スポンサーリンク

【ブルーロック】馬狼照英は生粋のストライカー?圧倒的な決定力を誇る馬狼照英の武器とは!?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品の登場するキャラクターの中に、馬狼照英がいます。

彼は、孤高の強力な能力を持ったストライカーです。

それを武器にブルーロックのスターティングメンバーを目指して行きます

そんな馬狼について、詳しく語って行きたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】馬狼照英のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英は、秋田県出身の18歳です。

悪童高校のサッカー部員の高校3年生

身長は、187cmあります。

誕生日は、6月27日。

血液型は、A型です。

好きな食べ物は、プリンで嫌いな物がウエハースらしいです。

趣味は、ボウリングでマイボールとグローブを所有する程好んでいます。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】馬狼照英の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英の特徴は、黒くて長い髪を立ち上げて、十字に刈り込んで目立つ風貌をしています。

背が高く、筋肉質で恵まれた体格をしているストライカーです。

風呂に入ると肩まで髪が掛かる姿が見られます。

とてもレアです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】馬狼照英の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英の性格ですが、自分を王様と発言する程の自己中心的な自信が強すぎます

その反面、生活においては、几帳面で神経質な面を見せています

彼の性格について、少し説明して行きましょう。

 

スポンサーリンク

馬狼照英は、自己中心的な性格の持ち主だった?!

馬狼照英は、自分が王様だと常に発言をしています

彼は、サッカーのフィールドでは主役として高い実力を見せています。

試合では、自分の前に立つなと言い、他の選手のボールを奪いゴールも決めています。

とにかく、自分が主役で輝けなければ許さないという姿勢を絶対に崩しません

馬狼は、自分がルールだと断言。

強気な態度を見せています。

そんな誰よりも激しい強欲な性格が、攻撃力に活かされているのだと感じてしまいます。

他者と群れずに、1人で挑戦できる戦闘力が凄まじいです。

 

スポンサーリンク

馬狼照英は、几帳面で神経質すぎる性格の持ち主でもあった?!

馬狼照英ですが、実は、ナーバスすぎる面もブルーロックの作品内で見せています。

彼は、二次選考の3rdステージの部屋でそれを見せています。

潔世一と凪誠士郎と同室になり生活

そこで、凪は、自由気ままに過ごしていたのです。

すると、馬狼は大激怒。

凪に対して、服を脱ぎ散らかしたり、シーツを整えろと指示します。

22時以降は、電気を点けるなとか細かい指導をして行きます

とにかくきっちりしないと許せない部分が明らかになっています。

馬狼は、後に千切豹馬がやって来た時も彼の生活の乱れを指摘。

更に、風呂に入る時は、体を洗って入れと教えたり、タオルを浴槽に浸す事は禁止だと叫んでいます。

サッカーの試合では、エゴイストの塊ですが、日常生活でのギャップがありすぎます

彼は、自分の美学に反する事が許せません。

潔と凪が、馬狼と共に一緒に練習しようと呼びかけた場面があります。

馬狼は、そこでも日課のフィジカルを鍛えるトレーニングを終了するまで駄目だと拒否。

それが完了しなければ、連携プレーをしないと断言する程です。

神経質すぎて几帳面な所も持つ馬狼が、個人的には好きです。

マナーや整理整頓を守らせる光景は、意外と人間味溢れています。

この細かさがあるからこそ、フィールドで力を発揮する事が可能なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】馬狼照英の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英の能力ですが、ゴール右上を狙える正確無比なシュート力と強靭過ぎるフィジカルさがあります。

彼は、この能力を使い、試合で大暴れしています。

その内容について、話して行きましょう。

 

スポンサーリンク

馬狼照英、正確なシュート能力を見せて、潔世一を驚かせていた?!

馬狼照英は、一次選考で自分の所属するチームXが突破できる様に練習を重ねて行きます。

しかし、彼は、他の選手に頼らず、自分の力で道を切り開こうとしていました。

ある夜、トレーニングをしていた時に1人の選手が彼の前に姿を見せます。

それは、主人公・潔世一でした。

彼のチームZは、実は、初戦で馬狼のチームに圧倒的な敗北をしてしまいました。

潔は、馬狼にチームVとの大戦前に教えてほしいと懇願

その内容は、馬狼の様にゴールを決める事が出来る方程式を教えてほしいというものだったのです。

馬狼は、潔を相手にせずに黙々と練習を続けて行きます。

でも、潔は必死に喰らい付いて帰ろうとしません。

更に、馬狼に向かってここで終わりたくないと打ち明けます。

そして、彼の様に1人で戦える強さを持った人間になりたいと根気強く交渉して行きます。

すると、馬狼は、1対1の勝負を仕掛けて行きます

彼は、潔を簡単に躱し、長距離からのシュートを決めます。

潔は、再び馬狼に勝負を挑みます。

馬狼は、右上隅のシュートを確実に奪います。

潔は、それを分析開始。

馬狼の得点の方程式が、ゴール右上角の高速カーブシュート能力だと気づいたのです。

そして、それを実現する為に引きずり込む絶対領域が27メートルだと理解します。

潔は、馬狼を化物だと評価し、礼を言いました。

彼のひた向きな努力と工夫が、優れた力を生み出して高めています。

馬狼、驚異的な能力を持つストライカーです。

 

スポンサーリンク

馬狼照英、強靭過ぎるフィジカルが能力を発揮する原動力となる?!

馬狼照英は、1人で常にトレーニングをしています。

筋トレや、シュート練習等ストイックに己を追い込んで続けて行きます。

彼は、ゴールを決める事に喜びを感じています。

自分の得意なゴール右上角カーブシュートを決める距離に入り、得点を決める為にある努力をしていました。

それは、シュートを撃てる体勢を築ける様に突進力を強化したのです。

サッカーの試合は、常にイレギュラーな事態が発生。

簡単に敵のゴールを奪う事は出来ません。

それを可能とする為に、絶えずトレーニングを行い強い肉体を完成。

それが、ゴールの方程式を成功させる基盤になっているのです。

馬狼の上半身の鍛えられた肉体がカッコ良いです。

世界で戦う為の武器を持っています。

余程の自信があるのでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】馬狼照英の進化・覚醒とは?

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英の進化と覚醒は、二次選考の3rdステージで開花します。

潔世一や他の選手達の影響で発生しています。

その事について語って行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

馬狼照英、二次選考で潔と凪のプレーを見せつけられて敗北の感情を抱いた?!

馬狼照英が進化・覚醒を遂げたのには、一緒にチームを組んだ潔世一と凪誠士郎のプレーを見て敗北を感じたからです。

彼は、二次選考突破を目指し潔と凪のチームに引き抜かれます。

3rdステージで、國神錬介・千切豹馬・御影玲王のチームと対戦。

馬狼は、ここでも自分が王様だと発言。

潔と凪に勝利する為に、自分に従えと命令したのです。

自分のゴールで勝利を掴み、他人の為にプレーをするなら死ぬとまで言い切っています。

しかし、中々ゴールを奪うことが出来ません

徹底的にマークをされ、自分の仕事が出来ずにイラついて行きます。

更に、潔が試合に適応していき化学反応を発生。

彼にヘタクソ呼ばわりされて、パスを出してしまいます

馬狼は、潔がシュートを決める光景を見て呆然とします。

ずっと王様で自分が主役の座だという思いが、見事に打ち砕かれたのです。

彼は、自分が脇役に降格

潔にも負けて、その場に蹲ります。

絶望感漂い勢いがなくなった馬狼の姿は、とても衝撃的です。

 

スポンサーリンク

馬狼照英、覚醒し新しいスタイルを作り上げて復活を遂げた?!

馬狼は、勢いを無くして試合を続けて行きます。

その最中、凪誠士郎のこぼれ球が、偶然にも馬狼の所に転がってきました。

彼は、得点を挙げる可能性の高い潔か凪にパスをしようとします。

しかし、馬狼は、考え直します。

ここで、自分がパスを出す役に徹したら、今までのサッカー人生が終わると怯えます

そして、それは絶対に嫌だという感情が腹の底から湧き上がってきました。

彼は、そこで新しいプレースタイルを発想。

自分が主役でないなら、それを喰う悪役になっても構わないという覚悟を決めたのです。

馬狼は、チョップフェイントを披露します。

そこからの鋭角なドリブルで対戦相手の國神錬介を抜き去る事に成功。

更に、連続チョップを連発していき、そこからフィジカルを活かした鋭角突進(イナズマ)ドリブルを使用し、ゴールを決めたのです。

そして、3rdステージの勝利を決めて、雄たけびを上げます。

彼は、土壇場で潔や凪に触発されて化学反応を起こしました。

馬狼の藻掻き悩み苦しんだ結果が、レベルアップを遂げたのです。

どん底からの復活劇は、馬狼でなければ不可能だったでしょう。

馬狼のゴールは、とても熱くて痺れます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】馬狼照英が王様にこだわる理由とは?

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英が王様にこだわる理由は、自分が常に主役だと思っていたサッカー人生を歩んできた影響があるからです。

そんな彼の過去について、少し話をして行きましょう。

 

スポンサーリンク

馬狼照英、サッカーで自分がフィールドの主役だと信じていた?!

馬狼照英は、幼い時からサッカーを始めています。

試合では、自分の高い才能を見せつけて、他の選手を従わせて行きます

自分のゴールの為に動いて行く様に命令する様になります。

そして、自分が王様だと思うようになったのです。

それ以来、他人を理解せずに自分の理想のサッカーを実現する為に練習をして行きます。

馬狼の努力は、成功し、更なる強さを身に付けて行きました。

やがて、馬狼はある事に気づきます。

当初は、サッカーを王様気分で味わい楽しむ目的がありました。

しかし、勝利を重ねる内に自分のゴールが、サッカーに命を賭けてきた者達を簡単に潰せると理解。

フィールドから脱落させる快感を覚えてしまったのです。

馬狼は、この感情が自分の様な強者だけが手に入れられる極上の喜びだと知りました

それ以来、彼は、孤高の王として、道をひたすら歩み追求して行くのです。

彼の王様に拘る理由の強さが、凄まじいです。

でも、その思いが敗北と屈辱を経験する事に繋がってしまいます

そして、更なる進化と覚醒を遂げるきっかけにもなって行く方向に向かって行きます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】馬狼照英と潔世一の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英と潔世一の関係ですが、お互いライバル視しています

仲が一見悪い様に思えますが、馬狼が潔に指導したり、叱咤激励する面も見られます

その事について、語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

馬狼照英と潔世一は、ライバル関係となっていった?!

馬狼照英は、ブルーロックの一次選考で潔世一のチームZと戦いました。

圧倒的な力を見せつける中、潔は、チームメイトの蜂楽廻と共に1点を獲得する為に奮闘。

潔は、試合終了間際に國神錬介にパスし、得点する事に成功しました。

それを見た馬狼は、潔に対してゴール前でビビる奴はストライカーの資格と才能は無いと断言したのです。

しかし、二次選考で馬狼は、潔と対戦して敗北。

引き抜かれて共に試合をして行く同志になります。

彼は、潔がフィールドで適応し、化学反応を次々と見せて成長して行く姿を目の当たりにします。

今までヘタクソとしか呼んでいなかったのが、次第に本名で呼ぶ仲になります。

利用し合いお互いが高め合っていくライバル関係に発展したのです。

ただ、凄く仲が良いと言う訳でもありません。

試合では、潔狩りと称し、ボールを奪う為に常に虎視眈々と狙っています

潔がU-20日本代表戦のスターティングメンバーに選ばれた時は、怒りの形相を見せて悔しがります。

2人が絡むと化学反応を起こして、予測できないプレーを見せてくれます

 

スポンサーリンク

馬狼照英は、潔を叱咤激励したり、指導する事もある?!

馬狼照英は、潔世一と常にピリピリした緊張感で接しているわけではありません。

一次選考では、ゴールの方程式を教わりに来た潔に対しプレースタイルを見せて回答。

サッカーの試合が終わり、トレーニングや食事、風呂等では王様テンションで接していないのです。

サッカーの事を考えながらも、自分の明確な意見や感想を素直に打ち明けています

自分の至らない所を認めたり、相談に応じたりする寛容さもあります。

三次選考で、優れた成績を挙げた潔が上位6名に入らなかった時、こんな所で埋もれるなと彼なりの励ましをしています。

不器用ながらも認めた相手に寄り添う事が出来る人物なのかもしれません

サッカーから離れた馬狼は、優秀で人間性が高いキャラクターだと感じてしまいます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】馬狼照英と凪誠士郎の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英と凪誠士郎の関係性は、やはりライバルを意識している部分があります

でも、彼らのやり取りは、意外と穏やかでユーモアが漂っている面も見られるのです。

その関係について述べて行きましょう。

 

スポンサーリンク

馬狼照英と凪誠士郎は、ライバルとして意識している?!

馬狼照英と凪誠士郎は、ブルーロックの試合で何度も激突しています。

優れたフィジカルと高い精度を誇るシュートを持つ馬狼は、凪誠士郎は変幻自在にブロックしています。

対する凪も、馬狼に劣らない身体能力の持ち主です。

規格外のトラップ力や、センス溢れるコントロールパスとシュートを発揮

どんな体勢や場面でもシュートを打ち、得点する事が出来ます。

両者とも1対1の戦いを得意としていて、攻守で火花を散らしています

凪は、チームになった馬狼がシュートを決めた時に喜んで飛びついています。

馬狼は、そんな彼を振り払おうとします。

しかし、まんざら嫌ではなさそうな表情をみせています。

 

馬狼照英と凪誠士郎は、サッカーから離れれば良好な関係を築いている?!

馬狼照英は、凪誠士郎と触れ合うようになったのは、二次選考の3rdステージに進んだ時です。

相部屋になった馬狼は、ある事に気づきます。

それは、凪が服を脱いだりベッドや周辺を汚くしていたのです。

綺麗好きで神経質な馬狼は、それがどうしても許せません

彼は、そんな凪に指導を開始。

整理整頓したり、埃が舞えば歓喜する様に呼び掛けたのです。

しかし、凪は、マイペースでそれを真剣に聞く気がありませんでした。

逆に、フィールドで王様の風格を見せていた馬狼の素が違うと確信。

その言動や仕草が召使に見えたので、メイド・バロウと命名したのです。

馬狼も負けじと、凪を面倒臭男とあだ名を付けます

風呂場で泳ぐ凪を注意したり、千切と共に自分のシューズをリフティングしている事に気づいて激怒しています。

でも、試合での荒く激しい感情を生活の中ではセーブしている様です。

喧嘩している様で、会話も普段以上にしている場面が見られます。

お互い世界一のストライカーを目指していますが、気の合う部分が多少はあるのかもしれません。

全然性格が違うのがとても面白いなと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】一次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英の一次選考での活躍は、自分の力を見せつけて得点を獲得

潔世一の所属するチームZを圧倒的な力で倒しています

その話をこれからして行きたいと思います。

 

馬狼照英、一次選考で圧倒的な活躍を見せていた?!

馬狼照英は、一次選考でチームXに所属します。

彼は、潔世一達のいるチームZと対戦する事になりました。

試合開始早々、高い個人技を披露

自然にチームXのメンバーを魅了し、纏めて行きます。

破壊力のあるシュートでゴールを量産

攻撃に積極的に絡んで行きます。

そして、チームZに勝利しました。

しかし、チームXは、馬狼以外に突出した選手は存在しません。

その後の試合は、あまり良い結果を残せませんでした。

馬狼のいるチームは、脱落となってしまったのです。

でも、ブルーロックの特別ルールで救済措置がありました。

それは、チームの上位得点者は、二次選考に進めるシステムがあったのです。

一次選考でチームX内で得点の高かった馬狼は、自動的に突破と認定されました。

彼がクリアできたのは、得点が高かったからです。

馬狼自身は、これが当然の結果だと確信していたのかもしれません。

因みにチームXでは、他の選手達と最低限の会話や接触に留めています。

自分が王様気分だから、他の者達を下に見ていた可能性もあります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英は、二次選考でも得点を挙げる活躍を見せています。

でも、敗北や自信を失い浮き沈みが見られます

その説明を少しして行きたいと思います。

 

馬狼照英、二次選考では多くの得点を挙げている活躍を見せた?!

馬狼照英は、二次選考をクリアするまで数多くの得点を挙げているのです。

1回目の3rdステージでは、1人で4得点を挙げる無双っぷりの活躍を見せています。

降格後、2rdステージで潔世一と凪誠士郎チームと対戦して得点しました。

2回目の3rdステージに昇格し、國神錬介のチームとの試合で進化・覚醒

チョップフェイントやイナズマドリブルを駆使して勝ち越し点を決めています。

4rdステージでは、糸師凛率いる最強チームとの競い合いの中で、潔からボールを奪い得点を挙げました。

彼が決めて行った得点力は、上位陣に入っていたはずです。

優れた才能を持つ馬狼が、二次選考で目立たない訳がありません

 

馬狼照英、大活躍を見せたが敗北や絶望も同じぐらい経験していた?!

馬狼照英は、順調に二次選考を勝ち進んではいません。

得点も上げていて楽勝かと思いましたが、実際は違いました。

初めて挑戦した3rdステージでは、4ゴールしましたが逆転負けを味わっています。

2rdステージでは、潔と凪チームに敗北。

再挑戦の3rdステージでは、勝利しました。

しかし、王様としての在り方や潔達に否定されて奈落の底に叩き落とされます

何とか自分の新しいスタイルや戦術を掴み進む事が実現。

でも、4rdステージでは、糸師凛チームに敗れました。

潔を引き抜かれて、疲労感漂い悔しがります。

その後、剣城斬鉄達を引き抜き、2番目の突破を果たしました。

大量得点を挙げた馬狼ですが、失敗や負けも体験していたのは少し驚きです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】三次選考での活躍

 

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英は、三次選考で1ゴールを決める活躍を見せています。

しかし、U-20日本代表戦のスターティングメンバーに選ばれる事は無かったのです。

その点について、語りましょう。

 

馬狼照英は、チームBで得点を挙げて勝利に貢献した?!

ブルーロックの総監督である絵心甚八は、U-20日本代表との試合のスターティングメンバーを決定する三次選考を開始。

現時点での上位6名を上からA・B・Cとランク付けにして3チームに分けました。

そこに3人を合流させて、チーム同士で試合をさせて評価する適性試験を開催すると宣言したのです。

馬狼は、3位となった烏旅人と4位の乙夜影汰のチームBに加入。

彼は、知っている選手と組んでも成長したいと判断します。

出場した試合で、見事に1得点獲得。

馬狼は、上位陣を超える主張を見せる事に成功

ここで彼の活躍は、詳しく描かれていません。

馬狼の荒ぶるプレーを、個人的に見たかった気がします。

それでも、結果を出せる選手である事は間違えないでしょう。

 

馬狼照英、活躍したがスターティングメンバーに選出される事は無かった?!

三次選考に関わる全ての試合が終了。

絵心甚八は、U-20日本代表戦で戦うブルーロック11傑を発表します。

潔世一や凪誠士郎、糸師凛等の実力者の名前が読み上げられます。

しかし、馬狼の名前が出る事はありません

彼は、怒りに身を震わせます。

選ばれた潔を見て、クソ呼ばわりして耐えていました。

絵心は、ベンチ入りメンバーも決定しました。

その中には、馬狼が選ばれています。

交代枠は3人までで、いつでも試合に参戦出来る様に準備しろと命令。

馬狼は、その時を静かに待つ事になったのです。

優れた才能を持つ彼がメンバー入り出来なかった事は、個人的に衝撃を受けました

本人も選ばれずに、とても悔しかったでしょう。

でも、それをU-20日本代表戦で払拭してくれます。

それは、後程説明して行きましょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表戦での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英は、U-20日本代表戦で切り札として出場

試合で得点を決めて、その存在を大きくアピールしました。

その部分について触れて行きましょう。

 

馬狼照英、U‐20日本代表戦の後半に登板し、大暴れした?!

ブルーロックチームは、U‐20日本代表戦で前半リードに成功。

しかし、後半から糸師冴やブルーロック側から引き抜かれた士道龍聖達の反撃で逆転されてしまいました。

総責任者の絵心甚八は、勝利する為にジョーカー的な存在の馬狼を出さなければいけないと判断したのです。

馬狼は、乙夜影汰と交替してフィールドに立ちます。

彼は、試合再開直後、自分の存在をアピールし始めます。

何と、潔世一に渡ったボールを自らカットします。

その行為を、自ら潔狩りと称し、ゴールに向かって攻め込んで行きます。

馬狼の独裁的な戦術は、敵味方を混乱させました。

チョップドリブル等の技術で、U-20日本代表を圧倒。

混戦の最中、潔から糸師凛のパスコースを察して、スーパースライディングシュートを決めました

得点した馬狼は、自分のユニフォームを脱ぎ、その場で叫びます。

彼は、凛と潔がシンクロして一心同体にしか見えなかったと淡々と話します。

しかし、そんな馬狼の前に審判が近づきます。

彼にイエローカードが出されたのです。

その理由が、ユニフォームを脱ぐという行為が非紳士的だという事で警告を受けてしまったのです。

近くにいた凪誠士郎は、呆れて脱衣キング呼ばわりします。

馬狼は、得点を決めて、自分自身とブルーロックチームの力を示しました。

でも、同時に恥ずかしいミスをして良し悪し含めたデビューを果たしたのです。

それでも、野獣の様な迫力あるプレーは、日本サッカー界を変えるストライカーの1人である事は間違いありません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!馬狼照英の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英は、ブルーロックのフェーズ2でイタリアを選択しています。

彼がその決定をした理由は、まだ明らかになっていません。

でも、このブルーロックの作中においてイタリアは、狡猾的な戦術溢れる攻撃や強固な防御と組織力に優れています。

指導者ストライカーは、優勝請負人と呼ばれるマルク・スナッフィーが担当

馬狼が彼を知っているかどうかも不明です。

それでも、馬狼にとってイタリアが繰り広げるフットボールは、自分にマッチした魅力があったのでしょう。

馬狼の更なる進化と覚醒に期待をしたいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

馬狼照英ですが、登場時から王様の風格が漂っていました。

オラオラ系で言葉も行動も荒く、恐怖感を感じます。

でも、それを実行するだけの高い能力を持っていました。

強靭なフィジカルと正確で距離を読むシュートを武器に、大活躍を見せています

そんな彼も、主人公・潔世一との出会いで変化を遂げて行きました

主役として自分の思うままプレーを信じていた彼が、潔の成長と化学反応から目を背ける事は回避不可能。

潔に敗れて、孤独で進化の無いプレーを指摘され絶望的な表情になる馬狼には驚いてしまいました。

しかし、潔という存在と出会えた事が刺激となったのかもしれません。

そこから悪役で生きると覚悟を決めて、新しいテクニックと戦術を生み出す事に成功

U-20日本代表戦では、その力をアピールしました。

ただ、熱くなるとユニフォームを脱いだり、感情のままに動く欠点も見られます。

サッカーに純粋で真剣な姿勢も見えて、個人的には大好きです。

生活での几帳面過ぎて凪達とのやり取りが、とても笑えます

ブルーロックのフェーズ2で、彼は、イタリアを選択。

更なる力を身に付けて、ブルーロックチームのジョーカーとして世界と戦い、W杯優勝に繋がる馬狼らしい戦いをこれからも見たいです。

これからの彼のプレーに注目して行きましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA