スポンサーリンク

【ブルーロック】法一保守のモデルはあの人?法一保守にとって青い監獄は邪魔な存在!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品に、法一保守なるキャラクターが登場します。

彼は、U-20日本代表の監督としてブルーロックチームを倒す為に指揮。

一見、穏やかそうですが腹の底が黒い部分があります。

しかし、法一なりにチームに対する愛情が非常に深い所も見せているのです。

その詳しい内容をこれから語って行きたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】法一保守のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

法一保守は、U‐20日本代表の監督を担当しています。

人の意見を聞かずに、自分の構想を押し付ける為、耳なし法一というあだ名を持っています。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】法一保守の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

法一保守の特徴は、短髪でスーツを常に着用している中年男性です。

顔には、皺があり年齢相応な老け具合が見られます。

普段の表情は、温厚で優しそうな雰囲気が漂っています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】法一保守の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

法一保守の性格は、自信を持っている部分もありますが、気弱で些細な事に怯えたりする面も持っています。

しかし、U‐20日本代表の事を侮辱されると怒りを表しています。

そんな彼の性格について、語って見ましょう。

 

スポンサーリンク

法一保守は、自分に自信を持っていて揺るがない性格だった?!

法一保守は、U‐20日本代表を指揮して、ブルーロックチームと対戦する事になりました。

彼は、勝利する為に世界で活躍する糸師冴を初召集したと自信満々に発表。

冴を加えて、日本代表の威信にかけても負けられないので頑張ろうと力強い発言をしたのです。

勝利するのが間違えないと言う、強い思いとエネルギーに満ち溢れています。

全く負けるとも想定していないのです。

この様な超ポジティブ過ぎる面が、とても羨ましいと感じます。

 

スポンサーリンク

法一保守は、気弱で恐怖に怯える性格でもあった?!

法一保守は、強い自信家かと思えばそうでもありません。

後で語りますが、会長の不乱蔦には、詰め寄られて弱気な面を見せています。

そして、怯えてグダグダな対応をして青褪めて恐怖している光景が作中で描かれています。

明るくポジティブな面があるかと思いましたが違いました。

糸師冴にも厳しいツッコミを喰らい、テンション低めに発言もしています。

監督らしいリーダーシップや采配が全く無いのです。

強気な部分があれば、U‐20日本代表選手達は協力的だったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

法一保守、U‐20日本代表の事を馬鹿にされると怒る性格もあった?!

 

法一保守は、後半戦でブルーロックチームに同点に追いつかれます。

糸師冴は、彼に打開して勝利する作戦はあるのかと聞いてきました。

法一は、守備を強化する無難なやり方を発言。

それを聞いた冴は、教科書通りで勝利する事の無い愚策だと否定したのです。

すると、法一は、初めて冴に怒りを見せます。

彼に対して黙る様に命令。

自分は、監督の立場であるので言われる筋合いはないと感情を露わにします。

更に、U‐20日本代表のチームの将来を考えての判断だから勝手な事を言うなと指摘したのです。

今までは、糸師冴の言動や振る舞いを黙認。

しかし、この時だけは感情を剥き出しにしていたのです。

もう少し、このような表情や意見をしっかり言っていれば信頼関係が築けたのではないかと想像してしまいます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】法一保守の職業とは?

ブルーロック/@金城宗幸

法一保守の職業は、U-20の日本代表監督です。

ブルーロックの作品内では、日本サッカーの実力を世界に示す為に奮闘をしています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】法一保守の目的とは?

ブルーロック/@金城宗幸

法一保守の目的は、U-20日本代表を勝利させてブルーロックプロジェクトを潰す事と金儲けする2つの事を成功させる為に行動しています。

それは、日本フットボール連合の不乱蔦宏俊の考えと一緒なのです。

その部分について、少し語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

法一保守の目的は、U‐20日本代表を勝利させる事が必須の目的であった?!

法一保守は、U‐20日本代表の監督に就任。

彼は、サッカー界に革命を起こそうとする絵心甚八が率いるブルーロックチームと対戦する事になりました。

日本フットボール連合の会長である不乱蔦宏俊は、とにかくサッカーをビジネスという目線でしか考えていません。

強化策等を実行しなくても、日本代表というブランドで儲かる事が可能だと認識していたのです。

法一は、権力者の不乱蔦から試合で必ず勝利する命令を受けます。

彼も監督としての評価と成功を得る事に必死だったのです。

会長の命には、更に逆らえません。

試合に勝つ事で、U‐20日本代表の実力の高さを示し、目障りなブルーロックチームを潰す為に動いて行ったのです。

 

スポンサーリンク

法一保守が持つもう1つの目的は、糸師冴を招集させて金儲けも視野に入れていた?!

法一保守には、実はもう1つ目的があったのです。

それは、海外で活躍する世界一のミッドフィルダーを目指す糸師冴をU‐20日本代表に召集する事だったのです。

日本サッカー界の話題作りと、プライドを掛けての為、交渉を重ねて行きました。

何とか冴を代表に加える事に成功。

糸師冴の知名度を利用して、日本フットボール連合に黙っていても莫大な利益が入る様に力を尽くしていたのです。

殆ど、会長の不乱蔦の指示だったのでしょう。

ただ、お金が無いと試合も遠征も不可能。

トレーニングや選手達のレベルアップも出来ません。

法一は、リアルな問題から目を背けずに考えていたのではないかと思います。

糸師冴のグッズや、スタジアムのチケットが爆売れすれば貢献度も高くなると野心があったのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】法一保守と不乱蔦宏俊の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

法一保守と不乱蔦宏俊の関係性は、監督と会長と言う立場で日本フットボール連合に深くかかわる間柄です。

U-20日本代表が試合で不利になった時、不乱蔦は法一に厳しく詰め寄る面を見せています。

そんな2人について、話をして行きます。

 

スポンサーリンク

法一保守と不乱蔦宏俊は、監督・会長という立場でブルーロック潰しと金儲けを企んでいた?!

法一保守は、U-20日本代表の現監督です。

不乱蔦宏俊は、日本フットボール連合会長の役職に付いています。

法一は、とにかく不乱蔦が上の立場であり命令をしっかり聞いていきます。

そして、勝利の為にあらゆる手を尽くして行きます。

それは、全てが金儲けの為だったのです。

日本フットボール連合には、サッカーの収益が自動的に入って行きます。

ビジネスとして利益が出て、とても旨みがあると判断。

不乱蔦は、何もしなくても観客動員や話題性を利用すれば良いと考えていたのです。

法一もそれに激しく同意。

不乱蔦は、U‐20日本代表がブルーロックチームにリードされた時にある事を発言しています。

彼は、法一に対して、逆転して勝利する事が重要だと強く教えます。

問題児の士道龍聖を後半から出場させるように指示。

法一は、それはあまり得策ではないと否定します。

すると、不乱蔦は、目を血走らせて怒鳴り散らします。

試合の興業が最優先

仕方がないから、強硬手段を取ったのです。

法一も本心は、違ったのかもしれません。

それでも、逃れられないポジションにいるのでそれに従うしか選択肢は無かったのではないかと感じます。

時代劇に出てくる、悪代官と商人達の賄賂のやり取りをどうしてもイメージしてしまいます。

財政は大事なんでしょうが、あまりにお金に目が眩み過ぎです。

 

スポンサーリンク

法一保守、ブルーロックチームにリードを許し不乱蔦宏俊に容赦なく詰め寄られていた?!

法一保守率いるU-20日本代表は、何とブルーロックチームに試合でリードを許し前半終了。

すると、不乱蔦宏俊は、その状況に大激怒。

彼は、直ぐにスタジアムの裏通路に居る法一を見つけて掴まえます。

肩を掴み、壁に身体を押し付けて興奮して迫ってきました。

不乱蔦は、法一に何故負けているのだと叱ります。

大金を出して糸師冴を招集している以上、負ける事は許されないと胸倉まで掴みます。

法一は、ブルーロックチームが自分達の想定以上に強いと告白。

しかし、不乱蔦の怒りは全く治まりません。

彼は、法一に言い訳は不要だと更なる怒りをぶつけて行きます。

スポーツは、結果が全てで勝てば正義だが、負ければ悪となるのが常識。

試合に勝利して、糸師冴を日本代表の大スターにして自分達が正しいと証明するのだと教えます。

法一は、顔を青白くしてそれを承知。

不乱蔦は、どんな手段を使っても構わないからブルーロックを必ず潰せと鼻息を荒くしていました。

そして、士道龍聖を後半戦から使えと怒鳴ります。

法一の無能さを、これ以上晒さす訳にはいかないという判断を決定。

U‐20日本代表が有利だったら、こんな事は発生しなかったと思います。

因みに、後半戦でブルーロックチームが馬狼照英の得点で同点。

その際には、不乱蔦は怒りの表情を法一に隠さずに見せつけています。

そして、ジェスチャーで負けたら解任だと示しています。

法一を見ていると、上司と部下の板挟みとなっている中間管理職という雰囲気が漂っています。

少し哀れに思えます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】法一保守の目的は失敗に終わった?

ブルーロック/@金城宗幸

法一保守の目的は、会長の不乱蔦と共にブルーロックチームに勝利し潰す事でした。

が、見事に失敗して敗北。

糸師冴や士道龍聖を招集しても、勝利を掴む事が出来なかったのです。

彼の企みは、どうして失敗に終わってしまったのか気になります。

その内容について触れて行きましょう。

 

スポンサーリンク

法一保守の目的が失敗した理由:その①無能で指導力が無かった?!

法一保守は、U‐20日本代表の力を試合で見せつけ、ブルーロックチームに勝利する事が目的でした。

しかし、前半戦で凪誠士郎達の活躍でリードを許してしまいました。

それに激怒した日本フットボール連合の会長・不乱蔦宏俊は、法一に迫ります。

世界的なプレイヤーの糸師冴を加えた実力が高い筈なのに、無名チームに負けるのは信じられないと詰め寄られました。

本来ならば、得点すらも許さない状況。

不乱蔦は、彼を無能呼ばわりしています。

更に、前半で選手達に戦術等の指示を全く与えていません。

信頼するのは良い事ですが、指導力が欠けていると言う結果を暴露している様なものです。

優秀で、命令や指導する力が高かったのなら失敗は無かったでしょう。

個人的にそう考えています。

 

スポンサーリンク

法一保守の目的が失敗した理由:その②糸師凛や士道龍聖を自分の思い通りに活用できなかったから?!

法一保守率いるU‐20日本代表は、後半戦でブルーロックチームの馬狼照英によって同点に追い込まれました。

彼は、追い込まれて選手交代をするか迷います。

更に、引き分けという結果に持ち込んだら失態を許してもらえるかもしれないと保身ばかり考えていたのです。

そこに、糸師冴がやって来ます。

彼は、法一を傀儡(パペット)呼ばわりします。

この状況を打開する策があるのかと、突然質問されたのです。

法一は、守備を固めてとにかくカウンター狙いのセオリー通り過ぎる戦術を告白。

冴は、教科書通りでオリジナリティもない愚策だと馬鹿にしました。

そして、怪我以外での交代枠は絶対にするなと釘を刺されます。

法一が監督としてのプライドや立場を理解しているのなら、フィールドで発生している自分達の選手達の熱量をしっかり感じろと指摘。

一選手として冷める事をするなと暴言を吐かれたのです。

後半から起用した士道龍聖のコントロールも不可能。

もし、法一が彼らとコミュニケーションを計り、上手く指示して戦術を実行できたのなら成功できたのではないかと感じます。

ただ、法一自身が現状維持。

後ろ向きな姿勢だったら、とても困難だったと思います。

ブルーロックチームに負ける運命は、覆せなかったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】法一保守のモデルとは?

ブルーロック/@金城宗幸

法一保守のモデルは、日本代表監督の森保一氏ではないかと思われています。

現実世界の日本代表を指揮する偉大な方です。

森保氏は、元サッカー選手で大活躍された功績があります。

ボランチという用語を生み出したきっかけになった人物とも評価されています。

ユース時代から頭角を見せて行き、マツダのクラブに所属。

Jリーグが発足されてからは、サンフレッチェ広島や京都パープルサンガ、ベガルタ仙台に在籍。

日本代表としても初召集された実力者です。

森保氏の風貌が、ブルーロックの作品に出ている法一と非常に似ています。

個人的にも法一保守というキャラクターは、森保氏をイメージして生み出したのではないかと感じています。

 

スポンサーリンク

   まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

法一保守ですが、インパクトが薄い不幸な監督です。

一見、穏やかで人当たりの良い感じのする雰囲気が漂っています。

手腕がありそうな感じもしますが、どちらかというと古い戦術や慣習。

保守的な姿勢が見られます。

しかし、ブルーロックチームとの対戦が彼の運命を変えます。

糸師冴や士道龍聖と言った強力なジョーカーを手に入れたにも関わらず、残念ながら敗北という結果を迎えてしまいました。

本気で人生を変え、世界一を目指すブルーロックの熱量を理解できなかった事。

守ってチャンスを狙う事に拘り過ぎたのが、敗因だったのかもしれません。

自分の考えや思いをはっきり伝えて、U‐20日本代表のメンバーや冴達に素直な気持ちをぶつけて行けば違った結果に辿り着けた可能性も否定できないです。

会長の不乱蔦に操られて、少し可哀そうだと感じました。

それでも、自分のチームを馬鹿にした冴には怒りを見せています。

本当は、大切な事を良く解かっているキャラクターなのではないかと思います。

敗北後、絵心甚八がU‐20日本代表選手達もブルーロック・フェーズ2に参加させています。

その後、法一保守の登場は全くありません。

不乱蔦の怒りを買い、解任された可能性も高いです。

再登場もあるかどうかは、不明です。

作中に姿を見せるのであれば、敗戦を機に改めてパワーアップした姿を個人的に見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA