スポンサーリンク

【ブルーロック】御影玲王が青い監獄で生き残る為に得た能力とは?凪誠士郎との関係性も大紹介!!

スポンサーリンク

御影玲王は、親友である凪誠士郎と共にブルーロックで過ごす事になります。

彼は、過酷な環境の中に適応していき、自分の能力に目覚めます。

それと共に凪との関係も次第に変化を見せて行きます。

そんな玲王について詳しく述べて行きたいと思います。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】御影玲王のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

御影玲王は、東京都にある白宝高校2年生です。

誕生日は、8月12日です。

血液型は、B型です。

家族は、父親と母親がいます。

彼は、御影コーポレーションの御曹司です。

好きな食べ物は、石垣牛のイチボで嫌いなのは干し芋です。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】御影玲王の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

御影玲王は、紫色の髪をした容姿端麗の選手です。

身長も185cmある高身長の持ち主です。

サッカーの試合の時は、長い髪を後ろに結びます。

女子生徒からも人気が高く、頭脳明晰でスポーツ万能の優秀さがあります。

練習や試合がない時は、積極的にビジネスセミナーや株式投資の勉強会に参加もしています。

見た目軽そうな感じがしますが、意外に意識高い系のしっかりした部分があるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】御影玲王の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

御影玲王の性格は、自分本位な考え方や、意外に短気な性格で精神的な未熟さが見られます。

でも、人に接するのが好きなのか世話を焼いたり仲介する役目を自ら率先して担当している部分もあります。

試合中に突出した能力が無いと雷市陣吾に言われて、腹を立てて肘打ちをして警告を受けています。

凪誠士郎が心の支えとなっていて、彼を宝物呼ばわりしています。

物事が思う様に進まないと、怒りを露わにする場面が作中でも描かれています。

これは、彼が御影コーポレーションの跡取りという事が影響しているのかもしれません。

今まで、不自由なく育ち、欲しいものを全て手に入れてきた人生でした。

そんな境遇が無く、貪欲に必死に生きていたのなら違った性格だった可能性も高いです。

人生を揺るがす大きな挫折をあまり経験してこなかった生き方だったのでしょう。

裏を返せば、嘘偽りなく正直に生きているという事になるのだと思います。

それでも、面倒臭がりな凪を親身になって世話したり、彼が他の者とトラブルにならない様に仲介したりする良い面もあるのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】御影玲王の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

御影玲王の能力は、全ての能力のバランスが良い器用貧乏な部分と複写変化(カメレオン)があります。

その点について説明をして行きましょう。

 

スポンサーリンク

御影玲王は、便利屋(ユーティリティプレイヤー)の能力を持つ選手だった?!

玲王は、実は、サッカー歴が半年の選手です。

生まれた時から運動神経は抜群。

どんなスポーツも簡単に熟せます。

彼は、半年の期間でサッカーの高いレベルの技術が使える様になっていたのです。

全ての能力がバランスよく、弱点も少ないです。

パスやドリブル、シュート力も試合の中で発揮しています。

しかし、その反面、潔や凪の様に突出した武器が無かったのです。

潔世一は、彼を便利屋(ユーティリティプレイヤー)の能力があると述べています。

私も個人的に、素晴らしい才能だと思っています。

過去に玲王は、潔率いるチームZと対戦した過去があります。

そこで、玲王は、雷市陣吾に執拗なマークを受けます。

当時、彼は、すぐさま凪を頼り、パスをしたり連携を組み立てていました。

それを雷市は見抜いていたのです。

玲王は、試合の中で雷市にある事を言われてしまいます。

それは、凪という天才が居なければ玲王はただの優秀な器用貧乏君だと暴言を吐いたのです。

玲王は、それにイラつき切れてしまいます。

雷市の喉に肘打ちをして、イエローカードを貰います。

玲王にとっては、図星でそう見られる事が嫌だったのかもしれません。

器用貧乏だったとしても、三次選考まで勝ち抜ける力があったのは否定できないです。

全ての能力が非常に高いオールラウンダーと評価も出来る筈です。

 

スポンサーリンク

御影玲王、複写変化(カメレオン)の能力を身に付けた?!

玲王は、三次選考でU‐20と戦う為、代表になる試合に参加します。

彼は、そこである能力を発揮します。

同じチームとなった雪宮剣優が、得意のジャイロ回転のシュートを決めます。

それをしっかり見た玲王は、ある行動に挑戦します。

試合の中で、雪宮と同じ能力を使おうと決意。

そして、玲王も雪宮のジャイロ回転シュートを放ちます。

そして、1得点を獲得したのです。

彼は、この能力で日本代表になると闘志を燃やしました。

それが、彼が会得した複写変化(カメレオン)だったのです。

ただ、この力は、100%の再現が出来ない欠点があります。

コピーする為、オリジナルを超える事は出来ません。

しかし、玲王がブルーロックの中で見つけた最大の武器かもしれません。

この能力は、ブルーロックのチームを幾度も救う事になります。

相手の動きを見て、複写変化からの守備も強固です。

複写変化を使った後は、カメレオンの様に舌を出す描写が多いです。

個人的にこのパフォーマンスは、玲王らしくて大好きです。

その話は、後程触れたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】御影玲王の進化・覚醒とは?

ブルーロック/@金城宗幸

御影玲王の進化と覚醒は、ブルーロックの三次選考で開花しています。

また、そこに結び付いたのは、親友である凪誠志郎との関係の悪化が成長に結びついたからでもあります。

その玲王の目覚めについて、少し話をして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

御影玲王、三次選考で複写変化(カメレオン)の能力に進化・覚醒に成功した?!

玲王は、凪と決別しながらも、自分の夢を叶える為に突き進んで行きます。

何とか三次選考まで残ることが出来たのです。

そこで、コーチの絵心甚八の指示で上位6名のチームに所属する事になります。

彼は、試合で活躍が認められれば、U‐20と戦うスターティングメンバーに選ばれると聞きます。

色々悩んだ結果、凪のいるチームに行きます。

そこで、玲王は、このままでは先を進んでいる凪に追いつけないと焦りを見せます。

更に、代表の座を獲得できない事も嫌だと足掻きます。

彼は、自分以外の他のプレイヤー達は、優勝や世界一のストライカーの称号以外興味はないと気づきます。

玲王は、それがとても眩しく見える様に感じました。

そして、ブルーロックの中にしか自分が一番叶えたい夢があると理解したのです。

そして、このまま消滅するならとことん馬鹿になって行ける所まで頑張ると決意。

凪が変わるなら、自分も変わる必要があると実感しました。

試合の中で、彼は遂に進化を遂げます。

雪宮剣優が放ったジャイロ回転の強烈なシュートを目に焼き付けます。

そして、雪宮の真似をして同じ技を繰り出します。

玲王は、見事に得点を挙げます。

フィールドに居た他の選手達は、玲王の能力に驚きます。

彼は、三次選考で最大の武器となる複写変化(カメレオン)の能力を装備したのです。

元から才能もあり、全ての能力のバランスが良かったです。

そんな玲王だから覚醒に成功したのかもしれません。

複写変化は、発展途上でこれからもより更なる進化を遂げる可能性も高いです。

玲央の能力に期待していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

御影玲王が進化・覚醒できたのは、凪誠士郎のお陰だった?!

御影玲王は、凪誠士郎と一緒にブルーロックに行きます。

チームVに所属し、1位となり快進撃を続けていました。

しかし、主人公である潔世一のチームZに敗北。

すると、それまで感情が希薄だった凪に変化が現れます。

彼は、潔に負けたことが悔しくてもっと上達したいという気持ちが発生します。

その影響か、凪は、二次選考の2ndステージである行動を起こします。

それは、敗北を与えた相手である潔と蜂楽廻とチームを組んだのです。

後からやって来た玲王は、その事を知り大きな衝撃を受けます。

彼は、その後、國神錬介と千切豹馬とチームを結成。

凪達に対戦を挑みます。

玲王は、凪に向かって、自分が見つけた宝だから奪い返すと宣言しました。

でも、奮戦虚しく敗北を喫しました。

御影は、凪を獲得できなくて自暴自棄に陥ってしまいました。

その後、冷静になり、凪との差を痛感してこのままではいけないと考えます。

三次選考に進み、複写変化(カメレオン)の能力を自分の力で編み出します。

もし、玲王が凪と仲良しの関係でやっていたのなら、最大の武器を身に付ける事は出来なかったでしょう。

二次選考で脱落をしていた可能性も高かったです。

凪も先を進むために、玲王が面倒だと言い残し見放しています。

凪誠士郎のこのような対応が無ければ、玲王の進化は無かった可能性が大きいです。

玲王、凪に感謝しないといけません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】御影玲王の過去とは?

ブルーロック/@金城宗幸

御影玲王の過去には、御影コーポレーションの後継者として、両親達にプロサッカー選手を反対された過去があります。

その内容について触れてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

御影玲王は、退屈な日々の中で大きな夢を発見した?!

御影玲王は、御影コーポレーションの御曹司として何不自由なく過ごして行きます。

彼は、望む物は全て手に入りました。

しかし、直ぐに飽きて本当に欲しかったものは見つかりません。

玲王は、簡単に手に入るものはつまらないと理解していました。

その中で、自分だけの唯一無二の宝物が欲しいと願うようになります。

そして、玲王が高校1年生になった時にある転機が訪れます。

それは、TVで見たサッカーW杯の試合でした。

彼は、優勝した選手達の表情を見て興味を抱きます。

自分も同じように勝利を味わいたいと思ったのです。

それから、彼はサッカー選手を目指す様に行動をして行く様になって行きます。

 

スポンサーリンク

御影玲王、両親にプロサッカー選手になる事を反対されて殺意を抱いた?!

玲王は、早速、一番の理解者である両親に自分の思いを素直に伝えます。

しかし、両親達からの答えは、NOだったのです。

父親は、ほんの一握りの才能ある選手にしかなれない世界なので駄目だと否定。

母親は、玲王がいずれ御影コーポレーションの後継となるのでそこを重視する事が大事と認めません。

玲王は、両親達の意見に表面上従います。

しかし、内心は、自分の思いを拒否した両親に殺意を抱いていました。

彼にとって、反対された事がとてもショックだったのでしょう。

それでも、玲王は、益々プロサッカー選手の道を目指す様になっていくのです。

彼が、生まれて初めて見つけた目標を邪魔されたくなかったのではないかと感じています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】御影財閥とは?

ブルーロック/@金城宗幸

御影財閥は、ブルーロックの作品内で総資産7058億円を生み出す大企業です。

作中で、その影響力を所々見せています。

その点について触れてみようと思います。

 

スポンサーリンク

御影財閥は、ブルーロックのスポンサーでもあった?!

主人公である潔世一は、命運を賭けたU‐20との試合に勝利します。

その後、ブルーロックは、フェーズ2へと移行しました。

新英雄大戦が開始される事になり、潔達は欧州5か国のいずれかを選択。

潔は、ドイツを選びトレーニングが始まります。

彼は、最後のゾーンであるボールドリブル&シュートである者に邪魔をされます。

それは、バスタード・ミュンヘンに所属するFWミヒャエル・カイザーでした。

新世代世界11傑の1人であるカイザーは、潔を馬鹿にする発言をします。

その時、カイザーと同じチームのアレクシス・ネスが登場。

ネスは、カイザーに話が伝わっていないと教えます。

そして、彼は、ある物を取り出して潔達に近づきます。

それは、ブルーロックの絵心甚八からの支給品だと言い、手渡して行きます。

潔達が渡された物は、超性能小型同時通訳イヤホンだったのです。

ネスは、イヤホンについて話を始めます。

これは、ある民間の宇宙旅行を計画するスポンサー企業が作ったアイテムだと話します。

その際に、世界中の人々と会話する為に瞬時に設定した言語に変換対応。

開発途中の物だが装着すれば、その効果がわかると言います。

潔達がイヤホンを付けると、カイザーやネスの話が日本語に聞こえてきました。

雪宮剣優は、イヤホンにスポンサー名があるのを発見。

そこには、御影コーポレーションの名前が刻まれていたのです。

御影玲王の父親は、優れていた実業家です。

そこに目を付けて利用する、絵心甚八の慧眼も凄まじいです。

ブルーロックの施設も巨大で、最新鋭の設備が設置されています。

これからも、御影コーポレーションの名が入っているとんでもない物が出てくるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】御影玲王と凪誠士郎の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

御影玲王と凪誠士郎は、高校で出会った関係です。

仲良くなり、共に生活や行動をしていきます。

しかし、とある事がきっかけで大きな変化が発生していく事になります。

その状況について話をして行きましょう。

 

スポンサーリンク

御影玲王は、高校で凪誠士郎と出会う

御影玲王は、W杯で優勝し、プロサッカー選手になりたいという夢を抱きます。

しかし、彼は両親から反対を受けてしまいます。

玲王は、彼らに認めてもらう為に高校のサッカー部の全国制覇を目指す事にします。

まず、納得させる結果を残す事が重要なのだと判断。

でも、白宝高校は、進学校だったのです。

サッカー部はありましたが、非常に弱い存在だったのです。

玲王は、自分の夢を諦めることが出来ません。

今後、どうすれば良いか悩みながら校内を歩きます。

玲王は、階段を降りると1人の男子生徒とぶつかってしまいます。

その衝撃で、生徒の手からスマホが落ちそうになります。

すると、その生徒は、ジャンプしてスマホを足でトラップし受け止めたのです。

玲王は、その光景に驚きます。

更に、身体能力抜群の生徒を一目見て気に入ってしまったのです。

それが、凪誠士郎だったのです。

玲王は、凪に色々と話を聞いて行きます。

何もやった事のない凪に大きな魅力を感じてしまいます。

そして、玲王は、彼にサッカーをしようと勧めたのです。

凪は、面倒だと頑なに拒否。

それでも、玲王は、凪が欲しいのでそのままでいいと承認します。

ここから、玲王と凪の関係が開始されます。

 

スポンサーリンク

御影玲王、潔世一のチームに敗北してから凪との関係が変化して行く?!

御影玲王は、凪と共にブルーロックの施設に行きます。

そこで2人は、チームVに所属し大活躍をします。

しかし、ここで予期せぬ事態が発生します。

首位を独走していたチームVに、チームZが挑んできたのです。

玲王は、潔世一達に敗北してしまいました。

ここまで、彼は、凪と良好な関係でした。

この敗北が少しずつ変化を発生させていったのです。

二次選考の2ndステージで、玲王は、凪とコンビを組むつもりでした。

でも、凪は玲王を選ばなかったのです。

彼は、自分に初めて敗北を与えた潔と蜂楽に興味を抱きます。

更なる強さを求める為に、敢えて玲王の所から去って行ったのです。

玲王は、凪の選択に大きなショックを受けてしまいます。

 

スポンサーリンク

御影玲王、凪との関係が決裂した?!

御影玲王は、その後、気を取り直して國神錬介と千切豹馬とチームを組みます。

そして、潔と凪、馬狼照英のチームとの試合に挑むことになりました。

玲王は、潔に宣告をします。

凪は、自分が見つけた貴重な宝。

必ず試合に勝利して、彼を取り返すと発言したのです。

玲王は、力を出して凪を選択する為に奮闘。

しかし、またしても潔達に敗北をしてしまいました。

更に、自分では無くて千切を取られてしまう形になります。

そう選択した者達の中には、凪もいたのです。

玲王は、自暴自棄になってしまいます。

彼は、悔しさを噛みしめながら凪を呼び止めます。

自分を見捨てるならしっかりやれと、逆に罵ったのです。

凪は、そんな玲王を見て面倒臭いと言い残し去って行ったのです。

項垂れる姿を見せる玲王がとても印象的でした。

 

御影玲王、凪との関係が少しは修復の方向に進んだ?!

玲王は、何とか奮起して三次選考まで残ることが出来ました。

コーチの絵心甚八は、U-20との試合を発表。

出場するレギュラーを決定する為に、適性試験の開催を宣言します。

上位6名のチームに入り、結果を出して行く試合が準備されていきます。

玲王は、凪のチームを考えましたが、彼のプレー画像を見てあまりのレベルの高さに驚愕します。

彼は、凪と共に闘う自信を無くしてしまったのです。

しかし、そんな玲王の前に潔世一が現れます。

彼は、玲王に対して自分は糸師凛に対してコンプレックスがあると暴露。

それでも、ここで上手い奴等に喰らい付いて行かなければ、一生サッカーができないだろうと気持ちを打ち明けました。

玲王は、それを聞き決意します。

そして、彼は、上位の1人であった凪誠志郎のチームに入ります。

玲王は、凪と共に凛のチームに挑戦します。

その試合の中で、自分もブルーロックの中で変化しなければならないと判断。

活躍し、ゴールを奪う事に成功します。

試合は、負けてしまいました。

でも、凪といつもの様に会話できるような雰囲気に戻っていたのです。

玲王も大人になった部分があったのではないかと感じています。

凪も玲王の実力が向上してきたのを、少しは認めてくれたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】一次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

御影玲王は、一次選考でチームVの勝利に貢献しています。

凪誠士郎のアシストをして、得点させる事に成功。

チームの司令塔として凪や剣城斬鉄を指揮しています。

玲王本人も6得点を挙げる大活躍をしています。

玲王の力が、チームVを首位に導いたのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

二次選考の玲王の活躍ですが、特に目立った点がありません。

かえって自分が進化をしなくてはいけない危機感に晒されています。

凪を奪い取る為に、千切と國神と共に戦います。

ドリブルやパス等の高いキープ力を見せつけています。

試合でも攻守のバランスを担い、万能さを発揮。

しかし、奮戦虚しく敗北をしてしまいます。

得点もゲットしていません。

負けてしまったイメージで、彼の良さが作中で魅力的に見えないです。

でも、二次選考を勝ち抜いています。

ここでは、負けたら終わりの状況で逃げても強くなれないという考えで挑んでいます。

彼の心境が少しずつ変化して行くのが、見所満載です。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】三次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

三次選考では、U‐20戦のレギュラーとなる為に模写変化(カメレオン)の能力を使い得点を決めています。

彼は、親友である凪のチームに参加。

そこで、雪宮剣優が見せたジャイロ回転のシュートをコピーしてゴールを決めたのです。

しかし、その試合には、敗北をしてしまいました。

更にスターティングメンバーには選ばれる事はありません。

でも、コーチの絵心甚八は、彼の能力を評価します。

玲王をサブメンバーの1人として残す決定を下します。

後に、玲王は、運命のU-20との試合で出場する事になります。

ここでの活躍が、未来に繋がって行ったのです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表戦での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

玲王は、U‐20との日本代表戦で、驚異的な守備を見せています。

そして、凪のプレーをコピーしてカウンターに繋げて、ブルーロックのチャンスを作っているのです。

その活躍について述べて行きましょう。

 

御影玲王、模写変化(カメレオン)を使いゴールを守る

ブルーロックは、U‐20と一進一退の攻防を繰り広げて行きます。

後半10分になり、二子が負傷し、千切は、スタミナ切れになってしまいました。

絵心甚八は、交代枠として2名の選手を投入。

その1人が玲王だったのです。

玲王は、絵心からある事を命令されていました。

それは、U‐20側に付いた士道龍聖を止めるという役割を与えられたのです。

彼は、出場する為に今までDFとして合宿のメニューを熟してきました。

更に試合で、U‐20のDF人の動きを分析していました。

すると、士道が隙を狙ってブルーロックのゴールに近づいてきます。

玲王は、すかさず模写変化(カメレオン)の能力を発動。

前半に敵である主将オリヴァ・愛空が見せた強固な守備の動きを真似します。

変化守備でボールをクリアする事に成功。

更に、士道を防ぐ為にドーベルマンと呼ばれた仁王和真の速いプレスも再現します。

彼の堅い守備が、ブルーロックチームを助けています。

 

御影玲王、凪のコピーをしてカウンターに繋げた大活躍を見せた?!

玲王は、ブルーロックのゴールをひたすら守って行きます。

しかし、U‐20の怒涛の攻めは止みません。

士道と糸師冴の連携に苦しんでしまいます。

GKである我牙丸吟がクリアしたボールを、玲王は止めようとします。

でも、そこにU-20の2選手が攻め込んできます。

我牙丸は、玲王にクリアしろと指示。

玲王は、瞬時にそのボールを活かせると判断しました。

彼は、今まで近くで見てきた凪誠士郎の能力をコピーします。

凪の得意とした、ボールの瞬間吸収を再現。

タップリフトから跳躍回転し、前線にボールを送り込みます。

それは、凪、潔と繋がり、馬狼が得点を勝ち取ります。

U-20のリードを阻止する事ができたのです。

玲王が居なければ、この試合負けていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!御影玲王の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

御影玲王は、ブルーロックのフェーズ2でイングランドを選択しています。

彼は、イングランドに金の臭いがすると直感で判断。

父親は、御影コーポレーションの実業家の影響もあるかもしれません。

お金に対する嗅覚は、抜群なのではないかと感じてしまいます。

因みに、親友の凪誠志郎も同じ国を選んでいます。

イングランドの選択が、玲王にとってプラスとなって行くのか注目していきたいです。

 

スポンサーリンク

 まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

御影玲王は、凄く恵まれたキャラクターだと当初は思い、あまり好きではありませんでした。

御影コーポレーションの御曹司で、お金もあり、容姿も端麗。

能力も高く全てを手に入れている人間で、良いイメージがありません。

しかし、サッカーでW杯を優勝したいという目標が生まれます。

両親に反対されて、殺意を抱くという反抗精神を見せています。

本気で自分の壮大な夢を見つけられた結果でしょう。

凪という親友を得て、ブルーロックの戦場に自ら進んで行きます。

順調に進むと思いましたが、潔に敗北した影響で転機となりました。

その光景を目の当たりにした玲王は、凪に対する関係も変化して行きます。

このままではいけないと、本気で悩み考えて、足掻き藻掻く玲王がカッコイイと思いました。

その結果、複写変化(カメレオン)という最大の武器を生み出す事に成功。

U-20戦では、守備やカウンターでその力を見せつけます。

オリジナルには負けますが、コピーとしての体現を現す彼のプライドが凄まじいです。

玲王は、新英雄大戦でイングランドを選びます。

何の突出した能力もない玲王が、世界にどれだけ挑んで喰らい付けるのか興味深いです。

個人的に、御影玲王のこれからに期待に注目して作品を見て行こうと思います。

今の玲王は、とても魅力的なキャラクターに見えます。

更なる活躍を見せてくれることを願います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA