スポンサーリンク

【ブルーロック】蜂楽廻(ぱちら)のアイデアが止まらない!進化し続けるぱちらの能力や技とは!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品には、蜂楽廻というキャラクターが居ます。

彼がフィールドで発揮するアイデアは、閃きが鋭く常に進化と成長を遂げています

それは、止まることなく次々とアップデートされていき潔世一や他のストライカー達を驚愕させる程の勢いを見せています

そんな蜂楽について、詳しい話をしてみましょう。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】ぱちらのプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

ぱちらの本名は、蜂楽廻です。

千葉県出身の17歳。

波風高校の2年生です。

誕生日は、8月8日。

好きな食べ物は、パイナップルで、嫌いな物はもずくらしいです。

身長は、176cmあります。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】ぱちらの特徴

ブルーロック/@金城宗幸

ぱちらですが、髪の毛先が黄色く、前髪がぱっつんの状態です。

痩せていて、明るく陽気です。

サッカーにおける感性やその場での閃きがとても優れています

とても個性的で癖のあるキャラクターなのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ぱちらの性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ぱちらの性格ですが、とにかく天然で自由奔放過ぎる部分があります。

そして、どんな状況でもポジティブ過ぎる面を持っているのです。

そんな彼の様子を話して行きます。

 

スポンサーリンク

ぱちらは、天然で自由奔放な性格の持ち主であった?!

ぱちらですが、登場時からチームZの控室で寝転んでいます。

堂々としていて、とても掴みどころがないです。

突然、起き出してプレーを始めたりします。

サッカーをする時は、スイッチが入り別人の様に変貌

しかし、試合や練習の終了後は、ダラダラしています。

服を脱ぎっぱなしにしたり、適当に過ごす光景がよく見られます。

潔世一とは、親しく接していきます。

ど付き合いをしたり、ツッコミを入れたり無邪気で子供の様な素振りも見せています。

とにかく、ぱちらは、何事にも縛られない自由人なのです。

だから、試合では様々なアイデアが思い浮かぶのかもしれません。

人当たりも良く、話し相手の緩衝役の部分も作中で見せています。

憎めないし、魅力にあふれています。

 

スポンサーリンク

ぱちらは、如何なる場面でもポジティブシンキングな性格であった?!

ぱちらは、ブルーロックの施設内の試合でチームが劣勢になる経験をしています。

プレイヤー達は、士気が下がり絶望的になります。

しかし、彼だけは全く違ったのです。

不利な状況でも、楽しくなってきたと喜んでいるのです。

一次選考では、凪誠士郎達のチームVとの試合でそれを見せています。

そこで、スーパープレーを見せる奇跡を起こし、勝利に繋げています

他の試合でもワクワクして笑いながら、プレーやテクニックを披露。

これは、ぱちらの純粋にサッカーを追求し楽しみたいと言う感情が滲み出ています。

彼の最大の長所で、素晴らしいマインドの持ち主だと感じます。

ぱちらのそんな姿を見たら、自分も頑張ろうと言う気分にさせてくれます。

チームを盛り上げるムードメーカーに相応しいでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ぱちらの能力・武器とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ぱちらの能力・武器は、高いレベルのドリブルとパスセンスでしょう。

彼は、これらを最大限に活かし、攻撃の善戦で活躍

ブルーロックチームのプレイヤーを活かす起点となって行きます。

その話をして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

ぱちらは、ドリブルテクニックが抜群である?!

ぱちらは、非常に優れたドリブル能力があります。

彼は、これを武器に試合で攻撃の軸になる動きをしています。

フィールド内を動き回り、立ち塞がる相手を翻弄して抜き去ります

個人技が繊細で、止めるのも至難の業です。

複数が彼を阻止しようとしても、恐れずに高度なテクニックをアドリブで披露。

繊細なタッチや、緩急自在なタイミングを使い分けているのです

彼は、ブルーロックでの選考やU-20日本代表との試合でより磨きが掛かります。

現在も、ブルーロックのフェーズ2で成長が止まりません。

更なるレベルの高い技術を見せてくれそうです。

 

スポンサーリンク

ぱちらは、優れたパスセンスでブルーロックチームに貢献している?!

ぱちらは、ドリブルだけではありません。

精度の高い確実なパスセンスも輝いているのです。

彼は、選手達の未来の動きを予測

正確に届く様に、パスを出します。

それは、シビアで絶妙なものばかりです。

しかし、潔世一や他の選手達にとっては絶好のチャンスとなります。

カウンターとなり、プレイヤー達の得点にも繋がっています

相手の動きを見抜き、蹴りやすいポイントに送り出したり感覚が鋭いのです。

ぱちらのパスは、得点に繋がる貴重なラインになります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ぱちらの進化・覚醒とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ぱちらの進化・覚醒は、二次選考で潔世一のチームと2回目の対戦時に発生。

潔と糸師凛の競り合いを見て、焦りを感じてエゴイストに目覚めました

その点について、語りましょう。

 

スポンサーリンク

ぱちらは、潔と糸師凛の領域に入れないのが嫌だと悟り進化・覚醒を遂げた?!

ぱちらは、それまでかいぶつの声に従い、潔世一とサッカーをする喜びを感じていました。

しかし、二次選考の3thステージで糸師凛のチームに引き抜かれます。

そして、潔世一は、凪誠士郎と千切豹馬、馬狼照英を引き連れて試合の申し込みをします。

4thステージでぱちらは、潔チームと戦う事になりました

彼は、潔の成長を喜びます。

そして、糸師凛とフィールドを支配して行く戦いに自分も参加しようと行動。

でも、潔達は、ぱちらを全く相手にしません。

更に、千切や凪から勝利した場合、自分達が引き抜くのは凜だと宣言されます。

それに衝撃を受けたぱちらは、それが嫌だと嘆きます。

かいぶつの声に従いながらも、他人の為にサッカーをしていた事にようやく気付いたのです。

ぱちらは、自分の思うままにサッカーをしたいと言う感情に駆られます。

自分の為のサッカーをしようと決意。

今まで見せた事のない荒々しいドリブルや、より高度なテクニックで凪達を抜き去ったのです。

かいぶつを封印して、自分の欲剥き出しのエゴイストまみれのスタイルが誕生。

この経験が、後の試合でも生きていく事になります。

個人技では、もうブルーロックチームの中で上位だと思う実力があるでしょう。

今までのマイペースさが消えて、感情剥き出しのぱちらが凄まじいです。

その成長は、是非とも作品で確認して頂ければ良く解かります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ぱちらの技とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ぱちらの技は、個人技が得意で非常に多いです。

御影玲王を翻弄した超速シザースや、フェイントスピンを掛けたルーレットで抜き去る技術

ボールを足に乗せて自由に操作する空中エラシコも簡単に再現できます。

ゴールを決める技も、軸足の後ろから交差させて蹴るラボーナショットも可能。

相手をダブル・パナやトリプル・パナを使用し、千切豹馬や馬狼照英を退けています

ブルーロックのフェーズ2で開始された新英雄大戦では、ラヴィーニョのジンガの動きを取り入れてジンガ×モンスターという技を開発しています。

繊細かつ豪快なぱちらのテクニックは、華やかで芸術的です。

サッカーセンス抜群の高いものばかりです。

天才ぱちらにしかできないでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ぱちらの中にいる「かいぶつ」とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ぱちらの中には、かいぶつが住んでいます。

それは、母親から聞かされてよりその存在を大事に扱う様になって行きます

その声に従い、彼はサッカー人生を歩んで行きます。

その内容に少し触れて行きましょう。

 

スポンサーリンク

ぱちら、母親からかいぶつの存在を聞き信じる様になる?!

ぱちらの母親は、メディアが注目をする有名な芸術家でした。

そんなぱちらは、母親が描く壮大な絵がとても大好きでした。

ある日、ぱちらの母親は、彼に心の中にいるかいぶつの存在を教えました。

それは、イマジナリーフレンドと呼ばれるものでその声を聞いて信じて生きればよいとアドバイスされます

彼女も、かいぶつの声を聞き創作活動に専念。

ぱちらに、それは、大人になれば感じられなくなると告げます

それでも自分の信じたいものがあるのは、とても素敵で大事な事。

それを受け入れて、従えば良いと否定しなかったのです。

ぱちらは、母親の影響でかいぶつを大切にする様に決意したのかもしれません。

 

スポンサーリンク

ぱちらは、孤独になってもかいぶつの声に従ってサッカーを続けていった?!

ぱちらは、サッカーの才能に優れていました。

彼は、かいぶつの声に従い、友達と遊び才能を開花させていきます。

サッカーの試合では、優れたテクニックで周囲を魅了。

かいぶつと会話をしながら、自分の腕を磨いて行きました

しかし、指導者や友人達は、ぱちらが独り言を呟く姿を不気味に思い始めます。

そして、もうついて行けない変人だと離れて行きます。

ぱちらは、かいぶつの事を信じてもらえないと嘆き悔しがりました

それでも、サッカーの情熱は、消えません。

ぱちらは、かいぶつに従い更に没頭していきます。

やがて、ブルーロックからの招集が掛かります。

そこで出会った潔世一が、かいぶつと同じ様に見えたのです。

彼は、初めてかいぶつレベルの人間に出会えた事を非常に喜びます。

 

スポンサーリンク

ぱちら、ラヴィーニョとの出会いで封印したかいぶつを進化させる為に復活させた?!

ぱちらは、ブルーロックのフェーズ2で新英雄大戦に参加。

彼は、スペインを選択して指導者ストライカーのラヴィーニョと出会いました

ラヴィーニョは、自分の中に世界一というイメージを飼っていると宣言。

それを利用して、フィールドでオリジナルを創れとアドバイスします。

ぱちらは、それを取り入れて試行錯誤していきました。

彼は、ラヴィーニョに自分の中にかいぶつがいると打ち明けます

でも、自分はそれを乗り越えて強くなったが、これから何をイメージして頑張れば良いのか質問。

すると、ラヴィーニョは、ぱちらの中の怪物を進化させろと断言したのです。

更に、それが世界一のオリジナリティに近づく道標だと告げました。

ぱちらは、そのかいぶつの力を使いプレースタイルの幅を広げる事に成功しました。

ぱちらにとって、やはりかいぶつとの縁が切り離せません。

強くなる為には、必要な選択だったのでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ぱちらの活躍とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ぱちらの活躍は、ブルーロックの一次選考からU-20日本代表戦でも得点を挙げたり攻撃的に積極的に絡んでいます。

ブルーロックのフェーズ2で始まった新英雄大戦では、ドイツの選手達をごぼう抜きにして得点

更なるレベルアップを見せています。

そんな、彼の大活躍について説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ぱちらは、一次選考では潔世一と連携したり、1人でゴールを決める大活躍だった?!

ぱちらは、チームZに所属。

一次選考突破の為に、力を注いでいきます。

チームXとの戦いでは、馬狼照英の圧倒的な得点力と立ち回りで敗北が濃厚。

しかし、主人公・潔世一とぱちらは、諦めていませんでした。

彼は、潔と連携し、前線に切り込んで行き國神錬介をアシストする事に成功

得点を挙げる結果に繋げています。

チームYでも、ボールをカットしたりパスを上げて初勝利に貢献。

チームVとの試合では、凪誠士郎や剣城斬鉄、御影玲王の激しい攻撃力で追い詰められてしまいます。

潔達ほぼ全員が戦意喪失する中で、ぱちらだけは違ったのです。

彼は、危機的状況をワクワクすると楽しんでいました

超速シザースを披露して、フェイントスピンからのルーレットで御影を抜き去ります。

剣城と対峙して、個人技の空中エラシコで突破。

他のDF陣も巧みに翻弄させ、高等テクニックであるラボーナを披露。

1点を決めて、チームZを復活させる機会を与えます

その後も、鋭く正確なパスを潔達に出し、サポート役に徹していきます。

その甲斐があって、チームZは、強敵チームVに勝利。

一次選考を突破できたのです。

ぱちらが居なければ、脱落は確定だったでしょう。

 

スポンサーリンク

ぱちらは、二次選考で覚醒して新しいプレースタイルを見せる活躍をした?!

ぱちらは、二次選考で潔世一と凪誠士郎とチームを結成。

糸師凛と蟻生十兵衛、時光青志チームと対戦する事になりました。

試合で、凄まじい速度のシザースからのパスで潔の得点をアシストします。

攻守に渡り、積極的に動いて行きますが敗北。

彼は、糸師凛のチームに引き抜かれてしまいました。

対戦相手がやってくるまで、糸師凛と練習しますが1人で闘う事を恐れていると指摘。

やがて、潔世一のチームと再戦します。

ぱちらは、ノールックパスや磨きが掛かったハイレベルで質の高いアシストで発想を爆発

糸師凛達に化学反応を起こさせて、自分でも才能を引き出されてシュートを決めます。

しかし、潔と凛の壮絶な競り合いを見て、異変が発生

自分の踏み込む場所がないと理解します。

常に、潔の存在を追いかけて、内なるかいぶつの声に従っていたぱちらは思考停止。

自分が何のためにサッカーをしているのかと自問自答を繰り返して行きました。

その隙を突かれて、千切豹馬にボールをカットされてしまいます。

それを見ていた凪誠士郎は、ぱちらに対し辛辣な言葉をぶつけます。

負けてもまた自分が選ばれる考えなら不要。

自分も潔も、凛を選ぶと告げたのです。

それを聞いたぱちらは、必死に足掻きだします。

そして、自分の中にいたかいぶつに別れの宣言。

今まで見せた事のない、強引で荒々しいドリブルやダブル・パナを見せる覚醒に成功したのです。

エゴイスト全開のぱちらは、凪や千切、馬狼を抜き去ります。

その後、糸師凛が決勝点を決めてぱちらは、二次選考を突破しました。

自分の為のサッカーに目覚めたぱちらは、凄まじかったです。

 

ぱちら、三次選考で得点を決めて、U-20日本代表メンバーに選ばれた?!

ぱちらは、三次選考の初回、世界選抜チームと戦います。

アルゼンチン代表のパブロ・カバソスと対峙。

彼は、似たような能力を持つパブロをドリブルで抜き去ります。

潔世一を囮に、糸師凛にパスを繋げます。

凜に得点を決めるアシストをしています。

総監督の絵心甚八は、選手達がトライアウトでの共存と主張を見ると宣言します。

そして、U-20日本代表戦のスターティングメンバーを選ぶと教えます。

上位6名からのチームに加入しての試合が展開されます。

ぱちらは、その中で7番目の成績を収めていました。

TOP6以外の選手は1度しか参加が許されません。

しかし、ぱちらは、絵心から2度参加できる権利を許されたのです。

彼は、糸師凛と士道龍聖が率いるチームAと、凪誠士郎と雪宮剣優のチームCの試合に出場。

チームAでは、ドリブルやパスセンスで自分の存在をアピールします。

そして、自ら得点を挙げています。

その後、絵心からU-20日本代表戦においてサイドバックのポジションに指名

ぱちらは、得意のドリブルと速さやテクニックが重要だと評価されたのです。

彼無しでは、最強のブルーロックチームは作れなかったでしょう。

 

ぱちらは、U-20日本代表戦において攻守に渡る活躍を見せていた?!

ぱちらは、U-20日本代表戦に挑みます。

前半では、特に潔世一と意思疎通が充実したコンビネーションでU-20側のゴールを脅かします。

得点できそうなチャンスが何度もありましたが、オリヴァ・愛空等のDF陣に潰されてしまいました

それでも、優れたパスセンスを見せつけて、1点のリードで終えました。

後半戦は、自分の直感を信じ、フィールドで自由自在なドリブルを展開

1人でDFの選手達をごぼう抜きにしています。

残念ながら得点はしていません。

それでも、ぱちらの動きは、ブルーロックチームの危機を何度も救い、勝利に導いているのです。

 

ぱちら、新英雄大戦のドイツとの戦いで進化して得点を挙げる活躍をしていた?!

ぱちらは、ブルーロックのフェーズ2で新英雄大戦に参加する為にスペインを選択。

彼は、指導者ストライカーのラヴィーニョの指導を受けてスターティングメンバーに抜擢されました。

試合では、ドリブルの姿勢が変わり、繊細なタッチでボールを操れる様にレベルアップしました。

新しいドリブルスタイルのジンガ×モンスターを見せつけて、自由にドイツ陣営を翻弄

そして、パスからシュートを放ち、ゴールを決めています。

自分のオリジナリティを開花させて、自由自在にフィールドを駆け回っています

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】ぱちらのかわいい魅力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

ぱちらのかわいい魅力は、屈託のない笑顔でしょう。

純粋で、裏表も嘘も無いその表情は、男性ながらも可愛さが漂っている気がします。

彼の魅力の1つなのかもしれません。

頭が来ることがあっても、それを見れば許せる気が個人的にします。

ブルーロックの作品内では、サッカーの試合や練習、日常でも笑顔を浮かべる光景があります。

何かそれを見ると癒される気分になりました

ぱちらに注目して行けば、他のかわいさを発見できるかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

ぱちらを始めて見た時は、とても不思議な雰囲気が漂うキャラクターだなと感じました。

しかし、サッカーを始めるとスイッチが切り替わります。

ドリブルやパスセンス等、個人技を活かしたスーパーテクニックの持ち主でした。

フィールド内で次々とアイデアを閃き、それを再現して行く能力は、ブルーロックチームの中で間違えなく上位陣です。

世界レベルに通用する彼の才能は、ファンタジスタで異次元級で読めません。

常に、自由で明るく、見ているだけで希望を与えてくれる存在です。

一見悩みのなさそうなぱちらですが、幼少の頃から自分の中に存在するかいぶつと共存。

友達とトラブルになりながらも、それを信じサッカーを続けて行きます。

そして、ブルーロックで仲間でありライバルであるプレイヤーと出会うことが出来ました。

潔と連携して行く描写は、もう最高です

まだまだ進化中で、試合をする度に、高度なテクニックを覚えて驚かせてくれます。

かいぶつを封印し、自分の為のサッカーを展開。

でも、ラヴィーニョの助言によりかいぶつを進化させてより世界一のストライカーに近づいています。

面白くてかわいいぱちらが、今後どうなって行くのか非常に興味津々です。

今後も、ぱちらの動向に期待と注目していきます。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA