スポンサーリンク

【ブルーロック】久遠渉は青い監獄を脱落した?再登場はある?久遠渉の裏切り行為とは!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品の中に、久遠渉が登場します。

彼は、ある裏切り行為を働き、主人公である潔世一率いるチームを窮地に陥れてしまいます

久遠の行動は、過去の出来事も影響しています

その内容について詳しく触れて行きたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】久遠渉のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉は、山口県出身の18歳です。

誕生日は、11月16日。

血液型は、AB型。

好きな映画は、ALWAYS三丁目の夕日です。

好きな食べ物は、納豆や山芋、オクラで、苦手な物が栄養ドリンクらしいです。

狐坂高校のサッカー部を創設した積極的な人物です。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】久遠渉の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉の特徴ですが、背が高く細めの容姿をしています。

髪も長く、様々な人物に積極的に話しかける所があります。

チームZを勝利に導く為、様々な戦術を提案

作戦名をアーティストの名前や、ギャグを交えたユーモアな部分も見せています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】久遠渉の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉の性格ですが、とても真面目です。

チームZに所属して、真剣に勝利の為に何でもやろうという姿勢が作中で見られます

そんな彼の性格に注目してみましょう。

 

スポンサーリンク

久遠渉は、チームZを纏めようとする真剣さがあった?!

ブルーロックの一次選考で、主人公・潔世一のチームZは、馬狼照英率いるチームXに惨敗。

試合終了後、チームZのメンバー達は喧嘩を始めます

すると、久遠渉がその間に入りました。

彼は、潔達に冷静になれと発言

一次選考のシステムを説明して行きます。

勝ち点を獲得していき、次で負けたら脱落だと宣言します。

更に、自分の事ばかり考えて揉めていたら、試合はあっさり終わると訴えます。

それは、世界一のストライカーを目指す道が断たれると教えたのです。

メンバー達は、久遠の話を聞き全員黙ってしまいます。

その後、チームZは、部屋に集合。

久遠は、試合の勝利に向けて潔達にヒアリングを開始します。

自分達の武器は何かと質問し、ノートに纏めて行きます。

チームZの基盤を確立する為に、活かす事が重要だと説得しました。

そして、一次選考を突破する為の作戦を計画して行く様になったのです。

久遠渉は、この一件から次第に信頼を寄せられるようになります

そして、チームZを指示して行くリーダー的な存在になっていました。

個性的な集団を意識統一させる久遠の手腕は、中々のものです。

コミュニケーション能力も高い優れた人物でしょう。

チームプレイや協調性を重んじる行動や発言が、魅力的に見えます。

彼の何事に対しても真剣な性格が、上手くいったと感じられます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】久遠渉の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉の能力は、ジャンプ力の高さです。

高い身長を活かして攻守に対応。

そして、得点を決める力があります。

その点について、話して行きましょう。

 

スポンサーリンク

久遠渉のジャンプ力は、チームZに欠かせない能力だった?!

久遠渉自身、自分の武器は、ジャンプ力だと宣言しています。

それは、試合の中でしっかり発揮されて行きます。

チームYとの戦いでは、仲間の成早朝日から来たパスを受け取ります。

自分をマークする選手達の前で、高いジャンプを披露。

ヘディングでそのボールを國神錬介に繋げているのです。

チームWとの試合では、その力を活かしてヘディングシュートで2得点を挙げています。

高い跳躍でパスをトラップし、ダイレクトシュートでもゴールを決めています

チームZで一番の高さを誇る彼の能力は、凄いです。

ただ、この結果を出せたのには、ある理由がありました。

それは、後程お話をして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】一次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉の一次選考での活躍は、攻守に渡る積極性を見せて得点を挙げています。

そして、最強のチームVのストライカーである凪誠士郎を止めて、チームZの脱落を阻止する事に成功しています。

彼の活躍の一部を話しましょう。

 

スポンサーリンク

久遠渉、試合に積極的姿勢を見せて貴重な得点を挙げる大活躍を見せた?!

久遠渉は、一次選考の試合で積極的な動きを見せています。

他のチームとの試合でも、高いジャンプ力を生かしてボールを受けてパスしたり攻撃に絡んでいます。

チームWとの試合では、ヘディングとシュートで3得点を挙げています。

彼自身をチームの得点王の座に立たせていますし、チームZの勝ち点に貢献しています。

久遠のアグレッシブすぎる大活躍は、チームZを勢い強くさせます。

 

スポンサーリンク

久遠渉、チームVの最強ストライカー・凪誠士郎のシュートをブロックした?!

正直、これは、久遠渉の活躍とは言えないかもしれません。

何故なら反則行為だからです。

それは、最終戦となるチームVの試合で見せています。

チームZは、チームVと一進一退の激しい試合を繰り広げて行きます。

チームVの強きストライカーである凪誠士郎の驚異的な力で何度もゴールを決められてしまいます。

そして、彼は、チームZのゴールを確実に狙い得点できる距離まで迫ります。

しかし、そこに久遠渉が立ちはだかりました。

彼は、なりふり構わず、凪誠士郎のシュートを阻止しています。

凪の顔を押さえつけて、フィールドの地面に叩きつけています。

チームZは、脱落の危機から逃れることが出来ました。

でも、久遠の行為は、悪質な反則行為と認定

凪誠士郎の得点を妨害したとみなされて、容赦なくレッドカードで退場となってしまいました。

久遠は、潔世一に向かってまだチームZが勝利できる可能性があるだろうと言い残し、静かにその場を去ります

彼の反則は、決して許される事ではないでしょう。

それでも、必死の覚悟で起こした行動がチームZの勝利に繋がるのです。

チームZを救う事になったので、活躍したと個人的には評価をしたいです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】久遠渉の裏切りとは?

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉は、裏切り行為を行っています。

それは、主人公である潔世一達が所属するチームZを敗北させる八百長試合を他のチームに持ち掛けていたのです。

その許しがたい行動について、少し説明をして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

久遠渉、チームZを裏切り、チームWに寝返った?!

久遠渉は、チームWとの対戦で3得点を挙げました。

チームZは、彼の大活躍とチームの勝利が確実だと喜びます。

しかし、後半に突入すると異変が発生

彼は、鰐間兄弟からボールを奪い取られてしまいました。

その影響で得点を許してしまったのです。

それでも、久遠は、落ち着いて確実にプレーをして行こうと指示。

得点追加の為に、潔世一にパスを出します。

でも、そのパスは弱くて潔の所に届きません。

そのミスを突いた鰐間兄弟に、再び得点を決められたのです。

同じチームの雷市陣吾は、久遠に激怒します。

久遠は、土下座をしてその場で謝罪。

潔は、ある違和感に気づきます

それは、久遠が笑っていたからでした。

更に、自分と蜂楽廻と國神錬介のコンビネーションが悉く読まれていたのです。

流石の潔も、この事態はおかしいと感じます。

ゴールの嗅覚も漂わずに困惑。

チームZの作戦がバレているとしか思えなかったのです。

そして、この試合の得失点が全て久遠渉が築いていると理解しました。

久遠は、チームWに攻め込まれてヘディングでクリアしようとします。

彼は、それをスルーして大失敗したのです。

その隙を突かれて得点を許し、チームZは同点に追い込まれました。

潔は、久遠に自分達を裏切ったのかと質問

すると鰐間兄弟が、潔達に真実を暴露します。

昨日の夜に、久遠が提案してきたと教えたのです。

久遠は、静かに口を開きます。

自分は、ブルーロックの過酷な戦場を生き残る為にベストを尽くしただけだと告白

ここからは、12人対10人で試合をしようと話しました

久遠は、チームZが綱渡りの様な状態で勝利する事に納得がいかなかったのです。

残りの試合もこのままでは、勝ち抜ける確率が低いと判断。

例え試合で負けたとしても、チームの最多得点者が二次選考進出が可能となる特殊ルールに目を付けたのです。

彼は、潔にそれを実現する為に鰐間兄弟と取引したと打ち明けました。

そして、バカで良かったと笑います。

自分のエゴが裏切ってでも勝利するという事を言いながら、鰐間兄弟にパスをして得点を決めさせました

この久遠の裏切りは、衝撃的でした。

チームZに溶け込み、熱心に勝利の為に取り組んでいた彼の姿勢が偽りだったのが信じられません。

潔達に向ける笑顔がとても不気味で、背筋が凍ります。

 

スポンサーリンク

久遠渉、最終戦で対戦するチームVに取引をする裏切りを潔達に見せつけていた?!

久遠渉は、チームWとの試合後に大食堂に向かいます。

そこには、チームVの主力である凪誠士郎、御影玲王、剣城斬鉄の3選手が居ました。

久遠は、彼らにチームZの情報を伝えると提案したのです。

そうすれば、チームVは1位通過で勝利できると訴えて行きます

更に、0点に抑えてくれれば自分は得点王で二次選考に進めると必死のアピールをしました。

二次選考をクリアできた暁には、凪達の協力を何でもやると発言。

自分と組めばメリットだらけだと語り掛けて行きます。

しかし、凪達はその申し出を断ったのです。

彼らは、姑息な申し出をする久遠をつまらなくてめんどくさいと拒否

その光景を潔達は、目撃しているのです。

チームWに引き続き、八百長を持ち掛けている久遠がタフ過ぎます。

でも、あまり良い印象はありません。

勝利に執着する見苦しさが漂っています

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】久遠渉を変えたものとは?

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉を変えたものは、過去のサッカー部での出来事がきっかけとなっています。

彼の高い理想が、どんな手段を用いても勝利するという考えに行きついてしまいます

でも、ブルーロックの一次選考で考えを改めてある行動も起こしていました。

その部分について、色々触れて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

久遠渉を変えたのは、全国制覇の夢が叶わないと知ったからだった?!

久遠渉は、狐坂高校でサッカー部を作ります

それは、純粋にサッカーを始めたいという動機がきっかけでした。

久遠に共感する仲間達が集まり、練習が開始されます。

夢は、日本代表やW杯優勝という目標に繋がって行ったのです。

久遠は、それを実現する為に、まずは全国優勝を目指しました

しかし、試合では、地区大会のベスト8どまりで、なかなか勝つ事が出来ません。

久遠は、メンバー達にもっと練習して強くなるべきだと熱く語ります。

でも、仲間達は、高い意識ではなく軽いノリでプレーをする者達ばかりだったのです。

そして、重すぎる久遠について行けないと次々と退部

そこに残されたのは、彼だけとなってしまいました。

久遠は、悔しさを噛みしめながら理解します。

本気でやっていたのは自分だけだったと、失望したのです

そして、もう仲間は不要だと感じた矢先にブルーロックから強化指定選手の招待状が到着。

久遠は、夢を実現できない人間にはならないと覚悟を決めます。

どんな手段を使用しても、自分が勝つ為のサッカーをして行くと決意したのです。

久遠にとっては、とても悲しい出来事だったのでしょう。

それでも、自分が愛するサッカーを真剣にやり続けたいという強い思いは、痺れる程伝わってきます。

ブルーロックでもその思いが強すぎて、チームZの仲間達を平気で裏切る事が出来たのかもしれません。

 

スポンサーリンク

久遠渉、ブルーロックに自分の理想とするチーム像を見たからチームZの危機を救った?!

久遠渉は、狐坂高校のサッカー部の出来事で変貌してしまいました。

仲間に裏切られて敗北する事を過剰に恐れて、彼は1人になっても勝ち続ける道を選択したのです。

自分が所属したチームZの仲間達を裏切り、八百長試合まで仕掛けて行きます。

得点王になって生き残る事ばかりしか考えていませんでした。

しかし、潔世一ら仲間達の奮闘を見て心境に変化が現れます。

チームVの凪誠士郎のシュートを、反則行為で阻止したのです。

久遠は、退場となる際に何もしなければ生き残れたが、自然に体が動いたと告白。

自分は、世界一のストライカーになるから勝てと言い残し去って行きました

彼は、ブルーロックとチームZの中に大事なものがあると理解していたのです。

自分が信じて貫きたかったサッカーがあった事と、人生を賭けて本気で勝負しているチームZの姿を見て傍観できなかったから悪質なファウルをしたのです。

裏切りばかり行ってきた久遠を少しだけ変えることが出来たのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉は、二次選考で活躍する場面は描かれていません。

一次選考の悪事が知れ渡り、非常に不利な状況に陥っています

彼について解る限りの事を話します。

 

スポンサーリンク

久遠渉は、二次選考の2stステージに挑戦できない厳しさを味わった?!

久遠渉が所属していたチームZは、一次選考を突破する事に成功。

そして、二次選考が開始されます。

彼は、1stステージでブルーロックマンから制限時間内にゴールを決める事に成功。

そして、2stステージに進みます。

クリアする為には、3人のチームを作る必要がありました。

それが出来ないと挑戦する事もできません。

久遠は、実力ある選手と組んで突破しようと決意

でも、その実現が困難となってしまいます。

それは、彼が一次選考で起こした八百長行為が知れ渡っていたからです。

選手達は、久遠に不信感を見せて誰も組まなかったのです。

久遠は、次のステージに進めず苦しむ事となってしまいました。

 

スポンサーリンク

久遠渉、チームを組んで2stステージに挑戦できた?!

久遠渉は、三人一組のチームが作れずに苦悩します。

その時に、1stステージに時間を掛けてクリアしてきた者達が姿を見せます。

それは、チームZの伊右衛門送人と今村遊大でした。

久遠は、彼らにチーム結成を呼び掛けます。

伊右衛門達は、拒否もせずに快く応じました

ようやく、久遠は、次のステージに挑めることが可能となります。

しかし、この後の事は全く作品内で描かれていないのです。

どんな活躍が出来たのか興味深いですが、その状況は不明です。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】久遠渉は脱落した?

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉ですが、脱落したと推測できます。

ブルーロックの作品内で、二次選考をクリアした選手達は、三次選考を受ける為に集合します。

潔や糸師凛、凪誠士郎等の実力者達が居ました。

しかし、久遠渉の姿は見当たりません

その光景を見ると、きっと久遠渉は脱落したと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】久遠渉の再登場はある?

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉の再登場は、あるかどうかは現段階では不明です。

八百長試合を仕掛けたり、彼の持つ実力では、ブルーロックのスターティングメンバーに選ばれるのは厳しいのではないかと感じています。

ブルーロックの敗者復活や違う形で出てくる可能性も否定できません

作中でその姿が出てきたのなら、どんな役割を果たすのか気になります。

でも、卑怯な手段を用いて生き残る考えがある限り、厳しいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

久遠渉を最初見た時は、チームZの纏め役に相応しいと感じました。

メンバーの中で兄貴的な存在で、高いコミュニケーション能力を発揮。

喧嘩するチームを落ち着かせて、勝利の為に様々な計画を立てて行きました。

マネジメントも優れていて、凄い選手だと納得。

驚異的なジャンプ力も見せて、得点にも貢献し頼りになる男だと安心しました

しかし、チームWと八百長試合を仕掛けていたと解かった時は愕然としました。

過去の高校のサッカー部の出来事が、彼を豹変させてしまいました。

自分が生き残り、勝利の為ならどんな手段も行う彼の姿勢が哀愁を漂わせています。

でも、潔達の人生を本気で変える覚悟と信念を見て久遠にも変化が発生。

悪質なファウルをしてまで、チームZを救いました

本当は、とても熱くて素敵なキャラクターだったのでしょう。

凄い良い奴だと思いますが、サッカーに対する深く激しい思いが彼自身を狂わせたのかもしれません。

三次選考で姿を見せていないので、脱落したのだと思います。

再登場の可能性は、非常に低いのではないかと個人的に感じています。

ただ、久遠がまた作品に出てきたのなら、今度は裏切り行為はしない光景を見たいです。

潔やブルーロックチームの為に出来る事を見てみたいものです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA