スポンサーリンク

【ブルーロック】ゲットゴールジャンキー・アダムブレイクの能力とは?これが世界!これこそ超一流!!

スポンサーリンク

ブルーロックの作品の中に、アダム・ブレイクなるキャラクターが登場します。

彼は、主人公である潔世一と試合をする事になります。

圧倒的な力を見せつけて、得点を挙げる活躍をしました。

そんなアダムについて、詳しい説明をして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】アダムブレイクのプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

アダム・ブレイクは、イングランド代表の26歳です。

ゲットゴールジャンキーの異名を持つ強いストライカーです。

女性がとても大好きで、日本の着物に非常に興味を持っています。

ブルーロックの三次選考1stノルマで、世界選抜の一員として潔世一達と対戦しています。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】アダムブレイクの特徴

ブルーロック/@金城宗幸

アダム・ブレイクは、金髪に無精髭を生やした渋い顔をしています。

同じ世界選抜のブラジル代表であるダダ・シウバは、彼を女性狂いのおっさん呼ばわりしています。

彼の風貌を見て、30歳になったかと馬鹿にしている光景があります。

アダムは、ダダにまだ26歳だと怒りの反論。

老け顔に見えます。

身長も高く、がっちりした体格をしています。

左の眉に、数か所切れ込みが入っています。

意外にオシャレに敏感な人物なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】アダムブレイクの性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

アダム・ブレイクですが、一見冷静に見えてとても怒りやすい性格の持ち主です。

でも、サッカーの試合においては、状況を瞬時に見極める部分も持っています

その部分について、少し話をしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

アダム・ブレイクは、年齢や風貌を馬鹿にされるとキレやすい性格だった?!

アダム・ブレイクは、ブルーロックの三次選考に召集

それは、二次選考を突破した潔世一ら選手の実力を確かめる為に試合をする事が目的でした。

彼は、ブラジル代表のダダ・シルバやアルゼンチン代表のパブロ・カバソス、スペイン代表のレオナルド・ルナ、フランス代表のジュリアンロキの5人でチームを組みます。

アダムは、三次選考のバトルフィールドにやって来た潔達を見て、日本人自体筋肉が付きにくい民族だと馬鹿にします。

彼は、ダダ・シルバにこの試合は自分達の勝利だと賭けをしていたのです。

そのやり取りで、ダダは、アダムに試合の報酬を女性遊びに使うのだろうと話して行きます

その際に、アダムをおっさん呼ばわりしたのです。

更に、30歳になったかと挑発する様に馬鹿にしたのです。

すると、アダムは、26歳だと告げます。

そして、ダダを守銭奴呼ばわりして殺すという物騒な発言をして怒りを見せているのです。

感情が些細な事で爆発しやすい面が見られます。

しかし、表情はとてもクールです。

意外と大人だし、怒っても直ぐに冷静になれる性格なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

アダム・ブレイクは、フィールドで瞬時に状況を見極められる面も持っていた?!

アダム・ブレイクは、潔世一達ブルーロックチームと試合を開始。

開始早々、蜂楽廻と糸師凛の超速連動でのシュートがゴールに決まりました。

それを見ていたアダムは、瞬時に潔達の見方を変化させます。

サッカー後進国の選手達なら楽勝と考えていた自分の考えを改めたのです。

バイト稼ぎとは言え、まともなフットボールをする必要があると真顔になります。

相手がそれなりの実力があると理解すれば、本気を見せる姿勢を持っていたのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】アダムブレイクの能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

アダム・ブレイクの能力は、肉弾戦の強さと驚異的な鋭いシュートを打つことが出来ます

その点について、色々述べて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

アダム・ブレイクは、フィジカルがとても強くて肉弾戦で無敵のストライカーだった?!

アダム・ブレイクは、強靭な肉体の持ち主です。

それは、ブルーロックチームとの試合で発揮しています。

ダダ・シルバと蟻生十兵衛の競り合いで、零れ球がブルーロックのゴールに迫ります。

時光青志は、それを即座にクリアしようと向かって行きます。

しかし、次の瞬間にアダムが体当たりを仕掛けたのです。

アダムは、男の身体に興味はないと言い彼を吹き飛ばしたのです。

潔世一は、その光景を見て驚きます。

時光を上回る体幹とフィジカルで、肉弾戦を制する状況が信じられません

時光は、アダムに向かって行くパスをカットしようと試みます。

でも、アダムに軽々とトラップされて奪われました。

時光は、アダムと接触した際にその身体が牛の様な強さだと怯える表情を見せていました。

アダム・ブレイク、やはり只者ではありません。

 

スポンサーリンク

アダム・ブレイクは、鋭く破壊力あるシュートを放つ事が可能だった?!

アダム・ブレイクは、試合で時光青志からボールを奪います。

ドリブルでゴール前に迫り、右足から強烈なシュートを繰り出します。

その速さと鋭さが凄まじいです。

ゴールを守るブルーロックマンが反応できない程でした。

彼は、イングランド代表の実力者です。

そして、ゴールゲットジャンキーという異名も持っていたのです。

ゴールを獲得するのにストイックで、1人で決める事ができる力がありました。

今の所、シュートしか見せていませんが、ヘディングや小技でも得点を決める事が出来るのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】アダムブレイクは実在する?

ブルーロック/@金城宗幸

アダム・ブレイクですが、現実の世界では実在していません

でも、カッコイイし、雰囲気的に本当に存在していそうな気になってしまいます。

欧州で活躍するプロサッカー選手の中に、似たような雰囲気を持つ選手は探せばいる可能性があるかもしれないです

ブルーロックの物語の中に登場するキャラクターですが、個人的に本物が居たら見てみたいと感じてしまいます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】世界選抜チームでの活躍

ブルーロック/@金城宗幸

アダム・ブレイクは、世界選抜チームに所属。

対戦相手のブルーロックチームに1得点を決める活躍を見せています。

潔世一達にその実力の高さを見せつけています。

得点のみでなく、優れたパスセンスも見せています

そんな、アダムの活躍について話して行きましょう。

 

スポンサーリンク

アダム・ブレイクは、世界選抜チームの2得点目を挙げる活躍を見せていた?!

アダム・ブレイク達世界選抜チームは、ブルーロックチームと試合をします。

初得点は、糸師凛に奪われてしまいました

アダムは、真面目にフットボールする必要があると態度を改めます。

まずは、フランス代表のジュリアン・ロキが1点を決めます。

アダムは、ダダ・シルバと蟻生十兵衛の競り合いで弾かれたボールに向かいます。

彼は、先にクリアしようと反応していた時光青志の背中を右肩で体当たりしました。

アダムは、圧倒的な体幹で彼を吹き飛ばす事に成功。

その場から、即座に強烈なシュートを放ち2点目を決めたのです。

喜びをダダとパブロ・カバソスらと分かち合います。

その光景を見た潔世一は、自分も世界レベルに行きたいと感じました

アダムにとっては、遊び程度の試合だったのでしょう。

それでも、ブルーロックチームに引導を渡す活躍を見せていたのです。

 

スポンサーリンク

アダム・ブレイクは、無駄の無い流れる速いパスセンスを見せる活躍をしていた?!

アダム・ブレイクは、2得点目を挙げた後、パブロ・カバソスからのパスを受け取ろうとします。

ブルーロックチームの時光青志が、それをカットしようと前に出ます。

しかし、アダムは、それを阻止します。

時光よりも素早く前に出て、ボールをトラップました。

そして、ジュリアン・ロキに向かって走れと命令。

流れる様に素早い曲線のパスを繰り出したのです。

それは、潔世一の前に居たジュリアンの足元に吸い込まれます。

ジュリアン・ロキは、アダムの人使いが荒いと呟いています。

アダムは、得点ばかりでなくどうやらパスも優れている様です。

世界一ストライカーレベルは、プレーも速く無駄がありません

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】世界とのレベルの差

ブルーロック/@金城宗幸

アダム・ブレイクは、ブルーロックチームとの試合で世界レベルの差を認識させています

彼は、時光青志との肉弾戦でフィジカルと体幹の圧倒的な強さを見せつけていました。

他の世界選抜のメンバーも速さや、高さ、予知等を主人公・潔世一に理解させています。

ジュリアン・ロキの1点目。

アダム・ブレイクによる2点目を決めています。

アダムは、ジュリアンにパスし、それがダダ・シルバに繋がり3点目を決めました。

パブロは、蜂楽廻の隙を突き、ゴール右隅に曲線を描いた鋭いシュートを披露。

とどめは、レオナルド・ルナが決めて試合終了。

ブルーロックチームは、糸師凛の1得点しか取れなかったのです。

アダム達世界選抜チームの目的は、ブルーロックチームの裏目的であるU-20日本代表メンバーの選考だったのです。

当初からブルーロックチームには、勝ち目がなかったのです。

アダムは、さっさとホテルに戻ろうと淡々としています。

アダム達の世界選抜の強さは、もう怪物レベルでした。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】アダムブレイクが日本に来た目的とは?

ブルーロック/@金城宗幸

アダム・ブレイクが日本に来た理由は、ブルーロックの三次選考で試合をして報酬を貰う事でした。

しかし、本当の目的は、日本人女性と遊ぶ目的が一番のメインだと発言しています。

アダムの目的について、話をして行きましょう。

 

スポンサーリンク

アダム・ブレイクは、着物を着せた日本人女性と遊びたかった為に来日したストライカーであった?!

アダム・ブレイクは、ブルーロックの作品内でダダ・シウバとの会話で目的を明かしています

自分には、日本人女性と遊びたいと発言。

非常に興味を持っていて、特に着物を着せて遊ぶ予定だと打ち明けているのです。

それが、日本にやって来た真っ当な観光理由だとダダに断言しています。

ブルーロックチームとサッカーをするのは、稼ぎに来たついでだとも教えています。

その会話を聞いていた糸師凛は、アダムとダダに試合がバイト感覚なのかと問い詰められます

アダムが純粋にサッカーをする為にやってきたのではありません。

ダダは、彼を女狂いと評価しています。

相当、遊び人なのでしょう。

ただ、ストライカーとしての実力は本物です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

アダム・ブレイクは、渋くて大人びたキャラクターです。

老け顔をダダ・シルバに馬鹿にされる程です。

30代にしか見えませんでしたが、26歳だった事実には驚きです。

彼は、ブルーロックチームとの試合をアルバイト感覚で認識

当初は、あまり良い好感が持てなかったです。

しかし、試合では凄まじい実力の高さを見せつけてくれました

ブルーロックの中で唯一強靭な体幹を持つ時光を、軽々と寄せ付けない姿を披露。

シュートを決めて、パスやトラップも光っていました。

試合を終えた後は、淡々としていてビジネスマンとしてもプロ意識が高いと思いました。

ただ、日本に来た理由が女性と遊びたいと宣言。

女性の癖は、非常に悪いストライカーなのかもしれません。

アダムの登場は、今の所、三次選考の1stノルマのみです。

でも、ブルーロックチームとW杯で再び闘い相まみえる機会がきっと出てくるでしょう。

その時は、アダムのより本気で高い精度の世界レベルプレーを見てみたいものです。

今後も、アダム・ブレイクの存在に注目していきたいと思います。

本当に現実世界に居そうな選手の雰囲気を出している選手です。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA