スポンサーリンク

【ブルーロック】剣城斬鉄は「バカ斬鉄」?剣城斬鉄と千切豹馬のスピード対決!最速はどっち!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品内に、剣城斬鉄というキャラクターが登場しています。

彼は、バカ呼ばわりされている変わり者です。

しかし、千切豹馬との対決で勝利。

高い実力を持っているプレイヤーの1人なのです。

そんな剣城について、詳しく説明をして行きたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】剣城斬鉄のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄は、10月30日生まれの16歳です。

蟹座で、身長が188cmあります。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】剣城斬鉄の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄は、短髪で角眼鏡を掛けています。

高身長で、体格も良く知的に見える印象。

少し渋くて10代に見えない渋さが漂っている雰囲気があります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】剣城斬鉄の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄の性格は、難しい用語等を使いカッコつけたがる部分があります。

しかし、冷静さや高いプライドも持っている所があります。

そんな彼の性格に注目して見ましょう。

 

スポンサーリンク

剣城斬鉄は、知的に見せたい為に理解していない用語を使いカッコつけたがる性格だった?!

剣城斬鉄は、少し頭が弱い部分を自覚しています。

少しでも他者に知的で優秀な部分を見せたいと言う気持ちがありました。

彼は、作中の中で自分が出来る男だと周囲に認めさせたい為にある行動に出ます。

人と語る時に、物事のプライオリティとかイニシアティブメソッド等とわかりもしない高度な用語を並べて発言。

同じチームの御影玲王には、それを見抜かれています。

剣城は、彼にバカ斬鉄と呼ばれて賢く見せるなと指摘されているのです。

二次選考では、チームを組もうと提案してきた二子一揮に対してもそれを実行。

ロジックやゼロベース、リスケ等の言葉を連呼して行きます。

とにかく、自分の馬鹿さがバレないことがカッコ良さに繋がると短絡的にしか考えていないのです。

そうしたい気持ちは、わからないでもないです。

ただ、剣城がカッコつけても嫌味にはなりません。

逆に可愛さや、面白さが漂っています。

個人的に彼のこの性格部分は、許せる事ができます。

 

スポンサーリンク

剣城斬鉄、意外にも冷静でプライドの高い性格の持ち主でもあった?!

剣城斬鉄は、主人公・潔世一が率いるチームZと対戦。

白熱した試合展開を繰り広げて行き、遂に同じチームVの凪誠士郎がシュートを決めたら勝利できる局面を迎えます。

しかし、チームZの久遠渉が悪質なファウルを見せて凪のチャンスを潰します。

この結果、久遠はレッドカードで一発退場。

それを見た御影玲王は、大激怒します。

御影は、久遠を許せないと迫って行き殴りかかりそうな勢いでした。

しかし、それを止めたのが、何と剣城だったのです。

彼は、終始冷静でした。

頭に血が上る御影に対して、落ち着けと宥めます。

更に、ここで乱闘騒ぎを起こしてイエローカードをもう1枚貰えば退場になると指摘。

御影は、剣城に従い渋々と引き下がります。

その後、試合の残り時間が3分となりました。

チームVのメンバー達は、得点を獲らなくても守り切れば自動的に一次選考を通過できると判断。

何と凪達に、守って試合を終了させようと提案しました。

しかし、凪と御影、剣城は、その申し出を却下。

剣城は、ここでチームZと引き分けたのなら負けと一緒。

必ず得点して行くと闘志を燃やしていたのです。

バカさが漂っている剣城の姿勢が真剣で、とても痺れる程熱いです。

冷静沈着でプライドの高さを見直しました。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】剣城斬鉄の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄の能力は、爆発的な加速力と得意な領域から撃てる左足の強烈なシュートです。

そんな彼の力に触れて行きましょう。

 

スポンサーリンク

剣城斬鉄は、爆発的な加速力が優れていた?!

剣城斬鉄は、加速力が凄まじいのです。

10m以内の初速は、とにかく爆発力があります。

チームZで、俊足が売りの千切豹馬を凌駕する活躍を見せています。

高い身長に素早いスピードは、フィールドで思う存分発揮していました。

必然的に攻撃に繋げていく事も可能。

その凄さは、後程より詳しく語って行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

剣城斬鉄は、領域に入ってからの左足のシュートが強力である?!

剣城斬鉄は、チームZとの試合でシュートの能力の高さを作中で見せています。

御影玲王からボールを貰い、得意の領域に侵入。

そこで左足を思いっきり振り抜き、ゴールを奪い取ります。

実際、一次選考で5得点挙げているので左足からの蹴りは凄まじいです。

彼が得点を挙げる力を持っていることが証明されています。

見かけによらず、優れたスペックの持ち主なのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】剣城斬鉄と御影玲王の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄と御影玲王の関係性は、ブルーロック一次選考でチームを組んだ仲です。

試合をして行き、交流を深めて行き良好な関係です。

その事について、語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

剣城斬鉄と御影玲王は、チームVに所属して大活躍をして行った?!

剣城斬鉄は、ブルーロックに召集されます。

そこで、一次選考を突破する為にチームVに所属。

ここで、御影玲王という人物と出会います。

剣城は、御影の能力の高さを知ります。

彼は、御影と凪誠士郎の3人で攻撃を司る様になります。

御影は、チームZと対戦するまでに6得点。

剣城は、5得点を挙げる大活躍をしました。

その影響で、一次選考は、首位で通過する事が確定できる状況になりました。

それぞれの能力の高さを認めたから、良い信頼関係が築けたのではないかと感じています。

 

スポンサーリンク

剣城斬鉄は、御影玲王に馬鹿にされても怒らない関係だった?!

剣城斬鉄は、一次選考を順調に勝ち進んで行きます。

食堂で仲良く、御影玲王と凪誠士郎と食事をしています。

そこに、チームZの久遠渉が八百長試合を提案して行きました。

剣城達のチームVを勝たせる様に仕向けると言った発言でした。

剣城は、それを即座に断ります。

その際に、難しい用語を連発して知的なイメージを見せて行きます。

それを見た御影は、自分をカッコ良く見せるなとバカ斬鉄と注意します。

通常ですと面白くなくて激怒する人が多いのかもしれません。

しかし、剣城は、表情も変えず怒りもしなかったのです。

頭が良くて信頼できる御影だったからなのでしょう。

彼は、意外にも大きな器の持ち主の可能性もあります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】剣城斬鉄と凪誠士郎の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄と凪誠士郎の関係は、一次選考でチームVで出会い親しくなります。

三次選考では、彼の居るチームを選択して共に試合をしています。

その状況について少し述べて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

剣城斬鉄は、凪誠士郎と出逢い一次選考を通過した仲間であった?!

剣城斬鉄は、ブルーロックの一次選考でチームVに所属。

そこで、凪誠士郎と出会います。

彼は、半年しか経験の無い凪のサッカー能力の高さを評価。

それ以来、共に過ごして行きます。

剣城は、チームVの勝利の為に得点を挙げて行きます。

凪もセンスを見せつけて、1番の成績にランキングされます。

その後、チームZとの最終戦でも凪と共にアグレッシブな姿勢で攻撃を展開。

防御も担当して行き、得意の加速力を見せつけて行きます。

 

スポンサーリンク

剣城斬鉄、凪誠士郎に馬鹿呼ばわりされても怒らない関係であった?!

剣城斬鉄は、凪誠士郎に頭が弱いと見抜かれてしまいます。

凪は、御影玲王と共に彼をバカ斬鉄というあだ名で呼びます。

しかし、剣城は全く怒りません。

食堂でも仲良く食事を楽しむ程の仲なのです。

剣城は、凪の実力を認めているから怒らないのかもしれません。

彼は、素直で優しい人物だから意外と小さな事は気にしない性格なのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

剣城斬鉄、三次選考のトライアウトで凪誠士郎のチームを選び試合をしていった?!

剣城斬鉄は、二次選考では凪誠士郎と絡む事はありません。

しかし、三次選考のU‐20日本代表のスターティングメンバーを選ぶトライアウトでまた試合をする事になりました。

凪は、上位6名に入りチームCを率いていく事になります。

剣城は、迷わず凪のいるチームを選択。

第5試合で、凪とのプレーでの協調と自分の存在を証明して行く為、全力で挑みます。

ここでの描写は、全く描かれていません。

でも、剣城は、得意の加速力を最大限に活かす活躍をしたのかもしれないです。

気心知れる凪がいるから、彼の力となり自分の力を全力で示したのではないかと個人的に思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】一次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄は、チームVに所属して得点を挙げる大活躍を見せています。

そして、一次選考の突破に貢献しているのです。

彼のフィールドで見せたプレー等を紹介して行きましょう。

 

スポンサーリンク

剣城斬鉄、チームVで凪誠士郎達と共に大活躍し首位に立つ

剣城斬鉄は、縁があって凪誠士郎と御影玲王がいるチームVに加入。

彼は、得意の加速力を使いフィールドで大暴れして行きます。

凪達とも上手く連携を図り、次々と他のチームを破って行きます。

一気に5得点も挙げていたのです。

そして、チームZと最終試合をする前には、首位になりました。

チームZを混乱に陥れた久遠渉は、剣城達が一次選考を突破できる様に八百長試合を提案。

しかし、剣城は、容赦なくそれを断ります。

彼は、久遠の言っている事は自分達のメリットにならないと否定。

不利益しか感じないと淡々と語っているのです。

そんな剣城の姿を見た御影玲王は、馬鹿のくせに賢く見せるなと注意しています。

ちょっと笑える場面ですが、ゴールを奪える実力の高さを示しています。

剣城が居なければ、チームVは首位になる事が出来なかったのかもしれません。

 

剣城斬鉄は、最終戦チームZとの試合で千切豹馬に勝ち得点を決めていた?!

剣城斬鉄は、チームZとの最終試合に挑みます。

試合開始早々、凪誠士郎は、高い攻撃力で2得点挙げます。

御影玲王もパスやフォローをして、試合を優位に展開。

チームZの千切豹馬は、得意の俊足で劣勢を撥ね退けようとプレーして行きます。

そこに剣城が立ちはだかります。

彼は、加速を始めて一気に千切に追いつきます。

そして、ハンドリングを駆使してボールを奪う事に成功。

御影に繋ぎ、パスをリターンされて自分の得意な領域に侵入します。

そして、左足から強烈なシュートを放ちます。

それは、ゴールに突き刺さりチームVの3点目となりました。

得点を決めて眼鏡を抑えるポーズが、とても知的に見えます。

スピードスターの千切を抜き去るのが、只者でない証明となっています。

 

剣城斬鉄、千切豹馬に逆襲されて敗北するも一次選考通過した?!

剣城達のチームVは、圧倒的勝利で終了できると感じていました。

しかし、蜂楽廻のスーパープレーからチームZが次第に息を吹き返して行きます。

いつの間にか同点となり、試合は一進一退の攻防を繰り返して行きます。

前半戦で剣城に負けた千切豹馬は、再びスピード対決を挑みます。

剣城は、爆発的な加速力で再び負かそうとします。

でも、千切は、剣城をしっかり分析していたのです。

初速は負けてしまうが、トップスピードは剣城よりも速いと解かったのです。

彼らは、競り合いをして行きます。

そして、千切が剣城を上回り、出し抜くことに成功。

今度は、剣城が負けてしまったのです。

その後も試合が続いて行きますが、久遠渉のファウル等でより激しい展開になります。

剣城は、攻撃だけでなく守備にも周りチームV優勝の為、必死に抵抗を続けて行きました。

彼は、アディショナルタイムのフリーキックで御影玲王が外したボールに反応。

凄まじい加速で追いつきキープしようとしました。

が、雷市陣吾に見抜かれて阻止されます。

その後、潔世一の決勝点でまさかの逆転負けをしてしまいました。

でも、チームVは得点力が高くてリードがあり、1敗だけの好成績。

その結果、首位のまま自動的に二次選考進出となったのです。

剣城、一次選考が通過できました。

運の強さもありますが、彼なりのプレーはとても熱かったです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】剣城斬鉄と千切豹馬はどっちが速い?

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄と千切豹馬は、単純にどちらが速いかとジャッジしづらい所があります。

それぞれが、要所で優れている速さがあるのです。

彼らのスピードについて、軽く説明して行きましょう。

 

剣城斬鉄は、爆発的な加速力で初速10m以内なら無敵の速さだった?!

剣城斬鉄は、チームZと試合をします。

そこで、俊足に自信がある千切豹馬と勝負。

彼に瞬時に追いつき、ボールを奪っています。

そして、シュートを決めてチームZから1得点を得ました。

剣城は、実は爆発的加速力に優れていたのです。

対峙した間合いでの反応勝負では、千切は彼に勝てません。

千切自身も剣城には勝てないと認めているのです。

初速では、剣城に軍配が挙がります。

 

千切豹馬は、初速では剣城斬鉄に敵わないが長距離疾走では速かった?!

千切豹馬は、剣城斬鉄の10m以内の領域では勝利できないと悟ります。

ただ、長距離疾走に突入すれば自分の武器が最大限に活かされると理解。

自己の50mを5秒77で走れる追い比べでの最速力なら勝てると判断します。

彼は、剣城との競り合いの中で自分の力が出せる間合いに引きずり込むことに成功。

遂に、剣城を抜き去りシュートを決めました。

長い距離でのトップスピードでは、千切が有利だったのです。

それぞれの違いと良さが際立ちます。

短期集中決戦では剣城の勝利。

長期戦では、千切が有利。

それぞれの良さが際立っているので、個人的にドローと評価をしたいです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄は、二次選考では詳しい活躍が描かれていません。

しかし、各ステージを勝ち抜き、三次選考進出に成功しています。

その様子を少し話して行きたいと思います。

 

剣城斬鉄、二子一揮とチームを結成した?!

剣城斬鉄は、一次選考を突破。

凪誠士郎と御影玲王と共に、二次選考に挑戦します。

1stステージで、ブルーロックマンから100ゴールを奪います。

2ndステージの控え部屋へ進みました。

彼は、そこで凪と御影がやってくるのをひたすら待ちます。

しかし、凪は、主人公・潔世一と蜂楽廻のチームに加入。

残りの御影も、千切豹馬と國神錬介に誘われて去っていました。

そんな、剣城を見る1人の選手がいました。

それは、一次選考でチームYに所属していた二子一揮だったのです。

二子は、丁度、2ndステージに進む為に誰と組むのか慎重に考えている最中でした。

そこで、剣城の姿が目に入ります。

彼は、剣城を足が速いけど頭が少し弱いプレイヤーだと認識していました。

それでも、二子は、高い能力がフィールドで活かされると決断。

思いきって彼に声を掛けて見ます。

剣城は、二子にまだ誰とも組んでいないと説明。

それを聞いた二子は、もう凪と御影は先に行ったのではないかと推測します。

剣城は、そういう論理もあると呟き始めます。

言い訳の様に、ゼロベースやリスケ等わかっていないのにカッコつけてしまいました。

二子は、剣城が想定していない事を見抜いていたのです。

でも、自分と組まないかと提案。

そうすれば、剣城を誰よりも上手く扱い活躍させられると説得を始めたのです。

剣城は、二子を見て馬鹿な自分をしっかり使ってくれると判断。

二子に従えば、プレーの成功率も上がり失敗も無くイケてる姿がアピールできると考えたのです。

剣城は、それを受け入れてOKを出したのです。

彼の表情や考えが面白くて笑えます。

因みにこのやり取りは、ブルーロック9巻の最後におまけ漫画として掲載されています。

興味のある方は、見て頂ければ剣城が憎めない奴だとわかるでしょう。

 

剣城斬鉄、二次選考の突破に成功した?!

剣城斬鉄は、二子一揮とチームを組みます。

その後、誰と戦いどんな活躍をして行ったのかは明らかにされていません。

しかし、剣城は、三次選考のジョイントルームで2番目にクリアしたチームの一員として登場。

凪誠士郎と千切豹馬、馬狼照英も居たのです。

考えられるのは、3rdステージで二子と共に挑むも敗北。

凪達に引き抜かれて、4thステージに進出し、次も勝利したからだと推測できます。

剣城が個人的にどんな活躍を見せたのか気になります。

千切もいるので一次選考の様に、スピードを活かした連携を見せたのかもしれません。

因みに、二子一揮は、5番目にクリアしたチームの中に居ました。

主人公・潔世一達の前に現れた時、眼鏡を押さえての決めポーズが意外にかっこ良かったです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】三次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄は、三次選考での活躍が描かれていません。

ただ、トライアウトで凪誠士郎の居るチームCを希望して挑戦。

第5試合に出場をしている様子が伺えます。

ここで、剣城がどんな活躍を見せたのか不明。

ゴールに繋がるプレーや、自分の存在をアピールできたかはわからないのです。

個人的には、彼の活躍が少しでも見たかったと感じています。

一応、三次選考を突破している様です。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表戦での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄は、U-20日本代表戦では活躍していません。

試合にも出場をしていないのです。

ただ、スターティングメンバーには選ばれなかったですが、代わりにサブメンバーの1人として選出。

ベンチで待機しています。

残念ながら、最後まで登場する機会はやって来ませんでした。

それでも、脱落せずに残っているのは凄い事だと思います。

剣城、運の良い人物なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!剣城斬鉄の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ブルーロック・フェーズ2が進行し、新英雄大戦のプロジェクトが発表。

剣城斬鉄は、フランスを選択しました。

個人的に彼が選んだ理由が、ユーモア溢れていてとても面白いのです。

少しその内容について、説明して行きましょう。

 

剣城斬鉄、頭良さそうな雰囲気を感じ取りフランスを選択した?!

ブルーロックの総監督である絵心甚八は、本格的にW杯優勝を目指す為、更なる高みを目指して行きます。

それを実現する為に、ブルーロック内で新英雄大戦の開催を宣言。

欧州5か国を選手達に選択させて、指導者ストライカーの下でトレーニングを実施。

そこでスターティングメンバーとなり、実力をアピールしていく事を目的にさせる狙いがありました。

リーグ戦に出場して結果を出し、成績の良い者がW杯代表となれると絵心は教えたのです。

潔世一達は、世界一のストライカーを目指すべく選択を決めて行きます。

その中で、剣城斬鉄は、とある国に注目をします。

そして、彼は、フランスを選択したのです。

ブルーロックの作品の中では、大富豪達の投資で大きな市場に成長。

最強クラブチームP・X・Gのジュリアン・ロキがいる最も勢いのある国でした。

剣城が選んだ理由は、何となく頭が良さそうだと感じたからです。

もう、驚きました。

ただ、彼らしい考えで面白いという印象があります。

スピードを高めたいとか、ドリブル等の個人技レベルアップ等を考える者達が多い中、彼は感覚や直感で決めたのです。

バカ呼ばわりされているので、知的に見せて鮮やかな戦術や技術で勝利したい願望があったのかもしれません。

剣城の決断が正解かどうかは、これから明らかになるでしょう。

個人的に、スターティングメンバーとなり活躍する姿が見られるのならそれもありかなと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

剣城斬鉄を始めて見た時は、知的で優秀なプレーをするキャラクターだと感じた記憶があります。

しかし、作品を見て行く内に見事に騙されました。

難しい用語を並べてカッコつけるポンコツさがわかり、しばらく唖然としてしまいました。

ただ、彼の持つ能力の高さは、優れているプレイヤーだと証明しているアピール度が高いです。

爆発的な加速力や、左足のシュートは素晴らしいです。

頭が弱い部分もありますが、素直で沈着冷静。

凪や御影を気にして接する所は、仲間思いで優しさ溢れる奴だと解かった時は大好きになりました。

一次選考では、チームVで首位に浮上させる程の貢献度の高さがありました。

残念ながら二次選考以降、彼の活躍が描かれていません。

でも、二次選考は二番目にクリアしたチームの中に登場。

実力は、本物だと思います。

三次選考や、U‐20日本代表戦でも見せ場無しなのが無念です。

ブルーロックのフェーズ2では、フランスを選択。

頭が良さそうに見えると言う理由だったと言うのが、非常に笑えました。

ただ、これからの剣城に期待をしたいです。

何処で進化や覚醒を遂げるのかわかりません。

彼がフランス代表として、スターティングメンバーに選ばれたら快挙です。

ジュリアン・ロキに鍛えられてパワーアップして出場する姿に期待したいです。

これからも、剣城斬鉄という男に注目して行きましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA