スポンサーリンク

【ブルーロック】我牙丸吟が意外な才能を発揮?我牙丸吟の能力や活躍を大紹介!!

スポンサーリンク

ブルーロックの作品に我牙丸吟が登場します。

彼は、主人公・潔世一と共に世界一のストライカーを目指して行きます

しかし、過酷な選考争いの中で、彼の意外な才能が判明

それが開花して行き、大活躍をしていく事になるのです。

その詳細について語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】我牙丸吟のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

我牙丸吟は、和歌山県出身の18歳です。

誕生日は、1月2日。

身長は、190cmあります。

好きな食べ物は、肉です。

趣味は、マンガを読む事。

休日は、竹林で迷走したり、山の動物と話す行動を楽しみにしているサッカー選手です。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】我牙丸吟の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

我牙丸吟は、身長がとても高いです。

そして、髪が長く後ろで束ねています。

目がとても大きく、ボーっとしている表情を見せている事が多いです。

後、野生児の様な雰囲気を持っています

餃子を箸も使わず、手掴みで食べている描写があります。

天然でワイルドさも漂っています

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】我牙丸吟の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

我牙丸吟は、とても変わり者ですが人の悪口も言わない良い性格の持ち主です。

ブルーロックチームでも、話しかけられていて意外に愛されキャラクターに見えます。

一見、何を考えているのかわかりません。

しかし、素直で正直な意見を言ったり呟いたりしています。

人の説明や評価をよく聞き、納得したら嬉しそうにしたりしているのです。

また、作品内で彼はポジションを変更していく事態になりました。

その状況でも、試合に出れれば幸せだとポジティブに考え受け入れる柔軟さもあるです。

そんな性格が、我牙丸吟というキャラクターの魅力となっているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】我牙丸吟の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

我牙丸吟は、肉体のバネが凄まじい驚異的な能力があります。

それは、潔世一や周囲の選手達も驚く程です。

その紹介を少しして行きましょう。

 

スポンサーリンク

我牙丸吟は、並外れた能力である肉体のバネを武器にして戦っていた?!

我牙丸吟は、非常にしなやかな肉体の持ち主です。

その身体から使われるバネの能力が非常に高いのです。

これを利用して、どんな場所でも厳しい体勢からでもゴールを狙う事が可能

届きそうだと判断したら、ヘディングシュートや足を出してシュートして行きます。

自分がチャンスだと思ったら、迷わずに攻撃しているのです。

この力で得点を決めていて、チームZの危機を救い、自分自身のアピールも知らない内にしています。

これは、後に我牙丸の進化・覚醒にも繋がっていきます

その事は、後で話をして行きます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】我牙丸吟の進化・覚醒とは?

ブルーロック/@金城宗幸

我牙丸吟は、特にU‐20日本代表との戦いで進化・覚醒の片鱗を見せています

その部分について話します。

 

スポンサーリンク

我牙丸吟は、U‐20日本代表戦でGKとしてボールを防ぐ進化・覚醒を見せていた?!

我牙丸吟は、ブルーロックの三次選考まで勝ち進んで行きます。

彼は、総監督の絵心甚八からU-20日本代表戦のスターティングメンバーに選ばれました。

但し、ポジションは、GKだったのです。

その理由は、彼の身体能力がGK適性数値のトップレベルに達していたからでした。

我牙丸は、当初は戸惑いましたが、それを知り納得

GKとして出られるのならそれで良いと判断します。

そして、U-20日本代表と運命を掛けた試合に参戦。

GK経験の無い我牙丸は、守備に対応して行きます。

しかし、U-20日本代表の閃堂秋人がその隙を突き強烈なシュートを放ちました。

彼は、驚異的な身体能力を利用

GKとして、超反応でパンチングをしてゴールを阻止したのです。

その後、得点を獲られながらも元ブルーロックチームだった士道龍聖のシュートが襲い掛かります。

直感に頼りながらも、逆立ちしてブロックする事に成功。

彼は、ストライカーではなくGKとして才能を開花させたのです

ゴールを守る為に、機転を利かせた我牙丸の動きは、ブルーロック内で鍛えられた事で生まれた進化・覚醒だと断言できるでしょう。

防御でスーパープレーを見せる我牙丸の姿は、とても痺れます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】一次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

我牙丸吟は、一次選考で大活躍を見せています。

恵まれた身体能力の高さを見せつけて、所属するチームZに貢献しています

その様子を話してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

我牙丸吟は、一次選考で驚異的な身体能力を使い積極的な攻守でチームZを救った?!

我牙丸吟は、一次選考でチームYと対戦します。

彼の所属するチームZは、司令塔である二子一揮のフィールドコントロールに苦戦

主人公・潔世一は、何とか得点を決めようと足掻きます。

しかし、彼は、誰もいないゴールの空間にアーリークロスを仕掛けます。

それは、遠すぎて失敗したと反省。

でも、我牙丸がボールに反応したのです。

彼は、身体の全身のバネを活かし、ヘディングシュートを仕掛けます。

フィールドの地面に顔を打ち、鼻血を流してしまいました。

その後、潔がシュートをしますが二子達に阻止されてしまいます。

すると、そのこぼれ球を我牙丸が長い足で決めたのです。

ゴールポストに激突しながらも、チームZの全員に追加点を取り逆転すると宣言

彼のプレーが士気を上げて、勝利する事に成功。

最終戦のチームVとの死闘では、開始早々、蜂楽廻のパスに合わせてダイビングヘッドを行います。

しかし、残念ながら得点に結びつきません。

それでも果敢に攻めていく姿勢は、全く崩さなかったのです

後半も、蜂楽のパスに反応し、スコーピオンアクロバットシュートを実行。

ゴールに入るかと思いましたが、寸前で剣城斬鉄に防がれてしまいました。

その後も、強烈なシュートを披露しますが、御影玲王にブロックされました。

悔しがる表情を見せた我牙丸でしたが、こぼれ球を國神錬介が決めます。

その後、凪誠士郎がチームZのDF陣を抜き去り得点を決めようとします。

我牙丸は、必死に全力疾走

ゴールに入る直前のボールをクリアします。

それを、潔世一に繋げて決勝点が決まり勝利しました。

この我牙丸の活躍で、チームZは一次選考を通過できたのです

彼がいなければ、突破は非常に難しかったと思います。

チームZにとって、陰の救世主だったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

我牙丸吟は、二次選考を突破しましたが詳しい活躍は描かれていません。

しかし、以前対戦した鰐間淳壱に誘われてチームに加入

その後、各ステージを勝ち上がり三次選考に進むことに成功しています

その内容について、少し触れて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

我牙丸吟、鰐間淳壱に高評価されチームの一員となった?!

我牙丸吟は、二次選考の1stステージをクリアしました。

彼は、2stステージに進もうと周囲を確認。

しかし、一次選考で所属していたチームZのメンバーと組もうと考えていましたが誰もいませんでした。

特に、彼は、成早朝日と一緒に戦う事を考えていたのです。

途方に暮れる我牙丸の前に、1人の男が姿を見せます。

それは、同じチームだった雷市陣吾でした

雷市は、だいぶ時間が掛かって出遅れていたのです。

我牙丸吟は、雷市とこれからどうするか話し合っていきます。

雷市は、その様子を伺う選手がいた事に気づきました。

それは、一次選考で倒したチームYの鰐間淳壱だったのです。

鰐間は、弟と違い寡黙でほとんどしゃべる事のない性格でした。

我牙丸と雷市は、相手にせずにその場を去ろうとします。

すると、鰐間は、大声を上げて我牙丸達を制止させます。

彼は、雷市と我牙丸を高く評価していると宣言

我牙丸は、奇想天外で独創的なプレーが他の者には出来ないと発言します。

更に、思い付きでプレーしている姿が見えるが、柔軟なバネを使った身体能力。

無駄の無い最適な行動が魅力的だと高評価したのです。

鰐間は、我牙丸と雷市に一緒にチームを組もうと提案してきたのです

我牙丸は、それを聞いて素っ気ない対応をします。

でも、心の中では滅茶苦茶嬉しがっていたのです。

雷市もまんざらではなかった為、彼らはチームを結成。

そして、二次選考突破という目標に向かって動いていく事になります。

鰐間が、我牙丸をよく観察して分析しているのが凄いです。

一次選考での我牙丸の優れた能力が理解できたからなのでしょう。

因みに、彼が鰐間達とチームを組む事になる話は、ブルーロックの第7巻の巻末に掲載されています。

我牙丸好きや興味のある方は、必見です。

 

スポンサーリンク

我牙丸吟、二次選考を突破することが実現できた?!

我牙丸吟は、鰐間淳壱、雷市陣吾とチームを組みます。

勝ち進み、田中信玄と志熊恭平をメンバーに加えました。

彼は、仲間達と共に三次選考に進む為のジョイントルームに向かいます。

そこで、6番目にクリアしたチームとして登場

我牙丸は、潔世一達と再会を喜んでいました

二次選考も強者揃いで、厳しい戦いだったと想像できます。

それでも我牙丸は、身体能力を活かした活躍を見せてくれたのだと信じたいです。

突破できるだけでも高い実力があると思います。

少しでも、彼がどんな試合をしたか描かれていれば個人的の面白かったと感じています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】三次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

我牙丸吟は、三次選考で得点は挙げていません。

しかし、フィールドで攻撃を阻止したりする活躍を見せています

それが、評価されてU‐20日本代表のスターティングメンバーに選ばれました

その点について、話して行きます。

 

スポンサーリンク

我牙丸吟、三次選考のトライアウトで身体能力を活かして攻撃を止める活躍を見せた?!

我牙丸吟は、三次選考に進みトライアウトに挑戦。

ここで、上位2名を中心としたチームに加入し、自分の存在をアピールする事と、実力者達を上回る証明を見せる事を総監督の絵心甚八から知らされます。

我牙丸は、5位と6位にランキング入りした雪宮剣優と凪誠士郎のチームCを選択

第2試合で、糸師凛と士道龍聖率いるチームAと対戦する事になりました。

チームAは、怒涛の攻撃を開始。

ボールが士道龍聖に渡ろうとしていました。

我牙丸は、それを察してマークにつきます。

士道は、我牙丸をちょんまげ丸とあだ名を付けて挑発します。

しかし、彼は、裏を掻いて抜こうとする士道を見逃しません。

我牙丸は、高く飛び上がりアクロバットディフェンスを実行しボールを奪う事に成功します。

フィールドに転倒しながらも、雪宮剣優に繋いだのです。

士道は、その阻止した姿を見てかっこいいと呟きました。

その後も、蟻生十兵衛を食い止めようとしたり奮戦して行きます。

が、チームAに得点を決められて敗北してしまいました。

我牙丸も果敢に攻撃に参加して行きましたが、得点は決められなかったのです。

士道を防ぐ身体能力の見せ場は、もう圧巻です。

我牙丸にしかできないスーパープレーでしょう。

 

スポンサーリンク

我牙丸吟、U‐20日本代表戦でGKとしてスターティングメンバーに選ばれた?!

三次選考のトライアウトが全て終了。

ブルーロック総監督の絵心甚八は、セントラルルームで選手達を集結させます。

絵心は、U‐20日本代表戦のスターティングメンバーを発表。

1番目に呼ばれたのは、糸師凛でした。

絵心は、糸師を中心とした超攻撃特化型のフォーメーションで挑むと説明

その次に呼ばれたのが、何と我牙丸だったのです。

我牙丸は、選ばれて少し驚いています。

絵心は、彼の突発的なボール反応と恵まれた全身のしなやかなバネを評価。

身体能力がGK適性数値で一番だったと教えられます

ブルーロックのゴールを守る守護神は、我牙丸しかできないと選んだ理由を聞かされました。

我牙丸は、それを聞き納得します。

そして、GKのポジションを担当すると承諾

表情はかわりませんが、やる気を出している光景が描かれています。

当初、我牙丸がGKだと明かされた時、正直驚きました。

でも、彼の能力の高さを見て非常にマッチしていると感じます。

ここから、我牙丸のストライカーではないけど重要な役割を担当していく事になります。

そして、GKとして様々な大活躍を見せていく事になります

その話は、後程語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表戦での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

我牙丸吟は、U‐20日本代表戦でGKとして出場。

得点も取られていますが、好セーブを見せてブルーロックチームの危機を救っています

そして、歴史的快挙を成し遂げる事に成功しています。

そんな彼の活躍を見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

我牙丸吟、得点を獲られるもファインプレーを連発する活躍だった?!

我牙丸吟は、U‐20日本代表戦でGKとして出場します。

試合が始まり、CFの閃堂秋人の鋭いシュートが襲い掛かります。

我牙丸は、不意を突かれ、ゴール右隅に向かうボールに対応しようとします。

彼は、自分の体の中の神経伝達に呼び掛けて超反応と叫びパンチングで阻止

しかし、糸師冴がそのこぼれ球をありえない角度からシュートを決め得点を許してしまいました。

我牙丸は、気持ちを切り替えて試合に集中して行きます。

二子一揮と連携して、超健人とのシュートを止めたりして前半終了。

後半戦では、糸師凛から渡った士道龍聖の龍聖・直下蹴弾(ドラゴン・ドライヴ)を決められてしまいました。

更に、士道のFLOW状態に覚醒した大爆発直下蹴弾(ビックバン・ドライヴ)にも反応できず追加点を与えてしまったのです。

それでも、我牙丸は、勝利を諦めずにゴールを守っていきます

士道が、再び攻め込んできて一撃必殺のシュートを放ちます。

彼は、勘を頼りに鯱と叫び、逆立ち状態のまま、足でボールを防ぐスーパーセーブを披露

その後も、しっかりとゴールを守護し、遂にU‐20日本代表から勝利しました。

我牙丸は、GKというポジションに慣れていない面も作中で観られました。

それでも、高い身体能力を活かした好セーブは凄まじいです。

経験がない中、高い実力のU‐20日本代表を3失点で抑えられたのは大したものだと思っています

我牙丸の身体を張ったプレーが無ければ、ブルーロックチームの勝利は無かったでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!我牙丸吟の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ブルーロックのフェーズ2で新英雄大戦が進行する中、我牙丸吟は、ドイツを選択しています。

彼は、潔世一達と共にW杯優勝を目指して最強のクラブチームであるバスタード・ミュンヘンのスターティングメンバーになる為にトレーニングを熟して行きます。

我牙丸は、2試合目のイングランド戦で指導者ストライカーのノエル・ノアからGKを担当する様に指示されました。

ノエル・ノアは、彼の身体能力データがGK適性数値が凄まじく高いと評価

チーム内でも1番だから選んだのだと教えました。

我牙丸は、少し驚きながらもラッキーだと呟いています。

試合に出れると言う事で嬉しそうにしています

彼のGKとしてのこれからの活躍に期待したいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

我牙丸吟を見た時は、不思議なキャラクターだと感じました。

正直、感情もあまり変わらず、読めなかったです。

しかも、食事を手掴みで食べていくのは衝撃的でした。

天然というか野生児と言うべきか、とにかくコメントしようがありません。

でも、作品内で彼の見せるプレーを見て考えが変わりました。

純粋でサッカーを愛していく主人公・潔世一達と違った形のエゴイストだと理解。

自分の武器である肉体のバネを使い、アグレッシブにゴールを狙っていく姿が熱いです。

何だかんだ言って三次選考までクリアして行きました。

そして、絵心甚八からGKにコンバートする話が来た時は驚きが隠せませんでした。

数値も高く適性だと知らされて、我牙丸は納得します

U-20日本代表戦では、経験も無いのに士道龍聖のシュートや他の選手の攻撃も阻止する事に成功。

ブルーロックチームを歴史的な勝利に導いているのです。

ストライカーとしては、それ程パッとしませんでしたが、GKとして新たな才能を開花させています

彼の優れた身体能力は、どんなポジションでも適応できるバランスの良さがあるのかもしれません。

我牙丸がブルーロックの中で、段々勝ち組に思える様になってきました。

重要な役割を果たして、結果を出しているから凄い奴だなと感じてしまいます。

ブルーロックのフェーズ2では、潔と同じドイツチームを選択。

そこでもノエル・ノアから、GKの数値がナンバー1という事を知らされてイングランド戦で担当する事になりました。

GKとして、世界一に近づけるかもしれない我牙丸吟のこれからの活躍に期待したいです。

ゴールを守る守護神としてスーパーセーブを個人的に見て行きたいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA