スポンサーリンク

【ブルーロック】潔世一の成長が止まらない!潔世一は世界一のストライカーになれるのか!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品の主人公は、潔世一です。

彼は、当初、冴えない平凡な選手でした。

しかし、ブルーロックの環境が彼に凄まじい成長を与えて行きます。

自分の中でゴールの方程式とFLOW状態に目覚めて、更なるレベルアップを遂げて行きます。

潔は、他の選手達と競い合いながら、世界一のストライカーを目指していく事になります

そんな、潔世一について詳しく話して行きたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】潔世一のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一は、埼玉県出身の高校2年生です。

一難高校のサッカー部に所属しています。

身長は、175センチメートルです。

誕生日は、4月1日。

好きな食べ物は、きんつばらしいです。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】潔世一の特徴

 

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一の特徴ですが、黒髪で大人しそうな風貌です。

特に目立たなく、何処にでもいる普通の高校生という雰囲気が出ています。

ユニフォームを着ている事が多いのですが、私服はカジュアルで意外にオシャレなセンスも持っています

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】潔世一の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一の性格ですが、普段はとても温厚。

お人好し過ぎる性格の持ち主です。

ブルーロック内では、様々な選手に話しかけられたりしています。

諍いが起こった時も、見過ごさずに間に入ったりする所もあるのです。

自分だけでなく、他者を気にする優しさや思いやりを持っています。

でも、サッカーではそんな性格を見せていません

エゴイストになる為には、彼の性格が意外と大事なのかもしれないと感じてしまいます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】潔世一の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一の能力は、空間認識能力とダイレクトシュートがメイン武器です。

二次選考で成早朝日との戦いでオフ・ザ・ボールの動きも習得しています。

そんな彼の能力を少し見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

潔世一は、空間認識能力に優れて、ダイレクトシュートを決める事が出来る?!

潔世一は、フィールドの選手の位置や動きを見渡す事が出来る空間認識能力を持っています。

やがて、それは、ゴールを生み出す嗅覚を察知する事が可能となります。

更に、ダイレクトシュートを決めるプレースタイルを確立

様々な試練や試合で、得点を決めて自分の存在と実力をアピールしています。

彼が空間認識能力を使う際、頭脳をフル回転させて行きます。

それは、ジグソーパズルのピースが縦横無尽に飛び交う光景として作中で表現

適応する為に、それを組み替えていく描写も見られます。

世界11傑の1人である糸師冴は、彼を見ていい脳をしていると評価

世界で戦う為には、潔の様な能力がマストなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

潔世一、成早朝日との戦いでオフ・ザ・ボールの力を取り入れた?!

潔世一は、二次選考で成早朝日と戦います。

試合で、隙を突かれて上手く立ち回れません。

やがて、彼は、それが成早のオフ・ザ・ボールの動きだと理解

自分の死角を突いた技術は、今後のサッカー人生に役立つと見抜いたのです。

彼は、瞬時に適応して成早を上回り勝利します。

この能力を得てから、潔は、フィールドの先を予測した動きが可能となりました。

ゴールを決める確率も、格段にレベルアップしています。

ハッキリ言って適応能力の天才です。

潔は、凄まじい力を秘めたキャラクターなのです。

ただ、馬狼の様にフィジカルが強かったり、蜂楽の様にドリブルが速い訳ではありません。

これから潔がどうなって行くのか、個人的にとても楽しみにしています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】潔世一の進化・覚醒とは?

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一は、ブルーロックの一次・二次・三次選考。

そして、U‐20日本代表戦でも進化・覚醒しているのです。

その内容に触れて行きましょう。

 

スポンサーリンク

潔世一、一次選考で自分の武器を生み出す覚醒を遂げた?!

潔は、一次選考で凪誠士郎率いるチームVと対戦。

その最中、自分がゴールを得る為には、何が必要なのかと考えて行きます

すると、ある方程式を完成させます。

空間認識能力にダイレクトシュートを加える事が、ゴールを獲得できると導いたのです。

それを全力で実行して、得点を決めました。

凪誠士郎に初の敗北を与えて、勝利したのです。

彼のシュートは、迫力があり鳥肌が立ちました。

 

スポンサーリンク

潔世一、二次選考で糸師凛との競り合いで覚醒した?!

潔は、二次選考で覚醒した光景を見せています。

それは、糸師凛と2回目の試合をした時です。

試合終了間際に、彼は、凛と1対1の勝負をします。

混戦の中、潔は、凛の動きを読みます。

その隙をついて、何とバックヒールショットを披露

それは、ゴールネットに突き刺さりました。

凜は、それを見て驚愕します。

潔が凜に勝つ事が出来た瞬間です。

この場面は、とても熱いです。

 

スポンサーリンク

潔世一、三次選考でも覚醒・進化を見せていた?!

潔は、三次選考で糸師凛と士道龍聖のチームAに加わります。

U‐20日本代表のメンバーとなる為に、必死にアピールを開始。

しかし、中々得点に結びつきません。

でも、彼は、氷織羊からあるアドバイスを受けます

見ていては遅いから、考えたと同時に反射するプレーを実行しろと教わったのです。

潔は、全神経を集中。

士道と凜のボールの奪い合いの中に、身を投じます。

そして、彼らからボールを奪う事に成功。

ゴールを決めて、スターティングメンバーに選ばれるきっかけになりました。

上位陣を超える実力を見せつけた潔がとてもカッコ良いです。

 

スポンサーリンク

潔世一、U‐20日本代表戦で覚醒を見せつけた?!

潔は、この試合で得点を狙って行きますが阻止されて上手く行きません。

しかし、終了間際にチャンスがやって来ます。

ゴールの匂いを感じ取り、機会を待ちます。

糸師凛が糸師冴のボールを奪ったタイミングを見逃さなかったのです。

そのこぼれ球をダイレクトシュートで決めました。

これが、ブルーロックチームを勝利に導きました。

今までの技術や能力をフル動員した結果を見せたのです。

彼自身が変化を恐れずに進むスタンスが、凄まじい成長に繋がっているのかもしれません。

フィールドで刻々と状況に応じて変化する事が可能な、適応能力の天才です。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】潔世一の過去とは?

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一の過去ですが、全国高校サッカー選手権の埼玉県大会の決勝で敗北

自分のプレーを振り返り、悔やみ泣いて落ち込んでいた歴史がありました。

その内容を少し説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

潔世一は、埼玉県大会の決勝で負けて涙を流していた?!

潔世一は、一難高校のサッカー部員として全国高校サッカー選手権優勝を目指していました。

埼玉県大会の決勝まで進み、松風黒王高校と対戦。

彼は、ゴールを決めようと奮戦します。

しかし、シュートを決めようとせず仲間にパスを出してしまいました

それを取られてしまい、敗因に繋がり敗退。

彼は、帰り道に試合内容を振り返ります。

あの時に、自分がもし怯まずにシュートを打っていれば、違った結果になっていたのかもしれないと考えてしまいました。

それを考えていたら、次第に悔しさと悲しさが湧き上がります

そして、両目から大粒の涙を零していたのです。

もう、全国を目指せない切ない思いが体中を駆け巡ります。

無気力になり、暗い感情を秘めたまま帰宅しました。

でも、彼の所にブルーロックから指定強化選手の招待状が届いていたのです。

これが、彼のサッカー人生を大きく変貌させていく事になります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】潔世一と蜂楽廻の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一と蜂楽廻の関係は、親しくもありお互い世界一を目指すライバル的な存在の関係性が築かれているのです。

それは、現在も継続中です。

彼らの状況について、色々語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

潔世一と蜂楽廻は、チームZの控室で出会った?!

潔は、ブルーロックに召集されます。

施設を進むと、自分の所属するチームZの控室に到着。

彼は、部屋の床で寝ている蜂楽廻と遭遇します。

すると1人脱落させる為のオニごっこがスタートします。

制限時間終了時に、鬼となった者が敗者というルールでした。

潔は、世界一のストライカーになる為に弱い選手にボールをぶつけようと画策。

しかし、それは違う事だと考え直しました。

自分より強い者に挑んで、倒す事が重要だと決意。

その様子を見ていた蜂楽は、潔を気に入ります。

彼は、潔の中に自分と同じかいぶつがいると理解しました。

混戦の最中、終了間際に潔の前にボールが転がってきます。

潔は、思いっきりシュートします。

それは、一番弱いとされていた五十嵐栗夢の所に向かいませんでした。

何と、一番強いと認識されていた吉良涼介の顔面に直撃。

潔は、エゴイストを見せて吉良を自分の手で脱落させたのです。

蜂楽は、世界一のストライカーを目指す同志として行動する事になります。

サッカーでは、前線でパスしたり攻撃を積極的にして行きます。

練習や試合終了後は、プライベートでも仲良く接していく事になります。

2人は、いつの間にか信頼関係が築かれていったのです。

 

スポンサーリンク

潔世一と蜂楽廻は、良きライバル関係となった?!

潔は、蜂楽と共にブルーロックの試練に挑んで行きます。

時にはチームとして協力したり、お互い敵対したりして行きます。

やがて、彼らは、お互いの実力を認め合って行きます

そして、U‐20日本代表戦という大舞台で大活躍。

それぞれの武器と覚醒を果たして、勝利する事に成功

ブルーロックのフェーズ2では、お互い敵チームとして戦う事になっても進化しようと約束する光景が描かれています。

それは、憎しみが感じられません。

各々が世界一という高みを目指して、切磋琢磨して行く良好な関係でもあるのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】潔世一と糸師凛の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一と糸師凛は、ブルーロックの二次選考で出会います。

潔の驚異的な成長と結果を見せつけられた凜は、潔を本格的にライバルと認めたのです。

その詳細について話してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

潔世一と糸師凛は、ブルーロックの二次選考で戦った?!

潔は、二次選考の最中、糸師凛と出会います。

そして、3rdステージで対戦する事になりました。

この試合で圧倒的な攻撃力とテクニックを見せつけられて、敗北

更に、蜂楽廻を引き抜かれてしまいます。

その後、奮起した潔は、ステージをクリアして行きます

遂に4rdステージで、凛と2回目の対戦をします。

彼は、凛に喰らい付き、フィールドの状況を瞬時に読んで対応。

追い詰めていき、勝利が近づきます。

しかし、最後は、凜が勝利を掴もうとした行動が運を引き寄せます。

潔は、得点を決められて敗北しました。

でも、凛は、潔の実力を認めて引き抜き仲間にしたのです。

凜は、潔の力が自分のパフォーマンスを高めると見抜いたのです。

彼らは、二次選考、三次選考を通過する事に成功しました。

潔は、凛の様な存在になろうと努力して行きます。

対する凜は、彼に対して塩対応を見せていく事になります。

 

糸師凛、潔世一をライバルとして認めた?!

潔と凜は、U‐20日本代表戦のスターティングメンバーに選ばれました。

潔は、凛の超攻撃布陣を活かす為の存在としてオフェンシブミッドフィルダーの役目を担当

隙をついて、凛を上回り得点を決めようと奮闘します。

しかし、U‐20日本代表の守備や、凛の兄である糸師冴の圧倒的攻撃力とテクニックに阻まれます。

後半は、ブルーロックチームから引き抜かれた士道龍聖に翻弄。

凛の覚醒も始まり、試合は大混戦と化します。

潔は、凛と冴の兄弟対決の際に生じたこぼれ球に反応。

FLOW状態からのダイレクトシュートで、見事勝利に導いたのです。

冴は、試合終了後に凜と対話。

潔が日本のサッカーを変える真のエゴイストだと発言します。

凜は、それを聞き豹変します。

そして、控室で潔に向かってこれからはライバル同士だと宣言

激しい敵意を容赦なくぶつけてきたのです。

潔も承諾し、戦う事を覚悟したのです。

凛程の実力者が、潔を認めた事がとても衝撃的です。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】一次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一は、一次選考突破の為に自分の武器に気づいて勝利の方程式を生み出して行動開始

その努力が実を結び、次の選考に進むことが可能となりました。

そんな潔の奮闘と活躍を述べて行きたいと思います。

 

潔世一、敗北が確実でもゴールを狙う事を諦めなかった?!

潔は、チームZに所属します。

そして、チームXと早速試合を開始。

しかし、自分がどう動くべきか中々理解できません。

更に、対戦相手の馬狼照英に圧倒されてしまいました。

残り1点取られれば、敗北が決定される所までやってきました。

でも、潔は、点を取る事を放棄していなかったのです。

彼は、近くにいた蜂楽廻と意気投合。

前線に進んで行き、ゴールの匂いを感じ取ります。

潔は、國神錬介にパスを出して得点を決めてもらったのです。

試合終了後、馬狼からシュートしようとしなかったのでストライカー失格の烙印を押されてしまいました

それでも、潔なりの活躍がチームZの獲得点に結び付いたと思います。

 

潔世一、チームY戦では決勝点を決めて勝利に貢献した?!

潔世一は、チームXの敗戦を得て、次こそは勝つと決意。

そして、チームYと戦う事になりました。

自分と同じ空間認識能力とチームの頭脳を持つ、二子一揮に苦戦を強いられます。

二子は、司令塔としてチームZを追い詰めて行きます。

しかし、潔は、ゴールの匂いや二子の裏を掻いて攻守を担当

カウンターを仕掛けて、蜂楽のパスによる到達地点を予測します。

そして、ダイレクトシュートを決めました

彼の得点が、決勝点となりチームZの初勝利。

同時に、脱落の危機を一先ず回避する事に成功したのです。

 

潔世一、千切豹馬を目覚めされる為に必死に足掻く姿を見せた?!

潔は、鰐間兄弟率いるチームWと対戦します。

チームZの久遠渉がハットトリックを決めて、勝利が確実視されます。

しかし、潔にはゴールの匂いが感じられません

しかも、久遠が笑っていた事に気づきます。

久遠のミス連発により、一気に同点となってしまいました。

潔が追求すると、久遠の裏切りが発覚

八百長試合を仕掛けていて、潔とチームZに脱落の危機が迫ります。

その最中、潔は、ずっとサッカーを諦めようと燻っていた千切豹馬に声を掛けます。

千切は、膝の怪我から調子が上がらず、ブルーロックで止めようと考えていました。

潔は、そんな千切を叱ります。

自分に嘘を付くなと叫びます

彼の助言が千切の考えを変えます。

更に、潔の戦う姿を目撃し、心が揺れ動きます。

千切は、足が壊れたとしても世界一になるのは自分だとやる気になりました

彼は、俊足を活かして得点に成功。

4対4の引き分けに持ち込み、最終試合に望みを繋げます。

潔は、この試合では得点をしていません。

でも、前線に出てアグレッシブに攻めたり、パスをしたりと様々な状況において反応。

彼の必死さや行動が無ければ、絶対に負けていたでしょう。

 

潔世一、凪誠士郎率いるチームVに勝利する事ができた?!

潔は、チームVと試合を行います。

凪誠士郎と御影玲王達に大苦戦してしまいます。

圧倒的な攻撃力を見せつけられて、戦意を喪失してしまいました。

しかし、蜂楽の個人技がフィールドで炸裂します。

点数が次第に縮まって行きます。

再び、潔の勝利への思いが高まって行きます。

彼は、二次選考に進出する為、必死に足掻きました。

土壇場で、自分の武器である空間認識能力とダイレクトシュートを組み合わせたゴールの方程式を編み出します

潔の活躍で、チームZは大逆転勝利に成功。

2位通過となり、脱落の危機を回避できました。

強敵達との争いで、成長と進化を見せたのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一は、二次選考で敗北と勝利を繰り返して苦戦の末、突破に成功しています。

各ステージで得点を挙げて、チームの勝利に貢献する活躍を繰り広げていました。

彼の戦いぶりを紹介して行きましょう。

 

潔世一は、1回目の3rdステージでは何もできずに敗北した?!

潔世一は、蜂楽廻と凪誠士郎とチームを組みます。

そして、糸師凛・蟻生十兵衛・時光青志に挑みました。

しかし、凛達の高いスペックに追い詰められて負けてしまいました

潔は、前線に出てチャンスを狙いながらも蜂楽や凪にパスを出しています。

でも、得点には全く絡んでいません。

更に、蜂楽を取られてしまい2rdステージに降格。

正直、良い所が全く無かったのです。

でも、ここから二次選考の突破に向けて、凪と共に気持ちを入れ替えていくのでした。

 

潔世一、苦戦しながらも馬狼・成早チームを破る活躍を見せた?!

潔世一は、凪誠士郎と共に2rdステージで馬狼照英と成早朝日チームと戦う事が決まりました。

彼は、馬狼のフィジカルさやシュート力に苦戦。

更に、成早のオフ・ザ・ボールのテクニックで死角を突かれ、得点に繋がりません

しかし、凪のフォローや、思考をフル回転させてこの状況の打破を画策します。

同点になり、ピンチを迎えつつも潔は、土壇場で成早の技術を吸収。

それを逆手にとって、ダイレクトシュートを決めたのです。

潔は、勝利して馬狼を引き抜きます。

ブルーロック脱落となる成早に別れを告げて、3rdステージに再び昇格したのです。

 

潔世一、二度目の3rdステージで國神チームに勝利する活躍を見せた?!

潔世一と凪誠士郎、新たに加わった馬狼照英の3人は、次のステージを目指します。

そして、國神錬介、御影玲王、千切豹馬と対戦する事になりました。

潔は、成早との争いで身に付けた、オフ・ザ・ボールや死角を突く戦術と空間認識能力を結合。

フィールドにいる全てのストライカーを意識して、ゴールへの選択肢を増やして行きます

相手の裏を掻いての行動を良く見せています。

凪との化学反応を考えて、パスを出して得点にもつなげています。

しかし、馬狼は、自分が勝ちたい様に動くことしか考えていません。

そこで、潔は、馬狼のコントロールを断念。

代わりに自分がこの試合を支配していく事を決意します。

馬狼を壁代わりにして、國神達を振り切りシュートを決めました。

その後は、馬狼にパスを出させてダイレクトシュートも決めています。

それから接戦となり、馬狼の覚醒で勝負が決まりました

勝者となった潔達は、千切豹馬を引き抜いて4rdステージへと昇格を果たしたのです。

技術や戦術を格段にレベルアップした潔がカッコ良すぎます。

 

潔世一、4rdステージで再び糸師凛チームに挑戦するも敗北してしまった?!

潔世一は、再度、糸師凛率いるチームと対戦することになりました。

彼は、必死に勝利を掴む為に動いて行きます。

以前は、何も出来なかった凜にも積極的に喰らい付いて行きます。

しかし、潔は、彼の身体能力やテクニックの高さを見せつけられてしまいました。

凜は、簡単に潔達を回避。

確実に得点を決めて行きます。

潔は、苦戦しながらも凪・千切・馬狼と協力して行きます。

試合終了が近づく中、彼は、凛の戦術眼の鋭さを逆手に取った反応を開始。

足裏からのダイレクトシュートを決めて、点を取ったのです。

蜂楽廻のスーパープレーをギリギリで防ぐ面も見せて、攻守に渡って大活躍しました。

でも、時の運の差で、凛に得点を決められて負けてしまったのです。

糸師凛は、勝者の特権として潔を引き抜くことを決意。

彼は、自分の近くで世界一になる姿を潔に見届けさせる為に実行したのです。

潔は、凛のチームに加入することになります

自動的に二次選考をクリアしてしまったのです。

潔は、敗北をしてしまいましたが念願の三次選考の道を歩むことになります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】三次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一は、三次選考でAチームに所属。

1得点を挙げて自らの存在のアピールに成功しています。

その内容について話をしてみましょう。

 

潔世一、Aチームで得点を挙げてアピールに成功した?!

ブルーロックの総責任者、絵心甚八は、三次選考開催を宣言。

その結果を見て、U-20日本代表戦のスターティングメンバーを選ぶと発言しました。

総合評価の上位6名を基本に、A・B・Cチームが結成。

残りの選手が希望を出して加入し、5名で試合をしていく事になりました。

潔世一は、糸師凛と士道龍聖のいるAチームを選びました

彼は、Bチームと対戦していく事になります。

第三選考の目的は、上位2名をサポートしつつ、それを凌駕する働きを見る事だったのです。

潔は、ストライカーとして得点を狙って行きます。

しかし、そう簡単に上手く行きません。

鳥旅人に個人戦での能力が平凡だと見透かされて、執拗にマークされてしまいました。

後半戦に突入し、ようやく七星虹郎と連携を取り、鳥の死角を取る事に成功。

凛と鳥の争い中にボールを奪ったり、空間把握能力を最大限に発揮して行きます。

それでも、まだ自分自身のアピールが足りなかったのです。

彼は、土壇場で氷織羊のアドバイスを思い出します

それは、フィールドにおいて、自分の能力とオフ・ザ・ボールを反射的に行うという事でした。

潔は、それを実行。

凛と士道を抜き去り、ゴールに向かってダイレクトシュートを決めたのです。

これが決勝点となり、Aチームは勝利を収めます。

トライアウトが全て終了し、絵心は、潔達を全員呼び出しました。

そして、次々とスターティングメンバーを発表。

最後に名前が呼ばれたのは、潔でした。

絵心は、糸師凛の超攻撃的フォーメーションを活かせるのは彼しかいないと判断。

潔が一番凛と相性が良く、優秀な成績を叩き出したと評価されたのです。

こうして、潔は、凛のパートナー役としてオフェンシブミッドフィルダーを凪誠士郎と共に担当する事が決まりました

潔の諦めない信念が、見事にアピール成功に繋がったと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表戦での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一は、U-20日本代表戦で苦戦しながらも得点。

ブルーロックチーム勝利の決勝点を決めたのです。

悪戦苦闘しながらも、大快挙を成し遂げた彼の奮戦を紹介して行きましょう。

 

潔世一、得点のチャンスを狙うがオリヴァ・愛空の鉄壁の守りに阻まれた?!

潔世一は、U-20日本代表戦に参加。

彼は、糸師凛の攻撃や行動の選択肢を広げるサポートに徹します

しかし、攻撃のチャンスを常に狙い、得点する機会に備えます。

潔の前にボールが何度かやってきます。

彼は、そのシュートチャンスを逃さずに攻撃。

でも、U-20日本代表の主将であるオリヴァ・愛空に止められてしまいます

DFで鉄壁の守備を見せるオリヴァの隙を付くことが出来ません。

何度も彼が目の前に立ちはだかり、防がれて終了。

潔は、諦めずに様々な行動と姿勢を見せて、ゴールを決める為に関わり続けて行きます。

 

潔世一、絵心甚八に勝利したいので勝たせろと暴言を吐いた?!

ブルーロックチームは、前半リードして勝利ムードに包まれます。

しかし、後半にブルーロック側に居た士道龍聖がU-20日本代表として出場

彼の暴力的な予測不能の動きと実力が大爆発します。

更に、糸師冴との連携で逆転されてしまいました。

潔達は、圧倒的な力を見せつけられて敗北の文字が脳裏に過ります。

すると、潔は、この危機を打破する為に、監督の絵心甚八に助言を求めます

絵心は、静かに口を開きました。

この試合は、勝ち目が薄いと発言。

例え、ブルーロックチームが負けたとしても自分の退任だけで済むと教えます

潔達選手は、国内や世界中で注目の的となるのは必然。

プロリーグや大学、各方面で声が掛かるので将来は安泰であり、実力を見せつけた我々の勝利だと宣言したのです。

でも、潔は、絵心の言葉に納得しません

自分は、今、全てを出し尽くしてもこの試合に絶対勝ちたいと絶叫

絵心に対して、勝たせろクソメガネと暴言を吐いたのです。

それを聞いた絵心は、考えを改めます。

これからどうなるかは、予測不能。

現状を打破する為に未知数の存在である、馬狼照英を投入すると決断させたのです。

絵心の様な監督でなければ、潔はベンチに閉じ込められていたのでしょう。

それでも、潔の勝利の執念が奇跡を起こす事になって行ったのです。

彼のナイスアクションは、是非とも作品で確認して頂ければ良くご理解できます。

熱く激しい潔世一の本物の信念が見られます。

 

潔世一、試合終了間際に決勝点を決めて、ブルーロックチームの勝利に導いた?!

ブルーロックチームは、奮起して遂にU-20日本代表から得点を奪い同点になりました。

アディショナルタイムに突入し、両チーム必死の攻防を繰り返して行きました。

その最中、糸師冴と糸師凛の1対1の兄弟対決が始まります

糸師凛は、FLOW状態になり壊すサッカーを展開。

その力は、兄である冴を凌駕し、遂にボールを奪う事に成功します。

そのこぼれ球が、U-20側のゴールに向かって行きます。

何と、そこには、潔が1人だけいました。

彼は、最後のチャンスに掛けていたのです。

他のメンバーが守備に戻る中、自分だけ、凛のボールが必ず来ると瞬時に判断。

潔は、渾身のダイレクトシュートを叩き込みます

そのボールは、U-20のゴールに突き刺さります。

潔が起こした奇跡は、遂にブルーロックの勝利を掴みました。

彼は、ヒーローインタビューで自分が日本を優勝させると発言

糸師冴は、潔が日本のサッカーを変えるエゴイストと注目します。

それを聞いた糸師冴は、本格的に潔をライバルと認めたのです。

そして、激しい憎悪をぶつけていく事になります。

潔がシュートを決める光景を見て、鳥肌が立ってしまいました。

とても迫力があり熱くて痺れます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!潔世一の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一は、ブルーロックのフェーズ2で新英雄大戦に参加。

彼は、悩んだ末、ドイツに決めています

蜂楽廻のアドバイスもあり、覚悟した描写も描かれているのです。

その内容について述べて行きましょう。

 

潔世一は、イングランドかドイツ行きで実は揺れ動いていた?!

ブルーロックの総責任者である絵心甚八は、W杯で優勝を目指す為に更なる進化と成長を目指してフェーズ2を開始します。

そこで、欧州5か国のイングランド、スペイン、イタリア、フランス、ドイツの各チームに所属。

そこで指導者ストライカー達から哲学と練習を叩きこむ訓練を行い、新英雄大戦と称した試合を開催すると発表しました。

潔は、サッカー動画で最近見ていたイングランドに興味を惹かれます。

しかし、もう1つ気になっていた国が彼の中に存在していました。

それは、自分が幼少の頃から憧れていた、世界一のストライカーであるノエル・ノアが所属するドイツリーグも気になっていたのです。

潔は、制限時間が近づく中、悩んで結論が出せません。

即決即断できない主人公に、少し個人的に苛立ちを感じてしまいました。

 

潔世一、蜂楽廻の意見を聞きドイツを選択した?!

悩む潔の前に、蜂楽廻が現れます。

彼は、潔に自分はドリブルとテクニック重視のスペインに行くと発言しました。

潔は、蜂楽らしいと納得。

しかし、蜂楽は、正直どの国を選んでも一緒だと彼に教えます。

自分達が世界一のストライカーを目指すのであれば、そこで1番になり続ける事しか意味はないと断言。

自分が選んだ道を正解にするのが近道であり、それを信じる自分の直感が大事だと打ち明けたのです。

蜂楽は、潔に次に逢った時、お互い進化しているのが礼儀だと笑って去って行きます。

潔は、心の中で蜂楽に感謝します。

自分も可能性を賭けて、直感を信じてみると覚悟を決めたのです。

彼は、自分の気持ちに問いかけて、輝いて1番熱くなれる場所を遂に選択。

それは、憧れるノエル・ノアのいるドイツに進むことを決定したのです。

超合理的で非常な程に勝利を追求するドイツは、潔に一番相応しい国なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

潔世一は、ブルーロックの主人公です。

当初は、自分の武器や生き残る為の行動が出来ずに戸惑うばかりでした。

しかし、ライバルや様々な経験を重ねて成長して行きます

作品の中で、恐ろしい速さで成長を遂げています。

空間認識能力からのダイレクトシュートという武器も作り上げ、成早の死角を突く技術も取り入れ、次々と武装。

試合を数多くすれば強くなる恐ろしい存在です。

頭脳派プレイヤーで、他の選手とは違った角度でブルーロックチームの要となっています。

進化と覚醒を見せて、糸師凛もライバル視する程で、今後の動向に目が離せません。

ブルーロックのフェーズ2では、憧れのノエル・ノアが居るドイツを選択

これからの潔が大きく成長する事に期待したいです。

様々なプレイヤー達から目を付けられて、敵視されている事が多い気がします。

それでも、困難にめげずに世界一のストライカーを目指して貰いたいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA