スポンサーリンク

【ブルーロック】五十嵐栗夢はチームのムードメーカー?実はスゴイ奴?五十嵐栗夢の活躍とは!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品に五十嵐栗夢がいます。

彼は、一番順位が低くて脱落してもおかしくないキャラクターです。

しかし、何だかんだで潔世一と共に三次選考を通過。

U-20日本代表の控えメンバーにも選ばれています

現在、フェーズ2にも進んでいて、実は運の強さと実力がそれなりにあるのではないかと注目しています。

そんな、彼について詳しく話をして行きましょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】五十嵐栗夢のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢は、愛知県出身のサッカー選手です。

身長は175cmのB型です。

ブルーロックの仲間達からは、イガグリという愛称で呼ばれています

因みにご飯の大好きなお供は、沢庵らしいです。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】五十嵐栗夢の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢の特徴は、黒髪の坊主頭をしています。

口癖は、南無三と唱える事が多いです。

太くて濃い眉の持ち主でもあります。

陽気で、正直に感情を表す部分も見られます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】五十嵐栗夢の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢の性格は、調子が良い所です。

純粋で前向きで、人の発言に影響されやすい面も持っているのです。

試合では、劣勢になってもメンバーの活躍で奮起。

有利な展開になると強きになったり、ポジティブなワード発言が多くなります。

波はありますが、人とのコミュニケーションも乗り気で接して行く光景が多いです

ブルーロックの総監督である絵心甚八のプレゼンテーションや発言を、素直に聞いています。

その影響を受けて、自分の心はとても震えたと大興奮。

人生を変えるチャンスが来たと、歓喜しています。

単純で疑いもせずに何色にも染まりやすいのです。

それが、栗夢の性格の良さなのでしょう。

決して憎めません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】五十嵐栗夢の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢の能力は、ブルーロック参加者の中で最下位の実力者です。

それを自覚しながらも、決して諦めない心も能力として試合に挑んでいます

そんな彼の力について、述べてみましょう。

 

スポンサーリンク

五十嵐栗夢、ブルーロックの中で身体能力は最下位であった?!

五十嵐栗夢は、日本代表となるべくブルーロックに参加します。

彼の着用したボディスーツに、ランキングが表示。

何と、300位となっていました。

栗夢は、ブルーロックの参加者300名の中で、一番下でした。

彼は、自分の夢を叶える為に過酷なトレーニングと試合に挑みます。

しかし、順位は上がりません。

フィジカルが強い訳でもないし、シュートの精度が抜群という事でもありません。

ただ、各選考を進む度に上がって行き、最下位脱出に成功

栗夢の努力と情熱が、奇跡を呼びます。

あまり向上した感じが見られないですが、少しずつ伸びていくタイプなのでしょう。

因みに潔世一は、彼に並ぶ299位からのスタートでした。

 

スポンサーリンク

五十嵐栗夢、決して諦めない能力がとても高かった?!

五十嵐栗夢は、実家の寺を継ぐ事から逃れるためにブルーロック内で過ごして行きます

彼は、潔世一や周りの選手達の実力の高さに驚きます。

そして、自分の実力が劣っている事を認めます

試合の中で、弱音や愚痴を正直に呟きます。

それでも、自分から負けを認める事がありません。

彼の頭の中には、ブルーロック内で生き残り、勝利をする姿しか浮かばなかったのです。

試合でも、積極的に声を出して攻守に絡んで行きます

それが、実力ストライカーである凪誠士郎や、御影玲王等を阻止する事になって行きます。

彼の意地でも諦めない心の強さは、もう優れた能力でしょう。

勝負を放棄しない栗夢の才能は、凄いです。

各選考を突破して、U-20 日本代表戦まで辿り着くことになって行きます

その話は、機会を見つけてして行きたいです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】五十嵐栗夢の成長とは?

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢は、ブルーロックの二次選考で生き残る為の最大の武器を編み出す成長ぶりを見せています。

相手のプレイヤーから、ファウルを貰いチャンスを掴む意識と技術の習得を自分の物にしたのです。

今までは、自己をよく理解していませんでしたが、自分の出来る必殺技を身に付けています。

その成長具合は、後程語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】五十嵐栗夢が負けられない理由とは?

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢が負けられない理由は、父親の実家の寺を継ぎたくないからです。

彼は、父親と将来について話し合いました

そこで、大喧嘩に発展。

それでも、栗夢は、サッカーを続けたいと主張して行きます

そして、日本代表になれば継がなくて良いと言う約束を交わします

彼は、ブルーロックに参加。

全ては、自分の夢を終わらせない為でした。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】一次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢は、一次選考では特に目立った活躍はしていません。

しかし、チームVとの試合では、身体を張って攻撃を止めてチームZの脱落危機を回避しています

その事について、色々と話して行きましょう。

 

スポンサーリンク

五十嵐栗夢は、チームVの凪誠士郎をシュートを顔面ブロックして危機を救った?!

五十嵐栗夢は、チームZに所属して一次選考突破を目指して行きます。

彼は、勝ち負けを経験して行き成長して行きます。

そして、最終試合に首位のチームVと戦う事になりました。

栗夢は、凪誠士郎や御影玲王の力を見せつけられ驚愕。

一気に3点を取られて、もう負けられません。

それでも、チームVの攻撃を防いで行く事に集中をして行きます。

同じチームの蜂楽廻が初得点を挙げて、チームZが息を吹き返して行きます。

栗夢は、必死にゴールを守る事に専念

すると、凪誠士郎がゴールを背中向きにして、反転して鋭いシュートをはなちました。

彼は、気合を入れて凪の前に立ちはだかります。

ボールは、彼の顔面に直撃したのです。

あまりの威力に、栗夢の鼻から血が流れて意識を失いそうになります。

しかし、栗夢は、止めたと同時にその場で咆哮を上げました。

彼のクリアボールは、蜂楽廻に繋がり攻撃のチャンスを掴んだのです。

一次選考の中で、これが1番の見せ場だったのではないかと感じています。

サッカー歴半年の凪を驚かせる程の執念が痺れます。

身体を張って、チームZの為に働く栗夢が熱いです。

 

スポンサーリンク

五十嵐栗夢は、チームZを盛り上げていったから一次選考突破が出来た?!

五十嵐栗夢は、凪誠士郎のシュートを顔面ブロックする活躍を見せました。

しかし、それ以外は特段目立った活躍を見せていません。

でも、彼は、常に試合や休憩時間、ミーティングで絶えず声を出し続けています

自分のテンションを高める為に、大声を出したりしています。

更に潔世一や他のメンバーに、試合を諦めない様に励まして行きます

ネガティブな発言は、極力していません。

勝つ為のポジティブな発言が非常に多いです。

潔世一がチームYを破る得点を挙げた時は、抱きついて興奮し褒め称えていました。

千切豹馬が復活し、得点を挙げた時は、自分の事の様にとても喜んで励ましています。

チームVとの試合で、凪誠士郎に対し死んでも止めると啖呵を切る程です。

彼を御影玲王無しでは何もできないと断言。

更に、そんな天才野郎は怖くないと挑発もしています。

それは、熱く諦めない信念がビリビリ伝わってきます。

彼なりにチームZに活気を与える姿が、一生懸命で素敵です

ブルーロックの順位の中では、最下位でとても良い成績ではありません。

それでも、彼の必死の応援が、チームZを盛り上げ突破に成功させたのかもしれないです。

勝利に導く、ムードメーカーだったのでしょう

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢は、二次選考で負けて士道龍聖に殴られたりと、あまりいい思いや目立った活躍はしていないです。

しかし、唯一、2stステージで御影玲王に対してある行動をみせてファウルを与えています

そして、奇跡の三次選考へと進むことになって行くのです。

彼の二次選考での戦いを、軽く紹介して行きましょう。

 

スポンサーリンク

五十嵐栗夢、二次選考の2stステージで敗北して士道龍聖に攻撃されていた?!

國神錬介と御影玲王は、試合に敗北。

マッチングルームへと向かい、次の試合の準備をしようとします。

そこで、國神達は、ある光景を目にします。

そこでは、1人の背の高い選手が、五十嵐栗夢の頭を掴んでいたのです。

それは、士道龍聖という凶暴なストライカーだったのです

彼は、栗夢をイガグリ呼ばわりして誰もいなくなったのでどうすれば良いか質問。

栗夢は、士道が暴力的だから誰も一緒に戦わないと説得を開始します

前の試合では、暴行が原因でレッドカードを貰い退場。

数で不利となり敗北したと指摘をして行きます。

しかし、士道は、全く反省をしません。

栗夢は、そんな彼を見てとても嘆きます。

すると士道は、自分の心の爆発について来れない奴は不要だと宣言します。

そして、栗夢の頭に向かって踵落としをしようと構えます。

國神が間一髪それを阻止して、栗夢は助かります。

彼の二次選考のスタートは、最悪の状態だったのです。

もし、士道の暴行を受け続けていたら、ブルーロック脱落は回避できなかったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

五十嵐栗夢、御影玲王にずる賢さ(マリーシア)を見せつける活躍をした?!

五十嵐栗夢は、士道龍聖と共に國神錬介・御影玲王チームと対戦する事が決まりました。

栗夢は、國神錬介からボールを奪おうとしますが、中々上手く行きません。

しかし、士道の力でパスが行き渡り、攻撃を開始します。

そんな彼に、御影が即座に阻止しようと対応をしていきます。

栗夢は、御影に対して進化した自分を見せるとシザースを仕掛けます

御影は、栗夢の下手で動きがバレバレのテクニックを見抜きます。

栗夢の左の動きを予測し、ボールをカットしようとしました。

でも、次の瞬間に栗夢が体を反転。

御影の身体に接触して、その場で大げさに倒れます

すると、ホイッスルがフィールドに鳴り響きます。

御影がファウルをしたので、栗夢・士道チームのキックオフになるとアナウンスされました。

それを聞いた御影は、激怒します。

自分は、ファウルをしていないし、ぶつかってきたのは栗夢だと主張

栗夢は、御影に向かって口を開きます。

自分は、1人で戦う為に習得したこの武器がこのずる賢さ(マリーシア)だと告げます

ブルーロックの過酷な環境を生き残るには、自分は狡猾になると笑いました。

更に、自分は人生を賭けてサッカーに挑んでいると強い気迫を見せたのです。

得点には繋がっていませんが、彼の二次選考において1番の見せ場となっています。

栗夢、意外に強過ぎます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】三次選考での活躍

 

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢は、三次選考で良い活躍は見せていません。

士道龍聖が居るAチームを選択。

トライアウトの第2試合に出場しました。

彼は、運良く同じチームの糸師凛からパスを受けます。

しかし、それからどうプレーしたらよいかわからずに、思考停止

すると、士道龍聖は、彼に苛立ちを見せて恫喝したのです。

その行為に怯えた栗夢は、お粗末なパスを出してしまいました

その後、特に目立った行動や貢献は見せていないです。

でも、彼は、何故かU-20 日本代表戦のサブメンバーの1人に選ばれました

ブルーロック総監督の絵心甚八には、何か考えがあったのどうかは明らかになっていないのです。

二次選考で御影との試合で見せた、ずる賢さ(マリーシア)の技術が評価されたのかもしれません。

一応、突破した形になっているので凄いです。

栗夢、強運の持ち主なのでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表戦での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢は、U-20日本代表戦においてベンチ入りしていて出場の機会がありませんでした。

活躍をしていませんが、ブルーロックチームの為に大声で応援しています

彼の力強い声援は、効果があったかどうかは不明です。

個人的には、チームの大逆転勝利に繋がっている気がします。

試合終了後、とても喜び大興奮しています

潔世一がTVのインタビューに呼ばれていると駆けつけて教えています。

ブルーロックが日本サッカー界の歴史を変える偉業を成し遂げました。

栗夢の前向きな応援が、奇跡を産んだのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!五十嵐栗夢の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢は、ブルーロックのフェーズ2に参加しました。

彼は、新英雄大戦でドイツを選択

作品の中で、決めた理由が日本人向きな気がすると発言しているのです。

特定の選手が好きだとかという思いはありません。

しかし、主人公である潔世一が選んだ国と同じです。

栗夢が、担当する指導者ストライカー・ノエルノアの練習について行けるかどうか見物です。

ここを乗り越えたら、新たな能力が開花したら素晴らしいと思います。

ブルーロックの選考を勝ち抜いてきた彼なら、それを見せてくれそうな予感がしてなりません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

五十嵐栗夢ですが、ブルーロックの作品の中で平凡な選手です。

でも、純粋で人生を変える為に必死に足掻く姿は、個人的に嫌いではありません。

自分の能力が低いと、よく分析して自覚をしています。

しかし、実家の寺を継ぎたくないから新たな道を模索する為に挑む心の強さが素敵です。

一次選考では、チームZの勝利の為に全身をフル稼働。

掛け声を常に出して、ムードメーカー的な存在に成長しています。

凪誠士郎のシュートを顔面ブロックする光景は、とても熱くて痺れます

二次選考では、御影玲王相手にずる賢さ(マリーシア)を見せてファウルを獲得。

ストライカーとしての活躍は厳しいですが、彼の1つの戦略なのでしょう。

それが功を制したのか、三次選考も突破しました。

ベンチ入りですが、U-20日本代表戦にまで選出されています。

ブルーロックのフェーズ2では、潔世一と同じドイツで練習をしています。

彼らしい決め方が何か憎めないです。

他の選手達の様に覚醒したり、FLOW状態になる事も現在見る場面はないです。

それでも、これから凄い技術を習得する可能性の高さは否定できないです。

栗夢の今後について、静かに注目して行こうと思います。

生き残る強さと運は、意外と登場するキャラクターの中で最強だと信じたいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA