スポンサーリンク

【ブルーロック】伊右衛門送人は青い監獄を脱落した?伊右衛門送人の存在がチームを勝利に導いた!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品には、伊右衛門送人が登場。

彼の活躍で、主人公・潔世一のいるチームZに訪れる危機を何度も救っています。

その後の行方がどうなってしまったのか、非常に気になるキャラクターです。

それでは、そんな伊右衛門について詳しく話して行きたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】伊右衛門送人のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

伊右衛門送人は、ブルーロックのチームZに所属する選手です。

主人公・潔世一と共に世界一のストライカーになるべく覚悟を決めます。

その夢に近づく為、まず一次選考を突破する様にチームのまとめ役を担当。

そんな彼は、高知県出身。

誕生日が11月19日です。

年齢は18歳で、身長が187㎝あります。

趣味は、喫茶店やコーヒー屋巡りを好んでいます。

休日は、サウナで瞑想する事。

好きな色は緑色で、苦手な食べ物はシュークリームです。

コンビニで買ってしまう物は、汗拭きシートらしいです。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】伊右衛門送人の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

伊右衛門送人は、短髪で老け顔のサッカー選手です。

サイドは、刈り込まれていてサッパリしています。

顎髭を生やしていて、ワイルドさに満ち溢れています。

背も高く、体格が非常に良いです。

とても10代には見えない風貌をしていて渋すぎます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】伊右衛門送人の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

伊右衛門送人は、面倒見が非常に良くて、頼まれたら断れない性格の持ち主です。

彼は、非常に良い面を持っています。

その部分について、少し話をしてみましょう。

 

スポンサーリンク

伊右衛門送人は、面倒見が良くて優しい性格だった?!

伊右衛門送人は、ブルーロックでチームZに所属。

世界一のストライカーを目指すべく、仲間達と共に過酷なトレーニングに励みます。

1日の練習の中で、彼は、自ら率先してコーンを並べたりしています。

チームZの夕方の個人練習では、直ぐには帰りません。

残っている選手がいたら最後まで付き合っています。

彼は、中々出来ない事をしっかりやっているのです。

仲間思いで男気溢れる優しさに満ち溢れている性格は、彼の魅力なのかもしれません。

彼は、後にチームZを自然に仕切って纏めていく事になります。

面倒見の良さが最大限に活かされています。

 

スポンサーリンク

伊右衛門送人は、頼まれたら断れない性格でもあった?!

伊右衛門送人は、GKとして1次選考に挑みます。

試合を続けて行く内に、彼はある思いを抱きます。

それは、自分がずっとこのポジション固定なのかと素直な意見をチームZのメンバー達にぶつけました。

すると雷市陣吾や五十嵐栗夢は、今更何を言っているのだと言う表情を見せます。

しかも、チームが勝利しているから仕方ないと片付けられたので何も言えません。

しかし、潔世一は、感謝しているとフォローします。

それを聞いた伊右衛門は、安堵して礼を言います。

彼は、それ以降もGKを最後まで担当しています。

決して、否定や嫌と断らないのです。

そこが伊右衛門送人というキャラクターの良さなのでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】伊右衛門送人の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

伊右衛門送人の能力ですが、オールマイティーです。

但し、これは自己申告なのです。

チームZが1次選考を突破する為、全員が自分の持つ武器を紹介。

彼は、そう発言しているのです。

特に何が目立っていると言うことはありません。

しかし、やった事の無いGKを担当。

失点等ありますが、土壇場で好セーブを見せたりしています。

そんな活躍を作中で見ると、意外とその通りなのかもしれないです。

ストライカーとしての力も、個人的には見て見たかった気がします。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】一次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

伊右衛門送人は、一次選考でGKとして活躍しています。

脱落の危機に陥ったチームZをファインプレーで救う場面があります。

そんな彼の大活躍ついて、注目し話したいと思います。

 

スポンサーリンク

伊右衛門送人、ジャンケンで負けてGKのポジションになった?!

伊右衛門送人は、ブルーロックの一次選考でチームZに所属。

主人公・潔世一や集まったメンバーは、全員ストライカーでした。

久遠渉は、チームZの布陣を決めようと話し合いをします。

彼は、ジャンケンでポジションを決めて試合に挑もうと画策。

そんな中で、伊右衛門は、負けてしまいました。

彼は、最後に余ったGKを担当する事になります。

今村遊大は、伊右衛門に向かってゴールを守ることが出来るのか質問します。

しかも、ミスるなよと言われてしまいます。

伊右衛門は、渋々、負けたから仕方なくやるだけだと発言。

少し、嫌そうな表情を見せているのです。

しかし、彼は重要な局面でチームZを救っていく事になるのです。

その話は、後程語りましょう。

 

スポンサーリンク

伊右衛門送人、チームXとの試合では得点を止められず敗北した?!

伊右衛門送人は、初戦でチームXと対戦。

混戦の最中、敵チームの馬狼照英が潔世一達を抜きゴールに迫ります。

馬狼は、隙をついてコントロールしたシュートをゴールに放ちます。

伊右衛門は、反応が全くできずに動けません。

チームZは、得点を入れられてしまいました。

彼は、その後も防ぐことが出来ず、一気に4点目も許す事になってしまいました。

潔世一と蜂楽廻、國神錬介は、諦めずに連携を重ね執念の1点を決めました。

でも、決勝点を決められ敗北してしまいました。

伊右衛門にとっては、活躍も出来ず痛いスタートの初戦でした。

必死に止めようとする姿勢は、評価したいです。

 

スポンサーリンク

伊右衛門送人、チームY戦では得点を決められたが勝利できた?!

伊右衛門送人は、次の試合でチームYと対戦します。

相手チームの二子一揮は、司令塔的な役割を担当。

彼に従い大川響鬼は、伊右衛門の守るゴールに迫りました。

彼は、大川の上手さに驚きながらもシュートを止めようと体を張ります。

しかし、フェイントを直前でかけられてゴールを許してしまったのです。

前半戦は、チームYにリードを許してしまいました。

後半に突入し、我牙丸吟の活躍で同点に追いつきます。

そして、試合終了間際にチームYは、1分殺反撃(ワンタイム・キルカウンター)で総攻撃を開始。

伊右衛門は、二子一揮と1対1の対決になります。

彼は、ここで止めなければチームZが負けると焦り、重いプレッシャーが圧し掛かります。

絶対に二子のシュートを阻止すると、集中し動きを見定めます。

でも、二子は、大川響鬼にパスを出したのです。

伊右衛門は、絶体絶命の状況に陥ります。

が、潔世一がそれを見抜きカットに成功。

逆にカウンターを仕掛けて、得点を決めて勝利したのです。

ここでの伊右衛門の見せ場は、正直あまりありません。

1得点は取られてしまいましたが、チームZの為に不慣れなポジションでも守ろうとする強い意思が熱くて痺れます。

 

スポンサーリンク

伊右衛門送人、必死のファインプレーと指示で一次選考突破の望みを繋いだ?!

伊右衛門送人は、三戦目でチームWと対戦。

鰐間兄弟の連携に翻弄されますが、久遠渉のハットトリックが見事に決まりリードします。

前半戦を有利な展開で終了。

伊右衛門は、喜びこの勢いならもっと得点が獲得できるとチームZの全員を励まします。

しかし、後半に異変が発生。

伊右衛門は、開始早々得点を決められてしまいました。

更に、久遠のパスミスが連続で続き、鰐間兄弟達に得点を許し同点になります。

潔世一は、久遠が裏切っている事に気づいたのです。

チームYは、勢いに乗り、伊右衛門の反応できないシュートで4点目を挙げたのです。

圧倒的不利の中、伊右衛門は、ボールを必死のパンチングでクリアして行きます。

彼は、潔達に叫びます。

こぼれ球をとにかく拾い、1点取れば良いと指示を開始。

引き分けで負けなければ、最終戦に望みが繋がると命令。

その代わりに、ゴールは死んでも自分が守ると闘志を見せたのです。

それが通じたのか、千切豹馬が覚醒。

過去の呪縛を振り切り、得意の俊足でチームYゴールに切り込みます。

そして、土壇場で得点を決め引き分けで終了する事に成功。

5点目を取らせない伊右衛門の動きは、ファインプレーでした。

寝返った久遠に変わり、彼は、チームZを纏めて行きます。

最終戦でも、潔達を纏めるリーダーシップを発揮していく事になるのです。

この試合での彼は、熱く激しくカッコ良いです。

試合を終えた伊右衛門の魂の叫びが、とても男らしくてたまりません。

 

スポンサーリンク

伊右衛門送人、久遠渉に変わりチームZの纏め役になった?!

伊右衛門送人は、チームZのメンバー達をモニタールームに集合させます。

彼は、各チームの状況や順位を出します。

そして、最終戦のチームVとの試合は、勝てば必ず1次選考が突破できると力強く発言。

チームZのテンションを上げる事に成功しています。

そして、チームVのキーマンとして凪誠士郎、御影玲王と剣城斬鉄を警戒し止めなければ勝機は無いと説明。

監督やコーチの様に的確に指示・指導をしているのです。

伊右衛門のリーダーぶりがとてもよく似合っています。

彼が当初から久遠に任せずに担当していれば、違った結果を見せてくれたのかもしれません。

伊右衛門の才能の1つではないかと個人的に感じています。

 

スポンサーリンク

伊右衛門送人、チームVとの対戦でキーマン達に得点を許してしまった?!

伊右衛門送人達のチームZは、遂に最終戦のチームV戦に挑みます。

開始早々、凪誠士郎のカウンターアタックで一気に2点を決められてしまいます。

伊右衛門は、凪のスーパープレーに全く反応できません。

剣城斬鉄の鋭い左シュートを防ごうとしますが、クリアに失敗。

彼は、絶望的な気持ちになり落ち込みます。

しかし、蜂楽廻のスーパースペシャルプレーで1点取り返します。

その影響でチームZは、息を吹き返します。

國神錬介も得点を決めて、1点差に追いつきます。

前半終了後、伊右衛門は控室でチームZのメンバー達を盛り上げていきます。

守備は、この布陣で継続し、全員100%以上の力で戦おうと指示したのです。

伊右衛門の気持ちの切り替えの早さは、ポジティブで素敵だと感じます。

 

スポンサーリンク

伊右衛門送人、諦めない執念で見せたファインプレーがチームZを勝利に導いた?!

伊右衛門送人は、後半戦でもチームZに掛け声を続けて行きます。

千切豹馬の活躍で、遂に同点に追いつきます。

しかし、凪誠士郎の超絶トラップからのありえない体勢からの鋭角シュートを決められてしまいました。

その後、國神錬介が得点を挙げ同点になります。

伊右衛門は、凪と1対1勝負に追い込まれますが久遠渉の反則で救われます。

それでも、チームVの御影玲王のフリーキックが始まる危機的状況には変わりません。

伊右衛門は、ゴールを死守する為に潔達に指示。

御影の心理とエゴイストな性格を冷静に分析し、自分でシュートを撃つと見抜きます。

伊右衛門は、御影のシュートコースを読みボールをキャッチしました。

雷市陣吾や我牙丸吟のファインプレーにも救われて、ボールが潔世一達の所に向かいます。

潔、蜂楽廻、國神錬介と千切豹馬の連携で得点を決めての逆転勝利。

伊右衛門の熱い必死のセーブが無ければ、チームZは敗北だったでしょう。

彼の1次選考での最高の見せ場だったと個人的に思います。

祝勝会でも、メンバー達を纏める信頼関係が築かれている光景が描かれています。

伊右衛門にお疲れ様と言いたいです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】チームにとって伊右衛門送人の存在とは?

ブルーロック/@金城宗幸

伊右衛門送人の存在は、チームZにとっては欠かせない人間だと思います。

その点について、少し説明をして行こうと思います。

 

スポンサーリンク

伊右衛門送人は、面倒見も良くチームZにとって兄貴的な存在だった?!

伊右衛門送人は、縁があって1次選考でチームZに所属。

彼は、ブルーロックの過酷な1日のトレーニングに必死について行きます。

自分を鍛える事も忘れていません。

ただ、それだけでなく様々な気遣いが出来る人間なのです。

午前中のトレーニングでは、全員が練習する為のコーンを即座に用意。

午後の個人練習も、残っている者が居れば最後まで一緒にいる姿勢を見せているのです。

彼の行動や考えは、チームZのメンバーが次第に信頼を寄せていく様になります。

家族に喩えると、1番上の兄の様な存在。

常に見守り、励まし最後まで見捨てない面倒見の良さがあります。

気さくに話しかけられていて、チームの精神的な支柱にもなっているのです。

 

伊右衛門送人、チームを仕切る纏め役になっても誰も反論しない雰囲気を見せている?!

伊右衛門送人は、チームWと戦う前にモニタリングルームで潔世一達を集めて会話。

いつもの纏め役である久遠渉がいませんでした。

彼は、久遠に変わり対戦相手を静かに分析。

鰐間兄弟のコンビネーションプレーの警戒と対策について語って行きます。

雷市陣吾は、何故久遠に変わって仕切っているのか質問。

伊右衛門は、久遠が風呂から帰ってこなかったのでやったと素直に告げます。

しかし、成早朝日は別に良いと認めています。

他に反論する者もいなかったのです。

その後、伊右衛門は、最終試合のチームV戦に備えてのミーティングを実施。

メンバーを纏めて、勝利する為に意識統一して行きます。

この時は、全員が彼に賛同し盛り上がっているのです。

チームZの誰もが伊右衛門の存在が重要であると認識したからでしょう。

チームZにとって欠かせない重要なリーダーとなっていました。

伊右衛門がチームZに居てくれて本当に良かったです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

伊右衛門送人の二次選考の活躍は、残念ながら作中で描かれていません。

しかし、ブルーロックの巻末漫画で、今村遊大達とチームを結成する場面があります。

その点について、少し触れて行きましょう。

 

伊右衛門送人、二次選考の1stステージクリアで遅くなってしまった?!

伊右衛門送人は、一次選考と突破。

ブルーロックの総監督である絵心甚八から、二次選考の内容を聞きます。

彼は、1stステージに進み、ホログラムのブルーロックマンから100ゴール奪う事に挑戦。

無事に終えましたが、二次選考のマッチングルームに到着するのが遅れます。

伊右衛門は、非常に時間が掛かってしまったのです。

誰か顔見知りとチームを組もうとしますが、誰もやって来ません。

しかし、同じチームZのメンバーだった今村遊大がやって来ます。

伊右衛門は、彼と話しチームを組む事を承諾してもらいます。

でも、まだ問題があったのです。

3rdステージに挑むには、後1人足りなかったのです。

伊右衛門は、今村と共に誰と組むか非常に悩む事になります。

 

伊右衛門送人、久遠渉を誘いチーム結成が出来た?!

伊右衛門送人は、今村遊大と共に後1人の加入をどうするか考えます。

すると、チームZで共に戦った久遠渉と遭遇。

彼は、チームZを一次選考で裏切る行為をしていました。

その悪評が知れ渡り、彼と組む者は誰も居なかったのです。

伊右衛門は、そんな久遠と会話。

彼は、この場にいる3人で二次選考に挑もうと決めたのです。

今村も、伊右衛門と共にクリアに出遅れた組だったと正直に告白。

選り好みしてチーム結成できずに失格するより、知っている奴と共に進む事が重要だと教えます。

こうして、伊右衛門達は、3rdステージで試合する事が可能となったのです。

この後、伊右衛門の身にある事が起こり、更に出遅れが発生。

その内容は、次に話して行きます。

 

伊右衛門送人、今村遊大にGKになれと揶揄われて失神して出遅れた?!

伊右衛門送人は、チーム結成が決まり、喜び放心状態になります。

彼は、一次選考でずっとGKを担当。

この二次選考で、それ以外のポジションが出来ると安堵したのです。

今まで、ストライカーらしき活躍もしていないのでチャンスが来たと理解。

守備に全神経を使った苦悩の日々は、決して無駄ではなかったと幸せを噛みしめます。

そんな伊右衛門を見ていた今村遊大は、彼にある言葉を掛けます。

今村は、3人でフォーメーションを組むなら条件があると告げます。

それは、伊右衛門がまたGKをして欲しいと言う内容だったのです。

彼は、プレッシャーもあり、二度とやりたくない気持ちで一杯でした。

言葉少なくなり、嫌だと動揺し、泣いてしまったのです。

今村は、冗談だと爆笑。

しかし、伊右衛門は、あまりのショックでその場で失神し倒れてしまったのです。

彼は、久遠達にブルーロックの選考を運営する人々を呼び出してもらい助けてもらいます。

この様子は、ブルーロック10巻巻末にあります。

普段と違い狼狽える伊右衛門が非常に面白いです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】伊右衛門送人は脱落した?

ブルーロック/@金城宗幸

伊右衛門送人は、残念ながらブルーロックの二次選考をクリアできずに脱落した様です。

主人公・潔世一達は、三次選考のトライアウトに進む為に部屋に集まります。

そこには、全7チームが集結。

しかし、その中に伊右衛門の姿はありません。

苦労人の彼が、三次選考に進む姿を少し見たかった気がします。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】伊右衛門送人の再登場はある?

ブルーロック/@金城宗幸

伊右衛門送人の再登場は、あるかどうか定かではありません。

脱落しましたが、何らかの形で潔世一達の前に登場してくれれば個人的に嬉しいです。

プレーしていなくても、応援する姿だけでも見られれば面白いです。

ブルーロックの過酷な環境を過ごした彼と、残留し活躍している選手達との絆は簡単には切れないでしょう。

少しでもサッカーに関わる人生を歩んでくれれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

伊右衛門送人は、渋くて大人びたキャラクターです。

正直、とても18歳には見えません。

でも、とても苦労人で頑張り屋な部分が見えて個人的に大好きです。

自分の事より他人を常に思いやり、準備や練習に最後まで付き合う心の良さが素晴らしいのです。

ブルーロックの1次選考では、全試合GKのポジションを担当。

不慣れながらも熱い魂のプレーで、チームZの危機を救っています。

最初は、大丈夫かなと思いましたが運命の1戦となったチームVとの試合で見せた彼の熱量は半端ではありませんでした。

エゴイスト剥き出しの御影玲王のシュートを理解し、見切り防ぐ伊右衛門が痺れました。

久遠に変わって引き受けた纏め役は、適任だったと思います。

二次選考では、誰も関わらない久遠と接してチームに加える懐の大きさも魅力的です。

残念ながら、二次選考をクリアする事は叶いませんでした。

非常に勿体ない部分が多いです。

守備でなく、攻撃する場面が見たかったです。

とても鋭いシュートをしそうなイメージがあります。

ブルーロックの選考に脱落してしまいましたが、また潔世一達の応援等で元気な姿を見せて欲しいです。

そして、サッカーと関わる人生を歩んでくれたら嬉しいです。

彼の性格なら何処に行っても通用するのではないかと感じています。

作品を読んで行けば、伊右衛門送人がチームZの縁の下の力持ちだったと、誰もが良く理解できるでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA