スポンサーリンク

【ブルーロック】吉良涼介が呆気なく脱落?怒りに燃える吉良涼介の再登場はあるのか!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品に吉良涼介という名前のキャラクターが登場しています。

主人公である潔世一と関わりがある選手です。

しかし、彼はブルーロックの施設内で直ぐに脱落をしてしまいました。

去る事になり、激しい怒りを見せています。

そんな吉良について詳しく述べて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】吉良涼介のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

吉良涼介は、松風黒王高校の2年生です。

サッカー部のエースストライカーとして活躍。

その実力は、U18代表に飛び級で招集される能力があります。

日本の宝と呼ばれる期待されている選手です。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】吉良涼介の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

吉良涼介ですが、金髪で髪が長い爽やかなイケメンです。

身長も高く、非の打ちどころがありません。

サッカー選手というよりも、芸能界のアイドルみたいなカッコ良い雰囲気を漂わせています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】吉良涼介の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

吉良涼介の性格ですが、とても紳士的で気さくに話しかける面があります。

しかし、自分の考えや主張はハッキリ言う部分も持っています。

その部分について、少し見て行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

吉良涼介、主人公・潔世一に笑顔で話しかけてくる紳士さがあった?!

潔世一は、ブルーロックの指定強化選手に選出されて集合場所へ向かいます。

すると、彼に話しかけてくる1人の男性が居ました。

それが、吉良涼介だったのです。

彼は、潔に自分の事を覚えているのかと話しかけてきました。

試合でのセンスや、視野の広さを評価。

もし、一緒のチームで戦っていたのなら良いパスをくれると笑顔で褒めたのです。

更に、潔が敬語で話してくるので、同じ年齢だから止めようと発言。

これから、頑張って行こうと挨拶したのです。

紳士的で嫌味の無い爽やかさが漂っています。

 

スポンサーリンク

吉良涼介、絵心甚八の説明に強く意見を言う事が出来た?!

ブルーロックの総責任者である絵心甚八は、吉良涼介達選手に話をして行きます。

それは、日本がW杯優勝に導く事が最大の目的だと明かして行きます。

その為に、ブルーロックで世界一のストライカーを創る実験をすると宣言。

自分の考えた特殊なトップトレーニングで、共同生活をしていき、人生を賭けた戦いに参加してもらうと説明していきました。

過酷な環境を勝ち抜いた最後の1人は、必ず世界一のストライカーになれると断言。

それを聞いた吉良涼介は、絵心に同意できないと答えます。

自分達には、大事なサッカーのチームがあり、全国大会に参加する選手もいると逆に説明をして行きます。

そして、自分はそれらを捨ててブルーロックプロジェクトに挑戦できないと断ったのです。

更に、絵心に発言を撤回しろと怒りを見せています。

彼は、しっかりと考えを伝えられる力があります。

でも、絵心の話術でやる気になった潔達がブルーロックの施設に入って行きました。

吉良も仕方なく参加していく事になります。

サッカーの実力だけでなく、コミュニケーション能力も高い様子が見られます。

本当に優れた男です。

 

スポンサーリンク

吉良涼介、ブルーロックのテストについて異議申立てできた強い精神の持ち主だった?!

吉良涼介は、入寮テストの結果に憤慨します。

自分の様な才能あふれる存在が、何故将来を潰されてしまうのかわからないと叫びます。

自分は、日本サッカー界の宝だから納得いかないと鬼の様な形相になります。

しかも、絵心のテストはサッカーと何にも関係が無いと断言します。

怒っても、自分の考えや主張がしっかりとアピールできます。

ただ、自分の能力の高さを過信していたのかもしれません。

油断や慢心が無かったのであれば、違う結果を歩んでいた可能性も否定できないです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】吉良涼介の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

吉良涼介の能力ですが、日本高校サッカー選手権の埼玉県大会で優勝する事が出来た実力の高さがあります。

U‐18にも召集されていて、サッカーの技術にとても優れています。

また、ブルーロック内でチームZの中で一番高く、289位という順位でした。

彼は、何事も無ければブルーロックでスターティングメンバーになれたのかもしれません。

あまりのハイスペックな能力が災いして、サッカー人生を揺るがす結果に結びついてしまうのです。

サッカーの能力の高さは、吉良自身を良くない方向に導いてしまったのです。

その話は、また後でしましょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】吉良涼介と潔世一の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

吉良涼介と潔世一の関係は、全国高校サッカー選手権大会の埼玉県大会決勝で争った存在です。

主人公である潔は、一難高校のサッカー部員として試合に挑みました。

吉良涼介は、そのライバル校である松風黒王高校に所属しています。

潔達のチームを破り、見事に優勝。

そして、全国大会に駒を進めました。

彼は、その後、ブルーロックから強化指定選手の招集が掛かります。

施設に行くと潔と再会。

縁があった2人は、こうしてブルーロック内で世界一のストライカーとなるべくテストをする事になります。

潔は、ブルーロックで初めて会話する事になった吉良の印象に驚いています。

気軽に話しかけてきて、良い雰囲気を作ってくれる彼の人間性がとても良いと認めているのです。

吉良自身も、顔見知りの潔と良き関係を築いて、ブルーロックの試練を乗り越えようと考えていました。

しかし、運命は、そんな彼の思いを嘲笑うかのような仕打ちを与えて行きます。

潔との関係も大きく変化して行くのです。

それは、後程語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】入寮テスト

ブルーロック/@金城宗幸

吉良涼介は、ブルーロックの入寮テストであるオニごっこを受験しています。

このテストが、彼の運命を決定して行きます。

その内容について、少し触れたいと思います。

 

スポンサーリンク

吉良涼介が挑んだ入寮テストの名は、オニごっこだった?!

吉良涼介は、チームZ控室のモニターからコーチの絵心甚八の姿を見ます。

絵心は、控室に居るメンバーがルームメイトでもあり、高め合うライバルだと教えて行きます。

これからランキングで、上位5名を半年後の大会であるU‐20W杯のFWに登録すると宣言。

但し、ここで脱落をしたのなら、二度と日本代表に入る権利は消失すると言います。

早速、オニごっこの時間だと説明。

天井からボールが出てきて、制限時間136秒でプレーを最大限にしていく事を話します。

タイムアップの際に、ボールが当たりオニになってしまった者が帰る事になると告げたのです。

絵心は、この際にプロ選手もウォーミングアップで行うトレーニングだが、ここではエゴイズムも見極めるから覚悟しろと冷たく言い放ちます。

吉良涼介は、オニごっこが始まり冷静に潔に対し口を開きます。

自分は、絵心のトレーニングを否定する為に参加したが、これは馬鹿げていると否定。

彼は、間違っているし自分の未来を潰させないと静かな怒りの表情を見せたのです。

このテストが、潔との決別となるとは思っても居なかったでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】吉良涼介は脱落した?

ブルーロック/@金城宗幸

吉良涼介は、ブルーロックから脱落してしまいました。

それは、入寮テストであるオニごっこで敗北してしまったからです。

何故、能力が高かった吉良が去る事になってしまったのか、とても興味深いです。

その点について話をして行きましょう。

 

スポンサーリンク

吉良涼介、潔世一のシュートが顔面に当たりオニとなって敗北した?!

吉良涼介は、絵心甚八のオニごっこでサッカー人生を決められたくないと怒りを露わにします。

彼は、冷静になる様に努めて考えて行き、首位の状況を分析。

オニごっこは、進行していき遂に潔世一がオニとなってしまいました。

彼は、1番順位の低い選手である五十嵐栗夢にボールを当てようとします。

しかし、自分が勝利する事は、誰かの夢も一緒に終わらせる事だと理解。

自分は、人生を変える為にブルーロックにやってきたと実感します。

そして、世界一のストライカーになる為には、強い奴等に勝たないと証明できないと決意します。

それを見ていた蜂楽廻は、潔の考えが良いとボールを奪います。

オニごっこは、混戦となりました。

終了間際3秒で、潔の所にボールが近づいてきます。

潔は、オニごっこで潰すのは1番強い奴だと呟きます。

彼の視線の先には、チームZのトップ順位だった吉良涼介がいたのです。

潔は、迷わずシュートします。

そのボールは、何と吉良の顔面に直撃。

彼は、鼻血を吹き出して床に倒れます。

するとタイムアップ終了の合図が鳴ります。

モニターには、敗者である吉良の名前が映し出されたのです。

吉良は、目の前で起きた光景が信じられません。

彼は、潔に何故この様な事をしたのかと質問。

潔は、自分の前に急にボールが来たからだと答えたのです。

その答えに呆然としていた吉良でしたが、次第に怒りが込み上げてきます。

すると、絵心甚八が姿を見せます。

吉良に対し、敗れて失格となったので出て行けと宣言しました。

吉良自身、自分が負けるとは考えていなかったでしょう。

埼玉県大会決勝で破った相手である、潔にブルーロック内で引導を渡されてしまったのです。

衝撃的な結果です。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】吉良涼介に足りなかったものとは?

ブルーロック/@金城宗幸

吉良涼介に足りなかったものは、ストライカーとしてのポジショニングの至らなさや精神的な未熟さ、勝利への執念から逃げてしまったのが要因です。

それを絵心甚八は、彼に容赦なく指摘をしているのです。

その説明を少しずつ話して行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

吉良涼介に足りなかったものは、絵心甚八が全てを説明した?!

吉良涼介は、オニごっこのテストに敗北してしまいます。

彼は、結果に納得できず、絵心甚八に怒りを見せて行きます。

すると、絵心は、ブルーロック内で起こる事は全てサッカーに密接する事ばかりだと発言。

吉良をエリート凡人呼ばわりして、周囲を見ろと指摘します。

オニごっこをした部屋の広さは、ペナルティエリアと同じサイズであると暴露。

この中は、全てのゴールを生み出すストライカーの仕事場であり、ここで能力を発揮するにはポジショニングが勝敗を決すると説明します。

絵心は、そんなフィールドで生き残れない人間に才能は無いと断言。

更に、オニとなった者に要求されるのは、ドリブル精度やキックの命中率の高さや質。

これも重要でサッカーのトレーニングの一環だと教えます。

それでも、吉良は、この短い時間で全てを決められたくないと噛みついて行きます。

絵心は、表情を変えずに再び話を続けて行きます。

試合の中で、1人のプレイヤーがボールを保持できる時間は約136秒。

吉良に対して、平等に与えられたチャンスを破壊したと告げます。

最後の1秒でも逆転の機会があったのを見逃してしまった執念の無さと、ストライカーのエゴイズムから逃げたので価値が無いと言います。

そして、吉良に即刻去れと命令。

吉良は、蜂楽廻が来たから対応できなかったと言い訳を始めます。

潔世一は、そんな彼に声を掛けようとします。

すると、吉良は、潔に対して怒りの表情を見せます。

彼は、唇を噛みしめて悔しそうにその場を去って行きました。

吉良は、口から出血をしていたのです。

それ程、オニごっこの敗北を受け入れられず、悔しさがあったと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】吉良涼介の再登場はある?

ブルーロック/@金城宗幸

吉良涼介の再登場ですが、今の所不明です。

再び姿を現すかどうかも定かではありません。

ただ、ブルーロックを去る際は、鬼の様な形相になるくらいの怒りを見せています。

このままでは彼は終わらない様な気がします。

もし、実力を付けて潔達、ブルーロックの選手達に立ちはだかる存在になったら面白いかもしれません。

ただ、ブルーロックで敗れた者は、二度と日本代表に入る権利を失います。

吉良が潔にリベンジするには、海外クラブに加入してブルーロックで再会。

そして、試合で実力の高さを見せるというシナリオもありかもしれないです。

 

スポンサーリンク

 まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

吉良涼介ですが、主人公である潔世一と試合で戦った事があった間柄でした。

爽やかな雰囲気で、潔と共にブルーロックに挑んで行く姿を当初は想像してしまいました。

しかし、初回で脱落という結果に終わってしまいます。

潔達のチームを破り、優勝。

U‐18に召集され、日本の宝と呼ばれて、チームZ内でも1番の順位だった彼がまさかの転落です。

ブルーロックの環境や、絵心の論破、世界のレベルの高さを痛感する事になってしまいました。

怒りを見せて行く表情が、イケメンの容姿を台無しにしています。

潔に対して見せる表情が険しく、怖さが漂っています。

その後、吉良の登場はありません。

ただ、日本代表になれませんが、海外でチャンスがあるのかもしれません。

ブルーロックのフェーズ2で新英雄大戦や、W杯に参戦する事が出来たのなら面白い展開になって行きそうです。

吉良涼介がパワーアップして、潔を苦しめる展開も個人的には見てみたい気がします。

彼の再登場と復活に期待しましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA