スポンサーリンク

【ブルーロック】千切豹馬はなぜ自分の武器を隠す?千切豹馬の明かされる過去とは!?

スポンサーリンク

ブルーロックの物語に千切豹馬がいます。

彼は、とんでもない能力を秘めている選手です。

しかし、過去の出来事が千切を前向きに進むことを阻んでいたのです。

そんな千切について、詳しく話をして行きたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】千切豹馬のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬は、12月23日生まれの17歳です。

鹿児島県の羅古捨実業高等学校のサッカー部員です。

ブルーロック内でワガママお嬢と呼ばれています。

趣味は、小説を読む事です。

大好きな食べ物は、かりんとう饅頭で嫌いなものは生姜。

動物は、黒猫が大好きです。

色は、パープルレッドを好むようですね。

学校の得意科目は、体育と英語と歴史らしいです。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】千切豹馬の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬は、女性みたいな綺麗な顔立ちと赤くて美しい長い髪を持っています。

身長も高くて177cmあります。

もう、正直サッカー選手というよりモデルの様な雰囲気を持っています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】千切豹馬の性別とは?

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬の性別は、ずばり男です。

彼は、美しい容姿からかお嬢と呼ばれています。

一見、女性に見えますが、れっきとした男性です。

ブルーロックの作中では、彼の入浴シーンがあります。

それを見ればよくご理解できるかと思います。

彼のサラサラロングヘアやルックスがそう思わせるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】千切豹馬の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬の性格は、気分屋ですが、負けず嫌いで熱いハートの持ち主です。

一見、マイペースでドライな部分な感じも見受けられます。

どんなに不利な状況でも決して諦めないで折れない強い心があります。

果敢にシュートを放って行く光景が作品内で描かれています。

追い詰められても何度でもゴールを狙う執念は、恐怖感があります。

ブルーロックの一次選考で剣城にスピード対決で負けた時は悔しがります。

打ち破る為に、必死の試行錯誤をして破っています。

諦めない信念が彼から感じられます。

試合に負けても悔しそうな表情を浮かべたり、U-20の試合で交代となった時は泣く程の姿を見せています。

表面だけで判断してはならないプレイヤーだと思います。

結構、喜怒哀楽の部分が見られるので自分に正直で素直な面もあると推測してしまいます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】千切豹馬の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬の能力は、驚異的な脚力で発生するトップスピードになります。

更にそれを利用した、無減速でのドリブルも驚異的な武器になっているのです。

それだけでなく、シュートやコントロールにも優れています。

その内容について、少し紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

千切豹馬は、驚異的な速度を持つ能力者だった?!

千切豹馬の能力の1つに、足の速さがあります。

彼は、50m走を5分77秒で走る事が可能。

高校時代には、鰐間兄弟を瞬時に抜き去りレギュラーの座を獲得する事に成功。

ブルーロック内の試合では、怪我を恐れずに全速力で走り得点を決めています。

剣城に初対面では敗北しますが、直ぐに驚異的なスピードで寄せ付けなくさせています。

凪誠士郎も千切とマッチアップをした時に、恐怖を覚えています。

速さを維持できる力がある千切は、凄い奴だと思います。

脚の筋肉が特殊な付き方をしているのも、高い能力を発揮する要因となっている様です。

千切が怪我をしない事を願います。

まだまだ、あっと驚く程の大活躍を見たいので期待しています。

 

スポンサーリンク

千切豹馬は、無減速ドリブルが使用できる?!

千切豹馬は、進化・覚醒を得て遂に無減速ドリブルが出来る様になりました。

二次選考で潔のチームと対戦した際に、ノートラップでボールを前に転がして攻撃する術を身に付けたのです。

彼の最大の武器であるスピードを維持してのドリブルは、相手にとってはとても厄介でしょう。

絶対戦いたくないと思うのかもしれません。

無減速ドリブルを体得した話は、後程語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

千切豹馬は、シュートやコントロールにも優れている?!

千切豹馬は、上記で述べたようにスピードや無減速ドリブルの武器を持っています。

しかし、それだけでなくシュートやコントロール能力も抜群なのです。

彼は、どんな状況でもゴールを決めるテクニックを持っています。

二次選考で糸師凛のチームと対戦した時が、それを理解させてくれる場面があります。

凛と蟻生十兵衛が、ゴール前に迫る千切を止めようとします。

でも、千切はそれを突破しゴールを決めています。

その他にも試合で、コーナーから鋭角な角度でゴールを決めています。

ボールをキープし、ドリブルを維持。

ゴール近くに切り込んで行く姿が見られます。

どうしても、千切の持つスピードに注目しがちになります。

もう、オールラウンダーに近い能力の高さです。

これでスタミナがあれば、もう無敵のストライカーなのかもしれません。

彼のボールを扱う能力に興味のある方、是非とも作品内で確認してみてください。

千切豹馬の能力の高さが実感できます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】千切豹馬の進化・覚醒とは?

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬は、試合の中で進化・覚醒した影響で、スピード能力の向上と無減速ドリブルを会得しています。

彼の成長過程について、説明して行きましょう。

 

スポンサーリンク

千切豹馬、剣城斬鉄との争いで覚醒した?!

千切豹馬は、一次選考でチームVと対戦。

そこで、自分よりも上回るスピードを持つ剣城斬鉄に圧倒されます。

千切は、スピード対決で敗北し、心が折れそうになりかけます。

しかし、強敵と直面した千切の中で何かが変化して行きます。

彼は、強い者を打ち破る為に、自分の能力を一点集中させるという方程式を確立させます。

そして、剣城が初速だけ上回っていると判断。

千切は、50m走で5分77秒を叩き出す記録を持っていました。

フィールド内で、長距離走の追い比べをしたら、トップスピードなら負けないと判断。

彼は、疾走を全力で行います。

その結果、剣城のボールを奪い、凌駕する姿を見せます。

覚醒した千切の集中力が凄まじいです。

鬼気迫る雰囲気が漂っています。

 

スポンサーリンク

千切豹馬、無減速ドリブルを身に付けた?!

千切豹馬は、更なる覚醒を遂げています。

それは、二次選考の3ndステージで見せています。

彼は、潔達のチームと対戦する事になりました。

千切は、スピードを武器に試合を展開して行きます。

しかし、その中で潔や凪達にボールをカットされてしまいます。

どうしても、パスを受けてトラップする際に、持ち味の速度が遅くなってしまう欠点があったのです。

彼自身もその弱点を理解。

それを克服する練習をひたすら繰り返してきました。

潔達の能力の高い者達との競い合いで、遂にその才能が開花します。

得点に繋げる為、ノートラップでボールを転がす術を編み出したのです。

それは、トップスピードを維持しながらの無減速ドリブルでした。

この力を使い、彼は、敵陣へ恐れず切り込んで行く事が可能となりました。

千切の覚醒能力は、驚きの連続です。

ブルーロック内で彼のスピードに適う者は、中々存在しないでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】千切豹馬の過去とは?

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬の過去は、高校に進学し大活躍の最中、大怪我をしています。

それが、後に彼自身を苦しめるトラウマとなってしまいました。

そんな千切の過去に注目していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

千切豹馬、右膝に大きな怪我を負ってしまう

千切豹馬は、羅古捨実業高等学校に進学します。

彼は、直ぐにサッカー部へ入部しました。

そこには、鰐間淳壱と鰐間計助の兄弟がチームの中心となっていたのです。

千切は、彼らが無理矢理押し付けてくる上下関係が気に入りません。

そこで、鰐間兄弟に勝負を申し込みます。

彼は、圧倒的なスピードで勝利。

それ以来、羅古捨実業高等学校サッカー部は、千切を中心に機能し始めたのです。

千切は、試合で得意のスピードを活かしてゴールを奪って行きます。

彼の活躍は、メディアにも取り上げられ名が轟きます。

千切自身も、自分の俊足を駆使して世界一のストライカーになる夢を抱いたのです。

しかし、その矢先にアクシデントがやって来ます。

千切は、大きな怪我をしてしまいました。

それは、右膝前十字靭帯断裂と診断されました。

千切の靭帯は、常人と違い特殊な位置にあったのが原因でした。

彼は、直ぐに膝の靭帯手術を受けます。

無事に成功しますが、医者は、千切にある事を告げます。

それは、もし再断裂した場合、二度とサッカーが出来なくなる可能性があると宣告をされてしまったのです。

 

スポンサーリンク

千切豹馬は、夢見ていた自分になれなくなる事に恐怖して消極的になった?!

千切豹馬は、手術を終えてサッカー部に戻ってきます。

しかし、怪我以来、彼の注目度や人気が一気に消失。

鰐間兄弟は、彼に対して走れない者に価値と才能はないと嫌味を言います。

千切は、悔しさを噛みしめてリハビリに励みます。

その努力が実り、復帰することが出来ました。

でも、以前の様にスピード感のあるプレーが出来なくなってしまいました。

鰐間兄弟にも止められてしまう様になっていったのです。

千切の心は、恐怖に満ち溢れていました。

怪我の再発よりも、以前、世界一に必ずなれると信じていた自分ではなくなると苦悩します。

そして、次第に消極的になり、サッカーの情熱が失われていったのです。

千切は、自分の夢を諦める為に、過酷な環境であるブルーロックを目指す事になりました。

切ない過去だったのが意外です。

しかし、彼は、潔との出会いで変化が発生して行きます。

それは、また後程語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】千切豹馬と潔世一の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬と潔世一の関係は、ブルーロックで出会った同じチームメイトです。

彼らは、日本代表を目指す為に切磋琢磨。

そして、お互いをライバル視する様になって行きます。

その点について、少し触れて行きましょう。

 

スポンサーリンク

千切豹馬は、潔世一と信頼関係がある?!

千切豹馬は、ブルーロックで主人公・潔世一と出会います。

彼は、チームZに所属。

当初は、チームの者達と関わり合いにならない様にしていく姿勢を見せました。

しかし、試合の中で、潔と接して変化します。

潔は、千切に対して、勝負を捨てずに諦めず走れと檄を飛ばします。

彼は、潔のフィールドを支配し、仲間を活かす空間認識能力を認めます。

それが、千切にとっても、得点する状況に持っていける為、抜群に相性が良かったのです。

過去の怪我に囚われ腐っていた自分を、潔の行動と発言が目を覚まさせてくれたのです。

それ以来、千切は、潔に対して信頼という名の絆が生まれます。

一次選考突破の為に、お互いが向上して行く姿が作品内で見られます。

 

スポンサーリンク

千切豹馬は、潔と刺激し合う関係でもある?!

千切は、潔に対して仲が良く信頼できるというだけではありません。

特に二次選考では、潔と一緒に戦ったり、敵対する経験があります。

潔は、過酷な試合を勝ち進み、才能を開花させて行きます。

そして彼は、千切よりも先に二次選考を通過します。

その際には、強がりを見せていますが、悔しさも露わにしています。

その後も、お互いがブルーロックのスターティングメンバーに昇格。

U‐20に勝利する為に奮闘しています。

競い合うエゴイスト、そして、ライバルとして意識し成長する間柄でもあるのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】一次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬は、一次選考で得点したり、チームZの危機を度々救っています。

その部分について話をして行こうと思います。

 

スポンサーリンク

千切豹馬は、チームZに貴重な得点を獲得した?!

千切豹馬は、当初は目立った活躍はしていません。

それは、右膝の怪我をずっと恐れていたからです。

そんな彼は、チームWとの対戦で転機が訪れます。

同じ高校の鰐間兄弟がいました。

チームZは、それまで久遠がハットトリックをしていて順調でした。

しかし、久遠と鰐間兄弟の八百長で脱落の可能性が濃厚となってきます。

千切は、ようやく敗北を得てサッカーの道を諦められると安堵。

しかし、同じチームの潔世一は許さなかったのです。

彼は、勝利を諦めておらず、千切にまだ試合は終わっていないから走れと叫びます。

すると千切は、潔の必死なプレーを見て、貪欲だった過去の自分を思い出しました。

彼は、奮起して足が破壊されても構わないと覚悟。

世界一のストライカーになるのは、自分しかいないと駆け出します。

千切は、鰐間兄弟を引き離し、シュートを決めます。

彼の得点が、チームWと引き分けに持ち越す事ができました。

彼の活躍が、再び一次選考の通過に繋がったのです。

千切の何かに解き放たれた様な俊足が迫力あります。

 

千切豹馬、チームV戦で勝利に結びつく活躍を見せた?!

千切達チームZは、最終試合に首位のチームVと対戦します。

彼は、勝利する為にフィールドを駆け回ります。

しかし、思わぬ強敵と遭遇してしまいます。

彼の前に、剣城斬鉄が現れたのです。

剣城のスピードは、千切を遥かに凌駕していたのです。

千切は、思う様にボールがカットできず苦戦。

しかし、試合の中で、剣城を分析して行きます。

自分のスピードが剣城に負けているが、それは初速の段階だけだと気づいたのです。

彼は、自分より強い相手と出会った時に、己の能力を最大限に集約する事を閃きます。

千切は、剣城のセンタリングを阻止。

そして、長距離で疾走し、剣城を破る事に成功します。

スピードスターとしての才能がここで爆発しています。

彼の活躍は、チームZの勝利に導きます。

そして、一次選考を2位で通過する事が出来たのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬は、二次選考の3ndステージや4ndステージで得点する活躍を見せています。

一次選考と違い、自分を出しアグレッシブな攻撃も見せています。

その点について述べて行きましょう。

 

千切豹馬、3ndステージで先制点を奪取した?!

千切豹馬は、二次選考を突破する為、同じチームZに居た國神錬介と組む事になります。

彼は、潔や蜂楽が自分を選択しなかった事に不満を抱いていました。

彼らを見返す為に、静かに闘志を燃やして行きます。

丁度、凪誠士郎に選ばれなかった自分と同じ境遇の御影玲王を誘いチームを結成。

潔と凪と馬狼照英のチームと、3ndステージで激突します。

試合開始早々、千切は、玲王のパスを受けます。

ボールを奪いに来た凪を圧倒的なスピードで引き離し、シュートを放ちゴールを決めました。

彼は、先制点を取っています。

その後も無減速ドリブルを見せたり、國神のヘディングシュートに繋げたり縦横無尽に大活躍を見せます。

しかし、この試合は、奮戦虚しく敗北してしまいました。

でも、千切は、足の速さを注目されて勝利した潔のチームに引き抜かれて行ったのです。

 

千切豹馬、4ndステージでも俊足を見せて先制点を得た?!

千切豹馬は、潔達と共に4ndステージに挑戦します。

相手は、糸師凛・蟻生十兵衛・時光青志・蜂楽廻のチームです。

試合が始まり、初回からヒートアップして行きます。

千切は、混戦の最中、凪誠士郎からトラップパスを受けます。

自らボールを取り、凛や十兵衛を最速の速さで回避。

そして、鮮やかなシュートを放ち、ここでも先制点を獲得しています。

その後も、スピードを見せつけたり、潔のシュートに結び付く活躍を見せています。

しかし、千切は、凛達のチームに敗北。

潔がセレクトされて行きます。

千切は、悔しさを噛みしめながら、潔に言います。

これが現実だから、黙って先に行けと送り出したのです。

その後、千切は次のゲームに勝利して二次選考を勝ち上がっています。

彼が3nd、4ndステージで先制点を得たのは素晴らしいです。

躍動感溢れていて、他の者を寄せ付けない気迫がありました。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】三次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬は、三次選考の適性試験で自慢の俊足をアピールする活躍を見せつけています。

彼は、乙夜影汰と鳥旅人のチームを選びます。

試合の中で、自分の足の速さを最大限にフィールドで見せたのです。

千切は、乙夜が得点できる様にお膳立てをします。

それが認められて、U‐20日本代表の試合でスターティングメンバーになる事に成功。

千切にとって、自分の名を日本中に知らしめる千載一遇のチャンスがやって来たのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表戦での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬は、U‐20日本代表戦で自分の速さを見せ付けています。

しかし、後半で交代してしまう事態になってしまいました。

彼が、何故最後まで試合を戦うことが出来なかったのか気になってしまいます。

その一部始終を語って行きましょう。

 

千切豹馬、U-20との前半戦で最速の韋駄天としての力を見せつけた?!

千切豹馬は、試合で糸師冴をマークして行きます。

彼は、得点を許さない様に、自分のスピードを利用して阻止しようと試みます。

しかし、冴がそれを上回る速さを見せて対応できません。

それでもU‐20の牙城を打ち破る為に、ブルーロック最速の韋駄天として全力を出します。

そして、鉄壁の守備を誇る主将オリヴァ・愛空を抜き去ります。

得点に繋げようとパスを出しています。

前半戦は、あっという間に終了します。

ブルーロックに最速の千切豹馬がいるとアピールする事に成功しました。

彼が、愛空を必死の形相で抜き去る様子が迫力ありすぎです。

 

千切豹馬、スタミナ切れで無念の交代となってしまった?!

千切は、後半もブルーロックが勝利する為に出来る事を最大限にやって行きました。

U-20側に付いた士道龍聖を食い止めようとします。

彼は、士道のシュートを防ぐ為に全力疾走して防ごうと挑みます。

でも、士道に追いつけずに得点を決められてしまいました。

すると、千切は、突然その場に倒れ込みます。

何とあまりの激走で、遂に足がつってしまったのです。

ブルーロックのコーチである絵心甚八は、そんな千切を見て潮時だと呟きます。

絵心は、千切がスプリント回数が最多で、縦横無尽に走り回った結果のスタミナ切れと見抜いていたのです。

潔は、近づいて千切の足を延ばしたりしました。

それでも、千切の右足の痙攣が治りません。

千切は、内心とても嘆いていました。

今まで、膝の怪我で練習量も低下していてブランクがあったのです。

ブルーロックの存続を賭けた大事な局面で、役に立てない自分が情けないという感情が次第に湧き上がります。

彼は、もっと走り続ける練習をしていれば違った結果だったと反省。

すると、千切は、氷織羊と交代する指示がやってきます。

無念の表情でベンチへと下がって行きます。

千切は、その際に絵心の前を通過しようとします。

絵心は、千切に向かってその態度は何だと叱責。

更に、この交代に文句があるのかと詰め寄って行ったのです。

千切は、悔しそうな表情で涙を浮かべていました。

彼は、不満はないと回答。

絵心は、千切に泣くぐらいなら最後まで走れる体でフィールドに立てと教えます。

そして、千切が抱いている悔しさが自分の現在地なのだと指摘します。

千切は、涙が止まりませんでした。

彼が、最後まで戦えなかったのはとても切ないです。

いつも淡々としていて、ここまで自分の感情を露わにする描写がとても印象的です。

その後、ブルーロックチームは、U-20を打ち破る快挙を見せます。

それが出来たのも千切の奮闘もあった筈です。

千切には、今後スタミナをしっかり付けて、フルタイムで試合で活躍する姿を見てみたいです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!千切豹馬の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬は、ブルーロックのフェーズ2でイングランドを選択しています。

彼は、開催される新英雄大戦で自分のスピードが世界に通用するか試したいと考えていました。

そこで、5か国の中で、特にラッシュやスピードを重要視しているイングランドに注目したのです。

イングランドは、マンシャイン・CのFWで完全英雄と言われるクリス・プリンスが指導者ストライカーとして担当する事になります。

千切が更なる進化を遂げて、スターティングメンバーに選ばれるのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

 まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

千切豹馬というキャラクターですが、当初はとても好きになれませんでした。

やる気が無くて、逃げの姿勢が見え隠れしていたからです。

サッカーをする為にやって来たのに、膝のケアや美容に注目していたので違和感がありました。

しかし、彼の過去を知り考えが変わりました。

更に、主人公潔との出会いが、千切に明るい希望を与えます。

それからの千切の活躍が凄まじいです。

最速のスピードでのプレーや、無回転ドリブルやボールコントロールは痺れます。

美形でワガママな態度に見えますが、心の中は熱く高ぶる姿が印象的です。

もう、ブルーロックの物語で欠かせない主要人物の1人です。

U-20戦では、スタミナ切れで交代。

コーチの絵心に態度を指摘されて、泣く一面があったので驚きです。

ブルーロックの環境を経験して、未来に向かって歩んで行く千切の立ち向かう姿が勇ましいです。

フェーズ2でイングランドを選択した彼が、更なる進化と発展を見せてくれる事を個人的に期待しています。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA