スポンサーリンク

【ブルーロック】時光青志の能力はブルーロック内でもトップクラス?その能力とは!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品に時光青志というキャラクターが居ます。

一見頼りなさそうな雰囲気ですが、フィールドでは驚異的な能力を見せています。

そのポテンシャルは、ブルーロック内でも非常に高いです。

そんな彼について、少し話をして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】時光青志のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志は、新潟県出身の18歳。

達磨東高校の3年生で、身長は183㎝あります。

誕生日は、3月21日。

好きな食べ物は、うなぎです。

嫌いな物は、クリームのお菓子の様です。

趣味は、筋トレとなっています。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】時光青志の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志の特徴ですが、短髪の黒髪。

背も高くて真面目そうな雰囲気が漂っています。

でも、自分に自信がないのか弱気な面が見え隠れしています

しかし、フィールドではそれを打ち消す程の活躍を見せるのです。

その話は、後程語りましょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】時光青志の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志の性格ですが、相当なネガティブ思考の持ち主です。

どんな時でも後ろ向きな発言を繰り返して、相手を怒らせたり困惑させるトラブルも発生する状況を創り出しています

そんな彼の性格について、見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

時光青志は、ブルーロック内で1番の超ネガティブ性格をしたプレイヤーだった?!

時光青志は、とにかくネガティブ過ぎる面が強烈です。

二次選考では、潔世一チームと対戦すると知ったら挙動不審な状態になります。

戸惑い、試合をやりたくないとぼやく程です。

負けたら自分は、日本代表になれないし選ばれないと悪い考えしか思い浮かびません。

フィールドで蜂楽廻が迫ってきた時、怯えて負けたら駄目人間になると動揺が見えています。

強迫観念に晒されてノイローゼ気味の表情が、少し狂気的です

そう言いながらも、蜂楽に向かってボールカットしようと行動。

得点を決めて、強気になったかと思えば瞬時に元通りになります。

彼は、潔世一チームと2回目の対戦が決定した時、馬狼照英と出会います。

時光は、馬狼のあまりの威圧感に恐怖

彼に向かって、今日の試合を注視しようと提言する程です。

それに怒り狂った馬狼は、それを即座に却下します。

時光は、自分の様に弱く自信のない人間は強者の言いなりになるしかないと独り言を呟きます

更に、馬狼の様なプレイヤーが勝ち続けて楽しく生活できる事が面白くないとマイナス発言を繰り返しました。

馬狼は、時光にブチ切れ、試合でマークし負かすと宣言

彼は、時光を掴む仕草を見せています。

あまりにも後ろ向きすぎる姿勢は、少し滑稽です。

でも、不安を感じながらも石橋を叩いて渡る慎重な性格さが彼の高い能力を発揮する事になるのです。

きっと、ブルーロック内でネガティブさは、1番でしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】時光青志の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志の能力ですが、フィジカルの驚異的な強さと凄まじい俊敏反応(クイックネス)、無尽蔵のスタミナを備えています

そんな彼の力について、詳しく説明して行きましょう。

 

スポンサーリンク

時光青志は、フィジカルと体幹がとても凄い能力者であった?!

時光青志は、フィジカルと体幹がとにかく凄まじいです。

二次選考の3rdステージで蜂楽廻を阻止しようとします。

しかし、蜂楽の個人技で即座に抜かれてしまいました。

が、時光は、ボールを直ぐに奪い返し、ゴールに向かって行きます。

潔世一は、彼の得点を阻止しようと立ちはだかります。

彼は、反則を取られても時光を止めようと必死に肩を掴みました。

でも、次の瞬間に吹き飛ばされてしまったのです。

潔は、彼のフィジカルの強さを筋肉の弾丸だと発言

馬狼照英は、時光の態度やネガティブ発言にイラつき体を掴もうとします。

それでも、馬狼の力をもってしても動かす事ができません。

馬狼は、時光を怪力の草食動物だと認識しました。

フィールドでは、馬狼が彼を筋肉達磨と名付けて吹き飛ばそうと試みます。

それは、失敗に終わります。

時光を力で押し返すことが出来なかったのです。

馬狼は、彼の超体幹の凄さに驚愕しました

超人的な彼の能力は、世界に通用するレベルなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

時光青志は、驚異的な俊敏反応(クイックネス)能力の持ち主でもあった?!

時光青志は、俊敏反応(クイックネス)に優れた速度も高すぎです

試合で、蜂楽廻に抜かれましたが、直ぐに追いつく様に対処。

脚の筋肉が盛り上がり、爆発的な加速を発揮します

蜂楽に近づき、ボールを奪い取っている光景を見せています。

潔世一は、それを見て人間離れした時光の力がありえないと驚愕しています。

超が付く反応速度は、ブルーロック内でも実行できるプレイヤーが少ないだろうと思います。

それを可能としたのは、時光の日々の努力と鍛え上げた肉体の成せる技なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

時光青志は、無限界(ノーリミット)スタミナの能力も秘めていた?!

時光青志は、二次選考で潔世一チームと4thステージで激突。

試合開始から、フィジカルの強い馬狼照英に喰らい付いて行きます。

終盤戦になると殆どの選手達が、疲弊していきパフォーマンスが低下。

しかし、時光だけは違いました。

運動量も落ちずに、糸師凛との連携を開始

素早いパスを展開していき、即座に反応して続けてゴールを積極的に狙って行きます。

潔世一は、彼に向かって筋肉だけじゃないと驚いています。

怪物級の体力は、凄まじいのです。

時光は、優れた能力が備わっているプレイヤーです。

試合終了まで戦えるのは、とても羨ましいです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】時光青志の進化・覚醒とは?

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志ですが、まだブルーロックの作中では、進化や覚醒は見せていません

しかし、彼は、バランス型の優れた選手です。

ネガティブな面が改善できれば、強くてエゴイスト全開のストライカーに成長する可能性が高いです。

時光のパワーアップに期待したいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】時光青志はサッカーオタク?

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志は、実はサッカーオタクの面を持っています。

蟻生十兵衛は、そんな彼を情報オタクだと評価しています。

その場面が、作品内でもよく描かれているのです。

その状況を、少し説明して行きましょう。

 

スポンサーリンク

時光青志は、サッカーに関する情報オタクなキャラクターであった?!

時光青志は、ブルーロックの責任者である絵心甚八から世界選抜チームとの試合をセッティングされます。

その夜、5人部屋で潔世一達と会話をして行きます。

彼は、世界選抜のメンバーについて教えて行きます

レオナルド・ルナは、スペイン名門クラブのレ・アールの貴公子を異名を持っていて、アダム・ブレイクがイングランドリーグの得点王。

パブロは、世界屈指のFKで、ダダ・シウバがスラム出身者だと知識を披露。

世界最強のストライカー達が集結していると大興奮して、話が止まりません。

同じチームの蟻生十兵衛は、時光をサッカーオタクだと確信

彼もそれを認めて、何でも聞いてくれと自信ありげに語っています。

フランスリーグで頭角を現した超新星のジュリアン・ロキの最新情報も、しっかりと掴んでいます。

潔世一と同じ17歳で、フランス代表の神童だと詳しい内容を述べています。

ネガティブで弱気な面を見せている時光ですが、彼の知識等が非常に役立っています。

メジャーなものからマイナーな事まで詳しい場面が作中で観れます

ブルーロックに有益な話をもたらしてくれるレアな存在なのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志は、二次選考では得点も決めて驚異的な身体能力を発揮

勝利に貢献して、三次選考進出を決めています。

そんな彼の活躍を解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

時光青志は、潔世一チームを破る活躍を見せた?!

時光青志は、二次選考の3rdステージで糸師凛と蟻生十兵衛とチームを結成。

すると、潔世一と蜂楽廻、凪誠志郎達が現れて対戦を申し込みます。

彼は、蜂楽廻の攻撃を防ぐ為に立ちはだかります。

しかし、負けたら駄目になるとネガティブ状態に陥り怯えます

それでも意を決して、スピードアップして蜂楽に突進。

蜂楽は、ドリブルとテクニックであっさり抜き去りました。

でも、時光は、直ぐに追いつき凄まじい俊敏反応(クイックネス)を見せてボールを奪い返しました。

彼は、ゴールを決められないと安心できないと狂気の表情を見せます。

潔世一は、そんな時光をファウルしてでも止めようとブロックします。

時光は、そんな潔を吹き飛ばしてシュートを決め得点を挙げたのです。

その後も、フィールド内を動き回り、蜂楽の得意技であるドリブルを封じ込める事に成功。

自分自身の実力を発揮して、圧勝しました

その後、蜂楽を引き抜いた時光達は、次の4thステージへ昇級したのです。

ここでは、時光の素早さと肉体の強さが輝いている光景が描かれています。

二次選考の1stステージを3位で通過できる能力の高さは、驚異的です。

 

スポンサーリンク

時光青志は、潔世一チームと2回目の対戦でも勝利した?!

時光青志は、糸師凛と蟻生十兵衛、蜂楽廻と4thステージに進出。

しかし、彼らの強さに怯えたプレイヤー達は試合をしようとしません。

その後、しばらく長い時を待っていると彼らの前に挑戦者達が現れたのです。

それは、以前対戦した潔世一と凪誠士郎が居ました。

彼らは、今度は馬狼照英と千切豹馬をメンバーに加えて再戦を挑んだのです。

時光は、怯えながらも試合に参加。

馬狼照英との競り合いで、激しい体当たりをされます。

でも、馬狼を防ぎきり、ワンタッチパスのポストプレーを展開。

糸師凛にボールを繋ぎ、得点させることに成功しています。

その後も、馬狼をブロックして強靭なフィジカルをフィールドで披露しています。

試合の終盤戦では、敵味方スタミナの疲労度が激しい中でも彼だけは落ちません。

糸師凛との連携で潔達を崩して行き、中央突破を目指します。

馬狼照英と千切豹馬に防がれましたが、彼の動きは糸師凛が得点を決める状況に繋がります。

その後、凛の運を引き寄せたプレーで勝利します

潔世一が加えられて、二次選考を見事にクリアできました。

ここでの時光は、得点を決めていません。

しかし、終わりまで質の高いアクションや体力を最大限に発揮

チームの勝利に大きく貢献した事は、間違いないでしょう。

時光、やはりとんでもない選手です。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】三次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志は、ブルーロックの三次選考ではあまり目立った活躍を見せていません。

二次選考と違い、自分の持ち味が発揮できずに苦戦する光景が描かれています

その点について触れてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

時光青志、三次選考の世界選抜戦で敗北を経験した?!

時光青志は、糸師凛、潔世一らと共に三次選考のステージに進みました。

ブルーロック総監督の絵心甚八から、1stノルマとして世界選抜チームと戦う様に命令。

彼は、ジュリアン・ロキやレオナルド・ルナ、アダム・ブレイク、パブロ・カバソス、ダダ・シウバ等の各国代表と対戦する事になりました。

彼は、驚異的なスタミナとフィジカルを発揮しようとします。

しかし、フィールドでは中々活かされません

ゴールを守る為にボールをクリアしようと、駆け出します。

でも、イングランド代表のアダム・ブレイクに吹き飛ばされて阻止されました。

得点を奪われ、アダムに何度もボールを奪われます。

時光は、アダムの前に出ようと試みますが、牛の様な強い肉体と体幹を崩す事ができません。

世界選抜の圧倒的な力の前に、敗北してしまいました

時光は、レオナルド達からこの試合の目的がU-20日本代表のメンバー選考だったと聞かされます。

負けた時光は、疲労感が漂い息切れしていました。

彼ほどの能力を持ったプレイヤーが通用しないのが、とても衝撃的です。

 

スポンサーリンク

時光青志は、三次選考のトライアウトでチームAに所属したが見せ場は無かった?!

世界選抜チームとの試合を終えた選手達は、絵心甚八からU-20日本代表戦のスターティングメンバーを選出するトライアウトを発表。

成績の良い上位6名からのチームに加入し、自分の存在とそれを上回る活躍を見せろと伝えられました。

時光は、1位の糸師凛と2位の士道龍聖のチームAに加入します。

試合は、時光達のチームが5対4で勝利。

しかし、試合終了後に凛と士道の大喧嘩が始まりました。

時光は、それを仲裁しようとする光景が見られます。

1回しか出場できないトライアウトで、得点を挙げる結果を出せていません。

活躍は、あったかもしれませんが描かれていないのです。

その結果、U-20日本代表のスターティングメンバーにはなれなかったのです。

二次選考で見せた勢いあるパフォーマンスが、ここでは見れず個人的に残念です。

得点を決めたり、他の選手を圧倒する働きを見せていれば違った結果だったでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表戦での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志は、残念ながらU-20日本代表戦では活躍をしていません。

しかし、いつでも交代できるサブメンバーとしてベンチ入りを果たしています

彼には、チャンスがやって来ませんでした。

それでも、ブルーロックチームの勝利を信じて熱い応援をしています

この経験が、時光にとって今後活かされると良いなと思っています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!時光青志の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志は、ブルーロックのフェーズ2に参加。

新英雄大戦でフランスを選択しているのです。

二次選考でチームを組んだ糸師凛や、士道龍聖と一緒です。

時光がフランスを決めた理由は、まだ明らかになっていません。

彼が雰囲気や、直感で選んだのかもしれません。

或いは、サッカーオタクとして指導者ストライカーであるジュリアン・ロキに興味を持った可能性も高いです。

時光は、ジュリアンと三次選考内で試合をしています

彼が、トレーニングをしてスターティングメンバーになる姿を見てみたい気がします。

今後の展開に注目して行きましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

時光青志は、ブルーロックの作品内で非常に興味深いキャラクターの1人です。

とてもネガティブで、ノイローゼ気味の病んでいる面も見られます

しかし、フィールドで見せるギャップがあり過ぎて面白いです。

人間的に悪くないので、憎めず可愛さが漂う所も多い気がします。

常に失敗を恐れて不安を抱えながらも、貪欲に彼らしくゴールを目指して行きます。

蜂楽を退ける俊敏反応(クイックネス)や、潔を吹き飛ばしたり、馬狼に負けない超人的過ぎるフィジカルの高さが凄いです。

試合終了まで続く持久力は、モンスタークラスでしょう。

世界一のストライカー向きな能力に恵まれた凄い奴なのかもしれません。

サッカーオタクとして、精通している情報を提供して、潔達に世界レベルの恐ろしさを理解させています。

二次選考では、目立つ活躍が多かったですが、三次選考やU-20日本代表戦では見られなかったのが個人的に残念過ぎます。

しかし、ブルーロックのフェーズ2でフランスを選択

指導者ストライカーで過去対戦した経験のあるジュリアン・ロキとの交流が、彼を変化させる可能性が高いです。

性格を改善して、力をよりプラスの方向に発揮できれば最強でしょう。

まだ、はっきりした進化と覚醒を見せていないので期待したいです。

スターティングメンバーになり、潔世一に立ちはだかる姿を見せてくれたら面白そうです。

今後も、時光青志というプレイヤーに注目して行きましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA