論、凪の望む地点にパスを出しました。

凪と御影の連携が最強すぎます。

でも、潔が超越視界で見抜きカットにやって来ました。

凪は、このチャンスを決めることが出来るのか楽しみです。

それとも潔が更なる進化を見せて阻止できるのかもポイントです。

久々の潔と凪の対決です。

とても熱く激しい展開になりそうで興味深いです。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブルーロック』ネタバレ189-190話のまとめ

今回のブルーロック189話も盛り上がっていました。

潔は、凪と御影の連携を驚異的に感じます。

超越視界を使い、ここで潰さないと大変なことになると肌で感じました。

御影は、凪と再び戦える事に喜んでいた所がとても印象的です。

別れや様々な感情を抱きましたが、成長した所に感動。

金城宗幸×ノ村優介「ブルーロック」189話より引用

そして、凪の為なら何度も立ち上がり奮い立ちできると覚悟した御影がカッコ良いです。

御影のパスで、凪の創造性溢れるプレーが大爆発。

バスタード・ミュンヘンのDF陣を寄せ付けないのが凄まじいです。

もう神業過ぎて鳥肌が立ってしまいました。

それでも、凪達の前に潔とカイザーが現れます。

潔とカイザーの言い合いが面白いです。

超越視界で動きを見抜かれた事に驚く凪と御影。

それでも、凪は、ゴールに届くラストパスを御影に託します。

信頼関係が無ければこの判断は出来ないでしょう。

御影は、凪の呼び声に従い複写変化を使用。

最適なパスを出します。

しかし、そこには潔も向かっていました。

凪と潔のマッチアップは、どちらに軍配が上がるのか見所満載です。

予測できない結末が発生しそうな予感もします。

これからの展開に期待しましょう。

また、次の話で続きを語りたいと思います。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブルーロック』190話!凪誠士郎、五連式回天空砲蹴撃を放つ・・

⇒『ブルーロック』188話!御影と凪のFLOW・・

⇒『ブルーロック』187話!御影玲王、再び凪誠士郎と組む・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA